• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2009年11月30日 イイね!

レクサス ビッグスロットル[センターシャフト加工品] IS-F&RX450h 【LEXUS】

さて、本日はビッグスロットルの装着事例をご紹介☆



今回の車種はレクサス 【IS-F】と【RX450h】 です。



ちなみに、同じオーナーさんの2台所有です。





それでは、まずはISFから。





レクサス IS-Fは運転席側エアークリーナーボックスからエンジンに向かってL字にインテークパイプがあります。



そのインテークパイプの奥側にスロットルです。





まずは純正スロットルを外す準備からですが、インテークパイプを外してからむき出しになったスロットルを外すのですが、下側のシャフトを抜かなくてはなりません。



上側2本はナットになっています。



そして、注意しなければならないのが、エンジンが温まったままですとスロットルの中に回っているクーラント(ラジエター水)が吹き出します。



ですので、ご来店いただいてから1時間弱放置して冷えてから作業させてください。





純正スロットルから入れ替えて各パイプを接続した状態。



これで、スロットルのパッキンを新品に交換してから取り付けます。



ビッグスロットルは基本的に純正スロットルの加工品ですので、入れ替えると言っても同じ形状の同じものを取り替えるだけですね。



スロットル径を大きく研磨(純正は段付きなので段差をなくします)して内径を大きくしています。





そして、取り付け完了。



センターシャフトの片側をフラット加工してバタフライを新設しています。



これにより、空気抵抗を少なくし、空気量を多くして吸気効率をアップさせるという訳ですね。



ECUの調整も補正範囲内なのでセッティングする必要もなく、交換するだけのライトチューニングですが、吸入面積が5%~10%アップしますので効果絶大です。



簡単にトルクアップできるお手軽パーツです♪




     Bigスロットル■カタログページ






次にレクサス RX450h。





RX450hは大変です。



まず、赤丸部分をすべて外さなければなりません。



ワイパーを外して上から順に分解していくと・・・・・・





このようになります。



これで、純正エアークリーナーを外してスロットルまで。



手前から分解していき、隙間からスロットルを外すことも可能かと思うのですが、取り付けする時にスロットルのパッキンを確実に位置合わせしないといけないので、この順序での交換が間違いありません。





そして、純正スロットル発見です。



ここまで来たら交換するだけですが、純正のスロットル内部バタフライを見てみましょう。





このように、センターシャフトがあります。



バタフライが開いて空気を吸い込む時に、このセンターシャフトが空気の流れを阻害し乱流の元となります。



ですので、内径を大きくする部分も重要ですが、センターシャフトをフラット化する意味も重要となります。



このスロットルボディの径を拡大して、バタフライを新設&センターシャフトフラット化で初めてビックスロットルの意味があります。





このようになります。



また、交換したスロットルは下取りとなります。



下取りしたスロットルを洗浄して新品に近い状態にし、加工して次の人に使われていくということですね。



ちなみに、価格ですが以下の通りです。




   レクサス ISF ¥68,250(税込み)



   レクサス RX450h ¥63,000(税込み)



となります。



シンクデザインにご来店の場合は関係ないのですが、遠方の方でパーツを送る場合は保証金が必要となります。



完成品先送りにはノーマル下取と、下取保証金として別途20000円が必要となります。
下取品到着確認後に銀行振込にて20,000円をご返金させていただきますので、商品に同封させていただきます専用用紙にご返金先口座等必要事項をご記入のうえ下取品と一緒にお送りください。
また、下取品はご注文品と同型の破損なき完動品のみとさせていただいておりますので、万一下取品に破損や不具合等がございました場合につきましては下取品としてお受けすることができませんのでご注意ください。
完成品発送後、2週間を超えて下取品をご返送いただけない場合については保証金のご返金ができなくなる場合がありますので、やむをえず下取品発送が期限を過ぎてしまう場合についてはご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。



となります。




ご注意ください。




また、下取りして加工して製品にしますので、ご注文いただいてからパーツを用意します。



ですので、お時間かかりますから、そのつど納期をご確認ください。





それと、LS600h・LS460・GS460・GS430・GS350・IS350・IS250・RX350・HS250h・SC430とすべてのレクサス用をラインナップにしています。



レクサスオーナーさん、お気軽にお問い合わせください!!!




今日もがんばるシンクデザインでした☆






     ビッグスロットル■カタログページ






     シンクデザイン■ホームページ



Posted at 2009/11/30 22:12:31 | コメント(16) | トラックバック(0) | IS F | クルマ
2009年11月29日 イイね!

レクサス ISF/IS/IS250C ピアノブラック■ステアリングスイッチ 【LEXUS】

本日は新商品というか、お客様からのご依頼によりワンオフ作成させていただいたパーツです。



ピアノブラックインテリアパネルのステアリングスイッチになります。





ステアリングスイッチですが、純正は表面がシボ仕上げになっていますので、そのまま塗装してしまうとピアノブラックになりません。



ですので、表面のシボが出ないように処理をしてから面出しして仕上げていきます。



ツルっとした表面でなければ高級感は出ませんからね。





このように見事にピアノブラック化に成功☆



純正の写真を撮っておけば違いが一目瞭然でしたが、撮り忘れました・・・・・・。





そして、今回実は中古をベースとして加工しています。



新品パーツを取り寄せして加工し、失敗した時のことを考えるともったいないですからね。



そして、この中古ベースで成功すれば、そのままお客様のステアリングスイッチと交換するという方向で完成まで待っていただきました。



ありがとうございます。






そして、完成(成功)したので、お送りして交換後に純正パーツを戻していただきました。



この方法で問題ない方の場合は純正パーツ代がかかりませんので単純に施工費のみで購入が可能です。




単純にステアリングスイッチパネルの純正部品価格が¥8,000程度しますので、純正部品がいらない人にはかなりお徳です。



施工費は¥16,800(税込み)ですので、純正パーツを含む完成品を希望される方は¥25,200(税込み)となります。




そして、そのお客様から装着画像をいただいたので紹介したいと思います。





ん~♪はやりピアノブラックにするだけでインパクトありますね♪♪



これは正解だと思います。



素っ気無いステアリングにワンポイントです。





今回中古純正部品を持っていたのがプリクラ無し。



たまたまですが、中古があって良かったです。






そして、同時にサイドガーニッシュも購入していただきました。





サイドガーニッシュもイメージががらっと変わるパーツですよね。



この組み合わせ素敵です♪



運転するときに必ず目にする内装ですから、少しでもチープな部分を改善したいですよね。





そして、この後にシフトノブのピアノブラックまでご注文いただきました。





シンクデザインの拘りシフトノブ【ピアノブラック】は一番下になるメッキ部分をブラッククロームに仕上げています。



すべてピアノブラックではなく、分割れる部分で切り替えして一味違うシフトノブとしています。



こんな細かい作業をしてくれる塗装工場の社長にも感謝しなくてはなりませんね。





ISFのシフトノブをベースにしていますので、ISに装着する場合はレザー部分がパンチングになりますね。



純正のように違和感なく、純正よりも高級感が増してレクサスに相応しいかと思います。





ピアノブラックのサイドガーニッシュと合わせて完成ですかね。



この2点だけでも良いかと思います。






そして、今回の中古をベースとした施工費だけをいただき、装着後に返却してもらう方法・・・・・



これいいな!!! と単純に思いまして、実行します。



外した中古が必要ない人には朗報かと思います。





エアコントリム左右セット。



これ、通常ですと¥33,600(税込み)ですが、純正パーツ代¥12,600が必要ありませんので、¥21,000(税込み)となります。



かなりお得な感じがしますよね?




ただ、注意していただきたいのが、裏側に位置するスポンジです。





エアコンダクトに接するスポンジがヨレています。



ですので、交換の際は正面のパネル(ピアノブラックに仕上げている部分)のみを入れ替えていただき装着してください。



そして、シンクデザインへ純正パーツを返却してください。





このスポンジですね。



これが装着年数によってヘタリ方が変わると思うので、いま装着しているエアコントリムのを使っていただければ何も変わらず問題も起きないと思います。



中古とはいえ、表面は塗装しますので中古とは見分けが付きませんからね。





次にサイドガーニッシュ。



これは純正パーツ代が¥1,900ですので、¥12,600が¥10,700になるだけなので、他の製品と一緒に購入が良いかと思います。



中古があったので作ってみました。





次にエアコントリム[センター/マイナー前]。



これは通常¥27,300ですが、純正パーツが¥8,200ですので、¥19,100になります。



こちらも左右セットのエアコントリム同様にお得感がありますね。



同様にフェイスパネルのみを交換していただきます。





そして、サイドガーニッシュは2台分あったので【エボニーブラック】でも作ってみました。



気になるエボニーブラックを一度見てみたい方は¥10,700ですので、これをきっかけに購入してみてください。





表面は写真では伝わりにくいですが、このように光の当たり加減で表情が変わります。



これは実際に見ないと理解してもらえないパーツです。






さて、これですべてとなります。



この返却制度ですが、どれも1台分しかないので、一人のユーザーさまが返却制度を使っている間は在庫がないとこになります。



ですので、お待ちいただく場合がありますので、ご了承ください。



また、何も保証金など設定しませんので、お客様を信用してパーツを先出しします。



戻ってこなかった場合は次の中古が入荷するまで返却制度がなくなります。



悲しい事にならないようにお願いいたします。




そして、注文方法ですが、通常通り当社のショッピングサイトより製品を注文していただき、最後の特記事項に【返却制度による中古ベースを希望】とご入力ください。



また、取り付けするおおよその日程もご入力いただけると、次の方へのご連絡がスムーズになりますので、よろしくお願いいたします。



先に在庫があるかをご連絡いただけると確実かもしれませんね。



メールにてご連絡いただければ随時お答えします。





     ピアノブラックインテリアパネル■カタログページ





*返却する際の送料はお客様ご負担でお願いいたします。





それでは、ご注文お待ちしております。



本日もありがとうございました。






     シンクデザイン■ホームページ


Posted at 2009/11/29 01:39:23 | コメント(6) | トラックバック(0) | IS | クルマ
2009年11月26日 イイね!

シンクデザイン☆デモカー レクサス IS250C 【LEXUS IS250C】

今日も元気なシンクデザイン佐藤です。



さて、今日はデモカーのレクサス IS250Cをご紹介します。




このように細部まで色々と紹介しなければならないと毎日思い続け・・・・・・



はや一ヶ月半経過・・・・・・




で、昨日の定休日(水曜日)に撮影会に行くしかない!!と決断し実行!!!!




朝の10時にレクサス平塚さんにお邪魔して半年点検♪



6月に納車されて、来月で半年。




来月は年末ですし、冬が来ますから!!前倒しで点検してもらいました♪



まぁ特に問題もなく洗車もしてもらい綺麗になったレクサス IS250でいざ出陣!!!





と、どこに行こうか?



で、とりあえず海方面へ進み、西湘バイパスへ♪




そして、ETCカードを忘れて現金払い(笑)



小田原で美味しい海の幸でも食べようかと思ったのですが、気が付いたら真鶴半島手前まで(笑)



休みだとぼけぇ~っと何も考えずにできて良いですね(笑)






そして、いざ!オープンに。





でも、この天候・・・・・



晴れてくれることを祈って・・・・・





オープンスタート♪



ゆっくり走るときにオープンにするのが好きです。



なので、いつも一般道でしかオープンにしません。





そして、撮影がどうのこうのよりも、まずはご飯が先です!!!



真鶴半島に行けば海の幸が必ずあるはず。





何も考えずにスイスイ進んで止まったのが【磯料理 魚伝】さん。





正面の駐車スペースが空いていたので、そのまま決まりました(笑)



レッドクリアーエンブレムが綺麗ですね♪(さり気無く宣伝します)






そして、まずは刺身の盛り合わせでしょ♪





この刺身が・・・・ 旨かったです♪



さすがに真鶴半島☆




次はアジ餃子♪





その名の通り、アジの餃子なんですが旨い!旨すぎる!!!



ふだんバナナしか食べていないシンクデザイン佐藤としては目んたま大きくなるくらい旨かったです!!!!



餃子大好物ですしね♪






さて、ここからが今日のメイン♪



漁港町の名物らしく【アジのまご茶漬け】というなんとも海でしか食べれないようなネーミング♪



即決です!!!





到着の瞬間・・・・・ 質素ですな(笑) と。



しかし!!!!!!!!!!





この【アジのまご茶漬け】が・・・・・・・ 



アジのうま味が濃厚で・・・・・・




お腹すいてきました。



一度食べに行ってみてください。



魚伝さんへ。




一言、旨いです♪







そして、もう一つはホタテの定食。





蟹の味噌汁に





ホタテ~♪




これも旨かった♪




全部旨いです。うん♪






満腹になったところで休憩しに。





天候回復するか?しないか?微妙な天気ですが、まだ午後になったばかりなので、ゆっくり待つとします。





まずは、遠くからデモカーIS250C。



格好良いね。



うん。





なにが変わったかと言うと・・・・・



フロントリップスポイラーが装着されています!!!!



レクソン(LEXON)さんにIS250C専用リップスポイラーを作ってもらいました♪





      レクソンさんホームページ





もっと近くに寄らないとわからないですよね?





はいどうぞ。



でも、天気が悪くてカトレアマイカなのではっきり見えませんよね?





実際にはバンパーからのはみ出しはほとんどありませんが、見た目的にはリップがバンパーから出ているように見えます。



視覚効果ですかね。



このリップスポイラーのお陰でだいぶ見栄えが良くなり、フロントマスクの厚みができて大満足です!!!



レクソンさん、ありがとう!!!!



希望通りの出来栄えです♪




     レクソンさんホームページはこちらから☆




どんどん宣伝しちゃいます♪






そして、十国峠からどこか撮影に適した場所を探そうとガンガン登って行きます。





しか~し!!雲っているというか・・・・・




ガンガン濃霧です・・・・・・




で、撮影中止かと思ったのですが・・・・・





意外に悪くない(笑)



なんだか妖しい雰囲気で良いのではないでしょうか。



まぁカタログなどでは使えませんが、ブログ程度であれば問題ないですよね。





濃霧の中でオープン走行♪



何も問題ありません♪




ボディーの艶がひけて綺麗でした♪♪





レクソンさんのリップスポイラー☆



純正バンパーとの相性抜群です♪



まったく違和感なく、バンパーの厚みを出してくれるので大変気に入っています!!!!



本気です!!!!!





ちょっと興奮しました・・・・・



でも、だいぶ良いと思いますよ。



お勧めです♪




     レクソンさんホームページはこちらから





ちなみに、シンクデザインで塗装取り付けもできますので、相談にも乗れますし、実際に装着しているのがデモカーですから、現物を見てから気に入れば購入という流れも可能です。



まずはご来店ください♪





ちなみに、フロントグリルとバンパーグリルはクロームメッキ加工していますので、純正とは少しイメージが違いますね。



そして、このクロームメッキグリルですが販売やめました♪



高すぎた・・・・・



ISの後期用は一つだけ在庫ありますので、だれか欲しい人いましたら定価は10万ですが安くして放出します。



早いもの勝ちですが、実際に見ていただいてからこだわりを説明したいですね。



半期の決算なので在庫処分します♪



     クロームメッキグリル■詳しい内容はこちらから






リアビューです。



濃霧なのでバックフォグ点灯です。



寒冷地仕様で注文したので付いてきたみたいです。



重要ですね♪




そして、シンクデザインオリジナルショックアブソーバーの販売開始間近です。



このくらいの車高にしたい方はご相談ください。



待ち乗り重視の高速走行まで不満なく快適に使えるパーツです。




詳しくは下記よりご覧ください☆



     シンクデザインオリジナルショックアブソーバー■詳しく説明しています






角度変えて。



カールソンのホイールですが、ディスク面をホワイトに塗装して装着しています。



20インチ装着ですが、ISFと同サイズのタイヤにするとインナーフェンダーに当たります。



タイヤサイズを変えて装着すれば問題なさそうです。



ホワイトのホイールだと目立ちますから悪いことできません(笑)



オープンにしていると信号待ちで必ず見られますが、もう慣れました(笑)




     カールソンのホイール■詳しく説明しています






レッドクリアーエンブレム、わかりますか?



レッドのテールに合わせているようで・・・・合わせているので統一感があります。



装着してから思いました。



レッドクリアーエンブレムの注文は少ないですが、格好良いですよ♪



特注扱いで作りますから相談にしてください。






そして、この天候なので内装の撮影は中止。



また今度にしたいと思います。






そして、今日はご機嫌です♪



なぜかと言うと、友達からスノーボードの板を発送したよ♪と連絡があったからです♪♪



今年はスプリットボード☆



板が半分に割れてスキーになり、スキーの状態で山をハイクして山頂で合体させてスノーボードにして滑れる優れもの♪



友達が作ってくれました!!!!



ボルテージデザインの永いたくみ君です♪



雪崩の博士でもありますね♪




     ボルテージデザイン☆ホームページ




#1も買ったのでいっぱい山に登らないといけません♪




今年の冬は仕事しないぞ♪♪









しかし、雪降りませんね・・・・・・・








     シンクデザイン■ホームページ


Posted at 2009/11/26 22:46:50 | コメント(13) | トラックバック(0) | IS250C | クルマ
2009年11月23日 イイね!

レクサス IS-F ハイグリップステアリング装着☆【LEXUS ISF】

今日は先日取り付けさせていただいた【LEXUS IS-F ハイグリップステアリング】のご紹介です。





写真で見て、何も変わっていないように見えますが、実はステアリングを張替えし直しています。



レクサスのISF/ISのステアリングは握りが細く、滑りやすいので握りを太くしたステアリングをシンクデザインで製品化しています。



単純に純正ステアリングを太くして張替えているだけではなく、クオリティーに拘っているのです。





パンチング部分から説明すると、ISFの純正ステアリングは貫通していないパンチングです。



これを貫通したパンチングレザーを使用することによってパンチングの穴がはっきりとして綺麗に質感アップします。



実際に現物を見ると、大きな違いなのですが写真では伝わりにくいですね。



残念!!!





