• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2011年04月28日 イイね!

レクサス CT200h テレビナビキャンセラー取り付け方法Ⅰ ブルーバナナ製

レクサス CT200h テレビナビキャンセラー取り付け方法Ⅰ ブルーバナナ製こんにちは。

シンクデザインの佐藤です。




前々からお願いされていたLEXUS CT200h用 TV/NAVIキャンセラーの取り付け方法をご紹介します。

これを見て自分でできそうだと思った方はブルーバナナさんへ 直接ご注文ください。

できないと思った方はシンクデザイン へお任せください。





整備書通りだとメーターフードは外さないのですが、シンクデザインでは作業をしやすくするために簡単なので、外します。





まずは、ステアリングコラムに固定されている画像のパーツを外します。

真上に引き上げるだけでクリップが外れます。






次に赤丸部分から手前に引き出します。

メーターフードすべてがごっそり外れます。

単純にダッシュボードにクリップで固定されているだけです。

勢い良く手前に引きすぎてメーターフードを壊さないように注意してください。






スタートスイッチのコネクターがメーターフードにつながっているので、外します。

これで車輌からメーターフードを取り出せます。






次にグローブボックスをあけます。

グレードにより木目や画像のようにラインが入ったデザインなど様々ですが、このパネルを外します。

同様にクリップで固定されているだけです。






このように中途半端で構わないので、ここまで外した状態にします。

もちろん、完全に外してしまっても構いません。






次にエアコン操作パネル下にある樹脂パネルを外します。

画像は暗くてみにくいですが、このパネルを外す時に左右から隙間に指を入れて手前に引っ張るので、メーターフードとグローブボックス上部パネルを外しておくと簡単に外す事が可能になります。






画像のように真下ではなく、手前に引き出すことです。

クリップが刺さっている向きがありますので、注意してください。






次にエアコン操作パネルですが、こちらも手間に引き出すだけ。

クリップで固定されているだけです。

強く引き出し過ぎないように片側から徐々に手前に引き出すようにしてください。






このように手前に引き出します。







裏側にはコネクターがあるので、外します。







次にセンターコンソール両脇のレザーパネルを外します。

赤丸部分の一番手前から真上に持ち上げると外れます。

これもクリップで固定されているだけです。






このように外れます。







このレザーパネルですが、画像のように手前側を上に持ち上げて進行方向後方に引き抜いて外します。

無理に手間に引っ張ると壊れるかもしれませんので、注意してください。

赤丸部分を良く見ていただければ仕組みが理解できるかと思います。






両脇のパネルが外れたら、次は画像のセンターコンソールを外します。

これもクリップではまっているだけですので、真上に持ち上げれば外せます。






画像のような工具などを使うと楽ですね。

それほど力はいりません。







すべてのクリップが外れたら裏側にあるコネクターを抜きます。







まずは、画像の3箇所。







次に前方にある2ヶ所。

これでセンターコンソールを外す事ができます。







次にシフトノブを外します。







時計と反対回りに回すだけ。







このようにネジになっているだけです。







次に画像位置のクリップをセンターコンソールなどと同じように真上に上げます。







画像のように手前を持ち上げます。







センターコンソール脇のレザーパネル同様に手前を持ち上げてから進行方向後方に引き抜きます。







そして、このパネルはセンターコンソールにタオルを引いて傷が付かないように助手席側に移動させておきます。

シンクデザインではコネクターを外しません。





と、今日はここまで。

次で完結しますので、もう暫くお待ちください。

よろしくお願いします。






     シンクデザイン■ホームページ

     シンクデザイン■ホームページⅡ




Posted at 2011/04/28 19:04:37 | コメント(3) | トラックバック(0) | CT200h | イベント・キャンペーン
2011年04月23日 イイね!

レクサス CT200h バニティランプ・リアルームランプ・ラゲッジランプ交換方法

レクサス CT200h バニティランプ・リアルームランプ・ラゲッジランプ交換方法こんばんは。

シンクデザインの佐藤です。



足回りの開発など日々の忙しさでブログストップしておりました。

申し訳ありません。



また、毎回毎回。。分解説明のブログばかりで、つまらないですよね。。。

やっとLEDバルブ交換のブログは本日で完結ですので、後日のブログを楽しみにしてください。




さて、本日はインテリアLEDランプの残り。

まずはバニティランプのLED化になります。

サンバイザーを降ろしてバニティーミラーを開けるとランプが点灯する仕組みです。

そのランプをLED化します!






