• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2010年01月29日 イイね!

レクサス IS250/350用 F-SPORT[パフォーマンスエアーインテーク] 【LEXUS】

ザックス+アイバッハの車高調に関して、たくさんのお問い合わせありがとうございます。

お答えできていない部分は急ぎお答えできるようにしてご連絡差し上げます。

ありがとうございました。




さて、本日は何度もブログにしていますが、F-SPORT[パフォーマンスエアーインテーク]をご説明いたします。


まずは、エアークリーナーボックスを外した状態で純正品と比較してみました。





左がエフスポーツのエアークリーナーボックスになります。
右が純正ですね。

このボックスの何が違うかと言いますと、まず内側のリブをなくしてフラット加工しているのがわかると思います。(Fのロゴが入っている部分です)

このリブを無くしフラット化することによりエアーの乱流をなくしています。

そして、一番の違いは赤丸部分の開口部です。

通常は赤矢印部分からエアーを吸い込むのですが、F-SPORTは赤丸部分からもエアーを吸い込みます。

これによりエアーの吸い込み量を増やし、同時に大きく吸い込むときは吸い込む音を出します。

先日のブログで紹介した動画でマフラー音のような音はこの開口部によるものです。





こちらが純正。
赤丸部分は壁になっていますね。






そして、こちらがF-SPORT。
赤丸部分に開口部ができています。


エアークリーナーボックスはエアーを吸い込む時にフィルターを通すことによりゴミをエンジン内に入れない役目があります。

このフィルターですが、色々なものがありキノコ型のものから純正と同形状のものもあります。

このフィルターを色々と交換するユーザーさんは多いかと思いますが、一番重要な部分はボックスにあります。

箱の何が重要かと言いますと、取り込むエアーの温度にあります。

一般的なキノコ型ですと、エンジンにて暖まった高温なエアーを吸い込んでしまいます。

ボックスがあれば、吸い込み口からのエアーしか取り込まないのでエンジン熱によるエアーを取り込みません。


ここで疑問に思った人。

どうして高温なエアーはダメなのか、、、、、


簡単に説明すると、吸気温度が高いと空気の密度が低くなるからです。

つまりパワーダウンします。


よくコールドエアーインテークという言葉を聞きませんか?

これは、冷えた空気を取り込むためのシステムです。

フェンダーやバンパーまでダクトを延長してできるだけエンジンによる熱を避けて冷えたエアーを取り込むシステムですね。


キノコ型をむき出しのまま取り付けすると、実はパワーダウンしてるケースが多々あります。

ですので、F-SPORTでは純正エアークリーナーボックスの形状を維持しながら前方より追加で開口部を設けています。


吸気温度は重要ということで、次にいきましょう♪





開口部のアップ画像になります。

ちょうど、ヘッドライト裏側になりますね。





このように純正吸気ラインと追加の吸気ラインになっています。

もっと効率良くベストな状態にするのであれば、追加の吸気ラインまでフェンダーやバンパーからダクトを設けることをお勧めします。







もう一度、純正吸気ラインのダクトを取り付けした状態で確認してください。

外気温エアーを取り込むために純正ではグリル裏側に開口部を設けてエアークリーナーボックスまでダクトにしています。

これで吸気ラインが2箇所になっていることを理解してもらえたでしょうか。







そして、付属のエアーフィルターを装着して、フィルター上部のエアークリーナーボックス蓋は純正を使います。

つまり、F-SPORTではエアークリーナーボックス下側を交換するこということです。

上蓋は純正を使います。

エアーの量を感知するセンサーが付いていますから上蓋は重要な部分でもあります。







そして、付属のエアーインテークパイプを装着して完成です!!

