• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+




THINK DESIGNのブログ一覧

2012年12月29日 イイね!

今年も大変お世話になりました 【ThinkDesign】

こんばんは。
シンクデザインの佐藤です。

今年も残すところ3日となりました。
みなさん、年末の忙しさや忘年会での疲れで体調を崩していないでしょうか?
寝正月にならないように体調管理には気を付けてください。

こちらシンクデザイン佐藤は年末だけはゆっくり終わらせたいと思っていまして、今年はそれほどバタバタした状態ではなく、落ち着いて終わらせる事ができそうです。

本日をもって業務最終日とさせていただき、明日29日は大掃除をして年始5日より気持ち良く再開できるようにしたいと思っております。

本当はもっと早く休みに突入したかったのですが、やはり無理でした。

色々と課題が残ったままですが、そこは潔く来年の課題にさせて気持ちだけでも「終わらせた」とします。

変な前向きで年越しさせていただきます。


今年は厚木から海老名へ引っ越しなどもあり、怒濤の1年でした。

ようやく落ち着いてブログもできるようになりましたし、来年はこの定期的なブログも頑張って継続できたらと思います。

そこで、簡単な挨拶で終わるよりも、1年を振り返って店頭で取り付けさせていただいた写真をご紹介させていただき、最後のブログで締めくくりたいと思います。

あまりに写真が多すぎて、引っ越してから数ヶ月の写真しかチェックできなかったのですが、思いも記憶に新しい写真ばかりです。

少しは楽しめるかと思います。


車種別にしてみましたので、簡単なご説明と合わせてご覧下さい。



LEXUS IS









OS技研製LSDですが、引っ越ししてからも安定したご注文で月に3~4台と組み付けさせていただきました。

ISのユーザーさまも多かったのですが、クラウンやマークXのユーザーさまも多かったです。

ほとんどの方がLSDというパーツ装着が初めての方で、最初からご説明させていただきました。

良さを一人でも多くの方にお伝えする事ができて良かったです。









IS用のビルシュタイン。

こちらも販売から少し時間が経っていますが、定期的に販売できました。

これぞシンクデザインのセッティングといった仕上がりで、装着の方は喜んでいただけたのではないでしょうか。

2~3cmのダウンで走行性能アップを求めたダンパーですので、お求めになる方も真剣に車の性能を上げたいといった拘りのユーザーさまばかりで、そんな方に喜んでいただけるのが嬉しいです。

