• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2010年06月21日 イイね!

LEXUS RX450h用 新商品案内☆リアスタビライザー強化リンク

LEXUS RX450h用 新商品案内☆リアスタビライザー強化リンクこんばんは。



スタビライザージュラコンブッシュの異音問題から、問い合わせや質問が殺到し会社に泊まりこみでの対応でどうにか最近は落ち着いてまいりました。



この場をお借りして、この度は本当にご迷惑をお掛けしております。



原因は究明中であり、解決策はあるのですが確実な結果は出ていませんので、解明次第ブログで告知させていただきます。



もう暫くお待ちください。



なお、今回の告知にも関わらず、ご注文いただいたお客様、ご予約のままご注文のお客様にも大変感謝しております。



ご理解いただき本当にありがとうございます。





また、今回のスタビライザージュラコンブッシュの異音問題により、当社のスタビライザーリンクへの信憑性もなくなっているようです。



スタビライザーリンクに関しては、販売開始から1年を経過しており販売数150台~200台となっています。



過去にあったクレームは取り付け時にトルクレンチを使わずに固定したことによる(締めすぎによりカラーがピロボールへ食い込む)異音発生のみで製品の不良などクレームは1件もありません。



正常な取り付けと正常な使用頻度で半年や1年で不具合や異音が発生することはないと思っています。




理由としてはもちろんピロボールですが、当社のピロボールは国内生産最高級品をテフロン加工した状態で採用しています。



これにより負荷のかかるフロントなどへも対応させ、異音の可能性を極限まで抑えるために考えて設計しています。



つまり、当社のスタビリンクで異音が発生するのであれば、どこのメーカーの製品でも異音が発生すると断言できます。



アフターパーツには不具合が発生する可能性がある部分を極限まで抑える為に考慮して製品化しています。



ですので、ピロボール調達に1回の注文数200個と在庫負担しても現在使用しているピロボール以外は使わない方向で今後も販売を継続していく考えです。




今回なくなった信用を製品のクオリティーで回復させたいと思っています。



今後ともよろしくお願い致します。






この状況の中、新商品がスタビリンクでは、なんとも複雑な心境ですが拘った新商品ですので、発表させていただきます。






レクサス RX450h用のリア強化スタビリンク。



エアサス用に考えた新商品になります。



今回採用したピロボールですが、IS/GS用と同様にテフロン加工を施したピロボールなのですが、IS/GS用とは違いエアサスへの負担を考慮したピロボールを採用しています。



RX450hのエアサスは純正で上下へ車高を変動させる機能を持っています。



つまり、車高を上げ下げしますので、スタビライザーの位置も上下に動きます。



この上下の可動範囲の中でスタビリンクのピロボールがエアサスへ負荷をかける事を考慮して、通常よりも動きがスムーズなピロボールを採用しました。



スタビリンクへ採用するピロボールとしては通常使わないほどの高級品なのですが、IS/GS用で使用している胴体部分を流用することにより価格を抑えて¥29,400(税込み)で販売可能になりました。



