• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

em90dのブログ一覧

2018年06月30日 イイね!

消えて無くなって欲しい… のつぶやき😥😆

消えて無くなって欲しい… のつぶやき😥😆 政府の強力な支えや、世界中の自動車メーカーからの協力や支援もあって

第一汽車、東風汽車、上海汽車、BYDなど中国から着々と世界的を目指す自動車メーカーが育成されてる中で

さらに楽視(ファラデーフューチャー)や
蔚來(Nio)はじめ、新興EVメーカーが10社以上も生まれて来てるそうですが

予約受付中だけども年内生産?予定してたファラデーフューチャーは工場すら着工してなかったように思いますが(テスラの遅延が可愛く思えるFFの遅延😅)

$2billion≒2,200億円の資金調達を得られ前進するそうです。







生産予定のファラデーフューチャーFF91は
■最大出力 783kw

■最大トルク 1,800N・m

■航続距離 700km

■搭載バッテリー 世界最大級の130kWh



他社からも続々と




テスラモデルXかと思ったら



来年から量産予定の2輪EV



次々と手を絶え間なく打ってくるって
既存メーカーからしたら嫌なものかも






こんな“怪物くん”は 出て来られたら、既存のプレミアム自動車メーカーはエンジンだけでは太鼓出來ず、ちょっと困る事になってしまいそう〜
プレミアムカーほど3S(静かさ、スムーズさ、しなやかさ)で、高性能さや、しっかりと作り込みされたEVには勝てないため

安全性や運動性能でも どんどん既存のエンジン車を追い抜き出してる最近のEVの性能。




… ふと、思い出したのは

日帰り温泉の店長をしてる友人の言葉
『10数年前のスーパー銭湯ブームでアチコチに増えた温泉施設が皆、老朽化にあえぎ出してる。 そこにイオンや、待ってました!とはかりに資金力あるさまざまな大手が進出してきてる。

イオンの日帰り温泉は未だ小規模だし、人気も高くないけども、 いざ本気になったら大手は、すぐに10件くらいは建てて来るだろう

そうならないように、新興してくる温泉施設には、出来たらこのまま… あまり成功例ならないで 経営がうまく行かないで 消えてって欲しい』

と。。。。ホンネ😁😆


月間5万人の入館者を5年して、モトをとるビジネススタイルが 増税⤴、人件費⤴、運営コスト⤴、そして修繕費や工費の予想外な上昇⤴で
収益悪化は必然で、今は昔の2倍、10万人を目指せないと いずれはお金回らず、施設も年々老朽化と修繕費だけで利益は消えるので、自然消滅してく運命だそう。

人気がピーク過ぎれば、回数券や割引販売に頼れば、短期は売上⤴るけども

元々の設定だった正価を失い、二度と戻せなくなり 長期では利益率低下の螺旋階段だそう。

そうなれば、数億円かかるようなリニューアル工事は博打になりやすい。
数千万円台のリニューアル工事投資では浴槽には手をつけられない。

『何が変わったのか!』とお客様からのクレーム噴出させる事になるそう。




大阪、名古屋や首都圏周辺に 従来には無い大規模な日帰り温泉施設が増えだしたのは
『儲かるから大きく作る』のではなくて、そうしないと 月間10万人を超えられないから
だそう。