脚が粘るという意味は純正では感じられませんので、ISという車の性能を引き出せていると思います。





















足回り関係のパーツですが、昨年に引き続き、多くの方からご注文を頂けました。

ありがとうございます。

一つ一つ意味のあるパーツばかりでして、その効果をご説明させていただき、必要であるかどうかを判断していただいた後にご購入取り付けとしています。

頻繁にご来店できる方の場合は一つ一つ取り付けを実際に行っていただき、その効果のお話しを次回ご来店時にするのも楽しかったです。

純正フィーリングは崩さずに自分好みに仕上げる楽しさを提供したいと思っています。

今後もたくさんのご相談をいただきたいです。

まだホームページにアップできていないパーツもありますので、来年早々に頑張りたいと思います。







吸気系パーツのBIGスロットルとインテークパイプ。

F-SPORTも定期的に販売しました。

少しでも速くしたいとIS250のユーザーさまからのご相談が多かったですね。

ダイレクトインテークパイプはクラウンのユーザーさまからのお問い合わせも多かったです。

















ISの内装も色々とご提案させていただきました。

塗装仕上げで艶々にしたり、カーボンパーツでドレスアップしたりと、組み合わせ自由ですので、何をどうするか決めるのが楽しかったです。

メインであるところはブラックカーボンで、その他を塗装品で組み合わせるというパターンが多かったですね。

ワンオフパーツが多かったという事は、シンクデザインに相談するとワンオフしてくれると認知度が上がったという事でしょうか。

嬉しい限りです。

来年も引き続きご相談ください。
















ステアリングやシフトノブの張り替えも多かったです。

何色でどうアレンジして個性を出すか真剣に考えているお客様を見ていると、本当に車が好きなんだな~と、こちらも真剣になります。

たまに、自分の趣味は押し付けてはいけないと思いました。

シフトノブと合わせて加工すると限定車のようで、飽きがこなく長く愛用できると思います。

こちらも追加していく楽しみもあるかと思いますので、一気にではなく一つ一つで良いと思います。





LEXUS GS


















今年納車となって開発したGSですが、真っ先にご注文が多かったのはLED関係パーツでしたね。

最近では落ち着いた販売となっています。

何台取り付けしたのか覚えていられないほど、同じ作業の繰り返しでした。

どこの電球をLEDに交換するのかを理解していないユーザーさまが多かったのも覚えています。

やはり車種別にしてセットにすると買いやすいのでしょうね。

LEDウインカーは最近売り上げを伸ばしております。

素子に拘って時間をかけたLEDウインカーバルブですので、お勧めです。

フォグランプのHIDキットも他の車種より売れ行きが良く、定番化していると実感しました。

今後のレクサス車でも続けていきたいと思います。
















次にフロントリップスポイラーですが、初めてのスポイラーとしては絶好調に販売できました。

海外に発送する事も多かったです。

簡単に取り付けできる利点もあってか、良く褒められて嬉しかったです。

一度修理するために外した事があるのですが、ノーマルを改めて見ると「これは格好悪くて乗りたくない」と記憶に新しいです。

色々と拘ったスポイラーですので、引き続きシンクデザインカラーが増えてくれる事を願います。

同じスポイラー装着のGSとすれ違うというのが夢です♪


来年も時間を掛けて塗装済み品を仕上げたいと思います。













時間が掛かり過ぎた足回り。

ザックスの車高調では本当に苦労しました。

それが原因でダウンサスの販売も遅れてしまい、販売に影響が出たのも事実です。

こちらの車高調とダウンサスはじっくりゆっくりお伝えしてご購入いただければと思います。


もう車高調のセッティングは当分やりたくないというほど悩みましたので、ここで他社の車高調など乗ってみたいですね。


また、その他強化パーツも合わせて販売しておりますが、あまり売れ行きが良くなく、必要とされてない?と思うほどです。

こちらもゆっくりご説明していきましょう。

来年に期待です。










今回GSではレザーで内装をアレンジするカテゴリーを増やしたくて頑張ってきました。

ある程度の土台ができましたので、来年から本格的に拡販していきたいです。

ステアリングなど張り替えする事により、かなり格好良くなると思っています。

足りない部分を補って完成された内装をグレードアップするイメージです。

まだガーネットの追加パーツはありますので、期待していてください。







LEXUS RX


















今年から本格的に力を入れてきたRX。

足回りもそうですが、自分が乗りたいと思う車に仕上げたいという考えからパーツラインナップを増やしています。

まずは基本となるダンパーからですが、この手の車の場合は車高調では思うようにセッティングを出せないので、ノーマル形状でダウンサスとの組み合わせで商品化する予定です。

すでにダンパーのセッティングまでは終わらせたので、車高を合わせるセッティングで完成予定です。

ただ、フロントストラットの在庫を1台分しか持っていませんので、1台づつの販売となり、あまり多くの販売を求めていません。

本当に困っている方、本気で欲しいという方に買っていただきたいです。

走るという意味がわかるダンパーとなっています。

快適に、しかも攻めれるダンパーセッティングを堪能していただき、喜んでいただきたと思っています。

中途半端な量産品とは違うという事を証明したいです。










同じく足回りとなるスタビライザー強化パーツのスタビブラケットですが、前々からお勧めしているにも関わらず売れ行きが良くありません。

もうご説明する必要はないのか。。。。と、需要がないと判断しているのですが、負けずに販売していきます。

装着するとダメな純正のロール感をわかっていただけると思うのですが。。。。。

まぁ来年の課題ですね。







こちらは開発中のダイレクトインテークホース。

現在、試作装着が終わりこれから量産予定になりますので、来年はたくさん取り付けしたいです。

また個別にブログにする予定ですので、興味のある方はお問い合わせください。













RXの内装にも力を入れた1年でした。

ブラックカーボンインテリアパーツから始まり、後期からGS同様にガーネットが内装カラーに追加になりましたので、合わせて開発しております。

ブラックカーボンパーツも最近は多くお問い合わせいただけるようになりまして、嬉しい限りです。

欠品が長く続いておりますので、安定して在庫できるよう努力いたします。

ガーネット内装の方は期待していてくださいね。

来年はRXの内装に力を入れていきたいと思っております。







LEXUS CT





















今年も多かったCT200h。

去年に引き続き走りに関するパーツ取り付けも多かったです。

ご来店だけで300台400台と、もうわからないくらいのCT200hを手がけてきました。

お客様の特徴も良くわかり、ビルシュタインを途中で開発したりと、ご要望にお答えできたと思っています。

ビルシュタイン車高調はやはりご検討いただける方が多く作って良かったのと、ユーザーさまが求める形で製品化しなければならないと勉強にもなりました。

もともと走りに不満の少ないCT200hですが、足回り関係のパーツは今でも多く販売しており、来年も需要があると思っています。

パーツ一つ一つに意味があって効果も伴うと感想をいただけるので、製品化して良かったと思うのですが、車高調まで含めると残りはスタビライザーウレタンブッシュで完結かなと思っています。

