• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年06月30日

消えて無くなって欲しい… のつぶやき😥😆

消えて無くなって欲しい… のつぶやき😥😆 政府の強力な支えや、世界中の自動車メーカーからの協力や支援もあって

第一汽車、東風汽車、上海汽車、BYDなど中国から着々と世界的を目指す自動車メーカーが育成されてる中で

さらに楽視(ファラデーフューチャー)や
蔚來(Nio)はじめ、新興EVメーカーが10社以上も生まれて来てるそうですが

予約受付中だけども年内生産?予定してたファラデーフューチャーは工場すら着工してなかったように思いますが(テスラの遅延が可愛く思えるFFの遅延😅)

$2billion≒2,200億円の資金調達を得られ前進するそうです。







生産予定のファラデーフューチャーFF91は
■最大出力 783kw

■最大トルク 1,800N・m

■航続距離 700km

■搭載バッテリー 世界最大級の130kWh



他社からも続々と




テスラモデルXかと思ったら



来年から量産予定の2輪EV



次々と手を絶え間なく打ってくるって
既存メーカーからしたら嫌なものかも






こんな“怪物くん”は 出て来られたら、既存のプレミアム自動車メーカーはエンジンだけでは太鼓出來ず、ちょっと困る事になってしまいそう〜
プレミアムカーほど3S(静かさ、スムーズさ、しなやかさ)で、高性能さや、しっかりと作り込みされたEVには勝てないため

安全性や運動性能でも どんどん既存のエンジン車を追い抜き出してる最近のEVの性能。




… ふと、思い出したのは

日帰り温泉の店長をしてる友人の言葉
『10数年前のスーパー銭湯ブームでアチコチに増えた温泉施設が皆、老朽化にあえぎ出してる。 そこにイオンや、待ってました!とはかりに資金力あるさまざまな大手が進出してきてる。

イオンの日帰り温泉は未だ小規模だし、人気も高くないけども、 いざ本気になったら大手は、すぐに10件くらいは建てて来るだろう

そうならないように、新興してくる温泉施設には、出来たらこのまま… あまり成功例ならないで 経営がうまく行かないで 消えてって欲しい』

と。。。。ホンネ😁😆


月間5万人の入館者を5年して、モトをとるビジネススタイルが 増税⤴、人件費⤴、運営コスト⤴、そして修繕費や工費の予想外な上昇⤴で
収益悪化は必然で、今は昔の2倍、10万人を目指せないと いずれはお金回らず、施設も年々老朽化と修繕費だけで利益は消えるので、自然消滅してく運命だそう。

人気がピーク過ぎれば、回数券や割引販売に頼れば、短期は売上⤴るけども

元々の設定だった正価を失い、二度と戻せなくなり 長期では利益率低下の螺旋階段だそう。

そうなれば、数億円かかるようなリニューアル工事は博打になりやすい。
数千万円台のリニューアル工事投資では浴槽には手をつけられない。

『何が変わったのか!』とお客様からのクレーム噴出させる事になるそう。




大阪、名古屋や首都圏周辺に 従来には無い大規模な日帰り温泉施設が増えだしたのは
『儲かるから大きく作る』のではなくて、そうしないと 月間10万人を超えられないから
だそう。

それでも、5万人集められれば成功していれた時の利益率にはとても届かない、そう。


『10年ひと昔』とは良く言ったもので
まさに10年でまったく予想外だった、教わってた『常識』がすっかり変わったという事なのでしょう。


複数種類のある岩盤浴にドリンクバーやおふろカフェ導入が当たり前になったので

次の新しいサービスに、
スポーツジムの併設や、プロジェクションマッピングが増えてるそうですし、


ゴルフ場がたくさんある地域では、日帰り温泉施設内に ゴルフレッスンルームやコーチングメニュー等を行うなどの新しいアイデアが続々と生まれてるそう。

『大変ダァ〰不安ダァ〰』で次の投資を行えない会社や経営者は、撤退するか 年々廃れる運命だそう。

周囲にピカピカなライバルが増えたりで、利用料金が簡単にはあげられなくなるのはアパート経営に似てるかも、ですね。










きっと テスラや ファラデーフューチャーやニオ… これら米国のシリコンバレー企業とも関係ある中国系企業にも

『出来たら消えてって欲しい』自動車メーカーや幹部は少なくなさそう


自動車のIT化が止められない流れとしたら、

人権や法令を民意無く瞬時に変えられる国は とてつもなく有利。
AIや量子コンピューターを開発だって お金を生み出せる唯一の権限ある政府がバックアップしてたらほぼ無限の資金源。