エアーの量を増やして、エアークリーナーボックスとインテークパイプの内壁をフラットにすることにより乱流を防ぐということですね。



吸気音がどのように変わるのかを動画でご確認ください☆






このサウンドは吸気音のみで、マフラーは純正です。

アクセルを開け気味で4000回転近くなるとヤル気のあるサウンドを奏でます。

また、アクセルをあまり開けずに普通に走行している場合は純正同等でF-SPORT[パフォーマンスエアーインテーク]の存在を感じさせません。

まったく純正と変わりません。


ここが便利なところですね。

つまり、普通に走行するときはまったく純正ですが、アクセルを踏み込みヤル気の時は吸気音が発生するという仕組みです。

こんなに便利なアイテムはないかと思います。

特にIS250はヤル気にさせるサウンドがあるくらいでないと物足りないので、気持ちだけでも速くなった気分が欲しいところです(笑)






インテークパイプにはF-SPORTのロゴ入りでエンジンカバーを付けていても確認できます。



在庫ありますので、みなさんでヤル気になりましょう♪

燃費気にしないでアクセル踏んでいきましょう(笑)




     F-SPORT■カタログページ





     シンクデザイン■ホームページ



レクサスに関係ありませんが、先日の北海道でのスノーボードを動画にしました♪





Posted at 2010/01/29 02:35:26 | コメント(10) | トラックバック(0) | IS | クルマ
2010年01月26日 イイね!

ザックス車高調 レクサス IS350へ装着完了☆初期インプレッション 【LEXUS】

先日紹介させていただきました【 SACHS Race Engineering ThinkDesign 】ですが、無事に装着完了いたしました。





車輌提供していただいたのは実はMONOさん、色々とご理解いただき本当にありがとうございました。

去年の11月にレクサス用としてザックス車高調を開発する話しがあり、欧州車の経験が多いシンクデザイン佐藤としては、ザックス&アイバッハの組み合わせによる車高調をどうしても販売したく車輌提供してくださるユーザーさまを探しておりました。

実はOS技研製機械式LSDをIS350へ初装着もMONOさんでした。


すべてシンクデザイン佐藤の説明だけで購入を決意してくださり、本当に感謝しております。

ありがとうございました。






それでは装着に関するインプレッションをしたいと思います。

まずは、もう一度車高調の全貌をご覧ください。





こちらがフロント。

・専用のアッパーマウント(ラバータイプ)
・アイバッハERSスプリング[80N/mm]
・スチールシリンダー
・減衰力固定





こちらがリア。

・専用のアッパーマウント(ラバータイプ)
・アイバッハERSスプリング[70N/mm]
・スチールシリンダー
・減衰力固定


となっており、街乗りでの乗り心地も確保するためのバネレート設定となっています。

そして、肝心なザックス【SACHS】ですが、高圧ガスの単筒式となります。

他に高圧ガスの単筒式で有名なのはビルシュタインですね。



この高圧ガスの単筒式にこだわるのかを説明しておきましょう。

まず、単筒式の説明から、、、、、

単筒式の減衰力特性はピストンスピードが遅くても十分な減衰力が得られる部分にあります。
なおかつスピードがあがっても堅くなりすぎないという特性を持ちます。

構造を説明すると、一本のシリンダーの中をピストンが上下して減衰力を発生させるのですが、一本であるがゆえに径の大きいピストンバルブを使うことができます。

これは、ショック内のオイル量を増やすことができ、熱ダレを防いでショックオイルの寿命を延ばしてくれます。

また、高圧ガスによりガス室がオイル室を圧迫しているので、オイル内の気泡を発生しにくくしてくれます。

気泡が発生すると、オイルの粘度が低くなりますから、減衰力すなわち乗り心地や踏ん張りに誤差が発生します。

つまり、ショックオイルの状態を一定に維持することが一番重要だということです。


高圧ガスであるがゆえに、オイル室を圧迫する力が強いので極度なピストンバルブの移動時に発生する気圧の変化にも対応します。

エアレーションやキャビテーションを発生しにくくしてくれるということですね。


モータースポーツなどでは必要不可欠です。




時間が時間ですので、難しい説明になっていますかね?

もっとわかりやすく説明しますと、家の前にあるいつも通る段差を乗り越える段差乗り越えショックが、2時間後に帰宅した際にも同様な段差乗り越えショックだということです。

長時間にわたり減衰力を維持してくれるので、モータースポーツなどでは必要不可欠という事です。

そして、段差乗り越えショックを重要視されがちですが、コーナーでの踏ん張り・粘りなどでも同じような事が言えます。


これは高圧ガスであるがゆえになせることですね。


そして、この高圧ガスは後注入では実現できません。

ガスを入れるバルブの耐久性が重要ですので、バルブの耐久性以上の圧をかけることができません。

なので単筒式であることだけではなく、高圧ガスも重要なポイントです。




しかし、この高圧ガスにも欠点というかマイナス的要素もあります。

それは、装着直後の馴染みまでの堅さと車高にあります。

今回もそうだったのですが、ガス圧が落ち着くまでに車高が安定しないのと多少反発した乗り味になります。

ですので、一般的に装着直後のインプレッションに関しては良く書かれる事が少ないですね。


これは車種や条件によって異なりますが、馴染むまでに2000キロを要する場合もあります。

車高に関しては1cm~2cmの違いが出ることもあります。



そこで、いままで高圧ガスの単筒式を多く装着試走してきたシンクデザイン佐藤のインプレッションとなります。





まず、低速時の突き上げ感。

アイバッハのスプリングである部分とバネレートを8キロ7キロに設定した部分もあるのですが、予想以上に突き上げ感がありません。

もちろんピッチングのような感覚は感じるのですが、不快感なく走行できます。

この程度であれば、馴染み後にはまったく気にならないほどに解消すると思われます。

まったく心配ないですね。






そして、一番好印象だった部分。

それは、コーナーでの粘りです。

コーナー中にアクセルを踏み込んだ際の粘りが非常に気持ち良いです。

これはビルシュタインなどにはない感覚で、思わずニヤけてしまいました。


結果、コントロールしやすい足回りということになります。

高速走行まではできなかったのですが、今までの経験上から考えるに非常に優れた足回りになるのではないかと予想できます。

全体的なセッティングをみるのは、完全に馴染みが終わってからになりますが、かなりの期待をしても良さそうです。

後日のブログを楽しみにしていてください。






そして、ここで発表があります。

同時販売開始には気が早いかと思ったのですが、レクサス IS250 とレクサス IS-Fに関しても受注を開始します。

足回りに不満のある方やこれから足回りを検討している方はご相談ください。

細かい詳細まで決まっていないのですが、販売開始が確定しました。


このIS350への馴染みが終わり、最終的なセッティングを終わらせた後に受注を開始します。

価格も正確に決まっていないので検討しようがないとも思いますが、失敗して何度も足回りを購入することを考えれば価値のある足回りではないかと思います。

また、高圧ガス単筒式による耐久性からオーバーホールなど5万キロ以下では必要としません。
(一般的な使用状況でサーキットなどでは話しが変わります)



それでは、途中経過や何か変更点などありましたらブログにしたいと思います。


では、帰ります・・・・・




本日もありがとうございました。









     シンクデザイン■ホームページ



Posted at 2010/01/26 04:37:11 | コメント(11) | トラックバック(0) | IS | クルマ
2010年01月24日 イイね!

新商品案内 レクサス IS350 ザックス[SACHS]+アイバッハ[Eibach] 車高調

新商品案内 レクサス IS350 ザックス[SACHS]+アイバッハ[Eibach] 車高調さぁ今日は凄いですよ♪

レクサス IS350用の車高調が仕上がってきました。





この車高調、普通の車高調ではありません。


なんと!SACHS(ザックス)とEibach(アイバッハ)の組み合わせによる車高調です。







ザックスとはドイツの自動車部品(ショックアブソーバー、クラッチ板)メーカーですが、ただのメーカーではありません。

欧州車の純正ショックからF1やポルシェカップなどのレース部門まで幅広く活躍しているメーカーです。

最近では日産のデュアリスに純正採用されましたね。

かなり高い評価を受けています。


純正ノーマル形状ではハンズトレーディングさんが代理店として販売していますが、今回使うザックスは単筒式。

商品名は【SACHS Race Engineering THINK DESIGN】となります。

レースで培った高性能をストリートへ!!

