• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Katsuki-B361のブログ一覧

2019年05月06日 イイね!

XD3を試乗

XD3を試乗GWもいよいよ最終日になってしまいました・・・。明日から仕事です・・・。働きたくありません・・・。

少しでもそんな陰鬱な気分を晴らすため、XD3を試乗してきました。

今回はニコルの青山ショールーム。青山通りに面していて、以前から知っていたのですが、やはり敷居が高く入れませんでした。というより、入れません。一応アルピナを所有していますが、中古で購入したためニコルには一銭も入っていません。スーツを着ていても本来のアルピナの購買層から比べると安物のスーツです。そんな格好ではアルピナのショールームには行けません。

が、今回は試乗会の案内が来た、ちゃんと予約をしていたのでジーンズにTシャツという普段着で訪問してきました!



担当営業の方は以前、世田谷ショールームでの試乗会の際にお世話になった方です。最初の雑談でなぜか盛り上がってしまい試乗が遅れてしました。

で、試乗!













なんと世界生産の1号車という貴重な個体でした!営業の方いわく、7000kmを超えてやっと足回りが馴染んできたとのこと。

試乗コースですが、青山ショールームから六本木を抜けて首都高の飯倉ICへ。そこから首都高でレインボーブリッジ、辰巳JCT経由し、都心環状線・霞が関出口に戻ってくるというルートです。正直、普段走り慣れているルートなので、愛車のB3Biturboとの挙動の違いを感じながら試乗することができました。

実際に走ってみると私のB3Biturboよりも洗練された足回りでした!正直、ショックを受けました・・・。一般道でも高速でも、路面状況を車内に伝えてこないんです。今回試乗したのはオプションの22インチホイールを履いていました。タイヤの扁平率は30という極薄タイヤです。にも関わらず、SUVで足回りのストロークが働くのか、首都高の継ぎ目などを一切感じさせない足回りなんです!SUVにありがちなフワフワ感もなく、上下動がありません。かといって深いではなく、上質なサルーンに乗っているような感じになります。首都高のカーブで、それなりの速度で侵入しても、少しのロールだけで踏ん張ってくれます。ただ姿勢変化も非常に自然で、不安を感じさせない程度。かといってガチガチに踏ん張るわけでもなく、ちゃんと足が動いてくれるんです。

エンジンは直6ツインターボディーゼルだけあって、トルクが化物です。B3Biturboに比べて、高回転まで回す楽しさはありません。回しても盛り上がりがないんです。ただ低速トルクが凄いので、アクセルに足を乗せておくだけで動かす必要がない位にパワーがあります。合流や坂道などでアクセルを踏む込むとトルクで一気に引っ張られるので、驚きの加速を見せます。その際、マフラーから気持ちのいい排気音が!ディーゼルのガラガラ音は皆無で、高回転時の排気音だけが聞こえてきます。もう少し車内に音が入ってきたほうが盛り上がるかもしれませんが、普通に走る分は車内は静寂そのものでした。なおマフラーはアクラポではなく、BOYSENのようです。それでも気持ちいのいい音を出してくれました。

運転も非常にしやすいです。SUVなので目線が高く、しばらく慣れませんでしたが、慣れると快適。パワーがあるので安心して運転をすることができました。また車両感覚も掴みやすく、乗りやすかったです。

今日は特に道が空いていたので、アクセルを踏むこむことができ、楽しい試乗でした。

ただそんな楽しい時間もすぐ終わってしまい、青山ショールームへ。戻ってからショールーム前で後席に座らせて頂きましたが、(オプションのパノラマサンルーフ込で)開放感が素晴らしかったです!セダン乗るよりも開放的に旅行に行けるかもしれません。