インテリア・エクステリアパーツをあと少し開発したいですね。

CT200hの走りに関する特徴など、何でもお答えしますので、来年もお気軽にお問い合わせください。




























内装パーツに関するお問い合わせやご注文は凄いものがありました。

カーボンパーツから塗装仕上げパーツまで、幅広くご注文をいただきました。

やはり内装がチープですので、レクサスらしくしたいと思う方が多いのですね。

個性色々で色々な方がいますので、好みに応じてアドバイスさせていただきましたが、来年も引き続きワンオフ中心になりそうな予感です。

ガーボンパーツも増やしていきたいですし、レザーでアレンジするという提案もさせていただきたいです。

メッキパーツも年明け早々に発表となります。

まだまだ忙しいCTパーツとなりそうです。











吸気系のパーツも安定したお問い合わせをいただいております。

かなりのユーザーさまへ装着していただけた訳ですが、今後もお客様からのインプレッションなどでユーザー様の声を中心にお伝えしていきたいと思います。

欠品しないように注意が必要ですね!!!!!













DRLカスタムキット。

これはCT200hに限らず装着させていただきました。

すでに300台の販売を越えています。

正直、デイライトのように常時点灯すれば格好良いのにな~と安易な考えから小ロッドで生産したのですが、予想を上回るご注文で驚きました。

現在も定期的にご注文を頂けているので、本当に有り難いです。

できるだけ綺麗に配線するという拘りで取り付けしています。


その一方で、エアロバンパー用のデイライトは不調。。。

これは格好良いだろ!!と思ったパーツは売れないんだ。。。と今年の最初に痛感しました。

やはり価格なんですかね。


今後も欠品しないように調整していきますので、CTに限らずデイライト化していきましょう。










CT200hもLED関係パーツは良くご注文をいただけます。

GS用のパワーフットランプも多く取り付けさせていただきました。

やはり納車されてすぐにという方が多く、電球色というのは人気がないのですね。

個人的には電球色のLEDがあれば、欲しいな~と思うのですが、作ったら売れずに困るのが予想できます。

そもそもレクサスなのに電球な部分が多いところに問題があるのでしょうね。

ドアミラーの分解など、すでに何年も何百回と一度も壊さず作業しておりますので、お任せください。

達人です!!!!!










エクステリアピラーセットですが、こちらも意外と需要がありました。

いまでも欠品中で作るのが大変なために在庫できない状況です。

普通の塗装屋さんでは出来ない部分もありますので、製品化したシンクデザインに集中するのでしょうね。

まだ何十台の取り付け実績ですが、来年はもっと増えるかと思いますので、残った両面テープの剥がし達人になりたいと思います。

冬に作業が一番厳しいです。。。。

でも、頑張ります!!!!!







そして、今年一番取り付けしたであろうブルーバナナのTV/ナビキャンセラー。

車種問わずほぼ毎日取り付けさせていただきました。

おそらく国内で一番取り付けしているのではないでしょうか!?

と、言いたくなるほど、ご注文が多く段取りも大変でした。

車をカスタムする人以外の方もご来店となりますので、販売台数からすると当たり前ですね。

来年も再来年も需要のあるキャンセラーかと思いますので、引き続き、丁寧な取り付けで頑張っていきたいと思います。





その他












引っ越ししてからアッシュのエンジンオイルをFacebookでお勧めしていました。

個人的にも愛用するオイルなのですが、すでに5年以上お勧めしておりまして、改めて広めようとお勧めしております。

純正オイル撲滅運動でもしようかと思うほど、純正オイルの酷さをお伝えしたいです。

あまり言い過ぎると小さなメーカーですから、吹き飛びますので、ご来店いただけるお客様だけに口答でお勧めします。

興味のある方はネットで検索してお近くの取り扱い店でお試しください。

ホント、オイルで車は動いていると実感できます。

適正な粘度を入れましょう!!!!!







スナップオンのバッテリーチャージャプラス。

こちらの充電器、10万円です。


定期的に充電する事の意味をFacebookでご説明してお勧めしているのですが、本格的に充電できる充電器がないので導入しました。

良く遊びに来られる方など活用していただけると嬉しいです。

儲けるためではなく、バッテリーの大切さもお伝えしようかと思いました。



さて、あまりに長いブログであるために、気持ち悪くなってきました。

キーボードがまともに打てなくなってきました。



















今年も色々なシフトノブを作ってきました。

来年も作ります。




そんな訳で、今年最後のブログだと気合いを入れ過ぎた事を後悔しています。

こんなシンクデザインではが、来年もよろしくお願いいたします。


みなさま、良いお年をお迎えください。

ありがとうございました。



Posted at 2012/12/29 00:40:02 | コメント(9) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2012年12月17日 イイね!

レクサス RX270 BIGスロットル&インテークホース 【LEXUS】

レクサス RX270 BIGスロットル&インテークホース 【LEXUS】こんばんは。
シンクデザインの佐藤です。

ブログの月曜日がきました。
気が付けばもう月曜日。


12月中に取り付けして欲しい攻撃が12月に入ってすぐに始まり。。。
12月中旬に入る前に年末までの作業予約はすべて埋まりました。
平日はまだ予定を入れる日がありますので、ご検討のお客様はお早めにご連絡ください。

もうブログを気力で書くしかないです。


でも、速度は落ちていますが、営業日毎日Facebookアップも守っています!!!!

頑張ってアップしておりますので、チェックしていただけると幸いです。



     シンクデザイン■Facebook




さて、本日はスロットルのご紹介。

RX270用となります。







なぜRX270なのかですが、あの重量で2.7Lというのは、本当に走るのかという部分にあります。

不満に思っている方が多いのではないでしょうか?


これは、流行らせて喜んでいただくしかないと思いブログアップします。


そこで、香川県からお越し頂いたRX270ユーザーさまがインプレッションをくださったのを覚えておりましたので、ご紹介しようかと思います。


あれはいつだったかと、取り付けした日から写真を探すと、なんと!!!うちの息子が産まれる前でした。

あれからもうすぐ1年です。

おととい、リビングで横になっていると、息子がはいはいしながら来て、何を思ったか垂直にスクッと立ちました!!!

そしてケラケラ笑っていたので、嫁に「いつから自力で立てるようになった!?」と聞くと、見た事無い~~と。

補助なしに立って維持するのを楽しんでいます。

夜は1時に帰宅し、朝は6時には出ていってしまう自分に「成長しているぞ~」と見せてくれたんですね。

感謝感謝♪





脱線してる。。。。

すみません。


え~スロットルの話しでした。


お客様のインプレッションは以下の通りです。


佐藤様
RX270の○○です。

昨日は寒い中ありがとうございました。
あれから休憩しつつ帰路についたわけですが
ビッグスロットルの効果は「すごい!」の一言につきますね。

なかなか体感できないものが多い中これは確実に体感できました。
帰りの高速では、トルクアップの恩恵でエンジンまで静かになりました。
運転するのがまた楽しくなりました。

でも、エンジンが静かになったぶんロードノイズが気になり始めました。
昨日、事務所で待っている時にミシェランがいいっよって聞いたんですが
品名忘れてしまったのでまた教えてください。
ちなみにサイズは純正(19インチ)なのですが、他にお勧めのタイヤがあればそれも教えてください。

しかし帰りは遠かったです。行きはよいよいなんですが・・・
次はカーボンパーツやスタビライザーステー(?)
を是非購入したいです。

SALEの際には連絡ください。



以上がお客様からのインプレッションになります。

ありがとうございました。

香川県よりお越し頂き、大変感謝しております。



レクサス RX270を非力に思っている方が多いかと思います。

あまりBIGスロットルなるものを聞いた事もないかと思いますが、非力なエンジンほど、アクセルを開ける事が多いと思いますので、吸気効率という部分が大切になってきます。

エアーを吸い込む量を決める部分の「量」と「流速」を改善するだけで、そのエンジン本来の性能を引き出す事が可能です。






交換は整備士の方に任せたほうが良いレベルですが、工賃を払ってでも装着する価値があります。

スロットル本体は規定トルクで均一に締め付け・スロットル内部にはクーラントが循環しているなど、注意点がありますので、できればシンクデザインにご来店いただき交換をお勧めします。



それでは、何が違うのかをご説明します。






左が純正で右がBIGスロットル

見た目にも違いがありますが、エアーの通り道である内壁に純正は段付きがあり、その段付きがエアーの通る時に妨げとなり乱流となります。

また、バタフライのセンターシャフトも突起しておりますので、開閉時に妨げとなり吸気口率を落とします。


この小さな段差が?と思われるかと思いますが、こんな小さな妨げでロスするのです。







この段差とシャフトがエアーを取り込む際に妨げとなりスムーズに吸気できない原因となっております。

なぜ自動車メーカーは、その重要な部分を変更して改善しないのか不思議ですよね。

生産ラインや製造工程を根本から見直さないといけない事から、もう後戻りできない状況です。

わざと段差を付けている訳ではなく、製造過程でこのような結果となっています。

内壁はストレートではなく、テーパーになっていますので仕方ないですね。







自分の説明では信憑性がありませんので、やはりお客様からのインプレッションをいただくしかないので、ご来店のお客様へご説明して今後もご紹介できるように努力いたします。

きっと、喜んでいただけると思いますので、ご検討ください。



それと合わせて現在RX450h用のダイレクトインテークホースを開発しております。







左が純正で右がダイレクトインテークホース

純正蛇腹部分とレゾネーターをレスにしてストレートパイプとしています。

他のメーカーさまと共同開発となりますので、今回はTHINK DESIGNのロゴは無しとなります。








エアークリーナーボックスからスロットルまでのパイプを交換して吸気効率を上げる目的です。

RX450hのBIGスロットルはそこそこ売れておりますので、販売開始を待っていた方は多いのではないでしょうか?