これが今回の一番の目的です。


ビルシュタインやオーリンズなど単筒式の車高調は色々と製品化されていますが、直巻きスプリングを使った車高調として最高峰にするために、ザックスとアイバッハの組み合わせにしました。


そして、良くある調整機能をすべて省き、何も調整機能を持たない素晴らしさを理解してもらうためにシンプルイズザベストとしています。

つまり、減衰力調整・全長調整など何もありません。

車高調の一般的な概念を覆します!!!


シンクデザインがプロデュースするすべてを、間違いのないよう感じてもらうために素のままを乗っていただきます。


・単筒式
・減衰力固定式
・全長調整なし
・スチールシリンダー
・アッパーマウント付き【ゴムブッシュタイプ】
・スプリング:アイバッハ
 フロント[8キロ]
 リア[7キロ]

これが詳細になります。







そして、ポルシェカップなどで採用しているパーツ(内部パーツ)をそのまま使っているという部分も特徴です。


スプリングバネレートを見ていただければ想像つくかと思いますが、低速時での突き上げ感をできるだけ軽減させ、高速走行までオールマイティーに対応させます。

ショックアブソーバーの伸び縮みの切り替わりがスムーズで、低速~高速までしなやかに脚が動く気持ち良さを感じてもらえるかと思います。

違和感を感じない、フリクション感を感じない、長距離移動でも疲れない足回りとなっています。


つまり、 【究極の普通】 を実現しています。




次にアイバッハですが、これも知らない人が多いでしょうか?







簡単に言うと、純正スプリングからアイバッハスプリングに交換しただけで乗り心地が良くなります。

これは有名な話ですね。


そして、今回使うアイバッハは 【E.R.S】 となります。






こちらもF1やWRCなどで多く使われています。


この 【E.R.S】 ですが、アイバッハ独自の冷間鍛造製法により、しなやかなのに粘りがある特性を持っています。

線間密着するようなハードな使用を繰り返しても設計値どおりのスプリングレートを発揮し続けます。




この世界最強の組み合わせをレクサス用としてラインナップに追加します。

まずはIS350用からですが、実は発売前から予約が入っており週明けにも装着いたします。

しかも、「みんカラ」に登録されている(もちろん、お友達登録もしていただいてます)方が装着されますので、インプレッションなども聞けるかと思います。


レクサス IS350用として世界初のザックス+アイバッハの車高調☆

間違いのない選択かと思います。


ちなみに、価格がまだ決まっていませんので、決まり次第ブログにてご紹介いたします。














それと、先に言いましたデュアリスの記事を下記に記します。

以下引用


デュアリスのサスペンションで興味深いところはドイツのザックス製のパーツを使うショックアブソーバー(ハイスピードダンピングコントロール・ショックアブソーバーという名前)。
このあたりの経緯について、開発担当の長谷川さんに伺ってみると「高いスピード域でも、乗り心地とハンドリングを高い次元で両立するために我々の要求値を達成してくれたザックスの部品を採用しました。
もちろん、イギリス生産なので調達をしやすいという面もあります」。
コスト的には「入力によって、ショックアブソーバーの動き方を変えるためのパーツなども着いていますので、若干お高いです。
でも、良さは必ず分かっていただけると確信しております」との答えだった。



エンジン以上に驚いたのが乗り心地である。ヨーロッパ域内の高い走行速度に対応すべく、減衰力をキッチリ確保してあるハズなのだけれど(実際コーナーでのロールなどSUVとしては少ない)、全く「硬さ」を感じないのだ。
このあたり、ベンツやBMWと共通する乗り味。
考えてみれば路面からの入力を吸収する際の特性を作り出すのは100%ダンパーの役割。
食べ物で言えば刺身みたいなもの。素材の良さで乗り味が決まってしまう。
だからこそ一流と呼ばれるメーカーは多少高価でもザックスのダンパーを採用しているのだろう。
日本車の車体設計技術を見ると、ここ10年くらいで大幅に向上した。
今やヨーロッパ車に負けないボディ剛性持つ。
そいつにザックスのダンパーを組み合わせれば、もはやベンツやBMWと同等の乗り味になって当然か。
日本で発売されたらぜひとも試乗して欲しい。ザックスの素晴らしさが解ります。



