• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+









<当ブログについて>
※スタッフ個人が記載した内容は、株式会社カービューの正式な見解ではありません。
※個別のご質問はサポートセンター(minkara-c@carview.co.jp)までお願いいたします。


イイね!
2020年02月05日

注目のアウディのチューニングショップ、メイクオーバーが仕掛ける馬力アップしたり、車高を下げたり上げたりする3つの注目アイテムをご紹介!【PR】

注目のアウディのチューニングショップ、メイクオーバーが仕掛ける馬力アップしたり、車高を下げたり上げたりする3つの注目アイテムをご紹介!【PR】 こんにちは、スタッフSSです。

私事で恐縮ですが、10年以上前、初めての外車としてアウディの中古の初代A3に乗っていました。小さいのにカチッとした乗り心地と、パワフルなエンジン(1.8リッターのターボでした)で高速道路を走るのは楽だし、ちょっとした峠でも楽しめるいいクルマでした(遠い目)。。

というわけで、今回はアウディを中心にこだわりのカスタマイズを手掛けているチューニングショップ、『メイクオーバー』さんをご紹介したいと思います!

メイクオーバーさんは、1月に開催された東京オートサロン2020にも出展されていたので、こちらのグリーンのアウディ RS4を実際ご覧になった方もいるかもですね。

さて、やってきたのは、横浜F・マリノスのホームである日産スタジアムの最寄り駅、JR横浜線の小机駅。

サッカーファンにはお馴染みかもしれませんが、駅の窓から日産スタジアムが遠望できますね。駅前からバスに乗って5分ほど行きますと。。


到着しましたメイクオーバーさん!


店先やリフトにはアウディやVWがびっしり(横の駐車場にも)。なんだかテンション上がります。


店内には造形美、機能美ともに溢れるホイールやアパレル用品、


アウディ関連のパーツなどが、レイアウトされています。


メイクオーバーさんでは、アウディ専用のパーツブランドとして、『balance it』ブランドも展開しています。


エアロも純正のボディラインやディティールを生かしつつも、やんちゃすぎず、大人しすぎないバランスの良い(まさに、“balance it”!)カスタムが特徴的です。まさに、アウディというブランドの内に秘めた個性を引き出す、専門ショップさんならではの手腕ですね。


メイクオーバーさんは今年で10年目という節目を迎えられたそうで、その代表である木内さんは、もともとアウディのディーラーにお勤めだったとか。


ちなみにこちらの3代目アウディ100アヴァントは、木内さんの愛車。なんだか、アウディ愛をバシバシ感じますね。


この華奢な金属のルーフレールがいい雰囲気です。

さて、では今回ご紹介したいポイントは3つあるんですが、まずひとつめのポイントはこちら!

こちらのオートサロン2020にも出展されたグリーンのラッピングも眩しいRS4のテールでひと際目を惹くこちらのアイテム。。


『Supersprint』のエキゾーストシステムです!


1955年設立という60年以上の歴史を持つイタリアのエキゾーストシステムメーカーであるSupersprint(スーパースプリント)社は、この楕円形状の“オーバルマフラー”の元祖としても有名ですね。


いわゆるエンジンのシリンダーの出口となるエキゾーストマニホールドから出口となるサイレンサー部分まで、一貫して提供できる専門メーカーで、このRS4にはダウンパイプから先がSupersprint製のエキゾーストシステムを採用していますね。


Supersprint社は、「パワーアップしないエキゾーストシステムを作っても意味がない」と公言しているメーカーで、軽量化だったり、サウンドの質・音量がアップするのはもちろんなんですが、パワーアップも同時に達成できるとことが、いわゆる触媒から後ろの“キャタバック”のみを提供するメーカーさんとの大きな違いになりますね。


そしてこの度、そんなSupersprint社が提供するアウディ/VW向け製品の正規インポーターとなったのが、今回おじゃましたこちらの「メイクオーバー」さんや「balance it」の経営母体であるSTARCOK株式会社というわけなんですね!
つまり、日本におけるアウディ、VW向けのSupersprint製エキゾーストシステムに最も精通しているのがメイクオーバーさんと言っても過言ではないわけです!