それでも、5万人集められれば成功していれた時の利益率にはとても届かない、そう。


『10年ひと昔』とは良く言ったもので
まさに10年でまったく予想外だった、教わってた『常識』がすっかり変わったという事なのでしょう。


複数種類のある岩盤浴にドリンクバーやおふろカフェ導入が当たり前になったので

次の新しいサービスに、
スポーツジムの併設や、プロジェクションマッピングが増えてるそうですし、


ゴルフ場がたくさんある地域では、日帰り温泉施設内に ゴルフレッスンルームやコーチングメニュー等を行うなどの新しいアイデアが続々と生まれてるそう。

『大変ダァ〰不安ダァ〰』で次の投資を行えない会社や経営者は、撤退するか 年々廃れる運命だそう。

周囲にピカピカなライバルが増えたりで、利用料金が簡単にはあげられなくなるのはアパート経営に似てるかも、ですね。










きっと テスラや ファラデーフューチャーやニオ… これら米国のシリコンバレー企業とも関係ある中国系企業にも

『出来たら消えてって欲しい』自動車メーカーや幹部は少なくなさそう


自動車のIT化が止められない流れとしたら、

人権や法令を民意無く瞬時に変えられる国は とてつもなく有利。
AIや量子コンピューターを開発だって お金を生み出せる唯一の権限ある政府がバックアップしてたらほぼ無限の資金源。

…お金は労働で産まれるのではなくて、誰かの借金で世にうまれるものだから 資産と債務。


自動車メーカーが“優れた物”作りの争いが終わっているのかも 知れない。

新しいサービスや、創造された物で何を生み出せるのか?みたいな


やはり 充電のインフラや、充電しやすさ を車の開発や発売と、同時または先行投資しなきゃ ユーザーの使いやすさを最優先することが どんなに高性能な自動車を作る事が出来たとしても大切そう







新型クラウンが発表されましたが、トヨタのコネクテッドサービスは数年経過したら有料化ですね。
何よりもその中味に レクサスのコンシェルジュサービスは超えられない縛りがあるのか レクサスや他社プレミアムメーカーのサービスを知っている人からすると、きっと

前評判や期待したほどには特に 目新しいサービスは無い気がして、ちょっぴり残念…

LINEを利用したサービスはLINE利用者が最も多い日本ならではではありますが
スマホで行える遠隔操作の中味には特に目新しさは感じられない

メーカー側が自動車の健康状態を把握して、その情報をサービス整備や販売に生かすのは
コマツが10年以上前から世界中に販売した商品全てにやってたことだし。


クラウンなどのコネクテッドサービスには、ソフトウェアの追加配信や、機能追加の余地はあるのだろうか?

リコール対応は そのコネクテッドサービスで直ぐにテスラのように実行可能なのかな?


せっかくコネクティングさせてても、ソフトウェアのバージョンアップのたびに
まさかデーラーへクラウンをユーザーが持ち込まなきゃならない〰なんて事にはならないとは思いますが どうなんでしょうか?




レクサスも、医療サービスや探したい小物を手伝いしてくれたりしたサービス始めた当初のコンシェルジュサービスを
だいぶ簡略化や、同様なサービスをトヨタ車ではだいぶ安く提供させるようなりましたね。(レクサスは料金同じなままサービス中味はだいぶ省略化してきました。つまり当初よりコチラからコンシェルジュのオペレーターに合わせなきゃならなくはなりましたね)


安全面、運転支援システムに少し前は『5年遅れてる』と揶揄されたトヨタ、レクサス。

これから、シリコンバレー後押しされた中国や中国メーカー、その後はインドなどからもきっと数百もの新興メーカーが続々と国(カネや資金源)や政府(法令)を味方につけて
どんどんトヨタやメルセデスベンツ、GMを崩さんと挑んで来るでしょうから


今回の新型クラウンが“走り”だけではなくて、
他社メーカーが真似したいような新しいアイデアやサービスに満ちていたら いいなぁ〜

それを他社に感じさせるモノに



頑張って欲しいので、あえて厳しい見方をしてみました。






Posted at 2018/06/30 05:41:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月30日 イイね!