エアサスの事を考慮したスタビリンクは当社が初ではないでしょうか。





それでは、レクサス RX450hのリアスタビライザーの全貌をご覧ください。






LEXUS RX450hのスタビライザーはサスペンションアームの進行方向後ろにあります。



覗くとすぐに確認できます。



そして、スタビライザーリンクですが、サスペンションアームの中まで入り込んでいます。







丸で囲った部分がスタビライザーリンクです。



IS/GSとは構造が違いますね。







まずは、リアスタビライザーを固定しているブラケットとサスペンションアームと接続しているロアーブラケットを固定しているボルトを外します。






こちらがブラケット。



工具も入りやすいので比較的簡単に外す事が可能です。






次に真下からの画像ですが、ロアーブラケットを固定しているボルトを外します。



片側4ヶ所のボルト(左右合計8箇所)のボルトを外すとスタビライザー本体(スタビリンク含む)を車輌から外すことが可能です。






車輌から外したスタビライザー本体(スタビリンク含む)です。



ここからスタビリンクのみを強化スタビリンクへ交換します。



片側2ヶ所(合計4ヶ所)のボルトを外して交換していきます。







こちらが純正スタビライザーリンク。



この細い胴体部分を太くして強度を持たせる事によりスタビライザーをダイレクトに効かせます。



細い胴体部分によって逃げている剛性感を無くすという事ですね。






次に注意点ですが、強度確保の為にボルト部分を18mm挿入した状態で使用していただきます。



この18mm挿入した状態でRX450h(エアサス車)のノーマル車高スタビライザー位置に適した長さになります。



また、車高を落とした車輌に関しては、残り5mm短くセットすることができますので、車高に合わせて調整することが可能です。




ここで注意点なのですが、RX450hエアサス車は先ほどもご説明した通り、車高を上下させる事が可能です。



この上下させたときに起こるスタビライザーリンクの可動範囲ですが、ノーマル車高であれば上下共に可動範囲を確保できています。



ただ、必要以上に車高を落としている場合にはスタビリンクの可動範囲を超えた状態になりますので、不適合となります。



お客さまの判断にてお求めいただくようお願い申し上げます。



可動範囲を超えた状態での使用は不具合を発生させる可能性もありますので、保障対象外とさせていただきます。(そもそも保障はないのですが、短期間のうちに不具合が発生する場合は新品交換対応します)







次にスタビライザーとロアーブラケットへの位置決め時にも注意点があります。



上下左右の可動範囲を確保するために、純正の角度に合わせていただく必要があります。



この角度を純正とは異なった角度にしますと、可動範囲を確保できませんので、注意してください。



慎重に丁寧に作業すれば可能かと思います。







そして、固定する時の注意点ですが、スタビライザーとロアーブラケットへの締め付けトルクにも注意してください。



専用の説明書に規定トルクは明記していますが、必ずトルクレンチを使用して確実に固定してください。



トルクレンチを使わずに感覚で締め付けた場合はカラーがピロボールへ食い込むので、不具合が発生します。



とても重要な部分ですので、必ずトルクレンチを使用してください。







そして、確実な作業を行うために、車輌へ取り付けする際もレクサスが推奨する規定トルクで締め付け固定してください。



これも専用の取り付け説明書に明記してあります。






取り付けするとこのようになります。



テスト車輌としてRX450hをお借りしたお客様、ありがとうございました。



試乗させていただきましたが、コーナーでの踏ん張り感が強くなり、安心してアクセルを踏めるようになりました。



60キロ~70キロ以上の速度域で十分に体感できる強化パーツです。




車高が高いのもありますが、もっと安定感が欲しいRXですので、ちょっとした強化パーツで走りやすくなります。



一度お試しください。




また、お客様からの初期インプレッションが届いていますので、ご覧ください。




帰路で東名~首都高3号~C1~5号~C2~6号~常磐道を走ってきました。
簡単ですが感想をお知らせします。

・ハンドルの「遊び」が少なくなった感じ
→レールの上を走っているような感じです

・カーブでのハンドル操作の「足し」をしなくて済むようになった
→思ったコース取りで曲がれるように思います

・段差での「はね」が少なく感じる
→跳ねた跡の収まりが早くなったように感じました

トータルとしては車高が下がった(セダンの)ように錯覚します。




空いている山道を登ると楽しそうです(^_^)