量産体制に入っていますので、もう暫くお待ちください。
いち早く情報が欲しい方はFacebookをチェックしてください。







そこで、RX270用のスロットルを流行らせたいシンクデザイン佐藤としては、同じようにRX270でもインテークホースを作りたいと思っています。

どなたか装着確認させていただける人はいないでしょうか?

もし、ご来店可能な方がいましたら、ご連絡ください。


よろしくお願い致します。



それでは、明日は休みなので、ゆっくり休みたいと思います。


あっ!明日は母の誕生日会でした。

色々と準備しなくてはです。


それでは、また木曜日に。

思考が定かではないので、おかしな文章ですが、ご紹介した内容がユーザーさまに伝わる事を願っております。

いつも、ありがとうございます。




     シンクデザイン■ホームページ



     シンクデザイン■ホームページⅡ



     シンクデザイン■Facebook

Posted at 2012/12/17 21:57:59 | コメント(4) | トラックバック(0) | RX | イベント・キャンペーン
2012年12月10日 イイね!

エンジンオイル Ash(アッシュ) 【LEXUS】

こんにちは。
シンクデザインの佐藤です。


本日は忘年会があるので、早い時間からブログ更新できるように段取りしました。
先週、先々週と曜日に関わらずご予約を多くいただきまして、多忙な日々が続いております。

合間を見てお昼ご飯を食べて、Facebookの更新も頑張っております。

Facebookは営業日毎日更新しておりますので、是非!ご覧下さい。


   シンクデザイン■Facebook




さて、本日は時間もないので、簡単なブログにしようと考えた結果、オイルについてご紹介させていただきます。

シンクデザインが取り扱うエンジンオイルはアッシュ(Ash)というメーカーのものをお勧めしております。





もう何年前から扱っているか、軽く5年は扱っていると思います。

過去にはモチュールなど色々なメーカーも扱った事があるのですが、アッシュのエンジンオイルが一番のお気に入りでありお勧めできる良品であると思っています。

ちなみに、モチュールのオイルでは販売数で全国6位を記録した事があります。

6位で自慢するなと言われそうですが、5位以上は自動車メーカーさまで個人の販売数としては全国1位でした。

それほどオイルの取り扱いは多いです。





エンジンオイルは色々なメーカーから出ており、各社の特徴を成分や特性で売りにしています。

ただ、その成分がどうのこうので、どんな特徴がありと言われても、本当に良いのか疑問に思った事はないですか?


何年も販売してきた結果、お客様は勧めてくれる人の説明で何のオイルを入れるかを決めていますよね。

その特性や成分が気に入ったから入れているという人は少ないと感じます。







特にレクサスユーザーさまは、新車からオイル無料や純正だから安心といった理由で純正オイルを入れている方が多いです。


今回のデモカーも皆様と同じように、自分も純正オイルを入れていました。

改めて気がついたのですが、2000キロ走行後から、「なんだか加速が悪い?吹け上がりが悪い?」など、全然走らない!!!!と。


そこで、オイルがダメな可能性があると、オイル交換した結果、、、、直りました。

ようは、熱によりオイルが劣化して本来の粘度を保てない状況になっていたのです。

まさか2000キロでそれはないだろ~と思ったのですが。。。。






安いオイルを回数多く交換すれば、という方もいますが、良いオイルが長寿命のほうが経済的だと思いますし、より良い状態を保つにも良質のオイルが必要です。

人間でいうとジャンクフードばかり食べている状況です。

生きてはいけますが、健康ではありませんよね?

車も同じです。





アッシュのオイルは特に熱に強い特徴がありますので、10000キロ走行交換で十分です。

経済的だと思いますし、長年使ってきたシンクデザイン佐藤がお勧めするエンジンオイルという事で、もしご来店できる方はご検討ください。

各粘度とオイルフィルターの在庫はあります。



また、お客様からインプレッションをいただいておりますので、下記を参考にしてください。


   愛知県 Tさま


佐藤さん、こんにちは

先日は忙しい中、オイル交換お疲れ様でした。

帰りの高速でいろいろ体感できたのでご参考までに報告します。
【エコ、ノーマルモード】
アクセル踏みこみ量に対してのエンジンのレスポンスが良くなったのがわかりました。
少し大げさかもしれませんがビッグスロットルに交換した時に近い感覚になりました。
オイル交換前で高速をエコモードで走ると物足りなくなり追い越し車線を走るときは
必ずスポーツモードで走っていたのですが交換後はエコモードでも
『これくらいならスポーツモードに入れなくてもいいかな』って感じになりました。

【スポーツモード】
モーターのアシストが強いせいかエコモードに感じたほどの違いはありませんでしたが
エコ、ノーマルモード同様でエンジンのレスポンスは良かったです。

【全体的に】
エンジンのレスポンスが良くなりメカニカルノイズが減ったように感じ
4000rpm付近からの『ボー』と吸気音が目立つようになりました。

燃費は走行条件で大きく変わってしまうのでコメントは難しいですが
今のところ良くなったと感じるほどメータの燃費数値に変化はありませんでした。

オイルの価格をまだ佐藤さんからお伺いしていないのでコストパフォーマンスについても
わからないですが10,000㎞毎の交換サイクルでいいのなら多少高くても
満足できるオイルだと思います。

あとは熱が入った時の性能低下がどのくらいなのか気になるところですが
佐藤さんのおすすめオイルなので問題ないと思ってます(笑)

また、お邪魔すると思いますのでよろしくおねがいします。




   茨城県 Wさま

これ最高ですね(^-^)
純正のオイルって何?って感じになります。
ありがとうございましたm(__)m
佐藤さん(^-^)v



以上がお客様からのインプレッションです。
ありがとうございました。


大切な車を快適な状況を維持できるように良質なオイルを入れてあげましょう。

劣化を感じる事が限りなく少なく長期にわたり性能を維持するアッシュのオイルをシンクデザインはお勧めします。

燃費にも関わるエンジンオイルですので、エコな運転をする方にもお勧めです。

ちなみに、CT200hの車輛説明書のオイルの欄にもエンジンオイルで燃費が変わりますとありますので、ご確認ください。



いつも、ありがとうございます。



    シンクデザイン■ホームページ



    シンクデザイン■ホームページⅡ
Posted at 2012/12/10 14:51:53 | コメント(7) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2012年12月03日 イイね!

レクサス IS350 OS技研製LSD[1.5Way] 【LEXUS】

こんばんは。
シンクデザインの佐藤です。

先週のブログでは大変ご迷惑お掛けしました。
お陰さまで、一人のお客様からも返品のご連絡を頂かなく、特に問題になっておりません。
ありがとうございました。


さて、本日はいつものOS技研LSDで変わった事をしたので、ブログにいたしました。





福島よりお越しの常連さまのLEXUS IS350になります。

前々からLSDのお話しがあったのですが、今回装着の決意が固まったとの事で、ご注文を頂けました。
ありがとうございます。

このIS350ユーザーさまですが、サーキット走行のためにISに乗っており、タイムアタックするためにLSD装着となります。

シンクデザインユーザーさまは、サーキット走行されるお客様が少ないので、貴重な過激なお客様です。

しかも、車に対しての拘りも強い方でして、いつもご注文をお受けする前に、装着パーツに関しての意味合いを確認してからのご注文となります。

意味がわかってから、納得してからでないと購入しない!!!! この熱意をいつも感じます。

本当は必要な事ですので、皆様も一度シンクデザイン佐藤に相談してからご購入という順序をお勧めします。

その為に「親切丁寧」を基本としています。



さて、今回のOS技研製LSD[1.5Way]のご注文ですが、「一般道では通勤にしか使わず、基本的にサーキットでのタイムアップを求めるためにLSDを装着」これが今回の装着理由ですので、吊るしのセッティングではなくサーキットスペックとしてカム角・イニシャルトルクを変更したいという事になりました。

何度かメールでのやり取りをさせていただき、サーキットスペックを決めオーダー。






届いたサーキットスペックのLSDとなります。

基本的な吊るしの仕様からスペックを変更となりますので、チャタリング音など出てもクレームとしません。

根本的な不具合はもちろん対応しますが、「音」に関しては「出さない」というのがOS技研の特徴でもありますので、その出さないスペックからの変更ですから、これは仕方がありません。

サーキットで本領発揮ができれば多少の事は問題ないというユーザーさまの考えに、こちらも燃えてきます(笑)


