• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JFzsの愛車 [ロータス ヨーロッパS]

RECARO RS-G

カテゴリ : 内装 > シート・シートカバー > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間12時間以上
作業日 : 2017年07月30日
1
ちょこっと作業内容をアップしてみる事にした。過去の記憶をたどっているので結構あいまいかも。
最初は手元にあったレカロRS-Gの取付。
とりあえずノーマルシートを取り外してみた。後日追加するつもりだけどトランクオープナーとバックカメラ取付作業も同時に進めてたりしたので写真は、ごちゃごちゃ
2
ヨーロッパS用のシートレールなんて見当たらないのでシート取付穴の寸法とか図ってTo-BOXさんとやり取りしながらエリーゼ用でいけそうだって事で取り寄せ
箱自体は同じだろうから当然かな
3
でも内装がある分更に狭いみたい。
写真ではわかりにくいかもだけどレールの先端はこんな感じ、このままでも大丈夫だけど、少しでもスライドできたらと最終的にはレールの先端をグラインダーでななめにカットした。
4
次はシート本体をカット。
To-BOXさんから教わったエリーゼへの取付作業を参考に
普通の木用のノコで切った。
5
反対側も
最終的にはもっとカットしたと思う。
それでもぎっちぎち
6
で、途中写真は無く、突然完成
7
シートの左右クリアランスは写真の通り無いに等しい。
一応スライドもするけど、そのままではレバーに指が届かないので写ってないけど紐みたいなのをレバーにつけた。
今回一番大変だった作業はレカロを車内に入れ込む作業、なんとか収まったものの二度と取り出せないような気がするくらい大変だった。
8
で、どうなの?って事なんだけど
お尻の位置が結構高くなっちゃった。
ノーマルがペラペラで座椅子みたいな感じだから当然といえば当然。
でもホールド感はめちゃ良くなったし、体にやさしい。
乗り降りは更に大変になっちゃったけど、本人的には満足。
おすすめはしないかな?

関連パーツレビュー

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

バッテリー交換

難易度:

オイル交換

難易度:

ストレーキ的なものをつけてみた

難易度:

OBD2

難易度:

3Dプリンター自作小ネタ その3

難易度:

トランクオープナー

難易度: ★★

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

日本では100台くらい売れた(だったらもう少し見かけても良い気がするが)と言われているヨーロッパSに乗っています。 全く見かけることも無く、情報もめちゃ少ない...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

1 人のお友達がいます
birth1birth1

愛車一覧

ロータス ヨーロッパS ロータス ヨーロッパS
ロータス ヨーロッパS
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる