• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2010年12月31日 イイね!

みなさま、本年も本当にありがとうございました。

みなさま、本年も本当にありがとうございました。年末ギリギリになりました!!

改めて、 みなさん、本年もシンクデザインをご贔屓に本当にありがとうございました。


来年からは、より顧客満足度があがるように、一人一人ユーザーさまへの対応を細かにできるようにしたいと思っています。

忙しさのあまり、簡単に済ませてしまう、最低限の対応などが多かったと反省しえおります。

この「忙しさ」を改善し、できるだけ詳しくご説明、親切丁寧に対応できるよう改善していきたいと思います。


すぐに改善できるかどうかも疑問ですが、努力していきたい、し続けたいと思います。



来年もよろしくお願いします。






今日はこれからカウントダウンへ出掛けてきます。

明日は大好きな山の準備になります。



それでは、みなさん!!!! 良いお年をお迎えください☆

ありがとうございました。




PS 写真はお気に入りの板(左)とNewスプリットボード(右)になります。

Posted at 2010/12/31 23:17:10 | コメント(15) | トラックバック(0) | その他 | その他
2010年12月30日 イイね!

年末年始 雪山への準備完了!!

本日、大掃除してから雪山へ行くための準備をしました。


何かと言いますと。。。。

ML320のオーディオ。

これがまた、1年半も無音状態でして。。。。

壊れてから直す時間がなく今に至ります。

そこで、壊れたパイオニアのプロセッサーを排除してビーウィズのステートを設置。

根本的にシステムを変更してしまいます。







この酷い接地の仕方。。。。。

なんせ、時間もないのでパイオニアと一つアンプを外して配線に無理がかからないように固定しました。

これで音楽が聴けます!!!

しかも、2時間で設置&調整しているので。。。。。







配線が。。。。。。(笑)

引き回すとういうか、タイラップで邪魔にならないように固定(笑)

もうこれしかないと判断して強行突破です!!!









これがプロの仕事なのか・・・・・

自分の車になるとこうも酷いかと実感です(笑)









リモコン受光部までタイラップと両面テープ。

機能重視とはこのことですな!!!










でも、ちゃんと荷物は積めます。

これで後はスノーボードの準備だけとなりました☆




楽しみだぁ~☆



Posted at 2010/12/30 20:01:21 | コメント(12) | トラックバック(0) | | 趣味
2010年12月28日 イイね!

レクサス ブレンボ ブレーキキット IS250C&LS460 【LEXUS】

レクサス ブレンボ ブレーキキット IS250C&LS460 【LEXUS】年内最後のお仕事終わりました~♪
いや~良く働きました♪♪


年末ギリギリでご注文を受けた最後の納品パーツ。



ブレンボ ブレーキキット。


まずは、LEXUS IS250C用

フロント 6Pot  リア 4Pot











次にLEXUS LS460 

フロント 8Pot  リア 6Pot













ギリギリ間に合って安心♪


それでは、帰ります!!!!

いや~早く帰れるって最高ですね!!!!!





それでは~






Posted at 2010/12/28 20:26:07 | コメント(13) | トラックバック(0) | IS250C | クルマ
2010年12月27日 イイね!

