• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月13日

エビの点滴法

品種改良とは

植物、動物問わず、品種(種、属)をかけあわせて、人間にとって都合の良い作物、動物を作ることです。

植物は第一生産者でもあり、植物なくては動物は生きることはできません。稲であれば、風雨に強い稲を、たくさん実る稲を、江戸時代から行っており、今も国が品種改良に多額のお金を注いでいます。植物は動物と違い、その名の通り動きません。だから品種改良は暗黙の下、どんどん進められています。トウモロコシがいい例です。

小型魚類、甲殻類は

十年くらい前から、メダカや淡水小型エビの、品種改良という名の元、凄い勢いで進められています。何故でしょうか?私は人間の都合としか思えません。

綺麗な個体、珍しい色をした小型淡水魚、甲殻類を、たくさんの人たちが、かけあわせて作っています。みゆき、オロチ、シャドー、ビーシュリンプなどなど。そして人間が美しい、珍しいと思えば、一匹100万円で取り引きされます。この世界はおかしいと思いませんか?

人間の都合で遺伝子をいじくって、見た目がいい生き物を作って、売りさばく。生き物にとってはいい迷惑でしょう。ちなみに、レッドビーシュリンプの点滴法という馬鹿げた方法を以下に紹介します。

エビの点滴法

バケツか何かに、購入してきた魚やエビを袋ごと移して、水槽より低い位置に置く。そしてそれからエアーチューブを水槽から、そのケースに繋がるように配置。(稚エビなどがいる場合はエアーチューブの水槽側にエアーストーンを取り付ける)バケツ側には一方コックをとりつけて、その先にちょっとだけまたエアーチューブつけて、そしてその口にスポイトを突っ込んで「チュ!」って吸ってスポイトを離すと…(スポイトがない場合は口で軽く吸おう)サイフォンの原理で水が流れてくるよね。(この時にダバーって流れないようにチューブの中間を指で潰すように抑えておこうね)そして一方コックの口をある程度しめると…ポタポタと点滴のように水槽の水がバケツの中に入っていくわけだ。このまま放置しておけば、徐々に水槽の水になじませることができるというわけだよ。どのくらいやるかは、魚の種類によったり、人それぞれだったりするんだけど…私はだいたい元の水が、水槽の水で三倍~五倍に薄まるくらいまでやるかな。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/02/13 11:19:46

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

違反の癒しに
Piro-さん

おめでた
お山のたくやさん

最近えびちゃんが次々と死んでいくん ...
masato5555さん

ガラスのシャワーパイプに交換~♪
masato5555さん

夏休み自由研究~水槽管理 エアフィ ...
812さん

えびちゃん水槽の大掃除!
masato5555さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「現れることになる http://cvw.jp/b/2840357/41572029/
何シテル?   06/06 18:44
xiaohuazhong3@gmail.です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

愛車一覧

マツダ 3 マツダ 3
マツダ 3に乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる