• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2009年12月31日 イイね!

本年は大変お世話になりました。

本年は大変お世話になりました。
シンクデザインの佐藤です。

何かとご迷惑をおかけした一年でしたが、みなさんのお力添えもあり、何とか乗り切ることができました。
来年もよろしくお願い致します。

当社の仕事始めは1月4日からとなります。
休日前にアップしようとしたのですが、どうにも間に合わなく出先からのブログアップとなります。

簡単ですが、年末の挨拶とさせていただきます。



それでは、みなさん良いお年をお迎えください。

ありがとうざいます。



シンクデザイン 佐藤
Posted at 2009/12/31 20:21:37 | コメント(20) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2009年12月26日 イイね!

日本国内正規販売元 JoeZ(アメリカ)インテークパイプ販売開始【LEXUS】

年末ギリギリに入荷いたしました。



JoeZ 【ダイレクトエアーフローインテーク】。



アメリカのJoeZ社との交渉の末、日本国内正規販売の権利を獲得しました。

同時にIS250/350/GS350用も入荷し、気になっていたポリッシュ仕上げを確認しましたが、インテークパイプとして使う分としては十分ですのでラインナップに入れる予定です。



これで、ラインナップは以下の通りとなります。



■ ISF用 アナダイズブラック(在庫あり)

     ポリッシュ(入荷待ち)



■ IS250/350/GS350用 アナダイズブラック(在庫あり)

              ポリッシュ(在庫あり)



の4種類となります。





奥のストレートがIS/GS用で手前のL字がIS-F用となります。





こちらがアナダイズブラックです。



艶消しブラックということですね。





そして、一番気になっていたポリッシュ。



F-SPORTのブログをあげる度にインテークパイプだけの販売はしないのかと言われるので、JoeZ社のインテークパイプを採用しました。



仕上げも十分ですので、このまま販売していきたいと思います。






抵抗なく乱流を防ぐインテーク内部の画像です。



F-SPORT紹介のブログでインテークの効果や装着画像があるので参考にしてください。



色々と関連する記事を下記にリンクさせます。




     レクサス IS350 F-SPORTパフォーマンスエアーインテーク装着■過去記事




     

     レクサス IS250 F-SPORTパフォーマンスエアーインテークサウンド■過去記事






     レクサス ISF Bigボアスロットル装着■過去記事








     




     ダイレクトインテークパイプ■カタログページ





なお、ISFしかカタログページにありませんので、IS250/IS350/GS350のユーザーさまはISFを選択していただき、「特記事項」に車種を入力してください。



あまりにも待っている方が多いのでホームページへの更新を待たずにブログにて紹介しています。

ご理解ください。



また、すべて価格は同価格の¥29,400(税込み)となっています。



また、商品説明書は完成していませんので、JoeZ社の英文のみとなります。



詳しくは当社に電話していただくか、メールにてお問い合わせください。




29日まで営業していますが、当日発送はしていませんので、28日までにご注文ください。



在庫数は各10台分となっています。




よろしくお願いいたします。





もっと詳しく説明したかったのですが、年末を迎えるために簡単に紹介させていただきました。



申し訳ございません。




本日もありがとうございました。





     シンクデザイン■ホームページ




Posted at 2009/12/26 22:02:30 | コメント(6) | トラックバック(0) | IS | クルマ
2009年12月25日 イイね!

新商品案内 レクサス IS250C専用ショックアブソーバー[ネジ式車高調]

新商品案内 レクサス IS250C専用ショックアブソーバー[ネジ式車高調]クリスマスなのに仕事してしまってるシンクデザイン佐藤です。



今年も残りわずか・・・・・ 振り返ると新商品連発で多忙な一年でした。



足回り関連なパーツを販売開始して、内装パーツのイメージが薄れていくシンクデザインですが、これからも内外装共に喜んでいただけるようなパーツラインナップで頑張っていきたいと思っています。