との事でした。




ありがとうございました。







     LEXUS RX450h[エアサス車]用 リアスタビライザー強化リンク■カタログページ










また、IS/GS用のスタビライザーリンクも再入荷いたしました。




ご予約いただいたお客様への連絡も済み、今のところ在庫も豊富ですので、ご注文ください。




よろしくお願い致します。






なお、22日(火)と23日(水)は足回り開発・テスト走行の為に北海道へ出張となります。



不在となりますので、飛び込みのお客様はご注意ください。



私が不在の場合での作業はお断りしていますので、事前にご連絡いただいてからのご来店をお願い致します。





また、毎日レクサスがご来店されていますので、同じような作業を紹介する事もできませんので、日々の出来事を簡単にブログにしているページがあります。



以下のアドレスよりご覧ください。



       シンクデザイン■ホームページⅡ



「スタッフブログ」がありますので、そこからご覧いただけます。






それでは、明日!?今日も頑張っていきたいと思います。



ありがとうございました。






     シンクデザイン■ホームページ





Posted at 2010/06/21 03:52:53 | コメント(5) | トラックバック(0) | RX | イベント・キャンペーン
2010年06月14日 イイね!

スタビライザージュラコンブッシュ 異音解明1

先日告知したスタビライザージュラコンブッシュの異音ですが、本日問題の出ているIS250を作業させていただき、色々と試してみました。





IS250ですが、異音があまりにも大きいので、グリスアップして対策したのですが、改善されずにいたので新品交換いたしました。



ただ、新品交換したにもかかわらず、1時間程度走行後に再度異音が発生。




そして、ご来店していただき本日解決するために作業させていただきました。




まずは、スタビライザーリンクとスタビライザーを分離して手で動かし異音が出るかを確認しました。






スタビライザーリンクとスタビライザーをつないでいる部分を切り離し、左右同時に動かし同様の異音が出るかをチェック。



ロアアームが動く事により、スタビライザーはブッシュの中で動きますので、手で動かして異音が出れば何かヒントがあるかと思いました。






強化スタビライザーリンクの可能性もあるかと思ったのですが、先日新品に交換しても何も変化がなかったのでブッシュと判断。



強化スタビライザーリンクに関しても、今回の異音告知で色々な問い合わせを受けますが、当社のスタビライザーリンクに使っているピロボールは国内最高級品を使っていますので、よほどの事がない限り異音が発生することはありません。



もちろん、ピロボールなので、表面にダメージを受けたり劣化してクリアランスが増えれば異音となります。




ただ、当社のピロボールで異音が出るのであれば他社製品はすべて同様に異音が出ると断言しても良いくらいの自信があります。



これ以上のクオリティーを保つスタビリンクはないと断言します。






次に、考えられる方法で色々とチェックしました。



まず、組み付けしなおして異音が消えるかチェック。

1kmほど問題なく走行できましたが、再発。



次に一部分だけグリスアップして再度試走。

最初から異音発生で見当違い。



次に考えたのが画像の出口部分の曲がり内側の干渉。






このように、出口後すぐに曲がりがあるので、擦れて異音となっているのではないかと削り落としてみました。



ですが、まったく関係なし。




ここで、お客様のご都合により時間がなくなったので、一度純正へ戻させていただきました。




次に考えれられる部分はあるのですが、準備をして再度ご来店いただくこととなりました。



まだ原因は掴めていませんが、どうにか解決していきたいと思います。





まずは、現時点でのご報告となります。




ありがとうございます。







シンクデザイン株式会社 佐藤

Posted at 2010/06/14 03:24:03 | コメント(18) | トラックバック(0) | クレーム報告 | クルマ
2010年06月07日 イイね!