大雑把なイメージで言うと、ヨーロッパで売られてるキャシュカイの3分の2ですから。
クルマの内容だって悪くない。
半年後、売れ行きが伸び悩んでいるとしたら、理由の120%はデザインだと思う。とにかく試乗してみて欲しい。
ザックス製のダンパー、日本車の走りの奥行きをイッキに広げてくれる。さすが世界の一流品だと感心しきり。



ここにきて世界のトップブランドであるザックスのダンパーを採用する日本の自動車メーカーさえ出てきた。
日産の新型SUVである『デュアリス』に試乗したトコロ、素晴らしく乗り心地がいい。
とてもじゃないけれど日本車と思えないほど。
ベンツやBMW、ポルシェなどと同じザックス製のダンパーを採用しているせいなのだけれど(すでに海外工場産の日産車に広く採用し始めているそうな)、レクサスあたりも真剣に考えるべき時期。
こういった海外製の部品を買うことは、自動車メーカーにとって貿易の不均衡を少なくしたりするため重要かと。良い部品はどんどん買ったら良いと思う。




サスペンションはフロントがストラット式で、リヤにはCプラットフォームとしては例外的なマルチリンク式を採用。
ショックアブソーバーには、BMWやポルシェなどが純正採用するドイツ・ザックス社製を搭載し、重心の高いSUV特有のロールや浮つき感を抑えて、フラットな接地感を実現したという。
タイヤはブリヂストン製のプレミアムSUVタイヤ“デューラー H/P SPORT”を履く。
4WDシステムはエクストレイルと同様、電子制御カップリングを採用したオールモード4×4だ。
10・15モード燃費のカタログ値は、2WD車が14.2km/L、4WD車が13.8km/L。



ヨーロッパで鍛えた高い基本性能。
 開発責任者の岩佐洋介氏は、デュアリスの最大の特徴を「欧州で鍛えた基本性能の高いハンドリングと乗り心地の両立」として、その走りの良さを強調する。
 その走りを支える足まわりには、リンク類にアルミなどを採用して高剛性と軽量化を両立した、新開発のフロント=ストラット/リア=マルチリチンクサスペンションを採用。
さらに、高剛性スタビライザーやリバウンドスプリングに加え、ザックス社(ドイツ)との共同開発になるハイスピードダンピングコントロール・ショックアブソーバーが奢られている。
 これらにより、高速コーナリング時にもフラットな走行を実現し、重心の高いSUVながらロール感や内輪の浮き上がりを解消するとともに、凹凸のある路面での突き上げ感を抑制。
ハンドリング性能と乗り心地の快適性を高い次元で両立したとしている。


引用ここまで。








と以上です。

ここまでベタ褒めなデュアリス。

乗りたくなりますよね。

同じようにレクサスでも実現できますので、足回りを考えている方は検討してみてください。


次のブログは装着例となりますので、楽しみにしていてください。


本日もありがとうございました。




     シンクデザイン■ホームページ

Posted at 2010/01/24 01:26:56 | コメント(13) | トラックバック(0) | IS | イベント・キャンペーン
2010年01月17日 イイね!