さて、本日の新商品案内はデモカーでもあるIS250C専用の足回りとなります。





ビルシュタインをベースとしたショックアブソーバーですが、開発からテスト走行を繰り返しようやく販売開始となります。



まず、一番の特徴はショックアブソーバーでありながらネジ式車高調になっている部分です。



これは、純正スプリングの良さを最大限に生かしつつ、車高を落とすという発想から生まれました。






レクサス IS250Cの良い部分を残しながら、スタイリッシュに車高を落とし走行性能を損なわずに運動性能を上げる事にチャレンジしました。



まず、何が良い部分で悪い部分かを説明しましょう。



新車で納車されまず最初に思った事は、ほかのISに比べて極端に乗り心地の良い事。



街乗り走行ではまったくと言っていいほど不快感がありません。



これは、当初女性をターゲットとした事による配慮か、スポーツ走行をまったく考えていないような快適な乗り心地にびっくりしました。



ここまで乗り心地が良すぎると足回りを開発するのに苦労するな・・・・・ と感じたのですが、その考えが吹き飛ぶ現象が起きました。




それは、高速走行。



高速走行中に単純にレーンチェンジをする際に、もの凄い「ふらつき」が発生します。



普通に走行する分であれば何も問題ないかと思うのですが、ある程度スポーツ走行しようとする場合には、とてもじゃないけど安心してアクセルを踏むことができません。




ISの形をしたラグジュアリーカーとでも言いましょうか・・・・・



欧州車と比較される事が多いIS250Cですが、これでは対抗できません・・・・・




そこで、40キロ以下の乗り心地を多少犠牲にしたとしても普通にISとして楽しめる車に仕上げたく開発に入りました。




結果、街乗りでの乗り心地は純正とまでは言いませんが、不快感なく走行でき高速走行でも安定して安心できる足回りへと仕上がっています。



単純に普通の人が使う速度域に関しては完璧にカバーしていますし、低速・高速走行共に両立した足回りではないでしょうか。



峠道での使用時も極端なロールを抑えていますし、コントロール性も良いかと思います。



純正のままで一度攻めてもらえれば理解してもらえると思うのですが、中速域でのロールは特につらいです。



ロールがおさまらずに跳ね返りが多く、S字なコーナーなどではアクセルを抜きたくなるほどの悪さです。



つまり、オープンで軽く流してください♪ってことですね・・・・・




IS250/350と何がそれほど違うのか・・・・・



補強パーツが追加されているにも関わらず、このような現象が起こる理由の一つに足回りがあります。



車高の高さとショックアブソーバーのセッティングと能力ですね。



純正テーパー形状のスプリングにそれほど悪い部分はないと思いますので、ショックアブソーバーを交換することにより純正のフィーリングを残しながら運動性能を上げる方法が一番かと思います。