【異音告知】 スタビライザージュラコンブッシュ

シンクデザインの佐藤です。



あまり堅苦しく告知しても誤解を招くだけと思いますので、わかりやすく、またご意見いただけるようにホームページではなくブログで告知したいと思います。




【スタビライザージュラコンブッシュ】ですが、販売開始からすでに350台以上の装着・出荷をしています。



装着車輌の多い順は以下の通りです。



■LEXUS IS

■LEXUS IS-F

■LEXUS GS

■TOYOTA 200系クラウン

■TOYOTA 18系クラウン

■LEXUS SC430



最近では200系クラウンアスリートとSC430をラインナップに加え今後も拡大していく方向で考えておりました。




そして、今回告知しなければならないと判断したのは、最近になって異音の報告が多くなってきた事にあります。




まず、350台以上の販売実績から当社にご来店いただき装着したのは100台以上です。



その中で当社のことを気に入っていただき、車に関する事をすべて相談していただけるようになったユーザーさまは多くいられます。



ホイールの相談、足回りの相談、スポイラーやオーディオ、車検に関すること、カスタム以外の事まで。




ご来店いただける方、お電話でご相談いただける方、様々ですが当社を信頼していただき本当に感謝しています。





その信頼を裏切らない為にもこの告知が必要だと感じました。




まず、異音の報告があったのは最近からですが、スタビライザージュラコンブッシュのジュラコンは特殊な材質ですので、「グリスを必要としない」としてきました。



このグリスを使わないには意味がありまして、まず一つは「CRC」「ラスペネ」など潤滑材によっては材質を侵す可能性があることからグリスを使わないとすることにより、当社で取り付けする以外を想定して事前にそのような勘違いを防ぐためにグリスを必要としないとしてきました。



実際にジュラコンブッシュは一般的なものでレクサスに関わらず、色々なアフターパーツメーカーや色々な車種で多く使われています。



そして、もう一つは「強化ブッシュ」という意味を確保するためにグリスアップしない方向で考えていました。



グリスを使うことにより、「ハンドルの応答性」など強化ブッシュの意味合いが薄れます。



より効果を強めるためにはグリスを使わないほうが有効的です。





そして、もちろんデモカーIS250Cにも装着しているのですが、初期低速時の段差乗り越え時に感じる硬さ(例えば路肩などへ乗り上げる時などの超低速時)を改善するためにグリスを使うという選択肢もありえるかと思いテストしていました。



また、強化ブッシュの意味合いが薄れたとしてもスムーズに脚が動いたほうが好みな方もいるだろうと思い製品化する方向で考えていました。



実際にハンドルの応答性が良すぎるので、もう少し緩和したいという相談を受けた事があります。



そのような経緯からグリスを選択し、テストしている段階だったのですが異音の報告が先月末から何件かあり、郵送でグリスアップをお願いすること5件、当社でグリスアップにより異音対策させていただいたこと1件。



合計するとトータルで6件の異音に関する報告がありました。



350台のうち6件の異音報告です。



約2%の不具合が発生




そして、異音による不具合からグリスをお送りしたお客様から新たな報告をいただきました。



「グリスアップしても改善されない」



寸法に関しては厳重なチェックを行っているのですが、製品不良の可能性があるので新品交換で対応させていただきました。



現在新品交換をお願いしている状況で結果を待っている状態です。




そして、当社で取り付けして異音が発生しグリスアップしても改善されない車輌が1台あります。



ここで新品交換したのですが、異音が解消されない結果となっています。



そのほかの3件に関してはグリスアップにて解決しています。



新品に交換しても解消されないということは何が原因なのかを検証しなければならないと、問題のあるブッシュの寸法やスタビライザーとの当たり面から問題解決しなければならないと準備している段階だったのですが、ここで大きな問題が発覚しました。




350台のうち6台だったと思っていた異音クレームですが、当社に報告があったのが6台でして実際に異音が出ている車輌はもっと多いようです。



異音が問題ですでに外している方が多くいると報告がありました。




その報告を受けて急遽ブログで告知しているのですが、自分の考えが甘かった事を後悔しています。



購入した製品に関して、問題が出れば製造元の当社に相談があるものと思っていました。



ただ、実際には相談せずに外してしまっているユーザーさまが多くいるという事実です。





「アフターパーツだから不具合が出たら外せばいい」 この考えがこれほど強いものとは考えもしませんでした。



もちろん、純正部品ではないので耐久性は純正よりも劣ります。



ただ、装着して半年もたたないうちに不具合が出るようでは製品とは呼べません。




レクサスという車輌から考えて、異音が出てまで装着する方はほぼいないとも思っています。



ですので、LSDやスタビリンクなども異音に関する部分は神経質になり出来る限りの方法で部品調達・販売方法を考えてきています。



絶対に異音は出ないと言っている訳ではないのですが、アフターパーツとしてレクサス用として不具合はできるだけ出ないように考えて製品化してきたつもりです。



「つもり」で許される事ではないことも理解しています。



また、異音が出るかどうかをお客様の車輌で試している訳でもありません。

(現在ご協力いただいているお客様もいますが)