ゼロクラウン[18クラウン] パドルシフト加工取り付け[T's製] 受注開始☆

こんばんは~



毎日寒い日が続きニコニコしているシンクデザイン佐藤です。




さて今日はまず臨時休業のお知らせです。



あした18日(月)~21日(木)の4日間を臨時休業とさせていただきます。



22日(金)より通常営業となりますので、ご迷惑をお掛けいたしますが宜しくお願いいたします。





それでは、タイトルの説明をしましょう。



まずはコレ。





ゼロクラウンにメルセデス用のパドルシフトを取り付けしました。



通常18クラウンにはパドルシフトの装備はないのですが、 計画性零王冠 さまの熱意に負けて色々と調べた結果、みんカラに登録されているTsuyoshi会長さん に加工組み込みを依頼してDPUユニットと組み合わせて取り付けしました。



Tsuyoshi会長さん は雑誌でもお馴染みのパドル加工取り付けの達人ですね♪


車種によりパドルを固定する方法が異なるとのことでしたので、当社で固定するよりは実績のある方に加工をお願いしたほうが間違いがないかと思いすべてを依頼し、ステアリング加工後の取り付け&配線引き回しをシンクデザインにて作業させていただく事にしました。


DPUユニットの取り付けも初めてでしたので、合わせて説明をしていただきながらの装着となりました。




まずは、何が拘りなのかを説明したいと思います。







これがパドルシフトを加工取り付けしたステアリングですね。


すでに完璧に固定されています。






ステアリングの裏側にあるパネルにパドルを固定するのですが、パネルに固定するとパネル本体が動いてしまいますので、特殊な加工によりガッチリと固定されています。


これにより余計な遊びがなく純正同等に操作が可能です。





また、このメルセデス用のパドルをそのまま取り付けすると左右の感触に違いが出ます。


そこで、ここでも特殊な加工を施し左右の感触が同じになるように調整しています。


左右同じように感触を揃えて、パドル本体が遊ばないように確実に固定。


これは真似しようとしても真似のできない部分だそうです。





ステアリングからパドルまでの距離も申し分ありません。


まるで最初からパドル装備の車のようになります。






そして「DOWN」や「UP」の文字を赤く。


これだけでだいぶお洒落になりますね♪





そして、実際に取り付け開始です!!!






純正ステアリングを外してDPUユニットを取り付けしてきます。


この作業をシンクデザインが請け負うという形ですので、ステアリングの加工だけの注文はお受けいたしません。


取り付けに関して問い合わせがあっても、なかなかお答えできない複雑さがありますのでご了承ください。





これがDPUユニット。


シフトノブをDレンジに入れたままの状態でパドル操作が可能になり、自動復帰など昨日も色々です。


デモカーのIS250CはDレンジのままでパドルの操作が可能ですので、必要のないパーツだなと思ったのですが、ダウンした後に加速すると自動復帰するそうで、ETCレーンなどの減速に使える!!とちょっと欲しくなってしまいました(笑)





そして、、、、





無事に取り付け完了。


見事にパドルシフト装着完了です!!!