キャンピングカーにも電気自動車化の潮流

キャンピングカーにも電気自動車化の潮流



スペイン人デザイナーによるテスラの電気トラック“セミ”をモーターホーム利用へのアイデアがありました。




テスラセミが牽引するトラックの屋根一面にソーラーパネルを並べて
エネルギーを活用するアイデアも既に示されていますが





米国の電気バス専業メーカーのバスを利用したモーターホーム



テスラモデルXユーザーさん



ルノーの新しい電動トラックや電動商用車たち






ドイツのキャンピングカーメーカーからも
ソーラーパネルを四面に携えたコンセプトカーが
提案されていますが
➔ https://inhabitat.com/meet-the-solar-powered-electric-motorhome-weve-all-been-waiting-for/














キャンピングカーならではの自然の中では
排出ガスを全く出さないという心理的な事や

電気自動車ならではの静かな事

潤沢な容量のバッテリーをキャンプ中にさまざまなに電源に利用したり

キャンプ中の遊びの間に充電させてしまうなど

グランピングという新しい自然との接し方も人気になっていますが

より自然に包まれたり、 自然に近い気持ちへ人を導いてくれる新しい遊びをこれら車が
示そうとしてる気がします。







Posted at 2018/06/30 04:44:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月29日 イイね!

懐かしい車のデザインをEV化で復活

懐かしい車のデザインをEV化で復活 年々厳しくなる各国の自動車の衝突安全規制。

それに合わせたデザインにするしかなく、ICエンジン車では不可能な

デザインが可能になるもBEVの新たな可能性のひとつっぽいようです。

二十代頃は自動車は趣味や好みたけで選べていたので、あの頃に『これ いいなぁ〜』と思っていた車のひとつ、ポルシェロードスター。

当時は日産マーチすら買えない月収でしたので憧れだけを、道行く車や雑誌から感じてました。😊




ICエンジン車では困難な未来的なテザインやレイアウトから

➔ランボルギーニのEV テルッツオ・ミッレニオ



➔間もなく進撃の始まる中国製EV
レベル2の自動運転搭載車も目白押し











イーメカニカからポルシェロードスターのようなデザインまでBEVは可能にしてくれるそうです。

5,000〜6,000ドルを予定。



ガレージに置いたこのポルシェ風な電気自動車に前夜にコンセントさえ繋げて充電しておけば 、
週末早朝にサッと気持ち良くドライブへ😍〜
妄想です〜😁









Posted at 2018/06/29 05:30:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月29日 イイね!

テスラモデル3生産の行方とショート勢の不都合な真実

テスラモデル3生産の行方とショート勢の不都合な真実 テスラ・モデル3の週の生産台数が5000台行くか行かないか?に

アナリストや“専門家”始め、マスコミ報道も懐疑的な報道が多いようですし、

年間数兆円の売上や、百年以上の歴史ある自動車メーカー達でさえ
本格的には誰も、投資や手もつけては来なかった私達が利用出来る電気自動車の具現化。








週5000台て年産25万台超を目指せる世界初の電気自動車になる事は約束されており、

いずれは達成される5000台達成の有無には関係なく、後の人達からしたら“ずっと未来のこと”と思われていた
電気自動車の可能性を切り開き、作ったって事を歴史に遺す1台になるんじゃないかなぁ?







お金かけてる人達の言葉が多く報道されるのは仕方ないのでしょうが

評価的な値の背比べや事故報道に比べ『ガンバレ〜』って応援するマスコミが少ないのものですね。

オリンピックやプロスポーツでは必至に努力する選手を讃えたり、
結果が出せていなくてもその汗する努力を冷静に報道したりもするのになぁ…




お金なるほうへどうしても流れやすそう。


金融関係者や投資家でもなければ、一般的な人にとっては5000台に達するかどうかは 、ほぼ影響なくあまり意味がないのに





今後、予約台数45万台という記録もそぅ易易とは書き換えられなそうですし、

テスラモデル3は全米自動車市場で、メルセデスベンツCクラスや
アウディA4、BMW3シリーズ…が属す中型高級セダン市場ではシェア25%を超え出していて、販売台数もトップになってるそうです。











テスラはテレビや新聞、雑誌での自動車という高額商品の一切の広告をしなくても、インターネットでの情報発信させ続けるなどの新しい販売手段で

ここまで商品の認知や人気、予約や販売台数という実績を上げられる

ある意味、広告クリエイターや代理店、収益モデルが崩される可能性のあるマスコミにとっては 、とてもとても面白くない企業そう(笑 )