また、張替えするときにシワがよりやすい部分もパンチングの穴がヨレないように最小限にとどめています。



パンチングの穴がヨレたとしても写真の程度。



純正のステアリングをみてください。



パンチングの穴が潰れて無理やり張り込んでいるのがわかります。



つまり、純正よりもクオリティーは上です♪





グッと握れば手にフィットして、感触良く握りやすくなります。



なので、ハイグリップステアリング。



バージョンⅠとバージョンⅡまで完成しています。




バージョンⅠ:10時と2時の間をパンチング無し

バージョンⅡ:純正とまったく同じカットライン。



今回取り付けしたのはバージョンⅡになります。





また、ステアリングに関して詳しい内容は下記過去ブログよりご覧ください。

寸法まで詳しく説明しています。



     ハイグリップステアリング■過去ブログ







     ハイグリップステアリング■ショッピングサイト







     シンクデザイン■ホームページ




Posted at 2009/11/23 01:47:44 | コメント(6) | トラックバック(0) | IS F | クルマ
2009年11月20日 イイね!

レクサス HS250h リモートオペレーションパネル同色塗装 【LEXUS HS250h】

最近、寒いですね・・・・・



末端冷え性のシンクデザイン佐藤にはつらい季節となってきましたが、雪山が待っているのでガンガン仕事を整理して終わらせなければなりません!!



頑張っていきましょう☆





さて、本日はレクサス HS250hのリモートタッチパネルを外装色同色[クォーツホワイト]で塗装仕上げさせていただきました。



なっくすさんからの要望で対応したワンオフ製品になります。

(今後製品化していく可能性があります)







純正と比較しましょう!!!





このように樹脂部分とレザー部分をクォーツホワイトに塗装しています。



リモートオペレーションパネル本体(手を置く部分)はレザー仕上げになっていて、レザーを剥してから表面の糊を除去して表面の面出しをしてから塗装します。



この糊が頑固で除去するのに、溶剤に漬け込んでからでないと綺麗に除去できません・・・・・・・。



時間はかかるのですが、なんとか綺麗に仕上げることは可能です。






また、画像のパーツは側面のレザー部分を外せば単体で外せるのですが、裏側に基盤があるので、移植する必要があります。





それほど複雑な形状ではないのですが、固定しているビスを外して分解していけば比較的簡単に移植可能です。





リモートオペレーションパネルの比較。



レザーも良いのですが、毎回触る部分ですので、ツルツルだと気持ち良いかと思います。



見た目的にも質感アップという感じですしね♪








そして、実際に装着☆





このように質感アップ♪



今回は事情がありまして、コントロールするスイッチ部分は塗装しませんでしたが、同時に塗装するのがベストかと思います。




リモートオペレーションパネル部分だけというのもアリですね♪



ここは好みで対応できるシンクデザインの良いところかと思います。





気が付いた方がいるかもしれませんが、両脇のレザー部分がウォーターホワイト内装にはないはずのレザーとなっています。



これは、通常ブラックなのですが、今回特別にウォーターホワイトにて張替えています。



ただ、同色のウォーターホワイトが見つからなかったので、特殊塗装にてレザーの色を合わせての仕上げとなっています。



これは、色が合うレザーが見つからない時に塗装して色合わせするのですが、表面は塗料になるのでレザークリーナーなどでゴシゴシ擦ってしまうと変色してしまう可能性があります。



ですので、基本的には汚れにくい、簡単な手入れで済む部分しかお勧めしません。



特注ですね☆



ちなみに、このレザー部分の価格はまだ確定していないので、もう暫くお待ちください。





そして、リモートオペレーションパネルの価格ですが、以下の通りです。



■リモートオペレーションパネル ¥21,000(税込み)



回りのパネルはまだ価格決めていません。



とりあえず、リモートオペレーションパネルは時間さえいただければ施工可能です。







ワンオフでの対応も可能なシンクデザインでした。



今日もありがとうございます。






     シンクデザイン■ホームページ

Posted at 2009/11/20 01:50:42 | コメント(5) | トラックバック(0) | HS250h | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS RX300 2台
LEXUS LC500h
LEXUS NX300h
LEXUS NX200t

ブルーバナナ TVナビキャンセラー
スナップオン エアコンシステム
マイクロロン添加材追加

2018年最終週作業内容

今日はATF交換だ!!」
何シテル?   04/19 09:09
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2009/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.