• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ひでネコのブログ一覧

2016年12月17日 イイね!

後期メーター(^^♪

後期メーター(^^♪今回はVitz RSです☆








alt
随分と前に入手して放置プレイだったのですが(笑)、
やっとこさ重い腰を上げて移植に踏み切りました(^◇^)

そう、
後期の大型カラーマルチインフォメーションディスプレーの付いたメーターです☆

何故にISのように、買ってすぐさま付けないのかと言えば。。。
TRIPボタンが普通はメーターにあるところ、
後期メーターではステアリングスイッチに変わってるんですよねΣ(・ω・ノ)ノ!

その為、いろいろと調べていけば、
当然、後期のステアリングスイッチは要りますし、
電子カタログで見る限りじゃ、スパイラルケーブルも変わっております( ゚Д゚)

って事は、
メーターの配線もコネクターは同じと言えど、
多少は違ってくる事となり、
追加配線や組み換えなどもするワケで。。。
邪魔くさいので今まで放置していたというワケです(笑)


ま、
ともかく、恒例の整備手帳といきますか!(∩´∀`)∩
※要点だけ(爆)




alt
メーターに差すコネクターは40P(黒)と13P(白)とがあり、
加工するのは40Pコネクターとなります。
青〇㊴と赤○㊳が空きとなっており、端子を入れて配線を追加します。

※アイドリングストップ付き車の場合は黄〇⑧のまま、無し車は⑬の青線を⑧に差し直します。









alt
上記で追加した配線をスパイラルケーブル入力コネクター12P(黒)まで引き、
先程の青〇㊴ → ③、赤○㊳ → ⑫に端子を入れて繋ぎます。










alt
「あれ?、スパイラルケーブルは交換しないのぉ?」
って思われたでしょう!(笑)
実は、
スパイラルケーブルは交換しなくても大丈夫でした(;^_^A アセアセ・・・
※品番は代ってるんだけどなぁ(^-^;









alt
このケーブルを外します。
ウチのRSのようにパドルシフト付きの場合はコネクター→コネクター、ホーンアースのハーネスですが、
パドルシフトの付いてない車はコネクター→ホーンアースってハーネスです。








alt
TRIPボタンの付いたステアリングスイッチを取付けて、
ハーネスを上記のと置き換える形となります。


以上で配線処理は完成~って思いきや。。。
ん?、スイッチが反応しない(@_@)

よくよく配線図を確認すれば。。。
スイッチのマイナスアースが前期にはないじゃないか!( ;∀;)










alt
なので、
スパイラルケーブル入力コネクター12P(黒)の④(赤線)をカットして延長し、











alt
ワイパースイッチコネクター6P(白)の②白/黒線に繋いでマイナスアースを取ります。


これでバッチリ動きました(笑)

では、動作チェックです♪










https://youtu.be/pGoBELaHQYo

全ての機能が使えますよね(*^^)v










alt
あとはスイッチパネルの加工です。
本来なら、このスイッチはパネルASSYなんですけど、
私はたまたまヤフオクでスイッチのみのを入手したので
穴を開ける事となります( 一一)










alt
ま、こんなとこでしょう(笑)
あとで気になるようなら、
ちゃんとパネルASSYで買おーっと(笑)










alt
ジャーン!
完成でーす!(((o(*゚▽゚*)o)))

フォグランプのインジケーターが眩しいのは気にしないでね(笑)

実はこの後、
フォグランプ、ECO、ポジションジのインジケーターが夜には眩し過ぎるんで、
再度バラしてLEDの打ち替えをやり直しましたとさ(笑)












alt
Before
自作オプティトロン化で、
これはこれで気に入ってたんですけどね(;^_^A








alt
After
やっぱり真新しくっていいですよね♪
しかも純正オプティトロンだし(笑)











alt
最近じゃ、
ヤフオクでもゴロゴロ出回ってるのでお手頃ですよ♪
だって、
流用する方法は誰も知らずに、誰もやってないので、
お値段もかなりお安いですモン(笑)

ま、この整備手帳(ブログ)をUPした事で
相場が上がってしまうかもですが(爆)


さて、
また今度トヨペットに行って(ネッツじゃなくて)、
メーター交換記録簿を付けてもらってこよーっと!(/・ω・)/
Posted at 2018/04/12 20:23:42 | トラックバック(0) | 整備手帳 | クルマ
2014年12月10日 イイね!