…お金は労働で産まれるのではなくて、誰かの借金で世にうまれるものだから 資産と債務。


自動車メーカーが“優れた物”作りの争いが終わっているのかも 知れない。

新しいサービスや、創造された物で何を生み出せるのか?みたいな


やはり 充電のインフラや、充電しやすさ を車の開発や発売と、同時または先行投資しなきゃ ユーザーの使いやすさを最優先することが どんなに高性能な自動車を作る事が出来たとしても大切そう







新型クラウンが発表されましたが、トヨタのコネクテッドサービスは数年経過したら有料化ですね。
何よりもその中味に レクサスのコンシェルジュサービスは超えられない縛りがあるのか レクサスや他社プレミアムメーカーのサービスを知っている人からすると、きっと

前評判や期待したほどには特に 目新しいサービスは無い気がして、ちょっぴり残念…

LINEを利用したサービスはLINE利用者が最も多い日本ならではではありますが
スマホで行える遠隔操作の中味には特に目新しさは感じられない

メーカー側が自動車の健康状態を把握して、その情報をサービス整備や販売に生かすのは
コマツが10年以上前から世界中に販売した商品全てにやってたことだし。


クラウンなどのコネクテッドサービスには、ソフトウェアの追加配信や、機能追加の余地はあるのだろうか?

リコール対応は そのコネクテッドサービスで直ぐにテスラのように実行可能なのかな?


せっかくコネクティングさせてても、ソフトウェアのバージョンアップのたびに
まさかデーラーへクラウンをユーザーが持ち込まなきゃならない〰なんて事にはならないとは思いますが どうなんでしょうか?




レクサスも、医療サービスや探したい小物を手伝いしてくれたりしたサービス始めた当初のコンシェルジュサービスを
だいぶ簡略化や、同様なサービスをトヨタ車ではだいぶ安く提供させるようなりましたね。(レクサスは料金同じなままサービス中味はだいぶ省略化してきました。つまり当初よりコチラからコンシェルジュのオペレーターに合わせなきゃならなくはなりましたね)


安全面、運転支援システムに少し前は『5年遅れてる』と揶揄されたトヨタ、レクサス。

これから、シリコンバレー後押しされた中国や中国メーカー、その後はインドなどからもきっと数百もの新興メーカーが続々と国(カネや資金源)や政府(法令)を味方につけて
どんどんトヨタやメルセデスベンツ、GMを崩さんと挑んで来るでしょうから


今回の新型クラウンが“走り”だけではなくて、
他社メーカーが真似したいような新しいアイデアやサービスに満ちていたら いいなぁ〜

それを他社に感じさせるモノに



頑張って欲しいので、あえて厳しい見方をしてみました。






ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/06/30 05:41:17

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

撤退しても・・・
ライチュウ@滋賀さん

クルマ ノ ミライ
em90dさん

まぁ、何と言うか・・・(謎爆)
ライチュウ@滋賀さん

続々と!
ライチュウ@滋賀さん

テスラの充電器が10,000基を超 ...
em90dさん

2016-17 Formula E ...
ライチュウ@滋賀さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@Kz.S   こんにちわ~ 全国に広がりつつある”おふろカフェ”ブームの火付け役した会社の発祥の地ですね~」
何シテル?   06/24 15:54
em90dです。 ブログはボチボチ時間を見つけてやっています。 無理して続けないのと、急に休眠してしまうかも知れませんが こういった事を通して、自分...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

日産リーフとテスラのユーロNCAPのACC試験 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/19 08:00:39
テスラの新しいソフトウェアは人間を表示してくれるようですね 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/13 08:06:22
AmazonEco Spotの接続 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/12 04:48:07

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

テスラ モデルS テスラ モデルS
テスラ モデルSに乗っています。
テスラ モデルS テスラ モデルS
よろしくお願いします

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.