• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

いわっのブログ一覧

2010年01月29日 イイね!

冷え冷えに・・

冷え冷えに・・冷え込んだ車内に乗り込み

エンジンをかけて

タバコに火を点けて

水温計が動き出すのを

カチカチと震えながら待つ

ヴロロロロ~がドッドドッドの4ビートに変わるまで

寒い冬の夜のひととき・・
2010年01月29日 イイね!

逢魔時・・

逢魔時・・夕方の薄暗くなる、昼から夜へと移り変わる日本特有のアバウトな時刻を意味する、今どきは使わない古めかしい表現です。

少し前の、日没直後の残照が強い時間帯は、ミレーの絵のように一日の太陽の恵みを感じ取れるような荘厳で美しいひとときですが。

この”逢魔時”という時間帯は、その荘厳な陽も力が落ちてしまって、西の空をぼんやりと陽の名残が照らすだけで、いかにもこれから魑魅魍魎達の時間がはじまりそうな薄気味悪さを感じる時間帯を表す、なんともおどろおどろしい言葉ですね。

この気持ちは灯りが乏しい昔ほど陰と陽の境目が明確で、薄気味悪さとうら寂しさを強く感じる時間だったのでしょう。

今は、ぽつりぽつりと彼方此方の灯りが点るのでそういう気持ちも薄くなったようですね。

薄暮事故というのは、そう言った人の心の奥深いところにある本能的な気ぜわしさが誘発するものかもしれませんね。
Posted at 2010/01/29 15:25:22 | コメント(3) | トラックバック(0) | 写真 | 日記
2010年01月28日 イイね!

そーなると・・

そーなると・・キャブ化!

・・と、さっきのブログのペペロンさんのコメントにありましたが

確かにカプラーを弄ってセンサーを騙したり、燃圧を落とすレギュレータを付けたりとなんとか工夫すれば出来るのでしょう。

でも、そうなったら日曜大工や庭いじり的にDIYで楽しむハイテク苦手アナログ親父の趣味では難しいところがあって

確かにキャブだった時代は、そういう縛りも殆どなくてウェーバー、ソレックス、デロルト、SUにケイヒンと色んなキャブにシングルにツインや3連装のダウンドラフトと装着方式も多種多様な組合せが出来て、ちょっと腕におぼえがあれば個性を出しやすかったですよね。

で・・今はというと、インジェクションや点火方式等が車種毎にオリジナルのシステム化されていて、触媒以下の排気やエアクリーナーの交換程度でお茶を濁す程度で、なかなかDIYで個性を出すチューニングが難しい・・

裏技的に、共通ユニットを使っている他車種から持ってくるという手もありますが、それぞれのシステム、同じBOSCH製でも車種や世代が違えば、カプラーそのものやセンサーから出す信号などのインターフェイスが違っていて、しかもほぼブラックボックス状態で、簡単にポン付けできるものじゃありません。

そこには、シロートが勝手に弄ったら排ガス対策もあったものじゃ無いし、総合的に考えてある最適なバランスを崩してもらっても困るという事もあるのでしょう・・

もし、そういったインターフェイスが統一されていたら、スロットルを大口径化したり、気筒毎に付けたりコンピュータそのものを換えたりと、一時期流行った手作りパソコンのように個性的なシステムが出来るんでしょうけどそうも行かないんでしょうね。

なんか今日はぼやくなぁ・・( ̄◇ ̄;)グズグズ・・
2010年01月28日 イイね!