シンクデザイン☆年末年始休業のお知らせ 【LEXUS】

シンクデザイン☆年末年始休業のお知らせ 【LEXUS】こんばんは。

今年も残り少しとなりました。

一年を振り返りますと、本当に良くレクサスをカスタムしたと実感できます。

毎回必ず装着写真を撮ってますので、メモリーカードの中身を見ると良く取り付けしたなぁ~と。

今日は1年を軽く振り返ってみたいと思います。



デモカーをGS350からIS250に乗り換えて1年半。

来年1月にはCT200hへの乗り換え も決まっています。

IS用のパーツもたくさん作りました。

毎年恒例の蒲郡レクサスミーティングにも参加しましたね。

テスト走行も色々な条件で試してインプレッションして製品にしていきました。

過酷な条件で良く頑張ってくれたと思います。


来年早々にはノーマル戻しがあり、内装カーボンパーツ LSDビルシュタイン車高調 など外してユーザーさまのIS250Cへお引越しです。







年末に決まったLSDキャンペーン ですが、昨日に1台、本日1台と合計9台のご成約をいただきました。

本当にありがとうございます。

年明けに装着の方がほとんどですが、過去最高のキャンペーン価格ですから、本当にお徳だったと思います。

明日で締め切りですので、もし検討中の方がいましたら、ご連絡ください。

まだギリギリ間に合います。







ブルーバナナさんのTVキャンセラー

多い時には1日に6台取り付けと大盛況♪

おそらくISにTVキャンセラーを取り付けする中で自分が世界最速かと思います(笑)

も~取り付けしたくない!!というくらい取り付けしましたね。







HS用のスタビブラケット も試作して装着テストもしました。

どうにか走行性能を上げることができないか、考えた末に絶海に異音の心配をしなくても良いブラケット。

アルミ削り出しで作ればコストがかかることはわかっていたのですが、本物の強化パーツを作るには仕方ないと。。。。

でも、本物を欲しいユーザーさまが多くいられたことに救われました。

ありがとうございます。








IS用のスタビブラケット

IS250Cに装着しようとしたら純正補強パーツに邪魔され装着できず。。

すぐに北海道へ送りました(笑)








IS350用のザックス+アイバッハの車高調 から始まり、IS-F用、IS250C用、IS250用と続いてオーダーメイドで装着していきました。

来年は本格的にラインナップを揃えてページを作らなければならないですね。

CT200hもザックス+アイバッハでいく予定です。

何度もテスト走行を重ねて作る足回りは、大変ですが完成した時の喜びは大きいですね。







HS用のカラードブラック インテリアパネル

色合わせに苦戦して、完成してみれば純正と区別がつかないほどの仕上がり。

エアコントリムなども出来上がっているのですが、忙しさのあまりカタログページに無いですね。。。

来年は追加していきたいと思います。

郵送でお送りすることも多かったのですが、意外にご来店で取り付けさせていただく機会が多くて嬉しかったです。








HS250h用のセンターフロアブレース

もうヒット商品と言っても良いのではないでしょうか。

本当に良く売れます。

かなり走行性能が上がりますからね。

純正標準装備にしてもらいたいほどです。


ちなみに、本日入荷して欠品状態を抜け出しました。








また、HS250h用のザックス+アイバッハ もすでに完成して装着テスト中です。

リアはコイルオーバーに変更して前後ともアイバッハを使用しています。

おそらく世界最強の車高調で攻めれるHSはシンクデザインザックスしかないでしょう!!!

攻める人がいるのか疑問ですが、誰もやらない事をするのが好きですから、まぁ仕方ないですね。


こちらは、最終セッティングが完了次第、ラインナップに追加していきます。








IS用センターフロアブレース

これもほぼ毎日取り付けしているのではないでしょうか!?

かなり高確率で喜びのメールや電話をいただきます。


みなさん、装着前にそれほど期待していないんでしょうね(笑)

材料と形状でこれだけ性能が変わるという証明です。

本物の強化パーツですね。








スタビライザー強化

ジュラコンブッシュの対策方法を試行錯誤していますが、いまだ限定した解決方法を見つけられません。

これは後ほどご報告するようにしますが、できれば年内に解決させたかったですね。


フロントスタビライザーブラケットを完成させたことにより完結しました。

最強のスタビライザー強化ですね。


問題が出てからも、シンクデザインを信用していただきご購入いただいたユーザーさま、本当にありがとうございます。

これからもスタビライザー強化は続けていきたいと思います。








そして、本当に良く売れたBIGスロットル

HS250h、IS250、RX450hが今年の後半売り上げ伸び率上位です。

CT200h用のスロットルももちろんやります!!

常時在庫にしたいところですね!!!





軽く振り返るとこんな感じでしょうか。

まだまだワンオフで作製したパーツがたくさんありますが、来年に紹介したいと思います。



とりあえず、明日が年内最後の営業となりますが、休みの間もちょこっとブログをやろうかと思っていますので、年末の挨拶はその時にさせていただきます。

年始は5日より営業しています。







良く頑張って働いた!!!

褒めてあげたい1年でした。

みなさん、ありがとうございます!!!!!






Posted at 2010/12/27 23:12:08 | コメント(22) | トラックバック(0) | その他 | イベント・キャンペーン
2010年12月25日 イイね!

レクサス IS250/IS250C 専用ビルシュタインショックアブソーバー

レクサス IS250/IS250C 専用ビルシュタインショックアブソーバー本日はIS250/IS250C用ビルシュタインショックアブソーバーのご紹介。


一度に生産するロッド数が少ないので、在庫しようとオーダーしても売り切れてしまい、なかなか「在庫あり」の状態になりませんでしたが、ようやく欠品状態を抜け出せました。







純正のスプリングを生かした状態で車高を20mm~30mmダウンさせる車高調整式ショックアブソーバーです。

ダウンサスなどを使わずに純正スプリングのままでノーマル形状ビルシュタインショックアブソーバーを使いスプリングシートの位置を下げることにより車高を落とします。

車高を落とす事が第一の目的ではなく、根本的な走行性能を上げる為のダンパーです。

もちろん車高も落とすのですが、落とす事によりストロークの位置も変わるので、ストロークの位置を最適化して乗り心地良く粘りのある動きを目的としています。






IS250用とIS250C用のどちらも同じ概観ですが、こちらがフロントショックアブソーバー。

純正スプリングは直巻きスプリングと違い径が大きいので、スプリングシートも大きくなります。

スプリングシートを新設してダンパー側にネジ切りを作り車高を調整できるようにしています。






こちらがリア。

リアのスプリングシートは特注品で、もともとのスプリングシート位置が低いために特殊な形状にしています。

サスペンションアームギリギリまでスプリングシート位置を落とせるようにしています。




減衰力調整や全長調整式の車高調が主流となっていますが、シンクデザインでは必要のない機能はすべて取り払ってシンプルに正確に機能するよう配慮して【無調整】としています。

ユーザーさまに調整させる手段を与えない事によって、シンクデザインが考えるコンセプトを理解していただきたいというのも理由の一つです。

また、機能がないことにより耐久性維持や本来のフィーリングを損なう事を防いでいます。



コンセプトは以下の通りです。


1.違和感のない乗り心地

2.140km~150kmの速度域でも攻める事ができる

3.ロールさせてタイヤの接地感を明確にすることにより、コーナー中の安心感を出す

4.ホイールをインチアップさせたときに起こる乗り心地を緩和させる

5.ストロークの少ないISの足回り構造からバンプタッチすることは避けれないが、バンプタッチを感じさせない


つまり、普段の街乗り(低速時)での乗り心地は犠牲にすることなく、高速走行時にはISの良さを生かして気持ち良く運転できるセッティングにしています。

第一条件として「車高を落としすぎない」ことを上げますが、以下のようなユーザーさまにお使いいただきたいです。


・車高は20mm~30mmダウンまでと落としすぎたくない

・同乗者がいるときは乗り心地良く快適性は維持したい

・一人で運転する時はある程度スピードを上げたい


攻める度合いも人によって様々かと思います。

高速走行時に140km~150km程度で十分で、峠道なども限界走行ではなく気持ち良くコーナーをクリアーしたいというユーザーさまにはぴったりかと思います。






IS250への装着画像をどうぞ。




フロント装着例です。

基本的に純正ショックアブソーバーがビルシュタインに変更されただけですね。






リア装着例です。

サスペンションアームとスプリングシートがギリギリになるまで車高を落とす事が可能です。






実際に装着して車高を落とした状態です。

約30mmダウンになります。






装着後すぐなので、ビルシュタインの高圧ガスが落ち着くまで若干ですがこの画像よりも車高は落ちます。

このくらいのストロークを確保しないと、動きのあるスムーズな走行は難しいかと思います。

理想な車高などあるかと思いますが、限界まで車高を落としたいユーザーさまは、このビルシュタインを使わないほうが良いかと思います。






純正スプリングの良い部分は「テーパー形状」と「長さ」にあります。

スプリングの伸び縮みする範囲が広い事で自然な動きになります。

この純正スプリングの良さを生かし、ダメな純正ショックアブソーバーを改善することにより飛躍的に運動性能をアップさせます。

IS250専用、在庫ありますので、是非!お試しください。

シンクデザインにて装着と四輪アライメントまでお任せください。







次にIS250C。






EdamameさんのIS250Cですが、シンクデザインのデモカーもIS250Cです。

当初、新車で購入して一番に感じたフィーリングですが、100km以上で走行しようとすると不安定すぎて飛ばす気にならないという部分が一番印象に残っています。

ISとは「インテリジェントスポーツ」ではなかったのでしょうか?

羊の皮を被った狼という言葉がありますが、まったくその逆で「狼の格好をした羊」です。。。。

なんのためにISを買ったのかわからないほどのショックを受けました。

速度域を上げれば上げるほどタイヤの接地感はなくなり、タイヤはキーキー鳴く始末。。。。。

動きすぎるほどダンパーがまったく仕事をしていません。




単純にすべてノーマルのままで、シンクデザインビルシュタインを装着していただければ「インテリジェントスポーツ」になります。

また、それでももっとハードに攻めたい(自分がそうですが)という方にはLSDやスタビライザー強化をすることにより、160kmや170kmでの走行も不安になることなく安定して走らせることが可能になります。

つまり、ベースとなるフィーリングはビルシュタインで決めていただき、微調整などの好みによる部分はスタビ強化やLSDで解消できると考えています。

車高に関しても、落としすぎてしまってはレクサスに相応しくないと思います。

完全に個人的な考えですが。






さり気無くスタイル良く品のあるレクサスでいて欲しいと思います。

グリルのカラー変更やリップスポイラー装着などで他との差別化もできますね。

基本的に全体的なスタイルは完成していると自分は思います。

不満な車高と乗り味を改善すれば十分すぎるほど良い車かと。






普通に見えて、実際に走るとコーナーで追いつかないレクサス。

後ろから見ていてライン取りよくスムーズにコーナーをクリアーしていく紳士的なレクサスを想像できます。

これがシンクデザイン佐藤の理想です。


IS350やIS-Fになると、コンセプトが違うのでスタイルも変わってくるかと思いますが。

ただ、LSD装着&スタビ強化によってIS350やISFにも負けないIS250を作ることも可能です。

バランスの良さで十分勝負できるでしょう!!!!!



ビルシュタインショックアブソーバーは他でも取り扱いのあるブランドですが、セッティングによって性格の変わるパーツなので、シンクデザインビルシュタインとして考えてください。


何かご質問あればお答えします。

お気軽にご相談ください。

ありがとうございます。






     シンクデザイン ビルシュタイン■カタログページ


     シンクデザイン■ホームページ

     シンクデザイン■ホームページⅡ

Posted at 2010/12/25 23:16:32 | コメント(9) | トラックバック(0) | IS | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS RX300 2台
LEXUS LC500h
LEXUS NX300h
LEXUS NX200t

ブルーバナナ TVナビキャンセラー
スナップオン エアコンシステム
マイクロロン添加材追加

2018年最終週作業内容

今日はATF交換だ!!」
何シテル?   04/19 09:09
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2010/12 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.