• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2011年07月30日 イイね!

レクサス RX450h/RX350/RX270用 スタビライザーブラケット 【LEXUS】

レクサス RX450h/RX350/RX270用 スタビライザーブラケット 【LEXUS】おはようございます。

シンクデザインの佐藤です。



まず、臨時休業のお知らせです。

8月1日(月)~2日(水)まで、LEXUS CT200h用の車高調開発のためにお休みとさせていただきます。

ご注文いただいた分の発送やお問い合わせなどへの回答は8月4日(木)になりますので、ご了承ください。

よろしくお願い致します。



また、LEXUS CT200h/HS250h用のクロームメッキオーディオノブですが、200台分すべて完売しましたので、欠品となっています。

8月中旬~下旬の納期となっていますが、お盆前に再入荷するかによって発送できるかどうかといった感じです。

できるだけ早く発送できるよう努力いたしますので、ご理解いただけると幸いです。



また、LEXUS CT200h用のインテリアLEDランプですが、こちらは8月5日には入荷する予定です。

エクステリアLEDランプに関しては再入荷しました。



また、LEDウインカーバルブキットですが、こちらも8月5日には入荷する予定です。


よろしくお願い致します。




さて、本日もあまり時間がないので簡単ですが、新商品発表のご案内です。

レクサス RX450h/RX350/RX270用のスタビライザーブラケットを作りました。





お客様の車輌にて装着確認させていただきましたが、毎度寸法に関しては絶妙な精度がありますので、問題なく装着できました。

スタビブッシュが潰れる部分を計算し、負荷がかかった場合の強度ももちろん計算して材料や形状を決めています。

今回のRX用に関してはフロントの形状から材料をジュラルミンとしています。
(他の車種・RXリア用に関してはアルミ系A5052材です)


絶対に間違いのない製品作りを心がけています。






フロントのスタビライザーブラケットの位置になります。

LEXUS RX450h/RX350/RX270はスタビライザーを上からブラケットで固定しています。

ですので、交換は上から行います。






フロントの純正比較です。

他の車種と比べると非常に特殊な形状です。

この立ち上がりと取り付けする場合のざぐりから強度を確保するためにジュラルミンとなっています。

本当は定価設定を上げたいところなのですが、¥30,000を超えると購買意欲もなくなるかと思い¥29,400としています。






装着です。

上側からボルトで固定されていますのでエクステンションをうまく使って取り付けが必要です。

ちょっとだけ時間がかかるかもしれません。






このように、頑丈なスタビライザーブラケットとなります。

これにてフロントスタビライザーの性能を十分に引き出す事ができて反応良くロールも抑える事ができます。

特にエアサス車の場合はダンパーが四輪独立に機能しているような動きでまったく車としての一体感がないように自分は感じます。

車も大きいですし、頭が振られるような挙動を良く感じます。

ダンパーがもっと高性能であればスポーツ走行も可能かと思うのですが、どうも飛ばす気になれません。

スポーツSUV的なイメージだと思ったレクサス RXですが、足りない部分が多々あると思うのは自分だけでしょうか!?






次にリアですが、リアは簡単に交換可能です。

サスペンションアームに車両後方から固定されています。

リフトを使わなくても交換できるのではないかと思うほど。






純正比較になります。

LEXUS CT200h/HS250h用と大きさは違いますが、似ていますね。

こちらも同様にスタビライザーの性能を最大限に引き出します!






真後ろから確認できます。

見た目は性能に関係ないのですが、個人的に「格好良い!!!」と思ってしまいます(笑)

見た目で剛性感がありますね。






フロントとリアの両方装着で少しでも走りを良くしたいところです。

RX450h/RX350/RX270と全車共通で装着可能ですので、乗り換え時に入れ替えもできますし劣化して使えなくなる訳でもないので良いかと思います。

異音など心配する必要もありませんし。

これで、IS/ISF/GSから始まりHS250h、LS、RXへとメインである車種は設定させることができました。

RXに関しては、このスタビラケットの売れ行きによって今後の製品開発を考えたいと思います。


それでは、ご検討ください。

ありがとうございます。






     LEXUS RX450h/RX350/RX270用スタビライザーブラケット■カタログページ



     シンクデザイン■ホームページ
     シンクデザイン■ホームページⅡ


Posted at 2011/07/30 08:43:08 | コメント(9) | トラックバック(0) | RX | イベント・キャンペーン
2011年07月18日 イイね!