結果、3cmのローダウンに成功しました。





これが、装着直後の状態。



フロント・リア共にフェンダーとタイヤの隙間が1本半~2本入らないくらいですね。



ビルシュタインのショックアブソーバーは高圧ガスでの単筒式ですので、初期馴染みにより約2000キロ走行後にはもう少し車高が落ちます。



また、この程度の車高のほうが普通に見えますし、落としすぎてはレクサスの良さがなくなると個人的に思います。



運動性能を最大限に生かすという意味でも車高の落としすぎは無しですね。






フロント装着画像です。



純正スプリングは長いので、このような位置になりますがさらに車高を落とそうとすればネジは切ってありますので下げることは物理的に可能です。



ただ、この状態でもバンプラバーに乗った状態で使う事になる事を忘れないでください。



IS全車に言えることですが、ノーマル車高の状態でもストロークが足りません。



この足りないストロークを、車高を落とす事によりさらに少なくする訳ですから、バンプラバーに当てた状態でのセッティングが要求されます。



ここがISの車高調の難しい部分です。






これがリア装着例です。



リアはサスペンションアームの中にショックアブソーバーの固定位置がありますので、皿位置を下げすぎるとアームに干渉します。



つまり、リアの車高に合わせてフロントの車高を決めるという訳です。



3cmまでしか落とせない理由はここにもあります。




また、IS250/350との違いですが、フロアへの取り付け位置が異なります。



よってストロークする位置も異なります。



つまり専用の足回りでなくては乗り心地を確保できないという訳ですね。



この長い純正スプリングの良さを生かしながらのセッティングも苦労する部分ですが、リアメンバーに補強を入れている部分も曲者です。



稼動範囲が広いリアメンバーを補強アームで固定していますから、IS250/350と比べて足回りが動く範囲・減衰力など変わってきます。



形状が同じですので、取り付けしようとすれば可能なのですが、中身が違うと思ってください。




このようないくつもの理由から専用が必要となります。








もう一度、車高の話に戻しましょう。






フロント純正ホイールの場合ですね。






こちらがリア。



これを目安にIS250Cにお乗りの方は参考にしてイメージしてください。



ちなみにこれが一番下げた状態で、1cmダウン~3cmダウンまでの対応としています。



ノーマル車高での使用も可能ですが、ストロークしすぎるので最低でも1cmダウンで使ってください。






フロント組み付け例ですが、アッパーマウントはもちろん純正を使います。



単純にショックアブソーバーだけを交換すると思ってください。



また、純正スプリング以外の組み合わせは絶対にやめてください。





そして、価格ですが¥262,500(税込み)となり年内発送ギリギリ間に合います。



在庫数が少ないので欠品の場合は少々お時間いただきます。



また、当社での取り付けも可能ですので、ご相談ください。



四輪アライメントテスターも完備しています。



そして、カタログページが間に合っていませんので、直接メールにて受け付けいたします。



まずは、ご相談ください。







そして、これが4000キロ走行後の20インチ装着(タイヤ外径オーバーしています)です。



フェンダーの隙間が少ないのは馴染みで車高が落ちた部分もありますが、タイヤの外径が純正よりも大きいので隙間が埋まって見えるだけですので、基本的には3cmダウンと考えてください。



この車高で乗り心地良く快適に走行できれば何も文句ないと思います。



色々な場面で乗っていますが、特に不自由する事もなく乗れています。



輪留めに前から駐車はできませんけど(笑)






レクソンさんのリップスポイラーを装着した状態でも、このクリアランスを確保できます。



特に車高が高く見えないにも関わらず、これだけのクリアランスを確保できるのはフロントバンパーの形状とリップスポイラーの形状によるものだと思います。



個人的にフロントマスクに関しては大満足の状態ですのでこれ以上何か変更する気はありません。






夕日での撮影ですね。



カトレアマイカが綺麗です。




カールソンのホイールをホワイトに塗装して正解でしたね。



かなり似合っていると思います。






本当は19インチがベストサイズですかね。



20インチで外径やタイヤ銘柄によってはフェンダーライナーなどに干渉します。



ホイールの選択には注意が必要ですね。






特に外装を特別ドレスアップすることの必要性がないIS250Cですので、車高や乗り心地のこだわって当社の足回りを選んでください。



欧州車に負けないレクサス IS250Cに仕上げていきましょう♪



まだまだ少ないIS250Cですが、色々と相談に乗れますので、なんでもお気軽にご相談ください。



不満な部分をできるだけ解消したいと考えています。





それでは、年末まであと少し!!頑張っていきたいと思います。



ありがとうございました。







     シンクデザイン■ホームページ



Posted at 2009/12/25 03:01:08 | コメント(8) | トラックバック(0) | IS250C | イベント・キャンペーン
2009年12月18日 イイね!