箱には「スペックX」とOS技研のシャレもあり、装着後にどのような反応の良さか楽しみもあり、組み付けさせていただきます。






9時に作業を開始し、デフケースを降ろします。

降ろしたデフケースから純正オープンデフを取り出し、リングギアを外してOS技研LSD[スペックX]へ組み付けます。

100台以上の取り付け実績から、もう手慣れたもので、一人でガンガン進めていきます。

ユーザーさんがちょっと席を外しているうちにバラバラになります。






新品のベアリングを圧入して取り付けです。

すべての作業において段取り良く進めますが、慎重に行う事が非常に大切です。

ちょっとした組み付けミスにより、不具合が発生するLSDの組付けです。






オイルシールなど綺麗に除去してデフケースにおさめます。

この時点でバックラッシュを確認して、装着前と誤差がない事を確認。

このクリアランスが狭ければ焼き付く原因になりますから、装着前と誤差がないかが重要です。






綺麗にシールして組み付け完了です。

ここから車輛に取り付けします。


と、その前に久しぶりにシンクデザインの小さなパーツのご紹介をさせていただきます。






デフケースマウントに装着するデフマウントカラーですが、画像は純正のまま。

隙間を確認できると思います。

この隙間がトラクションを逃がす原因になっている事はご存知かと思いますが、改めてご紹介させていただきます。






びっくりするほど、指で押すと簡単に動きます。

内部はゴムマウントになっており、真ん中の穴をボルトが通って車輛に取り付けされる訳ですが、車輛に取り付けされている状態でゴムマウントがこの隙間分動くという事です。

デフケースを降ろさないと確認できない部分なので、以外と知らない人が多いのではないかと思いまして。





もう少しわかりやすくご説明します。

固定ボルトが入る部分に工具を入れています。

この状態で特にデフケースを固定する事無く左右に振るとグラグラです。

グラグラの実でも食べたのでしょうか!?





これだけ動く範囲があります。

これでは、どんなに良いLSDを装着しても、入力が入った後にデフケースがグラついて路面を反応良く蹴り出す事ができません。

ですので、いつもLSD装着のユーザーさまには、強制的にデフマウントカラーを装着していただいております。

もちろん純正オープンデフでもその効果はあります。


改めてご紹介させていただきましたが、このデフマウントカラーだけではなく、車輛のいたるところに似たような部分があります。

このデフマウントカラーも小さなパーツですので、見た目から効果があるのかと言われがちですが、パーツの大きさではく、意味のある形状と意味のあるパーツの製品化を行っていますので、シンクデザインを信用していただければと思います。

もちろん、そのクリアランスは振動や異音などを最大限におさえるために持たせたクリアランスである事は間違いありませんが、「取り過ぎだろ!!!!」と言いたい部分が多いです。

ゆっくり静かに走行する人には必要のないパーツかもしれませんが、せっかくのFRを車として楽しみたい場合には邪魔な部分となります。

異音など起きないように形状を考えていますので、安心して装着できると思ってください。








と、言う事で必要なデフマウントカラーを画像のように装着して、芯が動かないようにします。

これでダイレクトに入力を伝える事ができます。



     デフマウントカラー■カタログページ









すべて組み付けできたので、車輛へデフケースを戻します。

作業終了で14時。

最短でこの5時間で終わりますが、落ち着いて作業したいのと、お電話のお問い合わせで作業が一時中断する事も多いので、16時までお時間をいただきます。

途中お昼ご飯も食べさせてください。





さて、装着後の個人的なインプレッションですが、シンクデザインを出てすぐに反応の違いを体感できました。

いつものLSDとは違い、簡単に言うとアクセルワークがシビアになりました。

踏み込んだ時のロックがもちろん速く敏感に反応します。

ドリフト状態に入りやすいです。


正直に「これは普通に運転する人では扱いにくいな。。。 車を上手にコントロールできる人でないと運転しにくいかも」というのが、その時の感想です。

サーキットでタイムアタックする方であれば、楽しくて仕方ない反応の良さと思ったのも事実です。

まさにFRになりました。

抜けていたトラクションが明確になり、リアタイヤで駆動しているというのが確実にわかるので、タイヤの性能もわかりやすいですし、これ以上踏み込むとスライドするな!というのも明確です。

慣れたら思いのまま!!!と言った感じ。

これは喜んでもらえると思いました。


そして、数日後にお客様からインプレッションです。





LSDの感想です。

全く違和感なしで通勤してます。

街乗りは燃費を気にして踏まないんでオープンとの差が分かりません。笑

ってくらい普通です。

で、サーキットですが、ご臨終間際のタイヤとTRC切りで走ったのでタイム計測はしてませんが、オープンデフとの違いは明らかで、ケツが流れても対処が楽になりました。お約束のスピンもしてますが。笑

もう1回くらい遊んでタイムアタックでもしようかと思います。TRCはONで。汗

OSのLSDは高いですが、長いスパンでみれば安い買い物かなと思います。

ありがとうございました。



以上がお客様からのインプレッションです。

思った通り喜んでいただけて良かったです。

しかも、あれだけ反応良くてもチャタリング音は出ていないという。

これは、さすがのOS技研ですね!!!!