またまたF化です

またまたF化です

IS-Fのオシリ





に換装しました♪






alt
ホントは。。。
ウチのようにISのシルバーはカラーナンバーが【1G1】で、
IS-Fのシルバーは【1F2】なので微妙に違うんですよねぇ(~_~;)
なので塗装しなきゃいけないところを。。。
たまたまシルバーのISに装着していたバンパーを入手出来たのでラッキー!
?(?′∀ ??)?ラッキー



では、久々に整備手帳といきますか!!



alt
見慣れたDOPリアアンダースポイラーともお別れです(T_T)
これはこれで気に入ってはいたのですが、
やっぱりF様のには敵わないデス☆





alt
まずはトランクを開けたとこの、バンパー上部の化粧カバーを外して
ボルトを解きます。






alt
今度は下に潜って、4個のクリップを外します。
砂が噛んでて、結構取り難いです(+_+)






alt
次にマッドガードの下のビスを解きます。





alt
フェンダーとの繋ぎ部分の先端にビスがあるので解きます。
※赤○の辺りにあります。。。頑張ったのですが撮れなかったです(^^;)






alt
バンパーをフェンダー側から引っ張り、
バンパーを浮かせます(左右とも)。
※赤○が嵌合部です。






alt
バンパーサイドを左右とも浮かせたら、
そのまま後方へ引っ張ればバンパーが外れます。
※赤○が嵌合部です。






alt
クリアランスソナー付き車の場合はハーネスがあるので。。。





alt
センサーに差してあるカプラーとガイドを4個とも外します。





alt
クリップを横にスライドさせ、センサーをバンパーから外します。


ただ、ここで問題が!

ISとIS-F前期と後期とでは、センサーが異なるんですよぉ!!Σ(・ω・ノ)ノ!






alt
赤線がIS-F後期、青線がIS前期なので、
青線通りに穴を広げます。
このバンパーは穴埋めされてました(;´∀`)








alt
あとはマフラーのカットです☆
大体この位置くらいでカットすれば良いかと( ̄ー ̄)
ただ、ウチの場合はトムスバレル装着なんで。。。
タイコ目一杯まで斬りましたが、まだマフラーカッターに当たるんで、
最終的にマフラーカッターをも斬っちゃいました(^▽^;)
※バレルのタイコがデカ過ぎ!







alt
ついでにLEDリフレクターも装着です☆





alt
クリアランスソナーのハーネスが留まってるのと同様に、
バンパーの内側に這わせて。。。
左右の電源コードを合わせてコネクター化しました☆
そのままコードを車内まで引くと、
次回バンパー脱着時に困るんで(^_-)-☆







alt
左テールランプの電源から拝借します☆
赤線がブレーキ、茶線がスモール、白/黒線がマイナス
になります。

今回は時間が無かったんで直取りしてますが、
このマイナスに繋いだ線の間にスイッチを付ければ、
車検対策スイッチとなりますよ(笑)












alt
あとは逆の手順で組み上げれば
完成!!








alt
やっぱりF様のバンパーはカッコいいです(∩´∀`)∩







alt
LEDリフレクターの点灯状態もナイスです(^_-)-☆
※画像はポジション時です <ブレーキを踏むと、もっと眩しいです(^▽^;)



どうです?
簡単でしょー!
マフラーを斬る作業だけ気合が要りますが(笑)
特にウチのはトムスバレルを斬ってますからねぇ(^▽^;)

Fバンパー化に必要なパーツは。。。
※(シルバー:1F2の場合)