レクサス CT200h/HS250h リアサスペンションメンバーカラー 【LEXUS】

レクサス CT200h/HS250h リアサスペンションメンバーカラー 【LEXUS】なでしこJAPAN☆ 優勝です!!!

明るい話題が無い中、嬉しいニュースですね!!!!

気持ちが高まる事が少なかった最近ですから、みなさんも嬉しいのではないでしょうか。


本当に良かったと思い、まさか優勝するとは思ってもみなかったです。

感動ですね♪




さて、シンクデザインも景気回復のために、頑張らなければなりません。

本日は新商品☆リアサスペンションメンバーカラーをご紹介。

まずは、LEXUS CT200h/HS250h用から。





デフマウントカラーと同じくらいの大きさです。

このカラーをリアサスペンションメンバーのブッシュ部分に差し込んでブッシュの動きを制限させます。







毎回そうですが、純正ブッシュから寸法を取り精密に設計しているので、制度抜群です。

この小さなパーツが大きな力を発揮します!!!



レクサス CT200hとHS250hのリアサスペンションメンバーは同形状ですので、共用となります。

また、IS用とは違い4ヶ所を強化することが可能です。

*IS/GS用・LS用のフロント側は異音が出る可能性がありますので、製品化していません




まずはフロント側から。





矢印部分がリアサスペンションメンバーのフロント側(画像は助手席側)になります。

このボルトを外します。







ボルトを外して受け皿まで外すとこのようになります。

黒い部分がブッシュで、このブッシュの動きが大きいのでカラーで締め付けて動きを制限します。







凹凸部分が受け皿に当たる部分ですね。

このブッシュをどのようにカラーで強化するかというと。。。。。






画像のようにセンターシャフト部分に差し込んでブッシュを押し付けます。

純正の受け皿で押さえつけるのですが、カラーを入れることにより押し潰すイメージですね。







受け皿を途中まで締め付けた状態です。

規定トルクで固定すると、カラーは見えなくなります。

これだけでブッシュの動きを制限してリアサスペンションメンバーを強化することが可能です。





次にリア側。





リア側はリアスプリングを外して真下からボルトを外します。

リアスプリングを外さないといけないので、交換が面倒なイメージですが、リアサスペンションアームのホイール側のボルトを外せばリアスプリングは簡単に外すことができますので、それほど大変な作業ではありません。

また、リア側の受け皿はフロント側とは違い2ヶ所で固定されています。






スプリングを受けつつ、リアサスペンションメンバーを固定しているので、このような形となっています。

この受け皿を外してカラーを差し込みます。

フロント側もリア側もカラーは共通です。






リア側のカラーを取り付けした画像です。

フロント側は簡単に交換可能で、リア側はリアスプリングを外す必要があるので、フロントのみ交換する人と4ヶ所すべて交換する人用に2個セット4個セットで価格設定をつけました。


さて、このリアサスペンションメンバーカラーを装着することによって、どのような効果があるかと。

ずばり!ステアリングの応答性が良くなります。

特にLEXUS HS250hは応答性が悪いので効果絶大ではないでしょうか。

LEXUS CT200hに関しては応答性が良くなりすぎては困る方もいるかと思います。

好みで選んでいただければと思います。


今回、ザックス車高調装着のHS250hに装着しましたが、乗り心地が悪くなるこもなかったです。

FFの場合はリアの動きを良くすることによってステアリングの応答性が良くなりますので、お勧めですね。

バネレートや減衰力を上げて応答性を良くする方法もありますが、リアサスペンションメンバー本体が動いているとバネレート変更では対応しきれない場合もありますし、バネレートや減衰力を上げては乗り味がハードになりすぎたりと丁度良いセッティングを出せない場合もあります。

そのような時にメンバーを強化することにより、バネレートや減衰力を維持したまま応答性を良くすることができます。

サスペンションアームが余計に動かなければダンパー本来の性能も出やすいですし、本来の性能を引き出す事になりますから、一石二鳥という訳ですね。


是非!お試しください。





     LEXUS CT200h/HS250h リアサスペンションメンバーカラー■カタログページ




なお、LEXUS IS/ISF/GS用(クラウンとも共用)とLEXUS LS用も販売開始しています。

LSDなどと合わせて装着することに効果的です。






それでは、ご注文お待ちしております。



ありがとうございます。





     シンクデザイン■ホームページ



     シンクデザイン■ホームページⅡ

Posted at 2011/07/18 07:39:38 | コメント(7) | トラックバック(0) | CT200h | イベント・キャンペーン
2011年07月10日 イイね!

レクサス CT200h F-SPORT 純正ホイール 売りたいです!!【LEXUS】

レクサス CT200h F-SPORT 純正ホイール 売りたいです!!【LEXUS】こんばんは。


今日も朝から暑さにやられても元気に作業していたシンクデザイン佐藤です。

今日はみんカラユーザーさんが多くご来店されました☆

みなさん、元気すぎて。。。。(笑)




さて、本日はお客様からのご依頼で、「純正ホイールを売りたい」ということでブログにしています。





レクサス CT200h[F-SPORT] 純正ホイールになります。

CT200hを購入後、ホイールを交換してしまった為に売却したいとのことです。

納車後すぐに外していますので、中古ですが美品ですね。






同じデザインでシルバーもありますが、ブラックになっていますので、イメージチェンジしたい方。

スタッドレス用として純正ホイールをもう一つ欲しい方など。

欲しい方、いますでしょうか?







サイズは7J-17です。

バルブは付いていますが、センターキャップはありません。








新車装着ですので、タイヤを外していますので新品ではありません。

ただ、納車と同時に外していますので、ほぼ新品ですね。

タイヤを分解したときに細かな傷などあるかもしれませんので、注意してください。







このように、箱に入ってお送りできます。

お客様からの要望で10万くらいで売りたいとのことですので、欲しい方はご連絡ください。

一番高値を付けてくれた方にお売りしたいと思います。

よろしくお願い致します。





     シンクデザイン■ホームページ


     シンクデザイン■ホームページⅡ


関連情報URL : http://www.lexus-parts.jp/
Posted at 2011/07/10 19:13:54 | コメント(10) | トラックバック(0) | CT200h | イベント・キャンペーン
2011年07月03日 イイね!

LEXUS ISF OS技研製LSD&リアサスペンションメンバーカラー装着☆

LEXUS ISF OS技研製LSD&リアサスペンションメンバーカラー装着☆こんばんは。

シンクデザインの佐藤です。


暑い日々が続きますね~

最近、少し太り気味の佐藤ですので、体脂肪を燃やしながらガンガン作業をこなして痩せようかな~と企んでおります。

本日も午前中からLEXUS IS-Fにハイグリップステアリング&ステアリングスイッチパネル[シルバーカーボン/プリクラ付き]を装着し、LEXUS CT200hにブルーバナナ製TVキャンセラーをホワイト・ブラック・シルバーブルーメタリック(初ご来店カラー)の3台に取り付けさせていただきました。

土曜日・日曜日になるとTVキャンセラーの取り付けが多発ですね。

でもTVキャンセラーじゃ痩せないので、やはり足回りの作業のほうが好みです。

また、自動車業界の木曜日・金曜日休みから木金のご予約も多くなってきております。




さて、本日は久しぶりにLSDのご紹介ですが、最近は月に3~4台程度の取り付けとなり、比較的安定して販売取り付けできております。

LEXUS ISF、IS350、IS250 と TOYOTA 200系クラウン、ゼロクラウン、マークXなど車種は色々ですが、何も宣伝していない割にはコンスタントに売れていますね。

LSDの予約が入ると、その日の足回りの作業は入りにくくなるので、調整が必要です。

ただ、関東のお客様が元気なく、大阪・愛知・岐阜・三重など西方面からお越しいただくケースが多いです。

関東のレクサスオーナーさん!!!一緒に頑張りましょう!!!!!




さて、本題に入ります。





昨日取り付けさせていただいたLEXUS IS-Fですが、東京からのご来店です。

ありがとうございます。







装着するLSDはOS技研製のTCD☆

NEOとは違いブラックな外見!!!

格好良いです♪






いつも通りにデフケースの内側を削ってから組み込みします。

この削りに関して、良く質問を受けるのですが、「どうして削らない寸法でLSDを設計しないのか?」と言われます。

理由は簡単です。

削って加工しても問題ない部分なので、よりプレートの枚数をかせげるように最大の大きさでLSDを設計しているからです。

加工に問題がないのであれば、より効率の良い状態でセットしたいと考えています。

つまり、削って組み込むから、よりプレートの枚数をかせげて高性能なLSDになるという訳です。







デフケースの大きさは変える事ができませんからね。

どのメーカーよりもOS技研のLSDが高性能と自負しております!!!