その後、ショールーム内で営業の方と雑談。

・カイエンやレクサスからXD3の乗り換え需要がある。SUV特有の上下動が嫌になってXD3を見に来て、感動される例が多い。
・D5と同じエンジンだが、D5より乗り心地がいい。(ストロークの差?)
・これからXD3の試乗レビューが雑誌に乗るだろうが、実際に乗ってみないとこの分からないことが多い。ぜひ乗って欲しい。
・XD3の試乗車はニコルでも3台しか無い。うち2台は地方のディーラーを巡回しているので、試乗できる機会が限られてしまう。
・XD3は正直お買い得車だと思う。この性能で1000万。カイエンなどを買うよりも乗り心地がよく速い。
・試乗車で13km/lくらいの燃費だが、高速巡航だけなら17km/lは出るかもしれない。車重2トンのクルマとしてはありえない燃費で走ることが出来る。
・アメリカ生産のため、BMWでX3生産後、ドイツのブッフローエのアルピナ工房で最終チューニングを行う。その後、日本へ出荷されるので通常よりも時間がかかる。
・アメリカ工場はアルピナブルーとアルピナグリーンに対応していないため、注文を受けられない。白もアルピンホワイトしかない。色の選択肢が通常より少ないのが難点。
・アルピナでは次期4シリーズはグランクーペだけの生産になる様子。クーペやカブリオレは生産しなくなる可能性がある。ただグランクーペだとセダンとの差別化が出来ないので、需要を満たせない可能性がある。

などなど、色々と面白い話を聞くことが出来ました。

この後、営業の方に私のB3Biturboを見て頂くことに。以前、世田谷でお会いした際に、ステアリングの革の劣化を相談していて、4月の補修結果を見てもらいました。で、営業の方も驚く出来栄えだそうです。毎日アルピナに乗っている方でも分からないようなLAVALINAレザーの補修とのこと。実際、補修してからステアリングの触感がよく、更に運転が楽しくなったのが事実です。営業の方も驚いていました。

そんなわけでショールームを後にし、XD3の試乗コースをB3Biturboで再走。XD3の出来の素晴らしさを再認識しました。まぁ10年違いますからね。そりゃよくなっていますよ!でも最新のアルピナはこんなに素晴らしいんだ!と感じました。もちろん、B3Biturboも素晴らしいと思います。乗り心地やパワー、デザイン、全て気に入っています。ただクルマの出来を比較した際に、10年の差はあると思います。とはいえ、アルピナという超高次元な世界での話で、普通に考えたら差が分からないレベルだと思います。

首都高を再走し、XD3の出来に感激しながら大黒PA、別名『大黒食堂』で昼食を。カツカレーでも食べようと思っていたんですが・・・



カツカレーってこんなに高かったでしたっけ?950円くらいだったような気が・・・少なくとも4桁はないですよ・・・この金額じゃ、大黒食堂でカツカレーは食べられません・・・。

食後、大黒食堂のローソンでコーヒーを買い、マッタリと愛車B3Biturboを見て楽しみました。


結局1時間くらい過ごしてから、今度は辰巳PA、別名『喫茶・辰巳』へ移動。

30分くらい、ゆっくりと風に当たってから帰ってきました。

帰宅するとAmazonから荷物が。頼んでいた消臭剤が届いていました。今まではクルマ用ファブリーズなどを使用していたんですが、交換が面倒だったんですね。届いた消臭剤なら2年は使えそうなので、ちょっと期待しています。
(詳しくはパーツレビューへ)

さぁ、明日から仕事ですね・・・。私は今週1件、大きな山場を迎える案件があります。この案件の成否で私の評価が大きく変わってきます。ぜひとも成功させたいところです。

そして来週末はQUEEN Symphonic!素晴らしい音楽を楽しんできたいと思います!

では皆様、憂鬱な平日4日間を乗り切りましょう!
Posted at 2019/05/06 17:04:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | ALPINA | 日記
2019年05月02日 イイね!

広島旅行(5日目)

広島旅行(5日目)そして今回の旅行の最終日です。

前夜は神代の湯に泊まってゆっくり。翌朝も気持ちよく起きました。

で、早速の朝風呂。しかも貸し切り。


※写真は前日に撮影したもの

朝から気持ちのいい温泉に入ることが出来ました。最高ですね。

そして朝食。


朝食も野菜中心の身体に優しい内容でした。けっこう量もあり満足でした。

朝食後、部屋に戻ってもう少しゆっくりしようか迷ったのですが、渋滞にハマる前に帰りたかったので、8時過ぎにチェックアウトをすることに。美味しい食事に温泉と満喫できる、いいお宿でした。ぜひまた泊まりたいですね。今回は1泊でしたが、次回は2泊して、ゆっくり本を読んだり散歩したりして過ごしたいです。温泉と食事を楽しめる、精神的デトックスが出来る場所でした。

