• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2010年07月31日 イイね!

甲斐駒ケ岳【1日目・甲斐駒山頂】

さて、昨日の続きを。。。。この忙しさの中、頑張ってブログにします。




駒津峰まで来ましたね。



ここからの予定ですが。。。。。





テントの入ったザックを持ったまま甲斐駒ケ岳山頂を終わらせて通過し、七丈第一小屋のテント場まで行くつもりでした。



かなり安易に考えています。。。。



しかも、摩利支天は朝日用にとっておいて直登ルートで山頂まで行こうとしています。



この時はそれほど疲れていなかったので、「いける♪いける♪♪」と思っていたのですが、駒津峰で会ったおばちゃんと話しをすると、「はぁ?? どこのテント場????」 と。。。。。。




そこで、自分。「あれ?そんなルート普通しない???」と不安になり。



でもテントを張るには七丈第一小屋か下って仙水小屋しかありません。



下るの~?と思ったのですが、この重い荷物を持ったまま直登は確かに危険かな??と感じ。。。。




急遽予定変更!!!!!!!!!!!



駒津峰に荷物を置いて空荷で山頂を目指す事に決定!!!!



なんともあっさり予定変更です(笑)



予約のいらないテント泊は最高です♪





空荷で甲斐駒ケ岳山頂目指します!!!!!



軽い軽い♪



カメラを片手にガンガン進みます♪





後から気が付いたのですが、ここから見えている山頂は実は嘘。



さらに上があります。(ちょっとですけど)






こんな感じで直登します。



しかも岩場。





片手に持ったカメラが邪魔で仕方ないくらいに危険です。。。。



途中から必死に登ります。




この時の感想。



「ザックを置いてきて良かった。。。。。 」



途中で危険と感じても戻ることのほうが危険なルートです。



空荷でよかった~♪





こんな感じ。



とりあえず、初心者登山家としては一番過酷な斜面となりました(笑)






山頂近くになれば、急ですが登るのに苦労することはありません。



とりあえず頑張るのみ♪



白い♪白い♪♪





振り返るとこんな。



よくまぁ~登ってきました。



落ちたら止まらないこと間違いなし!!!!






双児山が遥か彼方に見えます。



人間って凄いですね♪



一歩一歩前に進めば確実に登れます!!!!





朝日を見るための摩利支天。



翌日はあそこでゆっくり朝食の予定です♪

(とんでもないことが起きますが。。。。)





そして、ついにやりました!!!



南アルプス2個目の山頂☆




甲斐駒ケ岳登頂です!!!!!!!!!!!





2967m



仙丈ケ岳に北岳、間ノ岳に鳳凰三山、富士山、北アルプスなど見渡せます。



この時、ラッキーだったのが、山梨側はすべて雲。



七丈第一小屋側は雲で覆われていたので駒津峰に荷物を置いてきて良かったと。





そして、直登してきたルートを戻るのは危険なので、迂回して駒津峰まで戻りました。



戻った頃にはガクガク。。。。(笑)



空荷でこの状態です。。。。。




そのまま仙水小屋を目指すのですが、この下りでかなりやられます。。。。



荷物が重すぎて支えきれず、ガクガクブルブル状態で2時間半かけてくだりました。



なんとかテントを張って夕食を作り18時に「とりあえず寝る!!!」と夕日なんて見に行けるはずもなく爆睡します。




そして、起きてびっくりします(笑)



また明日。


Posted at 2010/07/31 02:54:53 | コメント(6) | トラックバック(0) | | 趣味
2010年07月30日 イイね!

甲斐駒ケ岳【1日目・駒津峰まで】

久しぶりのブログですが、山ネタです。。。。



申し訳ありません。。。。





27日(火)~28日(水)でお休みをいただき、南アルプスの甲斐駒ケ岳へ行ってまいりました。




先週の予定だと、28日~29日だったのですが、天気図を見ると29日以降から荒れ模様。。。。。



せっかくのテント泊なのと、最近は夕立が多いので、雨を避けるために急遽前日に予定をずらして当日強行突破してきました。



また、本来は農鳥岳~間ノ岳~北岳の縦走を予定していたのですが、土砂崩れにより通行止めの場所があり、山も当日に変更。



やってない山ということで、甲斐駒ケ岳へ。





まず、何も情報がない状態だったのですが、ネットで検索しルートだけ決定。



まずは、5時10分の広河原行きのバスに乗るために芦安へ。



逆算すると家を2時に出なければなりません。。。。。



急いで支度して寝て起きて出発!!!!!