・リアバンパ カバー:52159-53923-B2 ※1F2
 リアバンパ カバー(クリアランスソナー有):52159-53924-B2 ※1F2
 リアバンパ カバー(後期クリアランスソナー有):52159-53936-B2 ※1F2
・リアバンパ ピース RH:52161-53020-B0 ※1F2
・リアバンパ ピース LH:52162-53030-B0 ※1F2
・リアバンパ エクステンション RH:52106-53012 ※マフラーカッターのことです
・リアバンパ エクステンション LH:52107-53012 ※マフラーカッターのことです
・リアバンパサイド リテーナ NO.2 RH:52577-53020 ※マフラーカッター固定用ブラケット
・リアバンパサイド リテーナ NO.2 LH:52578-53020 ※マフラーカッター固定用ブラケット
・ボルト(マフラーカッター取付け用):90109-06334 6個
・ボルト(マフラーカッター ブラケット取付け用):90109-06383 2個
・ビス(マフラーカッター ブラケット取付け用):90119-06782 2個
・クリップ(マフラーカッター ブラケット取付け用):90179-06349 2個
・リアバンパ リテーナ LWR RH:52565-53010 ※リアバンパー サイド ロア ブラケット
・リアバンパ リテーナ LWR LH:52566-53010 ※リアバンパー サイド ロア ブラケット
・クリップ(ロア ブラケット取付け用):90467-11039 2個
・リフレックス リフレクタASSY RH:81910-48012
・リフレックス リフレクタASSY LH:81920-48012
・ビス(リフレクタ取付け用):90159-40246 2個

デス☆






alt
さて、
純正リアアンダースポイラー付きバンパーは。。。



シルバー(1G1)のIS乗りのみん友さんへと旅立ちましたとさ(^^ゞ





※クリアランスソナーの違いは、前期と後期との違いでした(^▽^;)
そう、実はこのIS-Fのリアバンパーは後期のなんですよねぇ☆

Posted at 2018/04/25 22:02:56 | トラックバック(0) | 整備手帳 | クルマ
2013年05月22日 イイね!

POWER MODE SW移植

POWER MODE SW移植

後期IS-FのステアSW






SPORTボタンをPWR SW化したのに反響があり...


リクエストに応えてブログ(整備手帳)をUPしますね(^_-)-☆


今回のは。。。
実は案外と簡単なんで、皆さんご存じかと思ってたのですが。。。
∑(*´∀`*)


まずは手始めに。。。




alt
ステアSWのLED打ち替えからです(笑)
<やっぱりグリーンのままじゃー(@_@。






alt
裏のビスを解いて(片側3本)、コネクターのツメを押さえて。。。
コネクターと裏カバー一体のまま外します。
すると、3枚卸しの出来上がり~♪(笑)







alt
右側4個、左側3個のLED(3528チップLED使用)を打ち替えて完成!!
※基板にLED極性も表記してあるので判り易いです☆


って、はしょり過ぎかなぁ(爆)







で、
いよいよPWR SW移植についてです☆




ステアSWってモーメンタリスイッチなんで。。。
ボタンを押してる間だけ導通してるSWなんですよぉ(@_@。
でもISのPWR SWはシーソータイプのSWなんで、
スイッチがホールドされるタイプなんですよね☆

で、
必要なのがフリップフロップ回路!
これにより、モーメンタリスイッチ(プッシュSWとか)をホールドすることが出来るんですよ♪


でもね、
この回路のスイッチング側は回路の二次側(通電する方)と共通出来ないんで。。。
新たに4極リレー(パワーリレー)を追加します☆
※今回はコンパクトタイプを使用したんで5極リレーです。






alt

左側がパワーリレー(5極リレー)。
右がフリップフロップ回路です。
<またまた回路を組むのが邪魔くさいんでヤフオクで購入です(^^ゞ
沢山作るなら安上がりですが、少数なら完成品の方が手間も要らなく金額面でもマシですもん☆



フリップフロップ回路は、
青線と青線を導通(繋ぐ)と、白線と緑線が短絡(繋がる)します☆
赤線は電源、黒線はアース、黄線は、青線同士を繋げない時に白線と短絡してます☆
※仕様により色は異なります。

パワーリレーは、
一時側が閉回路(通電する)になると、二次側も閉回路になります。
※5極リレーの場合は二次側の切替が出来ます☆

ま、文章では解り難いでしょうから。。。


実践しましょうヽ(^o^)丿





alt
こんな感じに繋ぎますよー!(*^^)v

純正の回路は、
パターンセレクトSWをPWRにするとアースされるって回路になっています。
ステアSWのSPORTボタンは、押してる間だけアースされる回路です。


つまり。。。

って、
やっぱり実車に繋ぐとこで説明しないと解らないですよね(笑)






alt
ってことで、

このISで実践しましょう(爆)