レクサス OS技研USA製LSD 年内取り付け分完売のお知らせ[IS350/GS350]

だいぶ寒くなってきていますが、毎日会社に引き篭もりのシンクデザイン佐藤は寒さを感じる事ができません。



23日の定休日水曜日に滑りに行きたいと思っていたのですが、どうにも行ける状況ではないですし・・・・



やっと水曜日が晴れてくれるので、撮影して色々と準備をしなければなりませんからね。





さて、本日はレクサス IS350/GS350用のOS技研USA製LSDの欠品状況をお知らせします。



IS350とGS350は同じデフなのですが、先月から今月にかけてコンスタントに販売取り付けした結果、ケースがなくなり年内取り付けが不可能となりました。



これも、みなさんのお陰で嬉しい限りです。




年明け早々にはケースがあがってきて通常通りの状態に戻ると思いますので、ご安心ください。



27日(日)に関しては作業可能でしたが、パーツがなくては取り付けすることはできませんからね、今年は残るところ3台の取り付けとなります。



ISFとIS250に関しては何も問題なくOS技研さんに在庫(ケースの)はあるのですが、27日(日)に取り付けしようとするのであれば今週中にオーダーをかけないと間に合いません。



もし、年内取り付けを考えている方がいましたら、お早めにご連絡ください。



出来る限りの対応をしたいと思っています。





それでは、先日取り付けさせてただいたIS350ユーザーさんをご紹介。





レクサス IS350ですが、当社のデモカーIS250CにLSDを装着していますので、実際に試乗してから、ご購入いただきました。



LSDが付いている車に乗ったことのない方が多いと思うのですが、シンクデザインではご自身で運転して体感してもらう方法もありますし、運転するのは気が引けるという方の為にシンクデザイン佐藤が運転しながら説明・体感してもらうという方法もあります。



助手席で体感していただくだけでも、十分効果はわかりますので、お気軽にお問い合わせください。





もう見慣れた画像だと思うのですが、OS技研USA製LSD。



このLSDによって、レクサスの運動性能が飛躍的にアップします。



もう説明はいらないですね♪





最近では、このLSDをより効果的にするためのパーツとして【ジュラコン デフマウントカラー】を販売開始しています。



デフケースの右側にあるアームの先端が車輌へ固定する部分なのですが、そのアームの遊びを少なくすることでジャダーを防ぎダイレクト感を出します。





レクサス IS350/GS350はこの形状ですね。



この小さなジュラコンパーツを間に挟み込むだけで効果を得られます。





デフを外している状態だとわかりやすいので説明します。



真ん中の黒いアームの赤丸部分にデフケースが固定されるのですが、デフケースと赤丸部分の間にゴムブッシュがあります。



このゴムが潰れることによって遊びが発生します。





アップするとこの部分です。



真ん中の穴に固定ボルトが入ります。



茶色くゴムの跡がありますね。





デフケースのアーム左右。



ゴムブッシュを外した状態で【ジュラコンデフマウントカラー】を差し込みます。



白いリング状のパーツが【ジュラコンデフマウントカラー】ですね。





アップにするとわかりやすいですかね。



センターのシャフトは手で押しても動くほど遊びがあります。



ワンテンポ遅れてトラクションがかかりますから、遊びをなくしてあげればダイレクトになり、よりLSDの効果を発揮してくれます。



もちろん、LSDを装着していなくても効果はありますから試してみる価値はあるかと思います。





そして、次もIS350。



こちらのお客様も何度もメールでやり取りさせていただき、納得した上でご購入いただきました。



ありがとうございます。



伊豆へのドライブが好きなそうで、連続するコーナーを攻める訳ではなく快適に楽に運転できれば良いと言っていました。



ドライブが好きな方にはLSDが効果的かと思います。





レクサス IS350。



ドライブするための車だと自分も思います。



運転するのが好きな人が購入する車ですよね。



より快適にドライブできれば更に楽しくなりますから、お勧めのパーツです♪





こちらのお客様、なにやら青い補強パーツを付けていました。



そう!!F-SPORTですね!!!!



インテークキットなど販売しているシンクデザインですが、初めてみました!!!



なかなか格好良く剛性感も出そうなパーツですね!!