問題がないと判断して製品化してきた訳ですが、使用状況や微妙な誤差により異音が発生するとこがあるということを学びました。




まず、考えられる事を以下に記します。



1.寸法に関する誤差

 スタビライザーの外径とブッシュの内径が合わない場合に異音が発生しますが、寸法の許容範囲を超える場合に異音が発生すると考えます。

純正はゴムブッシュですので、厳密な寸法を必要としません。

ゴムが変形してくれる分、許容範囲が広いです。

ただ、純正品質ですので、その許容範囲は優れています。



2.可動範囲に対する負荷

 車高を落とす事によりスタビライザーの位置は純正とは角度が変わりブッシュやリンクにかかる負荷は大きくなります。

その角度により負荷のかかり方が変わるので、異音が発生すると考えます。

スタビブッシュを交換する方の多くは車高を落としている方だと認識していますので、車高を落としているから適合しませんとは言いません。

ただ、通常考えるよりも車高を落としている場合は想像以上の負荷がかかる可能性があるので、劣化が早いというのも事実かと思います。



3.ブッシュの固定位置

 スタビライザーにはブッシュの位置を出すためのストッパーが付いていますが、このストッパーの位置がズレていることにより若干ですが内側や外側にズレている可能性があります。

このストッパーは移動させる事ができるのですが、装着時に左右均等に位置出ししても違和感がある場合に異音が発生すると考えます。



4.ブッシュブラケットの精度

 ブッシュの外側・ブッシュを固定しているブラケットですが、純正ブッシュはゴムでできているのでスタビライザーよりも精度があいまいです。

当社のブッシュの精度にも問題があると思いますが、ゴムであることを想定していますので、硬度が高い場合は対応しきれないので異音が発生すると考えます。





考えられる原因は以上です。




また、硬度の高いジュラコンブッシュですので、スタビライザーの動きを制限することも事実です。

制限することにより効果がでるのですが、「2」であげたように車高を通常より落としている場合には可動範囲によりストッパーのような役目になり、ショックzブソーバーのストロークする位置が変わることにより今までとは違った乗り味になり場合によっては乗り味が硬くなると感じる可能性があります。



ですので、ご来店される方で車高が通常より低い場合には車高調などの動きを制限してしまうので、適さないと判断してお勧めしていません。



ノーマル車高に近い方のほうが、スタビライザージュラコンブッシュの効果を最大限に体感できることになります。



また、異音の出る可能性はノーマル車高のほうが少ないと判断します。



あくまで考える可能性ですので、車高を下げているから悪いと言っている訳ではないので、誤解のないようにお願いします。



また、現状わかっている事は、すでに装着しているブッシュを外すと多少なりとも削れて変形していますので、付け直すことにより当たり面が変わり異音が出る可能性が増えます。



ですので、心配になり異音が出ていないにも関わらず脱着してグリスアップすることは控えてください。




ここまでが現状で考えられる事実と可能性の報告になります。







異音が出ている方で、交換することにより改善されるかをご協力いただいております。

また何か原因や対策があればブログにてご報告します。




なお、あまりに多くの異音報告があるようでしたら製品販売中止にする必要性もあると考えています。



当社の知る限りでは圧倒的に正常に使われている方が多いので、現状ではそのまま販売を続けますが、お客様のブログなどで高い評価をいただいていますので、その評価によって購入される方が今後もいるかと思います。