チャタリング音も出ませんし(すでに80台以上の装着実績がありますが、いまだにトラブルは無しです)、オーバーホールも不要でオイル交換のサイクルも長いです。

装着後の面倒なメンテナンスなど不要と言っても過言ではありません。






FRであるLEXUS IS-F。

IS250もIS350も同じです。

この先FRが無くなってハイブリッドばかりになってしまうのではないかと心配する佐藤ですが、いまのうちにFRを楽しんでおかなければなりません。

それにはLSDが不可欠です。

なにをなんと言おうとLSDがなくては意味がありません。







スタビライザー強化のご相談を良く受けますが、結局はLSD装着が走行性能をアップする一番の近道です。

費用はかかりますが、必需品と思ってください。

また、2GRとISFに関してはジュラコンデフマウントカラーの同時取り付けをお勧めします。

デフマウントの動きは大きいのでトラクションを逃がさないために装着しましょう。







こんな小さなパーツでも効果があります。

LSDとセットで取り付けとしてください。

よろしくお願い致します。







午前中11時より作業を開始して夕方には装着完了です。

この日帰りできる作業スタンスで遠方からのお客様へ対応しています。

多いときは1週間で3台取り付けの時もありますが、もう慣れた作業ですので、シンクデザインへお任せください☆



さて、この日は同時取り付けでリアサスペンションメンバーカラーも取り付けさせていただきました。





リアサスペンションメンバのリア側ブッシュの動きを制限してメンバをより動かなくさせるアイテムですね。

これによりダンパーの動きを良くするのと、トラクションのかかりを明確にします。

スタビライザーの強化でも似たような感覚になりますが、とくにリアメンバの動きは大きいのでお勧めです。







こちらが純正。







この純正カラーとメンバブッシュとの間に隙間までとは言いませんが、隙間があります。

よって遊びにより動きが激しくなります。

そこで、ブッシュ側の形状をうまく合わせる事によって動きを制限します。







こちらが、ブッシュ側。

左が純正で右が製品です。

まったく形状が違いますが、この凹凸によりブッシュの形状に合わせて押し付けるイメージで動きを制限します。







装着すると、このように。

ゴールドのアルマイトで仕上げています。







規定トルクなど守り装着することによって、効果を得れるパーツですので、整備士の方にお任せください。

ご来店いただける方はシンクデザインでも取り付け可能です。

また、専用の説明書には規定トルクや取り付け時の注意事項なども明記してあります。






矢印の部分がブッシュになります。

このブッシュの動きを制限することによってサスペンションメンバの動きが収まり結果的にダンパーの仕事量が減って足回りの動きが良くなるという事です。

LSD装着時には必要ではないでしょうか。







左右に取り付け下から撮影です。

見た目的にも格好良いといつも思います(笑)




     LEXUS IS/ISF リアサスペンションメンバカラー■カタログページ



さて、パーツの紹介はここまでで、急にLSDの紹介をしたのには意味があります。

意味とというか、これは珍しい!!と思いまして(笑)






LEXUS ISFにLSDを取り付けするのは月に2台や3台と普通にいつもの作業なのですが、昨日は違いました!!

この画像をよ~く見てください!!!







なんと!!!左ハンドル!!!!

いままでISも含めて500台以上のご来店がありますが、左ハンドルは始めて♪


これ、ブログで言いたい!!って思ったので(笑)

時間作っちゃいました(笑)






左ハンドル用のセンターコンソール。

エアコントリムは形状が逆になっていて違和感ありますが、アメリカ用に作ったことは何度もあるので、見慣れています。

センターコンソールはブラックカーボンで1回だけ作ったことがあります。

なぜかシフトロックにメクラ蓋がありました。

ロック解除ボタンがありませんでした。







メーターもマイル表示付き。

BRAKEってロゴ、初めてみました(笑)


見慣れないって新鮮ですね~



てな訳で、新商品の紹介をしなければならないところ、寄り道してみました。

それでは、また頑張って時間を作ってブログしたいと思います。

ありがとうございます。




     LEXUS OS技研製LSD■詳しく紹介した過去ブログはこちら



     シンクデザイン■ホームページ
     シンクデザイン■ホームページⅡ


関連情報URL : http://www.lexus-parts.jp/
Posted at 2011/07/03 19:04:13 | コメント(15) | トラックバック(0) | IS F | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「本日の1枚

って同じパーツ連投しちゃう芸のなさがシンクデザインです
それだけご注文が多いです
一人でも多くの方に良さを感じて欲しいです

さすがに作業時間が長くて疲れたので、今日は早めに帰宅しようかと思います
仕事より睡眠を優先して明日ガンバリマス」
何シテル?   04/25 21:20
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2011/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.