そして、同じくLSDを取り付けさせていただき、同時に【ジュラコンデフマウントカラー】も装着です。



IS350は特にデフアームの上側(車輌側)に装着するのでLSDとのセット販売をお勧めしています。



一度デフをおろした状態でなくては装着できませんので、工賃のことを考えると同時取り付けですね。





そして、【ジュラコンデフマウントカラー】ともう一つセットが好ましいパーツですが、【リアスタビライザーリンク】。



これも、リアの剛性感を出してくれるパーツですので、後からでも良いですが装着したほうが、よりLSDの効力を発揮できます。




ここで、いつものユーザーさまインプレッションを紹介したいと思います。



■ レクサス IS350ユーザーさん

デフカラーですが、まだ試すような走りはしてませんが、コーナーで思い
っきりトラクションを掛けたときの、リアのバタバタ感が少し減りました。
オートマチックミションのR⇔N⇔Dの切り替え時の、ショックというかやや
大きい音、僅かながらも少なくなりました。何度かいろいろな場所で試してみま
したが、僅といえ、以前よりも少なくというか小さくなっているのは確かで、
LSD換装前と同じくらいでしょうか。




■ レクサス IS250ユーザーさん

本日、商品の到着を確認いたしました。
早速装着してみたところ、出だしのもたつきが改善されたと感じました。
また、リア周りがかなり落ち着いた挙動を示すようになりました。
出だしのもたつきの改善を期待していたのですが、思いもよらないものを得ま
した。

装着して間もないため、細かな所までは確認できていませんが、
これだけで、こんなに変わるものかと感じました。
月末には帰省するので、高速域での変化を楽しみたいと思います。





とのことです。



ありがとうございました!!!!



またのご利用お待ちしております。





【LSD】と【ジュラコンデフマウントカラー】はセットで購入☆これだけ覚えておいてください。



それでは、また。






     【ジュラコンデフマウントカラー】■もっと詳しく説明過去ブログ






     【ジュラコンデフマウントカラー】■カタログページ






     シンクデザイン■ホームページ





Posted at 2009/12/18 01:31:22 | コメント(7) | トラックバック(0) | IS | クルマ
2009年12月14日 イイね!

新商品案内 HID(キセノン)&LEDバルブ レクサス IS250に装着 【LEXUS】

新商品案内 HID(キセノン)&LEDバルブ レクサス IS250に装着 【LEXUS】今回は新商品案内というか、なんでもできるのでオリジナルとして紹介します。



キセノンバルブ(HID)[純正交換バルブ]ですが、【D4S】と【D2S】と【T10】が新商品となります。










まずは、【T10】バルブ社外品でロービーム【D4S】純正&純正オプションキセノンフォグ【D2S】純正の状態。





社外品の【T10】バルブですが、青すぎるのでレクサスディーラーさんでは「NG」だそうです。



ロービーム&フォグは純正のままなので黄色ですね。





違う角度から。



まったく色が合わないのでチグハグですね。



これは交換したくなります。





そして、バンパーを外すので同時にウインカーバルブをLEDに交換してしまいます。



今回取り付けするパーツのすべてですね。





これが新商品☆【T10】SMDタイプLEDバルブ。



 【T10】 ¥4,200



360°にLEDが配置されているので拡散します。



問題は色ですかね。





こちらは大好評のLEDバックランプ。



欠品中ですが、もうすぐ入荷予定となります。





そして、こちらも大好評なLEDウインカーバルブ。



これも欠品中ですが、もうすぐ入荷予定。



お待ちいただいているお客様には入荷の目処が確定した後にご連絡いたします。



お待たせしてしまい、申し訳ございません。





こちらは、ハイフラ防止リレーとコンバートユニット。



ハイフラを防止するのと同時にアンサーコールバックも純正同等に機能させるユニットです。



保障期間が3年と自信のあるパーツになります。





はい☆新商品の【D4S】と【D2S】の純正交換キセノンバルブ。



 【D4S】 ¥25,200(税込み)

 【D2S】 ¥21,000(税込み)



今回取り付けさせていただくのは、6000ケルビンとなります。



ケルビンとは色温度のことですので、明るさの単位ではないですよ。



明るさは「カンデラ」という単位です。





そして作業風景。



フロントバンパーを外しての作業となります。





フォグはバンパーの裏側に固定されています。



ですので、バンパーを外して作業としました。



このほうが確実で間違えのない作業ができます。





フォグ本体を外して蓋を開けてバルブを交換します。



デイライトも付いているフォグランプですね。



このデイライトとの色合いもどうなるか気になるところです。






そして、装着完了で点灯!!!