他の箇所と同じくヘラを隙間に差し込みます。

小さなツメがありますので、そのツメを起こす要領ですね。






比較的簡単に外れると思います。

回りの樹脂部分は傷も付きにくいです。

そして現れた電球をLEDバルブに交換するのですが、画像のように真横に設置されています。






そこで、側面発光型のLEDバルブが適正ですね。

角度も重要です。






バルブを抜いた画像です。

地面と水平に差し込み口があります。






差し込み口のアップ。

差し込んで真下を照らすようにしないと綺麗に発光しませんね。






画像のように側面発光型のLEDバルブを採用することにより適切となります。

点灯させたまま電球を触ると熱くて火傷しますので、注意しましょう。






点灯させるとこのように綺麗な白色です。

何か物を探すときにフロントルームランプだけでは足りない場合に活用することも可能です。

実際に、助手席足元に物を落として探すときに活用できました。



次にいきましょう~





リアルームランプ。

こちらも同様にヘラを差し込んでレンズ部分のみ外します。






外したレンズ。

このようにツメがありますので、ツメの位置を把握してヘラを差し込んで外してください。






レンズを外した純正電球。

左右の金具で固定され、通電しているので金具を少しよけてから電球を外してください。






金具は必要以上に強く押すと変形しますので、丁寧に作業しましょう。






そして、同形状のLEDバルブに交換します。

真下を照らすので、LEDの位置を照らす方向に合わせて位置決めしてください。






このように真下を向くように固定。

何も難しくないですね。






すると、このように綺麗に発光します。

これで、天井に付いているバルブはすべてLED化することができました。

残るはラゲッジルームのみ!!!






ラゲッジのランプは天井とは少し違います。

ヘラを差し込んでレンズを外す要領は同じなのですが、ユニットごと外れます。






このように。

そして、コネクターを外します。






コネクターを外して単体にしてから、グレー?白?の裏側に付いているカバーを外します。

(画像は裏側です)






ツメで引っ掛かっているだけですので、グリグリしているうちに外れると思います。

そして、リアルームランプと同様に純正電球を外してください。

LEDバルブに交換です。






使うLEDバルブはリアルームランプと同様のもの。






画像のようにレンズ側を向くようにセットします。

360度クルクル回りますので、レンズ側を向くように注意して位置決めしてください。

そして、最初に外した裏側のカバーをはめて、コネクターを接続したら内張りにはめ込んでください。






点灯させると、このような感じ。

これで、ラゲッジの荷物を快適に出し入れできますね。



さて!これにてLEXUS CT200hのLEDランプ交換のブログが終了です。

お疲れさまでした~☆



     レクサス CT200h専用 インテリアLEDランプ■カタログページ




     シンクデザイン■ホームページ


     シンクデザイン■ホームページⅡ



Posted at 2011/04/23 20:01:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | CT200h | イベント・キャンペーン
2011年04月07日 イイね!

レクサス CT200h フロントルームランプ交換方法 【LEXUS CT200h】

レクサス CT200h フロントルームランプ交換方法 【LEXUS CT200h】こんにちは。

シンクデザインの佐藤です。



本日はこれから足回りの開発のために外出します。

明日はそのために店舗はお休みとしますので、よろしくお願い致します。

外出の前に、分解説明のブログをやっておこうかと思います。


インテリアLEDランプのフロントルームランプ交換方法をご説明します。





こちらがインテリアLEDランプのすべてですが、フロントルームランプには赤丸のLEDバルブを使います。

真下を照らす目的な形状のLEDバルブですね。






画像のようなヘラを使って隙間に差し込みレンズのみを外します。

次の画像でご説明しますが、LEXUS CT200hのフロントルームランプはレンズを押して点灯消灯する仕組みですので、片側にツメでもう片側はレンズが動くためのCリングのような形状になっています。






レンズを外すとこのようになっています。






ツメ側はこのようになっています。






Cリング的な形状はこのように。

このCリング部分にヘラを差し込むと外しやすいです。

この形状を理解してから作業すると外しやすいかと思います。






こちらが純正バルブ。

普通の電球です。

これを単純に引っ張って外します。

バルブが点灯してすぐですと、かなり熱いので注意してください。

手袋をするか、時間が経ってから外すと良いでしょう。






今回使うLEDバルブ。

先端は拡散するようにスリガラスになっています。

LEDは2個使っていて、山形に配置することにより拡散させる方式です。






極性がありますので、差し込んでから点灯するかチェックしてレンズを戻してください。

真下に向かって強烈な光を発光します。






少し斜め下から撮影。



これでご自身で交換できるのではないでしょうか。

バニティーと後部座席、ラゲッジも後日ご紹介します。






このように室内を演出します。

自分もお気に入りです☆



それでは、明日はメールでの返信など遅くなりますので、ご了承ください。

また、11日と12日も足回りの開発で店舗はお休みです。

よろしくお願い致します。




     LEXUS CT200h インテリアLEDランプ■カタログページ



     シンクデザイン■ホームページ

     シンクデザイン■ホームページⅡ
Posted at 2011/04/07 17:36:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | CT200h | イベント・キャンペーン
2011年04月02日 イイね!