(急ぎブログにしているので対策できていませんが、ホームページ上に異音が出る可能性があることを明記するようにします)



評価によって購入し、実際に装着すると異音が出て使い物にならない。



これでは、良い事だけを言いながら販売しているようで、自分が「嘘」を言いながら販売しているように感じますので、本意ではありませんので、今後の状況で起こる不具合を検証しつつ、方向性を考えていきたいと思います。



利益だけを求めるメーカーにはなりたくないので、出来る限りの対応はしたいと考えています。



異音が出て外している方が現状では把握できていませんので、このブログにてお詫び申し上げます。



持ち込みによる作業依頼をしている方が多くいられると思います。



不具合が出た場合に、時間・交通費・工賃など必要のないコストがかかっていることと、異音による不愉快さなど大変申し訳なく思います。







今後はこのような事がないよう、最悪の状況も考え注意事項を付け加える事を忘れず、あらゆる状況を想定して製品開発したいと思います。






この度は大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。



今回のご指摘を受け、さらに製品開発には慎重になり品質管理・使用状況などの解析を徹底していく必要性があることを痛感いたしました。



今後このようなことのありませんよう、誠心誠意努力をしてまいります。



この場をお借りしてお詫びさせていただきます。






 シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤義博


Posted at 2010/06/07 07:25:37 | コメント(20) | トラックバック(0) | クレーム報告 | クルマ
2010年06月04日 イイね!

LEXUS HS250h 新商品☆カラードブラック インテリアパネル 【レクサス】

こんばんは。



なんとか毎日乗り切っているシンクデザインの佐藤です。



ようやくですが、カタログページが完成したので、新商品発表となります。



【LEXUS HS250h カラードブラック インテリアパネル】







シンクデザインが手掛けるレクサス HS250hの第一弾は【カラードブラック】。



バージョンSと標準車に使われているカラードブラックですが、近似色を作りました。



作り始めてから半年以上でしょうか!?



色合いを出すまでにかなりの時間を要し、カタログページを作るまでも時間がかかり、色々と新商品があるのですが、まずは労力のかかったパーツから先行して新商品発表とします。