まず、ロービーム【D4S】とスモール【T10】との色合いは・・・・・



まったく同じとは言いませんが、かなり近い状態♪



予想よりも違和感ない色合いで安心しました。




そして、フォグのデイライトとフォグ【D2S】ですが、どこから見ても同じ色!!



これは素晴らしい!!!!



まったく同じと言っても問題ないでしょう♪





違う角度から。



6000ケルビンが綺麗に点灯しています♪



フォグとロービームの色の差も心配でしたが、まったく問題ありません。



良かった良かった♪




実際に見える状態と近いですね。



この程度の色の誤差があります。



自分は気になりませんが、どうでしょうか??



フォグは文句の付けようがないですね♪





オプションのデイライト付きフォグは【D2S】ですが、6000ケルビンでデイライトとばっちり合うとメモ♪



プロジェクターになっているので、広がりはありませんが前方方向への視認性は上がりますね。










そして、シンクデザインデモカーのレクサス IS250Cは8000ケルビンを装着しているので、並べて比較してみました。






左が6000ケルビンで右が8000ケルビンとなります。



大きな差がありますね。



完全に個人の好みだと思うのですが、自分・・・・ 6000ケルビンにしておけば良かったかな・・・・ とちょっと後悔(笑)





カメラの撮り方によって違いますが、どちらにせよ6000ケルビンのほうが【T10】のバルブとの相性は良いですね。



8000ケルビンを外して6000ケルビンにしますか・・・・



だれか中古の8000ケルビン・・・・買いますか??





そして、実際に暗闇での視認性ですが、これで8000ケルビンです。



6000ケルビンであれば、もっと視認性は上がりますね。



十分明るいと思います。





もう一度離れた状態で比較。



IS250Cのフォグはもともとがハロゲンですのでキセノンバルブがむき出しとなっていて、画像のように広がりをみせています。



しかし、この比較画像はナイスですね♪




そして、このバルブは通常ラインナップにする訳ではありません。

(T10は通常ラインナップにします)




ご来店いただいて、取り付けまでさせていただく場合に販売しようかと思います。



手渡しでの販売も可能ですが、あまり製品を増やしても管理が大変なのと他社でたくさん色々な種類がありますからね。



ない物をラインナップにするシンクデザインですから、欲しい人だけご購入ください。



ちなみに、このバルブは全国で販売されているメーカーのものと同一で、クレーム率も少なく明るさも十分な評判の良いメーカーのパーツですので使わせていただいています。



あまり安すぎる製品は暗いのが多いですからね・・・・・



信頼性があって、価格が低めなパーツがベストですね。





そして、忘れてはいけないLEDウインカーバルブ。



こちらも交換させていただきました。



ありがとうございます!!!!









そして、新商品発表はまだまだ続きます・・・・・



また今度♪






     シンクデザイン■ホームページ




Posted at 2009/12/14 02:10:35 | コメント(9) | トラックバック(0) | IS | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS 新型NX レザーインテリアパーツ 【レクサス】 http://cvw.jp/b/280838/46193712/
何シテル?   06/21 01:11
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2009/12 >>

  12 345
6 78 91011 12
13 14151617 1819
2021222324 25 26
27282930 31  

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス NX PHEV レクサス NX PHEV
新型NXとしてわかりやすいようにPHEVを選択します
レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス ESハイブリッド レクサス ESハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.