宿を後にして、伊豆スカイラインへ。朝も早かったのでクルマも少なく、快適に走らせることができました。いつもなら音楽をかけながら走るのですが、この日はALPINAサウンドを聞きながら走りたいと思い、音楽を止めて窓を開けて走りました。聞こえてくるのはエンジン音、排気音、足回りが動いている音、そして風切り音。ALPINAが快適に走っていることを感じることの出来る音達の合奏です。高回転まで回して単音だったエンジン音の間隔がなくなり、1つのメロディーになっていく様子は最高に気持ちよかったですね。この高まるエンジン音に対して排気音は静かなものです。主旋律であるエンジン音に対して排気音はベースを奏でてくれます。足回りはパーカッションのように滑らかに路面をいなした音を奏でます。足回りが硬いと姿勢変化はしないでしょうがバタバタとしてしまいます。ALPINAはしっとりとした姿勢変化をしながらコトコトと動いて対応してくれます。決して硬すぎず、かといって柔らかくて姿勢変化の大きいわけでもない。ドライバーが理想とする状態を作ってくれていると思います。

これを感じながら気持ちよく走ることが出来る伊豆スカイラインでした。景色も素晴らしく、何度も駐車場にクルマを止めて景色を楽しみました。

















伊豆スカイラインを快走した後は箱根ターンパイクへ。とは言っても大観山スカイラウンジの駐車場まで。すでに10時半を回っていて、クルマ量が多くなってきていました。とりあえず景色だけ撮影。



このまま箱根ターンパイクで下ればよかったんですが、さすがに遊びすぎて財布の中が危ない状態だったので駐車場でUターンして箱根新道で小田原へ。

小田原からは西湘バイパス経由で外環道へ。西湘バイパスで海を横目にゆっくり走るのが好きなんですよね。ゆっくりと言ってもちゃんと流れに乗っている速度です。踏もうと思えばいくらでも踏めて速度も出せます(捕まるリスクを無視すれば、ですが)。でもせっかくの景色を楽しみながら走るほうが楽しいじゃないですか。残念ながら快晴ではなかったですが、景色を楽しませて貰いました。

外環道ではガラガラにも関わらず追い越し車線を走り続けるクルマがチラホラ・・・。

海老名で東名に合流してからは、まぁいつもの流れですよね。決して快調ではなく、流れている程度。そんなもんでしょう。既に12時近かったこともあり、海老名SAは昼食で寄るクルマで渋滞し始めていました。その分、本線は若干でも空いていたのかもしれません。

とりあえず港北PA行って、この旅行最後の昼食。

締めのラーメンです。

港北PAから先は渋滞・・・。首都高から続いているのでどうしようもないですね。この渋滞を避けるために早めに出たのですが、途中で遊びすぎました。でもドライブが目的の最終日だったので満足しています。箱根スカイラインと西湘バイパスを気持ちよく走ることができて満足でした。千葉に住んでいるとなかなか行けないですからね。こういう時間は非常に大事だと感じました。かなりリフレッシュができました。

最後、首都高の辰巳PAでパシャリ。


今回の旅行の最後の1枚です。

4泊5日、総走行距離1,941kmの旅でした。1日約400kmを移動した計算になります。これだけの移動をしても疲れは少ないです。確かに椅子に座り続ける疲れというのはあります。しかし運転の疲れというのはほぼありません。快適そのもの。さすがはALPINAです。運転にウンザリすることもなく、いつまでも運転を楽しませてくれました。

祖母のお見舞いに始まりお墓参り、ジーンズ・ストリート、トヨタ博物館、温泉と盛り沢山の旅行だったと思います。クルマがないと出来ません。ALPINAだったからこそ疲れなく移動し、観光することが出来たのだと感じます。

楽しい旅でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
Posted at 2019/05/02 12:25:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | ALPINA | 日記
2019年05月01日 イイね!

広島旅行(4日目)

広島旅行(4日目)そんなわけで(←どんなわけ?)、4日目です。

前夜、しこたま日本酒を飲んでグッスリ。

朝は名古屋の基本、モーニングに旦那と行ってきました。



まぁ基本ですよね(笑)旦那は中京圏出身なのですが、子供の頃から月曜の朝は家族でモーニングだったらしいです。実際、私達の席の周りにも小さい子供連れや年配のご夫婦が来店されていました。こういう文化なんですねぇ。かくいう私達はモーニングを食べつつLANケーブルやPCのキッティング談義で盛り上がりました(笑)なぜそんな話をしているのか不思議ですよね。全く職種が違うんですが、なぜかこういうことで盛り上がるんです。面白かったです(笑)

1時間くらいして、お店も混んできたので退店。友人宅で荷物を纏めて次の目的地へ!なお前夜に頂いた新政は保冷バックに入れて持ち帰ることにしました。

次の目的地はトヨタ博物館

一度行ってみたいと思っていて、今回のALPINAでの旅行だったので、行ってみることにしました。

友人宅からは高速で1時間くらいでしたね。雨だったこともあり、一般道が混んでました・・・。更にトヨタ博物館前の芸大通りがまぁひどい渋滞。目の前なのになかなか進まない車列・・・。しかも信号の関係か、止まってる時間が長いんです。どうせエンジンをかけててもしょうがないので、動かなくなるとエンジンを止めて待つことに。

しばらくしてやっとトヨタ博物館の敷地へ。出ていくクルマも多かったので、スンナリ駐車場へ入れると思ったらまさかの満車のため、通り向かいの駐車場へ行くように案内されました。先程見た出ていく車列は向かいの駐車場へ向かう車列だったわけです。だったら最初から案内を出しておけばここまで待たずに済んだわけで・・・。芸大通りの途中で誘導するなりあるわけじゃないですか・・・。誘導の下手さ加減にウンザリです。

更にALPINAを駐車場に停めてやっと入場かな、と思ったら更に事件が。今回の旅行中にトヨタ博物館に行こうと思っていたので、予め前売り券を買ってたんです。チケット待機列に並びたくなかったのと、前売り券のほうが安かったですかね。4/26までの限定販売だったので、ここぞとばかりに買っておいたんです。が、前売り券では入場できない、と。あくまで引換券だというんです。まぁいいや、と思い、チケット待機列へ並ぶことに。並びたく買いから前売り券を買ったのになぁと思いつつ、3組くらいで私の順番になるんでしょうがない、と思っていました。とはいえ先程の駐車場のイライラが残っている状態。そんな中、私の番になるので前売り券を渡したら「これは期限切れです」との一言。どおうやら4/26までしか使えないとのこと。最終的には差額を支払うことになりました。イライラもあり、さすがにキレましたけどね。やってられないですよ。色々とたらい回しにされた挙げ句のこれですからね。正直、展示は素晴らしいし、また行きたいですが、この対応では・・・。まぁ私も今回のに懲りたので、次回は電車にします(笑)

さて、そんなこともありましたが、展示は素晴らしかったですよ!


ロールス・ロイスのシルバー・ゴースト!実物のサイズは凄いです!全長4.8mは迫力があります!今のロールス・ロイスも大きいと思いますが、当時のロールス・ロイスは格別の迫力ですね。高級車って感じがしました。(←語彙力のなさ)


当時のロールス・ロイスのエンブレムは現行のようなスピリット・オブ・エクスタシーではなく、こんな写真の物だったんですね。


プジョーのべべ。正解最古の自動車メーカーの1つ、プジョーですよ!


オースチン・セブン!。ここから色々あってケータハム・セブンへ繋がっていきます。


シトロエン・5CV


今は無くなってしまったベルギーのミネルバです。


ポルシェ・356クーペ


メルセデス・ベンツ 300SL。名車中の名車ですよね!SLS AMGのデザイン・モチーフにもなりましたが、優美さは300SLの圧勝だと思います。カッコいい!ではなく、美しいと思えるクルマです。

キャデラック・エルドラド。これもデカイ!


こちらも名車中の名車、シトロエン・2CV。確かジブリの宮崎駿監督も2CVを持ってたような・・・。坂道を登り切るだけで拍手したくなるクルマと何かに書いてあるのを読んだ気がします。


メッサーシュミット


BMWの起死回生の一作、イセッタ。i3の後継で、イセッタをモチーフにしたクルマがあっても面白いですよね。


トヨタ・パブリカ。ファミリーカーの元祖のようなクルマです。


日産・セドリック


ロータス・エリート


ジャガー・Eタイプ。むしろトップギアでリチャード・ハモンドが寒い思いをしていたクルマというほうがいいんでしょうか?




トヨタ・2000GT。一度、大黒SAで走っている実車を見ることが出来ましたが、日本車にはない美しさだと思います。

もっと写真に収めているんですが、面倒なのでここら辺で(笑)ずっと見てられますよ!今回は一人で行っていますが、友人と行けば1台1台立ち止まって話すだろうから、時間がいくらあっても足りなくなるように思えます。

また隣の文化館でルノーの1台が展示されていたのですが、そのクルマの銘板を撮影。

当時からちゃんと銘板があったんですね・・・。今でもこの銘板から履歴を追うことができるんですかね。地味だけど感動的でした。

メインのクルマ館は貴重なクルマを年代別に展示してあるんですが、文化館は自動車文化に関わる展示で、私はこちらのほうが好きでした。オーナメントのコレクション、カタログコレクションの展示。文化面からの展示で、楽しく見ていました。

そんなわけで2時間くらい滞在してました。ホントはもう1周したかったのですが、時間がないので、出発。

まずは給油!609km走って51Lの給油でした。11.94km/Lって凄いですよね!3Lツインターボエンジンの燃費じゃないです。

そんな燃費にニヤニヤしながら東名へ。最初は新東名を使うつもりだったのですが、事故渋滞の情報が出ていたので東名で行くことに。これが失敗。確かに流れているんですが、追い越し車線でも80km/hがせいぜい。なぜだか分かりません。なぜならずっと混んでるから。これはストレスです。ずっと渋滞しているようなもんですから。更に前を走るレンタカーはやたらとブレーキを踏むタイプのドライバーのようで、これもまたストレス。アクセルコントロールで車速を調整できるわけです。ブレーキでしかコントロールできないなんて・・・。運転に慣れていない証拠ですよ。

さすがにこの状態で東名を走り続けるのはストレスだったので、浜松から新東名へ移動。当初よりも余計に走ることになりますが、渋滞ポイントも抜けていたし、イケるだろう、と判断。実際に正解でした。新東名は追い越し車線でも100km/hでしかも空いてる。走りやすい道も相まって、全くストレスにならない状態でした。ありがたいです。これで気持ちよく走ることが出来ます。

でもまずは腹ごしらえ。

遠州森町PAでとろろ汁定食を。思いの外、量が少なくてガッカリでした・・・。もう少し量が欲しかったですね。

そんなことを言ってもしょうがないので、先を急ぎます。この日は修善寺の近くの宿を予約してありました。この宿は17時までのチェックインが厳守!時間がないので急ぎます!と言っても流れに乗って走るだけですけどね。頑張って走っても疲れるだけです。余裕のあるエンジンで流して走るだけでも十分速いんです。確かに遅い車がいるのはいますが、まだ新東名は道も広いし交通量もそこまで多くなかったので気持ちよく走ることができました。

沼津からは伊豆縦貫道ですが、ここはまぁそれなり。渋滞じゃないだけ、マシですね。

で、この日のお宿がこちら。


神代の湯さんです。ちょうど空いていたので予約したのですが、予想以上にいい宿でした。


貸し切りのラジウム風呂に、


野菜主体の身体に優しい夕食。野菜中心なので量がないように思えますが、かなり満足できます。私はオプションの豚しゃぶを食べましたが、無くても満足できると思えます。それくらい美味しく満足のできる夕食でした。

宿も非常に静かでゆっくり出来るので、部屋でもTVを見ようとすら思いませんでした。静かにゆっくり過ごそう!と思い、持参していた読みかけの小説を読み始めました。気持ちのいい温泉に入り、美味しい夕食。最高じゃないですか!ただずっと部屋で小説を読んでいて、少し風呂に入りたくなったので、今度は大浴場へ。

こちらは内湯、露天風呂、更に珍しいスチームサウナがありました。露天風呂に先客がいたこともあり、私は内湯とスチームサウナを往復。気持ちよかった・・・。最後は露天風呂。こちらもいいですね〜。完全貸切状態なので、リラックスできます。何もせず、風呂を満喫している時間。こういう温泉宿に泊まることはしばらくなかったので、満足でした。

そしてこの日は満足しながら就寝。翌日は今回の旅行最終日です。
Posted at 2019/05/01 18:07:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2019年05月01日 イイね!

広島旅行(3日目)

広島旅行(3日目)広島旅行、3日目です。

前日に広島まで移動し、お好み焼きを食べて終わりました。

翌日は7時半頃に東横インを出発。一路、倉敷の児島を目指します。目的はジーンズ・ストリート。国産デニムの聖地です。前から一度行きたかったのですが、行く機会がないので行けていませんでした。児島は岡山駅から電車で移動になります。そもそも岡山へ出張で、半日のオフがないと行けません。この日は夕方に名古屋の友人宅に泊まる予定だったので、それまでは時間が自由に使えます。そんなわけで、一路児島を目指します。

広島から児島まではひたすら山陽道で移動です。前日の素晴らしい燃費に気が良くなり、この日も燃費重視の走行。と言っても普通に走るだけです。何かを気にしてはしるクルマじゃありません。ただ朝の早い時間(8時台)なので、空いてて自然wpアクセルを踏んでしまったのは事実です。軽く吹き上がるエンジンなので、走ってて気持ちいいですよね。足回りも素晴らしく乗ってて快適!不愉快なのは追い越し車線をいつまでも走るホリデードライバーですかね。ホントの今回の旅行の間、ホリデードライバーには泣かされました。

なぜ走行車線に戻らないのか、いかに後ろを見ていないのか、イライラしましたね。イライラすると疲れるので気楽に走るようにしましたが、70km/hくらいで走り続けるホリデードライバーと、そのクルマを抜こうと走行車線に入ってきたトラックが並走し続ける場面に何度も出くわしました。最高速度の上限設定は必要かもしれませんが、最低速度の設定も必要ではなないでしょうか。遅い車のせいで渋滞が発生しているのであれば、公害でしかないと思います。何をしてもいいわけではないと思います。最低速度で走ることができないのであれば、それは問題です。

なんてことを考えてはいましたが、基本的には快調です。途中はお馴染みの高坂へ。


この高坂を過ぎたあたりだと思いますが、福岡ナンバーのレクサス・RCと並走を楽しみました。まぁ向こうはそんな意識はなかったと思います。私が勝手に楽しんでいただけです。楽だったのは、RCが何台かのクルマを追い越し車線から走行車線に戻してくれたこと。おかげで私も気持ちよく走れました。なおRCはいわゆる煽り運転ではなく、ちゃんと車間距離を保って走っている中、前車が移動していったことを追記しておきます。

そんなわけで児島に到着。まだ9時半くらいだったので、瀬戸大橋でパシャリ。


まぁこれくらいじゃ時間が有り余っているので鷲羽山へ。


駐車場にて①


駐車場にて②


山頂付近から瀬戸大橋


児島競艇場。ちょうどレース開催日だったのか、練習をしてました。

30分くらい散歩をしてリフレッシュ。2日間、ひたすら移動で散歩もしていないので、軽い運動です。

そして10時も回ったのでジーンズ・ストリートへ!


ジーンズ・ストリートへ入るとこにあった看板


ジーンズ・ストリートのロゴ(?)


メイン通りにはジーンズが飾られています。


トイレだってジーンズ。


そして今回、一番来たかった桃太郎ジーンズの本店。私が今、愛用しているのも桃太郎ジーンズで、出陣レーベルというものです。以前はずっとエヴィスを履いていたのですが、エヴィスは太めなので、少しスッキリしたサイズ感のジーンズがほしいと思い、桃太郎ジーンズにしました。その中で、出陣レーベルは右のバックポケットにペイントが入り、これがかっこよかったので購入。2年位前のことです。そこから週末メインで履いて、やっといい感じにシワ感が出てきました。そして本店でTシャツだけ購入したのですが、店員にもシワ感は褒めて貰えました。好きな人は分かりますが、ノンウォッシュやワンウォッシュのデニムは持ち主の使い方に合わせて色落ちしていきます。私がそれが好きで、エヴィスもワンウォッシュで使ってきました。でも今の桃太郎ジーンズのほうがシワの出方がキレイだと思います。やっとかな、という面もありますが、もう1年くらいで最高の状態になるように思えます。まだ濃淡が足りないかな(笑)


こっちはJAPAN BLUEの本店。でも味の出そうなジーンズでした。


こっちはクラウン・レーベルの本店。デニム生地のスーツなどを作っています。ジャケットを1枚、持っていても面白いかもしれませんが、6万くらいしますからね。さすがに出せない(泣)おしゃれな人はデニム地のジャケットでも似合うでしょうが、私には着こなせる自信がない、というものあります(笑)でも貴重なものを見れました。

結局2往復くらい見て回り、桃太郎ジーンズ以外にも何軒か見て回ったのですが、どこもこだわりを持ったジーンズを置いていて楽しかったですね。ALIPNAもそうですが、こだわりを持って作られた物って、味があるんですよね。店員の方も自信を持って説明をしていて、その話を聞くだけで楽しかったです。児島の本店限定のジーンズも何本もありました。やはり私はノンウォッシュ、ワンウォッシュからの色落ちを楽しみたいのですが、そういうこだわって作られたジーンズはどれも色落ちを楽しめそうな物ばかりでした。

ジーンズ・ストリートを後にして、今度は児島駅へ。1kmくらい離れているんですが、駅もジーンズ押ししているのを聞いていたので、見に行くことに。


階段だけでなく、


自動改札機のフラップだってジーンズ。街全体でジーンズ押しです。

でもね、他に目立った産業がないのも事実。児島は学生服なども繊維の街だったのが、このジーンズに移行。BIG JOHNも児島です。更に大量生産のアメリカ産から高品質少量生産の国産デニムに世界の目が向き、今の状態になりました。実際、色から染色からかなり高品質なデニムです。確かに高額ですが、1本で5年以上は使えます。トータルコストは安いと思ってます。色落ちも楽しめますしね。機会があれば国産デニムを使ってみて下さい。

結局児島で3時間くらい遊んで、名古屋へ向かうことにしました。でもまずは途中のSAで昼食。岡山名物らしいデミカツ丼。
普通のカツ丼でいいかな・・・。

なお食券を買う際に、『SOLD OUT』を明記された上にグレーアウトしている『朝定食』の食券を購入するオバちゃん。1台しかない食券機をずっと専有した挙げ句、これだもんで流石にイライラ。家族5人分の食券を買うのに、先にメニューを決めずに食券機の前で悩むんだもの。その最後がこの押せない朝定食。2回もやり直すもんだから、さすがに声をかけたけどね。食券すらまともに購入できない人も大丈夫な食券機って難しいだろうな・・・。こういう人たちの発想って、設計者達の斜め上を行く発想だもんね・・・。

そんな後はひたすら移動。途中でヴォクシー、ノア、ステップワゴンとファミリーミニバンが連なる区間がありましたが、どのドライバーもマナーが良くて気持ちよかった。というのも、走行車線にどんどん戻るんです。私がこの3台の後ろを走ってたんですが、交通量も少なく、少し前の車まで余裕があると走行車線を走行するわけです。ちゃんと流れをリードできる速度で走行車線を走り、前に追いつくと追い越しへ。これをずっと繰り返してるんです。こういうドライバーが多ければ渋滞なんて発生しないんですけどね。嬉しくなりました(上から目線)。

途中のPAで少し仮眠を取ってから新名神、京滋バイパス、新名神と駆け抜けてきました。まぁBMWの『駆け抜ける喜び』を感じられるような感じで走ることができたわけではないですが、ALPINAの素晴らしさが存分に堪能。快適に走ることが出来ました。

そして草津JCTから新名神に入るところで渋滞。通過に20分位かかったのか。理由は完全に道路設計の悪さ。草津SAの出口直後に草津JCTがあり、しかも1車線なわけです。これで一気に詰まってしまって渋滞になるわけです。道路設計ミスですね。かといってそのまま名神高速で愛知に入るよりも新名神のほうが道路がキレイなので、渋滞を我慢して新名神へ。

しかし新名神に入ってもしばらくノロノロ。広い2車線なので、交通量的には流れてもおかしくないのに・・・と思ったら原因が分かりました。50km/hくらいで走る軽トラが2台いて、この軽トラを先頭に詰まっていたんです。更にこの軽トラ2台は『夜逃げか!?』と思うほどの量の荷物満載。そりゃ速度も出ないですよ。料金所で止めて欲しいレベル。分かりやすく言うと、こんな感じ。

グランドツアー シーズン3でピックアップトラックの回があったと思いますが、これと同じくらい荷物満載状態の軽トラです。ホントに勘弁してほしかったです。

この先、甲南PAで休憩。ここから1時間半くらい。


新名神、伊勢湾岸道はまぁ快調かな。詰まることもなく、それなりの速度で移動。まぁ3日間ずっと運転している割に、疲れはないと思いますよ。

そして友人宅に到着。私の友人は大学時代のバイト先の友人(♀)なのですが、友人はGWを利用して実家(神奈川)へ帰省中。なので友人の旦那と2人で飲みに行きました。この旦那とも何回も飲んでいて、なんだかんだで3時間くらい駄弁ってたりします。今回もそんな感じで飲みに行くことに。

行ったのは最寄りの駅前のラーメン屋。でもラーメン屋としてはおかしい品揃えの日本酒が置いてあるんです。


このメニューを見て、誰がラーメン屋だと思いますか?おかしいですよ。都内の地酒専門の居酒屋でもこんなに揃っていません。以前もここに来て、結構飲んだのでまた来てみました。

今回飲んだのは


田酒(青森)の特別純米の生酒。


花邑(秋田)の純米酒。


そして凱陣(香川)の飲み比べ。※メニューの下のほうに見切れているヤツ。

どれも美味しかったですが、田酒はさすがに生酒なのでまだ若い感じがありましたね。舌先にピリッとくるような初々しさ。香りは素晴らしいですが舌先の感じがイマイチでした。もちろん、単純に私の好みで、この初々しさが好きな方もいると思います。花邑は安定でしたね。田酒より熟成が入っていて、香りの膨らみと味のキレがすばらしかったです。最後の凱陣の飲み比べですが、樽熟成の1年目と2年目の飲み比べでした。こちらも私は2年目のほうが熟成されていて好きでしたね。ちなみに、全ての日本酒が私達が注文したタイミングで封切りされたものでした。全てが最高の状態。日本酒は封を開けた瞬間から劣化(稀に熟成)が進んでしまいます。封切りされた直後がベストなんです。そんな状態を美味しく飲ませて頂けました。

後半になると客が私達だけで、店長(女性)とずっと日本酒談義(笑)。店長曰く、ラーメン屋は手間暇の割に合わない、と。ビールのほうがよっぽど楽で、日本酒は半分趣味らしいです。実際、大学生にはラーメン屋として認知されているそうですが、これだけの日本酒コレクションがあるので、接待で使われる例も多々あるそうです。新政や田酒、獺祭など素晴らしいお酒を取り揃えているので、日本酒好きの方の接待に使われ、しかも新政などはボトル売になってしまうので、客単価が上がるそうです。限定酒も取り揃えているそうなので、通常品よりも早く消えていくそうです。まぁこれだけ揃えてたらそうなるわな・・・。

そして、最後にはお土産まで頂いてしまいました。


新政Colorsシリーズ、瑠璃2017です。しかも未開封。限定酒ばかり出ていくので、通常シリーズが出ていかないし、劣化してしまうとのことでくれました。タダです。確かに2人で6合飲んで、おつまみ食べて、ラーメン食べてとしましたが、日本酒を貰えるほど飲んでもいません。実は前回行ったときもなんぜか2杯くらい、タダで飲ませて貰いました。申し訳なかったですが、ご厚意に甘えて頂くことにしました。(5/1現在、自宅の冷蔵庫に収蔵)

すっかりヘベレケになり、友人宅で就寝して3日目が終わりました。
Posted at 2019/05/01 16:24:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「他力本願洗車(11時〜12時)

帰宅後、ホイールに追いコーティング」
何シテル?   05/04 15:03
Katsuki-B361です。よろしくお願いします。 BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジンに乗っています。 2008年式のE90前期型になります。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

    1 234
5 67891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

CODEFG インテリアラバーマット(BMW G20専用) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2022/03/27 11:34:48
脳みそ溶けてます(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/08/12 23:00:40

愛車一覧

BMWアルピナ B3 BMWアルピナ B3
BMWアルピナ B3 BiTurbo リムジンに乗っています。 2008年式のE90前期 ...
ミニ MINI MINI ONE (ミニ MINI)
MINI ONE(R56/1.4/AT)に乗っていました。 次期車更新のため売却したため ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Yahoo Japan Corporation All Rights Reserved.