TRCは切らずに最新の電子制御を有効活用してタイムアタックが望ましいと思います。

スピンしているということは楽しくて踏み過ぎって事でもあるかと思いますので、慣れれば確実にタイムは上がると思います。


その前に当日話していたタイヤ交換が先ですね。


そう、お客さまのインプレッションの通り、OS技研のLSDはオイル交換のサイクルも長いですし、オーバーホールなどいらないほどのクオリティーです。

ですので、装着してからの手間やコストが掛からないというの特徴です。

面倒なイメージの多いLSDですが、OS技研だけは違います。

ですので、どのような方でも遠方の方でもお勧めできる。

売りっぱなしにならないLSDです。


ちょっとでも興味を持った方がいれば、シンクデザイン佐藤までご相談ください。

ご連絡お待ちしております。


下記の過去のLSDに関するブログもチェックしてください。


    LSDに関する過去ブログはこちら


こちらのブログからさらに過去のブログのリンクがあります。





それと、このユーザーさまですが、ザックスの車高調を装着しています。






こちらもサーキットで愛用していただいているのですが、すでに装着から40000kmを過ぎています。

普通であれば、そろそろオーバーオールかなといった乗り味の違いを感じるころですが、ユーザーさまいわく「まったく最初の頃の乗り味から変化することなく、まだまだこのまま使える」との事でした。

サーキットで過酷な条件で使っているにも関わらず、この耐久性です。

目安として50000kmかなとお伝えしていますが、いまのところ、どのユーザーさまもオーバーホールはしていません。

一度オーバーホールするには、純正に戻し外したダンパーが戻ってきたら再度取り付け、と2度の脱着工賃がかかります。

当社では1回の脱着工賃が¥21,000ですので、¥42,000のコストがかかります。


それが他のメーカーから比べて、倍の耐久性があるとすると(実際にあります)¥42,000は安く買えているという事になります。

もともと高い車高調ですが、内部の小さなパーツから自社で研究・開発しているザックスならではの耐久性です。

規格のパーツを使わずにOリング一つから研究する部署があるダンパーメーカーは他には無いでしょう。

そんな本物を一度お試しください。



なお、LEXUS CT200h と LEXUS HS250h 用のザックス車高調ですが、フロントストラットの部品供給ができなくなり、HS250hに関しては在庫をしていなかった事により販売終了、CT200hに関しては残り4台分という事で販売終了となります。

当社独自に開発した事によりザックスが問題ではないのですが。。。。

残念ですが、ストラット形状には対応できなくなりました。

ISやGSに関してはスチールの供給がなくなり、アルミのみの対応となります。

こちらも後日正確にお伝えします。


なお、ストラットの材料が供給できなくなっただけですので、いまあるザックスは持っておけばケースがダメのなるまで使えます。

中身は何度でもオーバーホール可能ですので、装着後の対応など心配する事な何もありません。

逆に、貴重なザックス車高調となりますので、CT200hのユーザーさまでご検討いただける方はお早めにご連絡ください。

これを逃すと次はありません。



それでは、本日も長いブログを読んでいただき、ありがとうございました。

また来週の月曜にブログアップいたします。


なお、ちゃんと宣伝しているはずなのですが、Facebookでは営業日毎日更新しております。

新商品の開発状況やワンオフパーツの加工状況など。

自分で言うのもなんですが、足回りのパーツから内装パーツまで色々なパーツをご紹介しておりますので、車好きであれば楽しめるのではないかと思っています。

頑張っていますので、チェックしていただけると嬉しいです。

よろしくお願い致します。



     シンクデザイン■Facebook





     シンクデザイン■ホームページ


     シンクデザイン■ホームページⅡ
Posted at 2012/12/03 23:12:55 | コメント(7) | トラックバック(0) | IS | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEXUS
ワンタッチウインカー

オススメするようになってから、ほぼ毎日取り付けしてるのではないか?と思うほど取り付けしてます半押しで三回点滅するウインカー

慣れると無くてはならない機能になりますので、ご来店ついでにどうぞお任せを

工賃込みで1万円」
何シテル?   04/18 20:02
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT200h→GS250→IS300h→NX200t→RX200t→UX25...

ユーザー内検索

<< 2012/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

LEXUS IS250C 愛知県 S様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/28 19:55:56
バックスクラッチャー★HP 
カテゴリ:バックスクラッチャーホームページ
2009/03/13 22:23:17
 
シンクデザイン★ブログ 
カテゴリ:ThinkDesignブログ
2009/03/13 13:24:06
 

愛車一覧

レクサス UXハイブリッド レクサス UXハイブリッド
2006年設立のLEXUSアフターパーツメーカー GS350→IS250C→CT20 ...
レクサス NX レクサス NX
現在開発中のレクサス NX200t用 リアアンダースポイラーです。 詳しくは下記アドレ ...
レクサス RX レクサス RX
LEXUS RX200t(バージョンL)をデモカーにパーツ開発を進めていきます。 時間 ...
レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
ブルーバナナのデモカーLEXUS RX450h(F-SPORT)を使い当社のデモカーと同 ...

みんカラ+リンク

ThinkDesignホームページ
ThinkDesignホームページⅡ
バックスクラッチャーホームページ
ThinkDesignツイッター
ThinkDesign フェイスブック
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.