• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2011年03月27日 イイね!

レクサス CT200h ウエルカムランプ交換方法 【LEXUS CT200h】

レクサス CT200h ウエルカムランプ交換方法 【LEXUS CT200h】こんばんは。

シンクデザインの佐藤です。


まず、臨時休業のお知らせです。

3月28日(月)~30日(水)まで、LEXUS CT200hのザックス車高調最終セッティングのために店舗はお休みとさせていただきます。

ご注文の発送など、31日以降となりますのでよろしくお願い致します。

メールでのお問い合わせも返信が遅くなると思いますので、ご了承ください。




さて、本日は先日販売開始した【エクステリアLEDランプキット】のうち、ウエルカムランプの交換が大変だと思いますので、交換方法を紹介したいと思います。

それではスタート。





まずは、ミラー全体を普通に力を入れて画像のように向きを変えてください。

壊れませんので、安心してください。

そして、画像のように養生テープで養生します。

心配な方は2重にしたほうが良いかもしれません。






まずは、レンズ(ミラー)を外すのですが、レンズの裏側にベースがあり、4ヶ所で固定されています。

ですので、レンズ(ミラー)の上側を押してドアミラー本体とレンズに隙間ができるようにします。

両手でレンズの上側を押して下側が手前にくるように、画像のようにします。






この画像はすでにレンズが外れているのですが、白い部分がベース で 左側の黒い部分がミラー裏側になります。

真下から覗いてベースの白い部分とミラー裏の黒い部分にマイナスドライバーを差し込みロックを外します。

ライトを照らして黒い足が白いベースをくわえている部分を探してください。






4ヶ所固定されている2ヶ所を真下から外す事ができます。

下側2ヶ所のロックを外せれば上側2ヶ所のロックは力を入れるだけで外す事ができます。

まずは、薄刃のマイナスドライバーで下側のロックを外して、うまく外す事ができたら上側のロックをミラー全体を持ちながらロックを意識して外してください。

要領がわかれば、もう片側は簡単だと思います。






外すとこのようになっています。

レンズ裏の黒いツメとドアミラー本体の白い受け口を確認できると思います。

これが単純に差し込まれてロックされているだけですので、かなり単純な構造ですが知らないと外せないと思います。

この画像を参考に仕組みを理解してチャレンジしてください。






もう一度。

ミラー裏側です。

4ヶ所の2本の足がドアミラー裏側に差し込まれています。






同じく4ヶ所の受け口です。



そして、付属する説明書で明記してある固定ボルトを5本外します。

外した後にドアミラー本体を2分割します。

何ヶ所かツメで固定されていますが、それほど力を入れなくても外せると思います。






このようにバラバラになります。

ここまでしないとウエルカムランプのバルブを交換できません。

そして、次はバルブ交換ですね。






エクステリアLEDバルブには同じようなT10形状バルブが2種類あります。


左側がサイドLEDⅠ *ライセンスバルブ用

右側がサイドLEDⅡ *ウエルカムランプ用


となっています。


何が違うか説明すると、左側のサイドLEDⅠと右側のサイドLEDⅡのバルブ差し込み角度が違います。

この差し込む角度によって、発光するLEDの向きが変わりますので、レンズに対して正確な発光角度を出す事が可能になります。

簡単に言うと、バルブを差し込んでLEDの発光する向きがレンズを向いていなければレンズに対して正確に発光されませんよね?

ですので、純正のソケット向きに合わせてバルブ差し込み角度に適正なLEDバルブを選んでいます。

そこで、360度LEDが付いているLEDバルブを使えば良いと思うかもしれませんが、360度LEDが付いているバルブは一つ一つのLEDの発光する力(明るさ)は暗いのでNGです。

全体を光らせるタイプのLEDバルブではなく、向きを指定して一つのLEDが強烈に発光するタイプのバルブでなければいけません。


このようなバルブを選択した意味をご理解いただけたいでしょうか。

それでは、実際の取り付けをご紹介します。






こちらがウエルカムランプ本体。

左側のグレー部分がバルブソケットになっており、白い本体の真裏(反対側)がレンズです。

真横からバルブソケットが差し込まれていますね。






LEDバルブを画像の向きに差し込みます。

LEDバルブは左右対称なので、逆向きに差し込まないように注意してください。

バルブソケットを回して固定した状態でLED自体がレンズの方向を向くように注意して差し込んでください。






バルブソケットを回して固定してから、レンズを確認すると黄色いLEDが薄っすら見えるかと思います。

この状態にする事に意味があるという上記説明です。

これが反対を向いていたり、横を向いていたりすると直接レンズに対してLEDが発光しないので、綺麗に発光しません。

レクサス CT200hは特にウエルカムランプのレンズが小さいので、このようなLEDバルブを使わないと純正よりも暗くなりせっかく取り付けしても残念な結果となってしまいます。

