• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年06月16日

テスラのイーロン・マスクがシカゴに高速地下交通システムを建設へ

テスラのイーロン・マスクがシカゴに高速地下交通システムを建設へ
馬車が当たり前だった約190年前の人々が初めて目にしたり、体験した“鉄道”の出現という興奮。








それに似たような革新的な出来事を見てるのかも知れないテスラCEOのイーロン・マスクが進めて来た地下高速交通システム。


ロサンゼルスと建築に合意したそう。


米国のフォードやGM、日本のトヨタでも鉄道が普及しないようするのが“自動車メーカーの姿勢”だったけれどもイーロン・マスクCEOは会社拡大や利益追求が目的ではないから
こういった努力を惜しまず続けていそう。


『如何にして自分が儲かれるのか』ではない価値観の人が、社会を動かしてる。

当たり前を、未来や社会的正義ならば変えようと努力し続けてることを許容出来る社会、アメリカ合衆国、



リニア軌道?!に載せたモデルXをベースに活用。




ザボーリングカンパニーを始めた頃は、どれだけの人々が地下空間を利用したアイデアに関心を寄せたり、その実現性や有用性を信じていたことか…



それを続けて来たイーロン・マスク


しかも政府からの助成金ビジネスや補助金ビジネスに頼らない、はフツーは試みない事。



https://gigazine.net/news/20180615-cicago-airport-express-transit-tunnels/





ザボーリングカンパニーも採算ベース、事業化ベースが軌道に乗ったら、スペースX社の噂話のように
テスラに合わされるのかも…

https://twitter.com/boringcompany?s=09


建設中のドバイ・アブダビがザボーリングカンパニーの初開通路線になりそうですが
フランス、英国でも同様なザボーリングカンパニーの画期的なプロジェクトが進められていますが、
いよいよ米国でも建設が本格的になりそうですね!

米国内に雇用と所得をまた増やしてくれてる。

商品発表会で、今の日本の経営者には少なくなった『我が国の雇用や国民の所得を増やせる事業(商品)です!』な言葉。

自社=株主のため、短期目線な狭義な発表会だらけ。



向こうからちゃっかりテスラモデルSが…



もしEVとそのインフラ事業、ソーラーとエネルギーグリッド事業、
スペースX社事業、自動車向け人工知能チップ開発と人工知能に関する社会的な役割を模索する事業
そしてこのザボーリングカンパニー事業
それらが事業的に軌道に乗って結ばったら
世界的なコングロマリットに将来なってしまうかも知れない?!

イーロン・マスクCEOはかねてからの噂話、スペースX社の火星探査のために、テスラCEOからスペースXへ注力したり
テスラ株を手放し資金に当てる噂も
その流になっていくかも知れない。

補助金ビジネスや助成金ビジネスを前提にしない会社経営のやり方や、

高額な納税のために個人で所有してきたテスラ株を切り売りもして
納税のやりくりして、今まで自力で進めている類稀な経営者ですね。





日本の東京西部地域をむすぶ多摩モノレール計画。


赤い実線路線は開通済みですが
すでに50年以上経ち、ひたすらモノレールでの計画。

他の有用な交通手段を考える事もなく破線部分の計画は約260億円の事業計画… そんなハズないでしょうが。

モノレール建設は高架式を計画してるために軌道建設コストとその保守コストが50年前とは違いどんどん跳ね上がっているそう。

多摩モノレールの乗車料金にそれが反映されてるようです。




地域の活性化と少子高齢社会こそ、より高度な交通インフラは必要でしょうが
ザボーリングカンパニー式や、そこに任せたら50年以上前の考え方でない、
当初計画があったと言われる多摩川も利用した広大な多摩地域からの羽田空港までの高速インフラ整備があっという間に出来てしまえそう…






この時代の人々が、もし今の私達を見たらどんな事を感じるのかなぁ〜


もし、自動車の殆どが電動化したら、トンネル内等での自動車やトラックからの排気ガス処理問題を解決したり
大幅な建設費の削減に繋がる事を首都高速トンネル建設時に聞いた事があります。

発電所での大気汚染コントロールで済むため



□□□□□□□□□□

イーロン・マスク氏がCEOを務めるトンネル掘削会社「The Boring Company」は、ロサンゼルスの地下にトンネルを掘っており、渋滞緩和の実現に向け着々とプロジェクトを進めています。そんな中、The Boring Companyがシカゴの空港からダウンタウンまでを結ぶ地下高速交通システムの建設案件で入札に勝利したことが明らかになりました。

Elon Musk’s Boring Co. Wins Chicago Airport High-Speed Train Bid - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-06-14/elon-musk-s-boring-co-wins-chicago-airport-high-speed-train-bid

Elon Musk’s Boring Company to build high-speed Chicago airport train
https://mashable.com/2018/06/14/elon-musk-boring-company-chicago-airport/

今回、The Boring Companyが勝ち取った計画は、シカゴ・オヘア国際空港からシカゴの中心地であるダウンタウンのブロック37までを結ぶ地下高速交通システムを作り上げるというものです。この間の距離は約15マイル(約24km)あり、鉄道やタクシーなどの交通機関を利用しても約30分~約40分程度かかりますが、地下高速交通システムを利用すれば約12分で移動できるとのこと。

運賃について、The Boring Companyは正確な金額は出せないとしながらも「同区間を結ぶ鉄道の運賃(5ドル:約550円)よりは高くなりますが、タクシー(約40ドル:約4400円)よりは安くなる見込みです」と説明しています。

地下高速交通システムで使用される車両はテスラ モデルXをベースとした電気自動車。最高速度は約240km/hにまで達するほか、車内には8~16の座席があり、空調、荷物置き場、Wi-Fiも完備される予定。The Boring Companyによると、この車両を30秒間隔で1日20時間運行する計画であるとしています。


シカゴ・オヘア空港とダウンタウンを結ぶ地下高速交通システムの建設に関する入札は複数の会社が参加しており、The Boring Companyは駅の改修等を含め10億ドル(約1100億円)を下回る金額を提示したことで、案件を勝ち取りました。なお、建設費用は全てThe Boring Companyが負担することになっており、政府からの補助金は必要としない計画になっています。

シカゴのラーム・エマニュエル市長は「このプロジェクトが実現すれば、シカゴは最先端の都市として確固たる地位を維持し、何千人もの雇用を創出することにもつながります」と述べ、地下高速交通システムがシカゴにとっても価値あるものになるとしています。

□□□□□□□□□□
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/06/16 05:35:45

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

3週間後に何かがおきる!? テス ...
em90dさん

テスラモデル3 週生産5,000台 ...
em90dさん

2018年夏休み旅行、3日目
吉田河馬歯さん

テスラからVW ゴルフのライバル登 ...
em90dさん

♪Will You Still L ...
Wolfman Junkさん

ディオ/ザ・ラスト・イン・ライン
Tadさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@Kz.S   こんにちわ~ 全国に広がりつつある”おふろカフェ”ブームの火付け役した会社の発祥の地ですね~」
何シテル?   06/24 15:54
em90dです。 ブログはボチボチ時間を見つけてやっています。 無理して続けないのと、急に休眠してしまうかも知れませんが こういった事を通して、自分...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

テスラで実家に帰郷しました。往路編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/12 18:15:27
ギラギラな酷暑 とタイヤの摩耗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/21 07:44:13
テスラモデル3 ワンチャージと無人運転で1,001km達成動画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/18 06:28:01

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

テスラ モデルS テスラ モデルS
テスラ モデルSに乗っています。
テスラ モデルS テスラ モデルS
よろしくお願いします

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.