まず製品化したのは、センターコンソール小物入れ前方にあるケース。



シートシーター付の場合はダイヤルがある部分ですが、ヒーター無しの場合は小物入れになっています。



この小物入れですが、樹脂のままでしてなんとも素っ気無い。。。。



そこで、表面艶々のカラードブラックへと。




そして、リモートタッチ。



ここは基本ですね。



誰もが艶々なリモートタッチを想像するかと思います。



台座まで製品化しました。





次にシフトパネル。



レザーと一体になっているのですが、溶着部分から分解してカラードブラックに仕上げて接着します。




さらにメータークラスター。



面積が大きいメータークラスターをカラードブラックにすることにより、質感アップと幻想的なメーター廻りになります。




それでは、個別にご紹介します。






まずは「リモートオペレーションパネル」ですが、手のひらを置く部分と操作する部分と合わせて2Pcsとして製品としています。



通常はレザーで仕上げられているリモートオペレーションパネル。



そのレザーを剥して溶剤に漬け込み、綺麗に糊を除去してから塗装の下地処理を行います。



操作する部分はレザーのように見えて、実は「ゴム」。



ゴムの上から塗装して、カラードブラックへ。




非常に手の込んだ仕上げとなっています。






そして、リモートオペレーションパネルの下にあるので、「リモートオペレーションアンダーパネル。



こちらも同様にカラードブラックへ。



両脇にレザーがありますので、切り替えしが非常に綺麗です。



セットで考えても良いですし、リモートオペレーションパネルのみを交換しても良いですね。



好みで選択してください。







カラードブラックの表情は光が差し込むことによって代わりますから、このパーツは費用対効果が高いと言えます。



細かいラメが非常に綺麗なカラードブラックです。





それでは、次にいきましょう。







リモートオペレーションパネルの下に位置するセンターコンソールですが、シートヒーターを装備しない場合は長方形の小物入れになります。



この小物入れですが、センターコンソールの蓋付コンソールと一体のようになっているにも関わらず、シボが大きい仕上げになっています。



このパーツこそカラードブラックへ仕上げる必要があるかと思います。



この画像を見てしまうと、まるで純正のよう。



最初からこうして欲しいパーツを当たり前のように製品化しています。







これこそレクサスではないでしょうか。



これを基本としてもらいたいですね。




質感に色合い、自然な一体感です。



純正比較が必要でしたね。







そして、肝心な近似色具合。



ここまで再現しています。



おそらく、何も知らない人がみると、最初からこの状態と勘違いしてしまうでしょう。




ラメ具合と光が差し込んだ時の変色具合まで再現しました。



これ以上はないかと思います。







リモートオペレーションパネルと合わせて統一感を出すと、高級感が出ること間違いなしです。



センターコンソールの同じラインへカラードブラックを。



久しぶりに綺麗だと感じた純正内装色を最大限に利用しましょう。



これこそ、追加が必要な内装パーツかと思います。




ある意味、社外でフォローしてくれと言わんばかりですね。



ありがとう!! レクサス!!!!






次はシフトパネル。



シフトノブ廻りのパネル。




こちらも樹脂です。



しかし、樹脂パネルとレザーパネルが溶着により一体化しています。



この溶着を剥して樹脂パネルだけにしてからカラードブラックへ仕上げます。



最後に接着して製品化。







すると、このように艶々なパーツへと変化します。



どこまでカラードブラックにするかは好みですが、いつも目にするシフトノブ廻りですから気にしたいパーツですね。



レザーのカラーが2色ありますから、ご注文の際はカラーを必ずご指定ください。







そして、シフトパネルの先に見えるはメータークラスター。



上部をレザーにたデザインですが、樹脂部分の形状も他の車種より複雑です。



カラードブラックにすることにより、存在感が出て高級感が増します。




また、メーターの光が反射して、とても幻想的なメータークラスターとなります。








このように、ダッシュボードにメーターあり!!と存在感アップします。



ここもいつも目にする部分ですから、純正カラードブラックを追加したいところですね。




また、交換は非常に簡単です。



単純に手前へ引き抜くだけで外せますから、シンクデザインの専用説明書があればユーザーさんでも交換できるかと思います。








この艶と質感。



まさにカラードブラック!!!!





ん?意味がわからないですね(笑)



とにかく、カラードブラックのパーツを増やしましょう!!という事です。




そんな訳で、カタログページも完成していますから、下記アドレスよりご覧ください。







     レクサス HS250h カラードブラック インテリアパネル■カタログページ








さて、直に外は明るくなってきます。



そろそろ帰りたいと思います。





ちなみに、生産が追いついていませんので、ご注文いただいた方から発送いたしますが、加工に時間がかかるパーツばかりですので、焦らずお待ちください。



よろしくお願い致します。



また、今回車輌提供してくださった【黒影の影さん】本当にありがとうございまた。

お約束の納期が伸び伸びになったにも関わらず、お待ちいただけたことでこれだけ完成度の高い製品ができました。

黒影の影さんのご理解とご協力がなければ、ここまでのクオリティーにはならなかったと思います。

本当に感謝しています。

ありがとうございました。








     シンクデザイン■ホームページ



関連情報URL : http://www.lexus-parts.jp/
Posted at 2010/06/04 03:42:39 | コメント(7) | トラックバック(0) | HS250h | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS RX300 2台
LEXUS LC500h
LEXUS NX300h
LEXUS NX200t

ブルーバナナ TVナビキャンセラー
スナップオン エアコンシステム
マイクロロン添加材追加

2018年最終週作業内容

今日はATF交換だ!!」
何シテル?   04/19 09:09
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2010/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.