何度も言いますが、普通に360度LEDが付いているLEDバルブではまったく意味がありません。






バルブの交換が終わってから元に戻しますが、一番注意しなければならない部分。

他のレクサス車にはないのですが、ウエルカムランプ本体がドアミラー本体にツメでロックする仕組みになっています。

画像の四角い窓から確認できるのですが、四角い窓の上側にツメがあり白い部分を乗り越えてロックしていなければなりません。

ここだけ注意すればピタっとドアミラーが合わさると思います。

また、ドアミラー付け根にドアミラーカバーを差し込むように合わせていくのですが、差し込む部分を間違えると一段下にいってしまい正確に合わさらないので、分解したドアミラーがピッタリ合わない場合は付け根の差し込む部分を確認してもらってから再度組み直してみてください。

慎重に丁寧に作業すれば出来るかと思います。

もし、何かわかない場合はお電話にてご説明しますので、遠慮なく電話してください。

でも、水曜日は休みですので。






これにより、ドアミラーが格納した状態でも。。。。。





このように白く綺麗にウエルカムしてくれます。



それでは、みなさん頑張ってください!!

他のヶ所は後日ご紹介させていただきます。






     LEXUS CT200h エクステリアLEDバルブ■カタログページ
     50台分のうち残り26台分在庫あり!!!!






     シンクデザイン■ホームページ

     シンクデザイン■ホームページⅡ




Posted at 2011/03/27 21:39:00 | コメント(5) | トラックバック(0) | CT200h | イベント・キャンペーン
2011年03月25日 イイね!

レクサス CT200h BIGスロットル 【LEXUS CT200h】

レクサス CT200h BIGスロットル 【LEXUS CT200h】東北地方太平洋沖地震に被災し、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、まだ救助されていない方々の一刻も早い救助をお祈り申し上げます。



自粛という言葉が多く使われていますが、シンクデザインでは本日より通常通りのブログを再開しようかと思います。

こんな時だからこそ、頑張って働きアシストできる元気な企業でいなければなりません。

「車のパーツ?こんな時に何を言ってるの!?」と言われる方が多いかと思いますが、その車のパーツを選び購入して【楽しむ】という癒しになる人もいるかと解釈します。

実際に宮城県・茨城県からのご注文も運送会社営業所止めなど特殊な輸送方法ですが、ご注文をお受けしていますし、少しでも「元気のもと」になれればと思います。

また、当社も節電には積極的に努めていますが、計画停電などで思うように仕事ができない方もいるかと思います。

もちろん文句を言う訳ではありませんが、少なからずともストレスが溜まるかと思います。

そんな時に好きな車のパーツを物色するのも良いのではないでしょうか。




そんな訳で本日はレクサス CT200h用のBIGスロットルをご紹介。

紹介するずっと前にカタログページアップは終わらせているので、徐々に注文も多くなってきています。


実際に装着したCT200hを紹介したいと思います。






東京からお越しのLEXUS CT200hユーザーさまです。

同じハイブリッドのHS250hとはエンジンが違うのでスロットルの位置も違います。

LEXUS HS250hはエンジンの奥にたいして、LEXUS CT200hはエンジン手前にスロットルがあります。

赤い丸印の真下あたりですね。






スロットルを交換する前にまわりにあるパーツを外して交換しやすくします。

そして、交換後の画像になります。

内径アップさせてセンターシャフトをフラットに変更しています。






段付きになっている内壁をフラットにすることによって乱流を防いで吸気効率をアップさせると共に、センターシャフトもフラットにして同じく吸気効率を上げます。

これにより、アクセルレスポンスを上げることができるので、加速感・パワー感を得ることができます。

特にパワーモードの時は大きく違います。

個人的な感想ですが、「こんなに遅くては走る気にもならない。。。。」と思っていたのですが、ちょっと面白くなってきましたCT200h!!!!

HS250hでは燃費向上を目的に装着する方が多かったのですが、CT200hではできれば速く走らせたいというユーザーさまを希望します!!!!







こちらが純正スロットルとシンクデザイン☆ビッグスロットルの比較。

ビッグスロットル!!綺麗ですね!!!

ではなくて内壁とセンターシャフトの違いを見てください。






このように内壁に段差があります。

純正スロットルは製造過程でどうしても段付きが発生してしまいます。

実はテーパー状になっているのですが、2次加工が必要となるのでコストをこれ以上かけられないという理由ですね。

また、開閉した時(アクセルONの時)にセンターシャフトが吸気の妨げになっています。

ですので、純正でできない部分を改善してより効率良く加工したのがシンクデザインのスロットルという訳です。






ちょっとピンボケですが。。。 こちらが加工後のスロットル。

段付きを綺麗に除去して内径を拡大し、センターシャフトをフラット化しています。

また、アイドリング時はバタフライの密閉度が重要になってきますので、加工精度がもの凄く重要になってきます。

かなり神経質なパーツですので、高度な加工技術を必要とします。

特にレクサスは難易度が高いです。

今まで販売してきて不具合なくクレームがないのも、この加工技術によるものです。
(トヨタ車に装着の場合は一部問題が出たケースはありますが、レクサスに関しては今まで一度もトラブルになっていません)



次に本日説明しておきたいのが同じハイブリッドのLEXUS HS250hとの比較です。


まずは、HS250hのスロットル。




センターシャフトを見てください。

純正で完全ではありませんが、フラット化しています。

自動車メーカーがフラットにしたほうが効率が良いと証明していますね。




そして、LEXUS CT200hのスロットル。




フラット化されていません。


何が言いたいかと。

価格の差を説明したいのです。


LEXUS HS250h用 ¥50,400
LEXUS CT200h用 ¥57,750

となっています。


この差はセンターシャフトによるものです。

HS250hはセンターシャフトが純正でフラット気味に加工されているので、そのまま純正センターシャフトを再利用しています。

CT200hは純正でフラット化されていませんので、フラット加工が必要です。

ですので、価格が違います。


また、内径を大きくするグルッと一周の面積とセンターシャフトの面積。

この比率はかなり近いです。

ですので、センターシャフトを純正のままで内径だけ大きく加工しても、シンクデザインのスロットルのように両方加工しているスロットルと比べると半分の効力しかないという事です。

それだけセンターシャフトは大切な部分です。

ご理解いただけたいでしょうか。


また、CT200hにお乗りになられてからシンクデザインを知った方には「スロットルって何?」と疑問に思う方もいるかと思いますので、HS250hで感動してもらったユーザーさまインプレッションを下記リンクよりご覧いただければご理解いただけるかと思います。


    レクサス HS250h BIGスロットル装着インプレッション は こちら


以上となります。

それでは、ご注文お待ちしております。

シンクデザインにて取り付けも行っていますので、すべてお任せください☆

ありがとうございます。




     レクサス CT200h BIGスロットル ■ カタログページ


     シンクデザイン■ホームページ

     シンクデザイン■ホームページⅡ
     (毎日の作業をスタッフブログで紹介しています)




Posted at 2011/03/25 20:35:06 | コメント(10) | トラックバック(0) | CT200h | イベント・キャンペーン
2011年03月14日 イイね!

東北地方太平洋沖地震 及び 計画停電 に関する案内

シンクデザインの佐藤です。



東北地方の地震により被災し、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

また、まだ救助されていない方への救助が早まることをお祈り申し上げます。



被災者の方々、および親族、関係者の方々に、お見舞い申し上げます。




シンクデザインは神奈川県厚木市になりますが、地震による物理的被害はありません。

通常営業しておりますが、昨日の計画停電により今後の営業時間が変わる可能性があります。



厚木市戸室は第1グループに指定されており、現時点の予定では【6:20~10:00】と【16:50~20:30】となっています。



午前中は11:00から営業ですので、16:00まで営業する予定でいます。



また、運送会社の指定により15:00までの集荷となっており、茨城県より北地方(北海道含む)への発送はできない状況です。



時間指定などもお受けできない状況ですので、ご理解ください。



また、提携工場の稼動も不安定になることにより、納期が大幅に遅れる可能性もあります。



事前にご連絡できるよう最善を尽くしますので、ご理解いただけると幸いです。




また、電話・Faxが非常につながりにくい状況になっております。



メールでのお問い合わせでお願い致します。

*停電による影響によりサーバーをダウンさせますので、お返事が大幅に遅れます




また、このような状況ですので、ブログは控えさせていただきます。




それでは、一刻も早く復旧の目処が経つことを心より祈っております。



よろしくお願い致します。






シンクデザイン株式会社 代表取締役 佐藤 義博





Posted at 2011/03/14 12:50:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2011年03月04日 イイね!

180&200系 クラウン 雑誌掲載されています☆ 【ThinkDesign】

180&200系 クラウン 雑誌掲載されています☆ 【ThinkDesign】おはようございます。

シンクデザインの佐藤です。



今日は雑誌掲載されたので、ご紹介です。

三栄書房(ハイパーレブ)【トヨタ・クラウン チューニング&ドレスアップ徹底ガイド】に4ページにわたり掲載されています。






この雑誌。

180系・200系クラウンのムック本として、クラウンユーザーさまからは待望の出版です。

レクサス IS・GSと共通部品が多いことから当社に依頼があり取材をお受けいたしました。




レクサス用の雑誌がないので、ここぞとばかりに広告も入れてみました☆





足回りのパーツなどほとんど共通で装着可能ですね。

それほど多く宣伝しないのですが、よくご注文をお受けします。

スタビライザー関係のパーツやセンターフロアブレース、ビッグスロットルのご注文が多いですね。




ページをめくっていくと。。。。





OS技研さんの取材記事!!!!

なんと社長が出ているではないですか!!!!!

思わず写真に向かって挨拶してしまいました。


偉大な方です。

お手柔らかに。。。。(笑)







200系クラウンから180系クラウンまでLSDの装着を何十台としてきましたが、この記事で自分の説明はいらないのではないでしょうか!?

OS技研の精度の良さや拘りが紹介されています。

LEXUSにお乗りの方も読んでおくと良いかもしれません。

デフも共通部品ですので、ISほどではないですが、良く取り付けしています。





さて、シンクデザインの取材記事!!!





【走りを極める】 上質な走りへのこだわり。

まさにその通りですね。

なかなか良い記事になっております。



しかし、「シンクデザイン」と大きく書いてないので、これがうちの記事とはわかりづらい。。。。(笑)


でも!!!



次のページで。。。。。





顔のアップ!!!!

これにはまいった!!!!

そこアピールじゃなくてシンクデザインのロゴをアピールしてもらいたかった(笑)

しかも、変顔だし。。。。


もう少し男前なんですけど。。。。。(笑)







友人に見せたら「ふけたな~」って(笑)

そりゃ~35際にもなりますからね♪


でも、記事は良いです☆


そして、お客様から「売ってない!!!!!!」と大クレーム!!!!

どうやら書店に入荷してすぐに完売してしまうようです。。。

朝に20冊程度あったのが、夜買おうと行くと1冊しかなかったなど。。。。。

クラウンって人気なんですね!

レクサスと同様にピンポイントな雑誌がないからでしょうか。

ネットが普及しても雑誌も欲しい。

そんな年代のユーザーさまが多いのでしょうね。





さて、これから電話の問い合わせが増えると思いますので、また一から足回りについて良さを説明していきたいと思います。

頑張りますよ~


応援!よろしくお願い致します!!!!






     シンクデザイン■ホームページ

     シンクデザイン■ホームページⅡ




Posted at 2011/03/04 08:05:03 | コメント(13) | トラックバック(0) | クルマ
2011年03月01日 イイね!

レクサス CT200h LEDパッケージ[内装編] 製品化決定 【LEXUS】

レクサス CT200h LEDパッケージ[内装編] 製品化決定 【LEXUS】こんばんは。



シンクデザインの佐藤です。

本日は先日の レクサス CT200h LEDパッケージ[外装編] に続き【内装編】のご紹介です。





個々に紹介していきましょう。

まずは、【フロントマップランプ】と【リアルームランプ】。





運転席・助手席に各1点づつと後部座席に1点の計3点になります。

綺麗な白色です!!!







運転席・助手席はこのように明るくなります。

とても視認性良く綺麗ですね♪






3点で全体を照らすとこのような感じ。

画像の通りですので、どのように説明して良いのやら(笑)

見た目のままなので、画像を参考にしてください。




次にリアラゲッジ。





右側側面に1点。

左右にあれば良かったのですが、片側だけでした。

でも、これだけ明るければ良いですよね♪






正面からだとこのような感じ。

十分でしょう!!




最後の仕上げとして、バニティランプ。





バイザーに付いている鏡を使うときに蓋を開けたら点灯する部分です。

あまり使わない部分かと思いますが、ここまで交換しておけば完璧です。

このすべてのセットで!!


LEXUS CT200h専用 LEDパッケージ[内装] ¥21,000(税込み)


となります。

しかも、専用の交換説明書をお付けしますので、CT200hユーザーさまが交換できるようにしたいと思います。


先日の外装と合わせて発売時期ですが、3月中旬を予定しています。

カタログページまで作らないといけませんので、下旬まで見ていただければ間違いありません。

楽しみにしていてください。


なお、できるだけ定価設定を低く設定したいために、まとめて仕入れしています。

ですので、単品売りはできない状況です。

パッケージにしていますので、ご理解ください。




それでは、発売開始までお待ちください。

ありがとうございます。





     シンクデザイン■ホームページ

     シンクデザイン■ホームページⅡ



関連情報URL : http://www.lexus-parts.jp/
Posted at 2011/03/01 20:08:33 | コメント(7) | トラックバック(0) | CT200h | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS RX300 2台
LEXUS LC500h
LEXUS NX300h
LEXUS NX200t

ブルーバナナ TVナビキャンセラー
スナップオン エアコンシステム
マイクロロン添加材追加

2018年最終週作業内容

今日はATF交換だ!!」
何シテル?   04/19 09:09
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2011/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.