昨日のオチが・・

昨日のオチが・・スパイダーSr.4はベーンフラップ式エアフロだった・・

※昨日の写真でエアクリーナのすぐ上にあるアルミと樹脂の物体ね・・

というわけで

じゃぁ、そのベーンフラップ式って何?と言うと

エアーの流路に板状(ベーン)のフラップで蓋をして、流入してくる風圧で押し広げられるフラップの開き具合で空気量を測る仕組み。

これでは低回転ほど抵抗が大きい訳でインジェクションスパイダーになって緩くなったと言われる元凶なのかな?と思われます。

この方式は90年代初頭までのBOSCHエアフロの主流で、当時の欧州車はこの方式を取っているようで、皆一様に何となくモヤモヤした不満を持っていたんでしょうね。

そこで採用されたのが、抜けの良いホットワイヤー式やフィルム式と言われる方式で、抵抗センサに当たる風で奪われた熱量で変わる抵抗値で流入した空気量を測る仕組みになりました。

これは145等に採用されていて、抜けが良いだけに吸気音やトルクにダイレクトに影響すると言う訳です。

写真は145のホットワイヤー式やフィルム式になったエアフロで、左がP4用、右がP2用です。確かに空気抵抗は少ない抜けの良い構造ですよね。

どうりでスパイダーのエアクリーナーを交換しても思ったほど効果が無かった訳だぁ・・

でも2500回転くらいから交換した効果が出てきて、お陰で街を流すのがそれなりに気持ちよくなったので良しとします。

”緩い”は人それぞれの感覚的なもので、言うならば”マイルド”と言って欲しいな・・

回せば充分にパンチがありますから~(・∀・)♪
2010年01月27日 イイね!

豪快な・・

豪快な・・吸気音を期待して装着しましたが・・


BOSCHのエアフロ内の形状がストレートでは無いので温和し目でした。

ちなみに・・エアフロも外して、ダクトだけでブリッピングさせたら、それはもう・・”快・音”♪でした。
でも、これではエンジンに宜しくありません。

で、トルクへの効果も体感できませんでした。

145の時は効果があったのになぁ~・・・


あ、もしかして・・エアクリーナーは、すでに社外品だったのかもしれません・・


でも、何となく2~3000回転辺りが元気そうな音になって、街乗りとワインディングロードが楽しくなりました。


もともと、145のTSエンジンのあの天にも昇りそうな快音から知ったアルファロメオの愉しさ

それがFIATベースのエンジンだと分かっても、あのバイクのような音と気持ちよさが基準となっています。

それと、スパイダーの昔の8バルブエンジンと優劣を競わせるのも愚かな事で、あのスパイダーの妙に懐かしい鼓動にも似たバイブレーションの盛り上がりとは別物と考えた方が良いようです。

結局、故きも新しきも弄っても弄らなくても直4もV6も

気持ちいいものは気持ちいい。。


あっ!分かった!・・・これはベーンフラップ式エアフロなのね~~

プロフィール

「@うみカラ うが~!」
何シテル?   06/05 17:20
MINIから国産そして、再度MINIの購入を考えてる時に、たまたまアルファロメオ145に試乗して、衝動買いして4年目・・そして今度はアルファロメオスパイダーと出...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

おとなだって うまいんだもん 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/03/21 09:06:30
極寒フィッシング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/29 08:41:12
雨の日はゆっくりと・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/12 16:36:45

お友達

こんなブログですが、車種に関わりなくお誘い下さい。
123 人のお友達がいます
のりさん7のりさん7 * アカ。アカ。 *
keiichikunkeiichikun * きぬがわきぬがわ *
ScorpioneScorpione bisciabiscia

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ スパイダーベローチェ タップ、カエル君 (アルファロメオ スパイダーベローチェ)
2009年9月12日納車 私の中でローバーミニ+アルファロメオ145÷2という位置づけの ...
アルファロメオ 145 鉄男 (アルファロメオ 145)
1998年式を2005年12月にフィーリングが気に入り購入。 運転していて楽しい車。 駐 ...
トヨタ bB トヨタ bB
夏に山の中でMINIのクラッチレリーズが抜けてしまって、騙しながら帰還途中に借りたレンタ ...
ローバー ミニ ローバー ミニ
一度乗って見たいと思いノーマル状態で購入。 初めての”外車”私の車の価値観を根底から覆し ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.