レクサス CT200h ライセンスランプ&バックランプ交換方法 【LEXUS】

レクサス CT200h ライセンスランプ&バックランプ交換方法 【LEXUS】おはようございます。

シンクデザインの佐藤です。


先日に引き続き、本日はライセンスバルブとバックランプの交換方法を簡単ですが、ご説明します。

まずは、バックランプ(リバースランプ)








リアゲートを開けて背面の赤丸部分すべてカバーを外します。

薄いヘラなど使い隙間に差し込めば比較的簡単に外すことができます。

*バックランプとライセンスランプを同時に作業しています







外すとこのようになります。

この状態で、外した部分と表側のバルブ位置を確認にて各バルブソケットを確認します。

両外側がバックランプ(リバースランプ)で両内側がライセンスバルブ(ナンバー灯)になります。







こちらがバックランプ(リバースランプ)。

先端と側面にLEDを配置して強烈な発光を実現しています。







バルブソケットは時計と反対回しで外す事ができます。

バックランプには「+」「-」の極性がありますので、点灯チェックが必要になります。

ソケットに差し込んで点灯するかどうかを確認してから元に戻してください。







装着すると画像赤丸部分レンズ隙間からバルブを確認できます。







この位置です。




さて、急いでいるので次にいきます。

ナンバー灯のライセンスバルブです。





キットに含まれるバルブの左側のLEDバルブを使います。

ウエルカムランプの時にご説明したように、各箇所に適正はバルブを使っていますので、間違いないよう説明書を良く見て取り付けしてください。






バックランプ同様に外してから画像のように差し込みます。

こちらは極性のないLEDバルブを使っていますので、LEDの位置がレンズに入れて真下ナンバーのほうを向くようによく確認してから装着してください。






裏側になります。

反対に装着すると真上を向いてまったくナンバーを照らさないので注意が必要です。







バルブソケットを装着すると、画像のようにLEDバルブのLED部分(黄色)を確認できます。

この状態になっていれば正解です!!

これにより、ナンバーを真下に照らします。

通常のLEDバルブですと、側面発光を目的に設計されていませんので、暗くなってしまいますからシンクデザインLEDバルブのように側面発光を目的としたLEDバルブが必要になります。







このようになっていればOKです。

頑張ってみてください。

比較的簡単だと思いますので、ご自身で作業されても問題ないかと思います。






さて、まったく関係ないのですが、現在IS250のマフラーをワンオフにて作成中です。

なんと!タコ足から作っています。





こちらが純正。







この部分を。。。。







このように等長にてワンオフ作成中。

クネクネしています~☆






現在はここまで完成しており、左右均等でないなど色々と苦労がありますが、正確に均一に等長にて作成中。





どんなサウンドになるかも今後、ブログにてご紹介します。

ちなみに、製品化する訳ではないので、ご勘弁ください。






     LEXUS CT200h エクステリアLEDバルブ■カタログページ





     シンクデザイン■ホームページ




     シンクデザイン■ホームページⅡ



Posted at 2011/04/02 09:59:55 | コメント(9) | トラックバック(0) | CT200h | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS RX200t

スタビライザーリンク 前後

すみません、ホームページに無いんですが、RX用は設定があります
ご興味ある方はご相談下さい

クイックな応答性になりお薦めです
在庫もあります!!」
何シテル?   08/18 17:08
レクサスのパーツを製作するメーカーです。 デモカーはとしてNX200t[F-SPORT]です。 足回りから内装までトータルでレクサスをサポートいたし...

ユーザー内検索

<< 2011/4 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

お友達

色々な方と情報交換したいです。

お気軽にお友達登録してください。
473 人のお友達がいます
レクサス350レクサス350 * GENTLE 12GENTLE 12 *
GC8(Ver.Ⅴ)GC8(Ver.Ⅴ) * ニシエヒガシエニシエヒガシエ *
cockpitcockpit *みんカラ公認 みずきのこのパパみずきのこのパパ *

ファン

350 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...
レクサス ISハイブリッド レクサス ISハイブリッド
■ブルーバナナ TV/ナビキャンセラー 販売中 http://www.bluebanan ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.