• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年03月11日

自動運転対応や“走りながら充電”を目指すスーパースマート高速道路

自動運転対応や“走りながら充電”を目指すスーパースマート高速道路
 首都圏をぐるりと囲む圏央道、新東名高速道路の厚木⇔御殿場などの日本の最新の土木技術を駆使した高速道路の建設が周辺では進められていますが

残念ながら日本ではなくて中国での話題。


ビックデータで管理運営するスーパー高速道路は、『スマート、スピーディー、エコ、安全』を目指すそう。

 EV用の充電スタンドは当然としても、“走りながら充電”を目指すそう


この画像はアメリカで進められてる走りながら充電高速道路のアイデア




 中国で建設進むスマート高速道路は、中国新幹線のようなモデルケースになってくのかな…  経験とノウハウは、いずれますますインフラ整備を必要とする世界中の発展途上国などへの“輸出商品”にも…   
 
 世界各地で資源や食糧確保のために、その国、地域に無償&人民を移動させ作業員として派遣や移住させ、インフラ整備をして、最終的には経済依存症と洗国してきた中国の国際戦略商品に自動運転社会の道路建設のノウハウなってくのかも


 日本では、最高速度120だか130km/h設計で高速道路を建設しても、警察許可がおりなかったり
→日本車の日本向けのワイパー、ブレーキ、ボディ接合など安全性までもが欧州向けと同じレベルに引き上げざるおえなくなっていたかも
 昔は、同じボディパネルを使ってても、工場ラインでは、日本向けは安全性やボディ強度よりもコストダウン優先で溶接リベット数を減らしたりしていたので 


今は外からの圧力や勤務評価上げるためだけのPB予算削減で、せっかくの高速道路が危ない対面通行や、車線数がここ数年間の工事区間では減らされてますね〜

 新東名高速の名古屋付近、圏央道の茨城県付近にその影響がよく現れてますね😅


 毎回、通るたびに対面通行してる高速道路では『この道路は命がけだな』と…
先進国というよりも、発展途上国みたいなインフラ整備風景。 いわゆる鉄道の植民地軌道幅みたいな〜😅カナ
 
 相対速度160km/hで通行し合ってて、もしセンターラインを対抗車が突っ込んできたら、戦車でもなきゃ助からなさそう

 通貨発行権や予算はいくらあっても💴削減したら勤務評価アップ。
文科省への予算でも、日本の科学研究費は“必ず前年比でマイナスにする事”が決められているらしい〜 年々減らされてけば、いつか日本の政府予算の科学研究費はゼロ円ニ?!  それなのにノーベル賞をとれてる日本人の研究ってすごいことかも、今のうちかも

それにしても財務省の人はこういった高速道路は使わないのかな?! 危ないとは思わないのかも


 新しい高速道路は、予想通行量の事を無視かのように、次々とその車線数が減っていやすく、
完成しても渋滞してて当然と言えば当然なのかも

何であんな渋滞しやすいジャンクションにしたんだろぅ😡〜 と渋滞道路やNEXCOへ👊してても何も変わらなそぅ



 国力や経済発展(国民の所得)、大規模災害時のバックアップとかを優先した予算が国会で取れてた少し前の時代の高速道路。
今は… 予算が無いではなくて、させない。建設国債すら出ない。
 執拗なみせしめに利用されてる学園ドラマ見ててビビってそれに反論する、出来る国会議員は少ない


 普段は使わない左端の車線は、交通事故の予防だけでなく、交通事故時の避難場所としてや、故障時に避難にも使えたり

雨の視界を良くするいまのアスファルト路面は従来の2倍のメンテが必要だそうだし
道路なら必ずある補修工事時に通行帯を減らさずに済み、大きな経済的ロスを最小限にする“路肩”も無かったり

 設備やサービスよりも、通行料金だけが上がっていきそうな日本かも😅

まさに… … 首相よりずっとつぉい人達😅









 中国は一党独裁制だし、選挙が無いので民意すら存在しないゆえに

個人情報とかプライバシーとかは無視できるのでAI開発ではかなわないそう

 臓器移植でも、日本より数十倍の手術経験をバンバンやってしまうため、かなわないそう

 
 
 何でもかんでも、規制緩和が必要とは思いませんが、 いずれ中国から道路建設や土木技術を教わる〜なんて事にならなきゃいいけども

 土木作業は、いくら優秀な設計士さんがいても、図面通りにパーツを組み合わせれば形に仕上がるビルや家と違い、

最終的には現場の“すり合わせ”能力が必要とお聞きします。

つまり、設計図面に基づいたり、いくら土木作業がIT化でICT(GPS連携の情報通信技術)の自動作業化されてきてても

最終的には人の“経験“が安全な道路やトンネルを生んでるらしいですから

『とにかく まずやってみよー』で進む米国、中国から見習える姿勢はありそうですね






********
http://j.people.com.cn/n3/2018/0224/c95952-9429791.html

********

浙江省は中国初のスーパー高速道路を建設する予定である。同高速道路はスマート、スピーディ、グリーン、安全といった四つの要素を備えているという。

このスーパー高速道路では、ビッグデーターによって駆動するスマート・クラウドコントロールプラットフォームを構築する見通しである。スマートシステム、車両コントロールなどを通して、効率的に高速道路での車両運行速度を高め、現在の平均時速である90km/hに基づき、車両のスピードを20-30%向上させる。人、車両、道路の協同システムを築き、将来的には無人運転を全面的に支持し、無線充電技術を組み合わせることで走行時の充電を実現させる。

「現在浙江省の高速道路での平均走行速度は90km/hで、制限速度の120 km/hを大幅に下回っている。しかし、スマートシステムと車両コントロールを通して、スピードを20-30%向上させる。また、ドイツとイタリアの技術を参考にすることで、浙江省のスーパー高速道路は将来的に制限速度を120km/h以上にすることができる」と同高速道路の責任者は語った。

自動化は自動車産業の将来の発展方向だ。同責任者によると、短期的な目標として、太陽光パネルや充電スタンドなどを通して、電気自動車向けの充電サービスを提供する。また、長期的な目標として、移動式の無線充電の設備を設置し、自動車を走らせながら充電することを実現させる。

スマート化に基づき、スーパー高速道路はシステムの安全性を高め、事故の発生率を最低レベルに抑えることを目標としている。また、同責任者によると、浙江省はイノベーションだけでなく、新しい技術と新しい材料の経済性にも配慮しているため、同省のスーパー高速道路の建設はモデルケースとなり、その経験を他の地域に活用することもできる。

スーパー高速道路は2022年杭州アジア競技大会の開催前に完成する見通しだという。(編集HQ)

「人民網日本語版」2018年2月24日

ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/03/11 05:33:08

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

対、アフリカ支援 どうして中国は、 ...
利根川の天然水さん

インドネシア高速鉄道 日本受注へ
Thomas@20Gさん

日本は、高速道路の事業を、「どうや ...
利根川の天然水さん

高速鉄道だけでなく、道路も整備して ...
利根川の天然水さん

日本の高速道路、たった1キロを地下 ...
利根川の天然水さん

まさか!本気で!中国の言うことを信 ...
仁政さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@Kz.S   こんにちわ~ 全国に広がりつつある”おふろカフェ”ブームの火付け役した会社の発祥の地ですね~」
何シテル?   06/24 15:54
em90dです。 ブログはボチボチ時間を見つけてやっています。 無理して続けないのと、急に休眠してしまうかも知れませんが こういった事を通して、自分...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

テスラモデル3 ワンチャージと無人運転で1,001km達成動画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/18 06:28:01
念願かなって伊勢神宮🚗〜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/16 21:14:10
わかりやすいお家🏠✴ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/08 09:03:58

ファン

45 人のファンがいます

愛車一覧

テスラ モデルS テスラ モデルS
テスラ モデルSに乗っています。
テスラ モデルS テスラ モデルS
よろしくお願いします

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.