無事に芦安駐車場に4時半到着。



ここでも急いで支度して、なんとかバスに乗ることができました。

(南アルプスの登山口は国立公園になっているためにマイカー規制されており、バスかタクシーでなと入れません)



入ってしまえば、一安心♪



夜叉神を通過して広河原へ到着ですが、甲斐駒ケ岳の登山口・北沢峠へ行くには広河原で乗り換え。



トータル2時間くらいかけて北沢峠に到着です。



2時に家を出発しているのに北沢峠に到着したのは7時すぎ。。。。。



なんてアクセスしにくい山なのでしょうか。。。。




だいたいルートを決めていたのですが、最短ルートで登りたいと思ってしまう性格なので、双児山経由で駒津峰を目指します。



後で気が付いたのですが、仙水小屋ルートが人気のようで、自分たちと同じルートで登る人は誰もいません。



最短ルートがどうして人気ないのか!? と疑問に思いながら入山。



まずは、樹林帯を抜けてガンガン登ります。




かなり荒れています。



自然のままってことですね。



熊は恐いので、鈴を鳴らしながら登ります。




1時間も登れば北岳が見えてきます。



去年やりましたね。



日本で2番目の3193m。




そして、仙丈ケ岳も見えます。



この仙丈ケ岳は来年にでも。



かならずやるので、また北沢峠に来るってことですね。





そして、双児山を目指して高度を上げていきます。



ずーーーーーーーーーっと直登。



樹林帯が終わり、ハイマツ帯が出てくると・・・・・・・



出てきました!!!!



目標の甲斐駒ケ岳!!!!!



白い山!!!最高です!!!!!




しかし、素晴らしい形をしています。



どこから登るのか。。。。。。(笑)






そして、双児山に到着。



ここで2600mありますから、北沢峠から600mあがったことになります。



軽く食事して先を急ぎます。





次の目標は甲斐駒ケ岳の手前・駒津峰。



手前の緑いっぱいの山の頂上です。




ここからは景色が最高です!!



南アルプスの山々を堪能しながら進む事ができるので、ノリノリで期待しながら進みます。




北岳・間ノ岳・仙丈ケ岳・鳳凰三山と有名どころを見ながら登る事ができます。



この日は鳳凰三山側に大きな雲が居座って視界を妨げていましたが、ときおり地蔵岳の先端がチラっと。



すでに雲の上にいます。



あの先端にも行った事がないのですが、ピストンすることができずに断念した山ですね。



絶対に山頂触ってやります!!! いつか!!!!!






そして、直登直登♪と登っていると・・・・・・




真上から飛行機が♪



最高な瞬間♪♪




テンションあがります!!!



しかし、直登。






どれだけ直登かと。。。。。




これくらい。



まぁ過酷な山ですね。



左右均等に体力温存しなければ甲斐駒ケ岳を攻略できません。




そして、無事に予定通り駒津峰に到着♪





2700mまで。



ここで、残るは甲斐駒ケ岳となりますが、事件発生です。




また明日♪

Posted at 2010/07/30 03:37:19 | コメント(7) | トラックバック(0) | | 趣味
2010年07月17日 イイね!

UFS アンダーフロアースポイラー 取り扱い開始 【LEXUS IS/IS-F/GS/LS】

約1ヶ月ぶりのブログとなります。



この1ヶ月、追い込まれました(笑)




どこまでが限界なのかが、自分の力量がどのレベルなのか良くわかった1ヶ月です。



もちろん山にも行けませんし、現実逃避で出掛けたこともありましたが、ようやく復活☆



ご心配お掛けいたしました。



励ましのお言葉をいただいた方々、本当にありがとうございました。




まだまだ完全に落ち着いた訳ではありませんが、できるだけブログできるようにしていきたいと思います。



また、製品紹介のホームページにある「スタッフブログ」は簡単ですので、比較的毎日更新するようにしていますので、お暇な時ににでも覗いてください。



     スタッフブログのある■ホームページはこちら







さて、今日は新商品ではないのですが、新規で取り扱いを開始した製品をご紹介いたします。



UFS[アンダーフロアースポイラー] になります。







先日、first_FRさんのLEXUS IS250 へ取り付けさせていただきました。



     パーツレビュー



また、後ろに写っているLEXUS GS350のTHD-01さん にも取り付けさせていただきました。


また、aditlさんのLEXUS IS250にも装着させていただきました。

     パーツレビュー





こちらがLEXUS IS/IS-F用のUFS[アンダーフロアースポイラー]



金具が付いているほうがフロント用です。






まずはフロント用から取り付け開始ですが、これは純正。





取り付けするとこのようになります。



青い部分でフロアに入り込む風の流れを変えてダウンフォースを効かせます。







4箇所取り付けするとこのようになります。



詳しい説明がいらないほど有名なパーツですが、当社にご来店されるお客さまで取り付けされていない方が多かったので、手軽に手を出しやすい価格と費用対効果も高いのでシンクデザインで取り扱う事にしました。



取り付けしてもらう場所がないという方も多いかと思いますので、当社にお任せください。



すでに数台取り付けしましたので、最短で確実に取り付けすることが可能です。



リフトを使いますので、ご予約は必要です。






そして、今回注意しながら決めたリアの角度と位置出し。



説明書には45度を基本として左右均等に取り付けするとありますが、どこを基準にして左右均等に位置決めするかに悩みました。



そこで基本となる位置を決めてみました。






これが基準。



当社で取り付けする際には同じように作業可能ですが、全国にお客さまが増えたシンクデザインとしては、遠方のお客さまにも対応できるように、同じ取り付けになるようにリア用説明書を作ってあります。



同梱されるリア用説明書を参考にしていただければ、シンクデザインで取り付けするのと同じように取り付けが可能です。



どのよに位置決めするか、手順と注意点を明記していますので、参考にしてください。






リア用はフロアのパネルにボルトナットで固定しますので、正確に位置決めして穴をあけなければなりません。



何もない状態から穴をあけるのは難しいですし、何箇所も穴をあけてしまっては見栄えも良くありません。



一発で決める説明書を是非参考にしてください。






さてさて、装着後のインプレッションですが、これまたかなりの効果を体感できます。



こんなって言ったら失礼ですが、こんなラバーを付けるだけで体感するほどの効果があるのか!?と疑問に思うのが普通かと思います。



実際に自分も初めてUFSを見た時には「みんな装着しているけど、効果ホントにあるの!?」とお客様に聞いてしまうほど。



ただ、みなさん揃って言うのが「それが効果あるんだよね~」。




そこで、まだIS250C用がないので、ISのユーザーさんに車輌を借りて装着&実走行テストを繰り返してみました。



これがまた、こんなに変わってしまうのか。。。。。 というほどの効果。




これならシンクデザインで勧めても問題なしと判断して、勢い良く50台分を在庫しました。




毎日毎日レクサスISとGSがご来店するようになったので、「何かアイテムないの~?」という場合用に良いかと思いまして(笑)




そして、フロント用は角度を調整することができます。









このボルトの位置をずらす事によって高速用と一般市街地用とお客様の用途に合わせてセットする事が可能です。



この角度についてですが、装着後に色々と試していただけると違いが出ますので、まずは45度から、そして全開角度までお試しください。



基本的には、高速メインで使われる方45度で街乗りメインの方は45度以上が良いかと思います。



好みもありますので、高速・街乗りの比率で合わせてみてください。






このUFS ですが、サーキット走行されている方の中ではレクサス問わず評判はかなり高いです。



リアトランクスポイラーなど装着される方が多いですが、それ以上の体感があると好評です。



特に概観はノーマルを保ちたい方など、フロアを覗かなければ確認できませので、奥様にもバレません!!



概観は何も変わってないのに直進安定性を手に入れる事が可能です。



価格もIS/IS-F用で¥19,740、GS用で¥30,240、LS用で18,375 と手を出しやすい価格です。




何も言わずに購入してみてください♪



きっと期待は裏切りません♪♪♪






フロント用






リア用




このようにフロアに取り付けます。




フロアで起こる渦巻き乱流をUFSが風の流れを変える事により変えてくれるんですね。



早くIS250C用が欲しいです。。。。。






それでは、ご注文はリア用オリジナル説明書があるシンクデザインよりご購入ください♪




     UFS[アンダーフロアースポイラー]■カタログページ





在庫ありますので(笑)






     シンクデザイン■ホームページ






     シンクデザイン■ホームページⅡ
Posted at 2010/07/17 02:07:42 | コメント(12) | トラックバック(0) | IS | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS 新型NX レザーインテリアパーツ 【レクサス】 http://cvw.jp/b/280838/46193712/
何シテル?   06/21 01:11
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2010/7 >>

    123
45678910
111213141516 17
18192021222324
2526272829 30 31

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス NX PHEV レクサス NX PHEV
新型NXとしてわかりやすいようにPHEVを選択します
レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス ESハイブリッド レクサス ESハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.