• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年12月04日

資本提携:マツダはトヨタ自動車の傘下になってしまうのか?

マツダファンの皆様も今回のトヨタ自動車との技術提携からの資本提携に 何か違和感を感じた方は少なくないと思います。

そこで資本提携時に両社の副社長が話した今回の提携についての概要をご紹介致します。


【開示資料には「今後は両社の業務提携関係の進捗(しんちょく)に応じて、さらなる資本提携関係の強化を検討していく」との文言が記載されているが、これはどういうことか。トヨタはダイハツ工業と同様、マツダを傘下に収める方針なのか?】

(資本提携の内容文)


トヨタ 寺師茂樹副社長


両社の関係は、自主性を重んじることが基本。今後出資比率を高める場合があったとしても、マツダの方針に口を出すつもりはない。われわれはあくまで「同志」であると考えており、傘下に入って頂く予定はない。


【サプライヤーは部品調達に関して 今後トヨタとマツダがどう動くかについて注目していると考えられる。部品面の展望を教えて欲しい?】

マツダ 丸本副社長


今回の資本提携は技術開発が目的であり、部品を共同で調達・生産することとは切り離して考えている。合弁工場で何らかの部品を調達する可能性はあるが、決定事項ではない。今後検討していく。

(参考:資本提携の全容文)







現在 ダイハツはトヨタ自動車の完全子会社になり トヨタ自動車の歯車の一部となり 存在価値が薄れた感がある。

一方でマツダとトヨタ自動車の資本提携はトヨタ自動車はマツダの株式を購入し またマツダはこの同額をマツダもトヨタ自動車の株式を購入すると言う 前代未聞の話。

トヨタ自動車がマツダを同士と言う由縁でもあります。

マツダ 藤原 清志氏は言う。

あのフォードとの資本提携は買収の名の下にマツダからリストラを迫り マツダの技術を奪っていった。


一方でトヨタ自動車との資本提携は志しを思う同士としてマツダが選ばれた。

このことの存在意義は今後20年でわかること。

マツダはトヨタ自動車の軍門に下るのか はたまたマツダがトヨタ自動車を利用するのか?

今から注目して見て参ります。

ブログ一覧
Posted at 2017/12/04 06:03:33

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ホワイトナイトはいれば安心!!
シロナガスさん

今後はマツダの軽自動車もダイハツに ...
ウッkeyさん

『いがみ合うトヨタとマツダの「弱者 ...
hata-tzmさん

『自前主義ホンダの孤立鮮明、競争力 ...
hata-tzmさん

『マツダ、新「ファミリアバン」 供 ...
hata-tzmさん

『車のIoT基盤 共通に トヨタと ...
hata-tzmさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@*はる* 軽ミは不参加だったんですね。来年は参加されることを願っております。😃また機会がありましたら爆走のお供にをさせてくださいね!」
何シテル?   05/27 22:35
はじめまして ロードスターさーぱぱと申します。 以前はサーパパと言う名前でみんカラをやらせて頂いておりましたが 携帯電話の機種変更によりロードスターさーぱぱ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
マツダ ロードスターに乗っています。
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
トヨタスープラ
トヨタ アルファード トヨタ アルファード
トヨタアルファード
ロータス エキシージ ロータス エキシージ
ロータス エキシージS

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.