…従来の企業のようにバッシング報道しても広告を出してはくれないので😁






テスラモデル3の製造プロセスは、従来の自動車生産よりも7割も少ない50ステップで生産される新しい生産のモデルだそうです。

以前に製造のオートメーション化のためにM&Aした効果も着実に出て来てるテスラなようですが





世界のカネ男がテスラに対しての発言にイーロン・マスクCEOは

またしても下記のように社員へのメールで説明したようです。


良い物や消費者が求める物たけを作っていても、金融や報道で
本意じゃないことや、お金儲けのために利用もされやすく
なかなか本業だけに集中されにくもされるのが
情報化社会の1面なのかも知れませんね。


パナソニックがモデル3の生産が急増してバッテリー生産が間に合わないぐらいだと発言したり(イーロン・マスクのツィートではバッテリーパックの生産は既に週5000台を超えていたかと)





5000台を超えるためにネックボトルになってる生産部門にも喝を入れ励ましてるイーロン・マスク


7月2日にその生産台数が発表はされるようですが

合わせて、また何かのサプライズ発表がありそうな予感がします〜☺






中国は国策でも年間150万台のBEV時代の到来を準備を着々と進めてる…

日本は国も企業からも、そういった具体的なアナウンスが未だ無いですね、



❏❏❏





米テスラのセダン「モデル3」は4-6月(第2四半期)の引き渡し台数が市場予想を下回りそうだとゴールドマン・サックス・グループのアナリストが指摘したことを受けて、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は26日に全社の従業員に電子メールを送信した。

  メールには「彼らは不都合な事実を知って驚くことになるだろう」と記され、ゴールドマンの分析を伝えた米経済専門局CNBCの記事につながるリンクが付けられている。CNBCは第2四半期のモデル3の出荷台数について、ゴールドマンが2万2000台と予想していると報じた。ゴールドマンのアナリスト、デービッド・タンベリーノ氏によれば、市場のコンセンサス予想は2万8000台。

  ブルームバーグ・ニュースはマスク氏が送信した電子メールの写しを入手し、テスラの従業員1人から内容を確認した。テスラの担当者、ならびにゴールドマンの広報担当レズリー・シュリブマン氏はコメントを控えた。
Posted at 2018/06/29 05:10:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月27日 イイね!

無くならない交通事故… 便利さを何のために私達は使うのか

無くならない交通事故… 便利さを何のために私達は使うのか
日々、現れる私達の生活をより安全、安心、より便利さのために
誰かが考えだし生まれて来る物、商品。

決して無くならないそれらに、ついてく、ついて行かないとは無関係に世の中の変化のスピードは、ますます速くなりそうですし

誰かが何処かで一所懸命に努力、工夫してる限り

新しい物や、便利な物は日々生み出されて来る。

止められないのだから、その“誰かが便利にしてくる物”を
どう ひとりひとりが捉えるか?が
大切そう。 使い方を過てば命すらおとしかねないでしょうから






数カ月前にも時速180km/hで速度違反で警察に捕まった10代のドライバーが運転してた、テスラ車の事故。
事故の詳細は調査中だそうですが、テスラ車は速度制限の最大でもプラス10km/hまでしかオートパイロット機能は作動させれないので、

もしそれ以上の速度で走行していたら、ドライバーが速度制限やオートパイロットを使えない速度を出してる警告⚠を無視して運転を行ってた最中の事故になりそう。

今のところ、今回の事故は、制限速度をかなり超過していた状況でコントロールを失って起きた壁への衝突事故とみられており、
オートパイロット作動中ではなく、ドライバー自身による任意な速度超過運転中の事故との見方から、
発火の原因調査が主になるそう。



同じような年代の若者が時速167km/hで事故をおこした動画



今の時代、自動車はあっという間に凄いスピードが出せますし
何かおきたら 私のような素人の人間には、制御が難しい状況に陥りもしやすい。



トヨタ初代クラウンが発売された当時は、高速道路網もやっと日本に
建設が始まり、初代クラウンもその最高速度は100km/hという高性能さを売りにしていたそうですが
今では時速100km/hは軽自動車でも易易と出せますし、
リミッター無ければ50ccはバイクでも可能でしょう…
(たった7.2psの原付スポーツバイクでも、20年以上前の規制前にはその最高速度90km/h以上でしたから)


ドイツ車の多くは250km/hで穏やかなリミッター制御がされる程の高性能な機械になってるそう。

対して私達はどうなんだろぅ?

走行中の自動車や人間に対する運動のエネルギーは
初代クラウンだろうが、 新型クラウンだろうが変わらない。

各種電子デバイスと、劇的に進化はしたタイヤや乗り心地や室内の静かさでその大きなエネルギーを抱えて走行してる事を忘れてしまいやすいだけなのかも。



自動車レースのゲーム感覚で、スリルを楽しむ若者とかが出現してもおかしくはない環境なのかも。

ある自動車レースゲーム大大好き高校生が
『ベイロンって直線は速くて、 ゲームしてると100km/hはトロいんだよね』
… 自動車免許が早く欲しいそう。


アメリカの戦争ゲームがリアルさも内容もググっ⤴と進化したのは、軍からのゲーム開発の協力が得られてるからだそう。
それは、ゲームで戦争ごっこを楽しんだ子どもや大人が『入隊して実際の戦争のリアルさやドキドキを体験したくなる』からだそう。
軍の、しかも銃を人に向けて撃てる最前線への入隊希望者が若者、女性にも増やせた理由だそう。











普段にテスラを運動していると、事故が起きそう又は前方の危険を人間よりも早く知らせたりしてくれますが
だからといって、どんなエピソードが数秒後に待ち構えているのか
予測出来ない一般道の運転をズボラにして良いわけでもなく





↓ こういった画像だけを見て、安易に手放しで何でも自動車がやってくれると心象や印象を持ってしまう人は後を絶たないでしょうし

マスコミや評論家さんも、より注目受けれるためのアッピール度を争いやすい報道も今後も絶たなそう







便利を“楽するために使う人”と、“より良くするために使う人”のお話し











世界最貧の島で暮らす日本人のお話し…
便利になるほど、他人と分け合う事を忘れやすいお話し





都会には、何処にでもある当たり前なことに
ふと疑問を抱いた映像クリエイターさんのお話し … 世界最貧の島、フィリピンのカオハガン島の体験。





➔冷蔵庫とか無いから、とっておけないから 作り過ぎた食材は 隣近所へあげまくる、お互いに与え合う暮らしになる。








➔子どもに『勉強しないと大変だよッ😡イラッ』は、子どもからしたら心の奥底には不安や大人になりたくない心理を生み与えそう
本来ならば親が『私のような大人になったり、超えるためにたくさん学び、経験しなよ😊 』と与えるべきなのかも



不便で何も無いから与え合うしかない






便利な事をますます使える私達は… 今のままでその便利さを使っていたら、ますます幸せになれるのかな?




Posted at 2018/06/27 06:01:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「原油市場価格を見てるとおおよそ来週の日本の価格が当てられるでは?
とはいえ日本はタンカー積み込み時の時価と聞くので、変ですし
そもそも 数年前は相場⤴に1週間のタイムラグあったのに
今は数日で⤴すし、 相場に連動してるかと言えば
下落⤵しても なかなか店頭価格には反映されない…」
何シテル?   11/08 07:42
em90dです。 ブログはボチボチ時間を見つけてやっています。 無理して続けないのと、急に休眠してしまうかも知れませんが こういった事を通して、自分...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

自然エネルギーから無限な蓄電と充電。始まりそうなあたら暮らし方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/18 09:19:56
テスラ さらに巨大な建物を建設中 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/13 10:13:34
LTEのファームウェア配信が待ちきれず 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/12 21:08:07

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

テスラ モデルS テスラ モデルS
テスラ モデルSに乗っています。
テスラ モデルS テスラ モデルS
よろしくお願いします

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.