これで、本気モード出せますね。



この 計画性零王冠 さんはOS技研のLSDまで装着していますので、走りに関してはかなりのこだわりを見せています。


パドルに関しても完璧なものが欲しいと、調べる時間をいただけたので感謝ですね。


ありがとうございます。





毎回目にするステアリングですから、見た目的にも良いですね。


ヤル気を感じさせます♪




「UP」側のパドルシフト。





「DOWN」側のパドルシフト。






真横からのアングルですね。


この絶妙な位置が違和感なく使えるポイントです。








そして、Tsuyoshi会長さんのパドルも見させていただきました。




社外のステアリングに取り付けですね。


ステアリングを当社で預かってTsuyoshi会長さんへ加工をだすので、その間は別のステアリングで代用するしかありません。


ですので、純正ステアリングを用意するか、このように社外のステアリングに加工してしまうかどちらか方法を選ばなければなりません。



ちなみに、レクサス GSに関しては以前デモカーを持っていた兼ね合いから、純正ステアリングをシンクデザインが持っていますので、代わりに貸すことが可能です。





そして気になるお値段ですが、「パドル加工取り付け」「DPUユニット」「取り付け工賃」すべて含めて¥110,000(税込み)となります。


取り付けして見たい方はお問い合わせください。


シンクデザインのホームページに商品としてアップされる訳ではありませんので、直接お電話かメールにて注文をお受けいたします。


また、取り付けにも時間がかかりますので、加工する日程や作業日など予約を入れていただく必要があります。


宜しくお願いいたします。





Tsuyoshi会長さん 、この度は色々とご親切にありがとうございました。




左が計画性零王冠さまで右がTsuyoshi会長さん です。






それと、綺麗に仕上がっているフロントグリルがありましたので、同時に紹介したいと思います。




Tsuyoshi会長さん オリジナルのフロントグリルですね。


オールハンドメイドによるアルミ製のグリルです。





なかなかのクオリティーですね。


ボンネット・バンパーに合わせての形状になっていますので、統一感があります。




王冠に飽きてしまった方がいればイメチェンに良いかと思います。






それでは、休み前なので早めに今日は帰りたいと思います。


ありがとうございました。





     シンクデザイン■ホームページ






Posted at 2010/01/17 23:07:03 | コメント(9) | トラックバック(0) | クルマ
2010年01月11日 イイね!

レクサス LS460SZ[後期] LEDウインカー【アンサーコールバック対応】

明日は夜から山に前伯する予定のシンクデザイン佐藤です。

新潟の山は水曜日に大荒れになりそうですね♪

低気圧バンザイです!!!!




さて、本日はレクサス LS460SZ[後期]へのLEDウインカーバルブ装着&適合確認のご報告です。


何人かのお客様からマイナー後のLSにLEDウインカーバルブを装着できないのかと、お問い合わせいただいておりましたが、装着確認できずにいましたので、このブログにてご報告とさせていただきます。





まずは、マイナー前LS460との違いですが、フロントウインカーバルブは同形状の交換方法も同じです。

そして、リアですがマイナーチェンジしたことによって変更点があります。





交換位置に関してはたいした違いはないのですが、バルブの形状が【T16 ダブル】からフロントと同様に【T20】へと変わっています。

これで、他のレクサス車と共通となりました。





また、純正ウインカーリレーの位置ですが、これは変わらず。





メーター裏側の赤丸部分にあります。

この純正リレーですが、マイナー前のLS460とはリレー本体が変わっていました。

前期は赤いケースでしたが、マイナー後になって一般的なリレーへと変更されています。

ですので、他のレクサス車と同様の【 HI-LUMINANCE LED WINKER BULB (4PCS+RELAY) 】で対応いたします。

マイナー前はLS専用となっていましたが、マイナー後は通常品に変わりますので、LS マイナー後と[特記事項]にご入力ください。

マイナー前用をマイナー後に装着することはできませんし、その逆もできません。





しかし、このリレーの位置がやっかいですね・・・・・

メーターを外してリレーを固定しているクリップを外して、アンダーカバー側の下から手を入れて知恵の輪のように外さなければなりませんので、かなり器用な方でないと交換できません。

基本的には整備士の方に作業してもらってください。





また、LEDウインカーバルブに交換すると、オレンジ色のバルブではなくなるのでヘッドライトへの写りこみもなくなりすっきりクリアーになります。

これもポイントの一つですよね。

それでは、純正ウインカーバルブとシンクデザイン高輝度LEDウインカーバルブとの比較画像をご覧ください。


運転席側がLEDウインカーバルブで助手席側が純正ウインカーバルブとなります。







     高輝度LEDウインカーバルブ■カタログページ


LS460[マイナー後]は【 商品コード: 9000201 】を選択してLS460と車種を必ず「特記事項」にご入力ください。



本日もありがとうございました。




     シンクデザイン■ホームページ


Posted at 2010/01/12 00:01:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | LS | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS RX300 2台
LEXUS LC500h
LEXUS NX300h
LEXUS NX200t

ブルーバナナ TVナビキャンセラー
スナップオン エアコンシステム
マイクロロン添加材追加

2018年最終週作業内容

今日はATF交換だ!!」
何シテル?   04/19 09:09
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2010/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.