まずは分解からです☆




alt
ステアSWを交換します☆

※ステアリングは外さなくてOKです(^-^)





alt
サイドパネルとロアパネルを外します。
※ビスは無いです。








alt
ステアを左右に90°切り、
ステアリングコラムカバーを留めてるビスを解きます。








alt
ステアリングコラムカバーの下側にも1本ビスがあり、
それを解いたらフリーになるんで。。。
アンダー側だけ外します。








alt
コレがパターンセレクトSWのコネクターです。
7Pコネクターの左から7番目(1番右側)のライムグリーンの線がPWRです。
これにさっきの回路の緑線を繋ぎます☆

ここからついでにアースを頂きましょう♪
左から3番目の黒/白線がアースなんで、
さっきの回路の白線を繋ぎます☆









alt
ステアの根元にあるスパイラルケーブルのコネクターです。
この12Pコネクターの11番目。。。
画像の手前側(上段)の左から5番目(右から2番目)の赤線がクルーズコントロールSW、
つまりSPORTボタンを押してる間だけアースに落ちる線です☆
これにさっきの赤線を繋ぎます☆









alt
あとはIG-ON電源が要るので、
この界隈で使えるのがココ!
ステアリングセンサーの7Pコネクターです☆
さっきのスパイラルケーブルのもう少し下側、
ステアリングシャフトのとこです。
この7Pの1番右側の黒線がIG-ON電源なんで、
さっきの細い方の赤線(赤線と青線を繋いだ)を繋ぎます☆




あとは元通り組み立てれば完成です!ヤタ━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━ !!!!


ただ、
フリップフロップ回路の電源をIG-ONとしているので、
IG-OFFでリセットされます。
つまり、エンジンをかけてSPORTボタンでPWR-ONってしても、
エンジンを切ったら、再始動したらOFF(ノーマルモード)になるってこと☆

私はこの仕様でイイとは思いますが。。。
もしイヤな方はIG-ON電源で取った線を常時電源に繋げば
ずーっとPWRのままになりますよ♪
※メモリー電流くらいしか食ってないので、
バッテリー負担も少ないハズ。。。たぶん(@_@。



どうですー!?
配線さえ解れば簡単ですよね(^_-)-☆




※あまりにもリレーの繋ぎ方のお問合せが多いんで、
配線図をUPしておきますね(^_-)-☆

alt

Posted at 2018/04/15 22:37:12 | トラックバック(0) | 整備手帳 | クルマ
2013年01月11日 イイね!

エアコンパネルも♪

エアコンパネルも♪

またまたVitzです(^u^)




メーターだけの美白化じゃなく
エアコンパネルの美白化もUPしておかないとね(^◇^)


では、恒例の整備手帳です☆




alt
まずはエアコンパネルASSYを含むインパネごと外します。
<今回も外すのは一瞬なんで(ビスは1つも使ってないので工具要らずデス)、
わざわざUPはしません(笑)






alt
赤〇の3つのビスを解いて、エアコンパネルASSYを取り外します。







alt
裏側、赤〇の4つのビスを緩めて(外さなくてもよい)、
上下のツメ(青〇)をコジて、基板の裏蓋を外します。







alt
こんな感じに分解出来ます☆

そのまま基板を引っ張り抜いてやると。。。







alt
液晶パネルが取れます。
くれぐれも、メーターの時みたいに
液晶パネル側がらこじて抜かないように!
液晶がかなり薄いんで割れちゃいますよ(@_@。








alt
これで基板単体になったので、LEDを打ち替えます♪

赤〇:イルミ アンバー→ホワイト(3528)
青〇:インジケーター イエロー→ブルー(3216)
黄〇:インジケーター グリーン/イエロー→レッド(3216)
緑〇:イルミ アンバー/ホワイト→ホワイト(2012)


に変更です(^u^)








alt
またまた液晶反転もやっちゃいます♪
前回同様に偏光シートの角をカッターナイフで浮かせて、
あとは慎重に捲っていきます
※ホント、ヤバイくらい液晶部は薄くて割れそうなんで注意しましょう!

シートが剥がせたら、今度は黒くなる向きで貼ります。

あとは逆の手順で組み上げたら完成です☆









alt
照度も眩し過ぎずイイ感じです(^^♪







alt
メーターもナビも現在の仕様とは違いますけどねぇ(;´∀`)


やっぱりホワイト/ブルーの方がイイですヾ(*´∀`*)ノ 

Posted at 2018/04/25 21:37:51 | トラックバック(0) | 整備手帳 | クルマ
2013年01月08日 イイね!

Vitzのオプティトロン化☆

Vitzのオプティトロン化☆Vitzのオプティトロン化です♪




前回はホワイトイルミ&ブルー指針化、
そして、なんちゃってオプティトロン化をしたワケですが。。。

単にIG-ONでメーターを光らせるだけでは
昼間の光量が全然足りずに不満でした(ーー;)
<日が差すと、まるで光ってない感じ


なので、ちゃんと光量を出すため。。。




alt
テープLEDで光量UPです☆
基板を製作して仕込んでもよかったのですが。。。
面倒なのと、メーター内のクリアランスがあまり取れないんで(^^ゞ

<表示パネルとの距離が近いとムラになるため







alt
電源はイルミから取ります☆
(〟-_・)ン?
って思うでしょう!?
理由は後ほど(^_-)-☆








alt
点灯チェックです(*^_^*)
3528チップ使用のテープLEDなんで、
光量は申し分ないです♪


でも、
このままだと。。。
ノーマルのLEDの配置では、少数のLEDで均一に発光させるため、
表示パネルに黒のドットが塗装されてるんで。。。
LEDの数を増やしただけでは、そこが暗くなってムラになります(@_@。







なので、






alt
水砥ぎペーパーで削り、キレイに通過光が出るようにします☆








alt
仮点灯はこんな感じ(・∀・)ニヤニヤ









ここで、お気付きでしょうが。。。
指針の光量はどうでしょう!?
 

もちろん足りません(~_~;)


でも純正の位置って、変えようがないんですよねぇ(@_@。







なので、









alt
抵抗値を下げる(明るくする)ために、
並列に追加抵抗を設けます☆


裏側の左右と、








alt
表側の真ん中☆


私は110Ωをチョイスしました(*^_^*)








alt
点灯チェックするとこの通り☆

これで、ちゃんと指針のブルーも光量UPです(・∀・)ニヤニヤ








alt
照明を当ててもこの通り、
バッチリ光量出てますよね(^^♪








あとは車両側の加工です☆
前回はイルミ電源をカットして、
メーター側のイルミ線をIG-ONに繋ぎ、
なんちゃってオプティトロンとしていたのですが。。。





alt
今度はIG-ONと繋いだ線を外し、
5極リレーを使って、
IG-ONで点灯、イルミONで減光するように組みました♪
※減光回路は調光回路を使用してます








完成はこちら
 ↓




alt
IG-ON(イルミOFF)状態です☆
夜に撮ったんで爆光です(笑)


昼間はちょうどイイ感じですよぉ(*^_^*)










alt
イルミONの減光状態です☆

バッチリ、普通のオプティトロンのようでしょー!(^_-)-☆



あっ、
あくまで自己流なんで。。。
ちょっと面倒くさいんでマネする方がいるかどうかは分かりませんが、
マネされる方は自己責任でね(^_-)-☆
Posted at 2018/04/10 23:02:06 | トラックバック(0) | 整備手帳 | クルマ

プロフィール

「ガラス交換完了!」
何シテル?   04/18 18:37
ひでネコです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

★JUKE用メーターフードカスタム アルカンターラ・本革仕様の二本立て!★ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/22 22:08:45
後席用ルームランプ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/04 08:12:23
ダイハツ純正 後席パーソナルランプ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/04 08:12:02

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ジューク 日産 ジューク
初めてのSUVです。 今度こそノーマルで乗るぞぉ~(笑) ※なるべくノーマル維持で(^ ...
レクサス IS レクサス IS
カッコイイ車でした
トヨタ ソアラ トヨタ ソアラ
過去、一番お気に入りで乗っていた車。 今なお大好きです♪
スズキ MRワゴン スズキ MRワゴン
嫁車でした(^_^)/ 5年で8万キロ。。。 まだまだ元気でしたがVitz RS(NCP ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.