こちらのRS4向けのエキゾーストシステムは、純正のエキゾーストフラップのシステムを生かして接続可能なので、スマートに音質の切り替え操作が可能になっています。DYNAMICモードにすると、音質も音量もそれなりに、はい(笑)


対応車種は幅広く、アウディ、VWのほとんどの現行モデルはじめ、過去モデル向けの製品も取り扱うことも可能ですから、アウディ、VWにお乗りで気になる方は、まずはメイクオーバーさんに相談してみてはいかがでしょうか!?

続きまして、今回ご紹介する2つめのポイントは、こちら!

イギリス生まれの『MSS.COMPANY』のサスペンションシステムです! こちらの写真の4つのパーツが基本的なフロントスプリングのワンセットとなるわけですが、こちらのMSS社のスプリングの画期的なところは、いわゆる車高を下げるダウンサスなんですが、車高調整機能を備えているところ。


その肝となるのがこちらの「MSSライドアジャスター」。中央の胴体部分に溝が切ってあって、スプリングを受けるベースの位置をクルクル回して、高さを調整できるようになっているんですね。


こんな感じで、MSSライドアジャスターを縮めたり伸ばしたりして車高を調整できるというわけです。


また、2種類のスプリングを組み合わせることで、異なる乗り味を実現できるのも特徴的。長いオレンジスプリングはシングルレートで、ブラックスプリングはデュアルレートになっているので、計3つの異なるスプリングレートを持つことができるんですね。


つまり、細かな路面の凹凸などは、比較的低い初期スプリングレートで吸収し、乗り心地を向上させつつ、コーナーリング中はハンドリングを安定させる中間域のスプリングレートが機能するというわけです。例えば、それぞれのスプリングの組み合わせを変更して、好みの乗り心地にチューニングするなんてことも可能になるわけです。


リア用はこのように一般的なシングルスプリングですが、「MSSライドアジャスター」を備えているので、車高調整が可能になっていますね。


アウディの場合、電子制御サスペンションを備えているモデルなどは特に、いきなり車高調に交換!と踏ん切りづらいケースも多いそうなのですが、このMSSのサスペンションシステムの場合、純正の電子制御ダンパーを生かしつつ、大きなコストをかけずに、車高調整の機能を追加することができるという、なんとも欲張りで賢い選択ができるアイテムとなっていますね!

こちらのMSSのサスペンションシステムは、“アーバン”、“スポーツ”、“トラック”と用途によって3種類が用意されていますから、こちらもぜひメイクオーバーさんに相談してみてくださいね。

はい、というわけで、今回ラストの3つめのポイントにまいりましょう!

こちらは、ユーロSUV向けのスプリングメーカー、『ALL GROUND SPRINGS』のリフトアップスプリングです!


ALL GROUND SPRINGS(オール・グラウンド・スプリングス)のリフトアップスプリングは、今後恐らく日本にも波がやってくるであろうSUVのリフトアップを手軽に実現するアイテム。


車種ごとにストローク量を測定することで、車種専用のバネレートや自由長を選定。純正の乗り心地を損なわずに、スプリングだけでリフトアップが可能になっているんですね!


ちなみにこちら、リフトアップスプリングで40mmリフトアップしたBMWのX1ですね。ゴツゴツのブロックタイヤでも20mmアップしているので、トータル60mmアップ。ノーマルに比べて、かなり押し出しが強くなって印象が変わってきますよね。

対応車種は現在のところ、アウディだと Q3(8U)、Q5(8R)、Q5(FY ※入荷待ち)、Q7(4L)。VWならティグアン(5N)、ティグアン(AD1)、トゥーラン(1T)。そして他にもBMW X1(F48)、メルセデス・ベンツ GLA(X156)とGクラス(W464 ※入荷待ち)、MINIのクロスオーバー(R60 ※F60は入荷待ち)などとなっていますので、最新情報はこちらもメイクオーバーさんにお問い合わせしてみてくださいね!

というわけで、今回ご紹介した3つのポイント、『Supersprint』のエキゾーストシステム、『MSS.COMPANY』のサスペンションシステム、『ALL GROUND SPRINGS』のリフトアップスプリング、いかがだったでしょうか?
スタッフ個人的にはMSS.COMPANYのサスペンションシステムが気になりますが、リフトアップスプリングも気になりますね。。というわけで、それぞれ気になるところは、以下のメイクオーバーさんのお問い合わせ先までお寄せくださいね!

■メイクオーバーさんの問い合わせ先はこちら
http://make-over.jp/contact/
(外部サイト)

また、メイクオーバーさんのみんカラブログもありますので、皆さんお気軽にフォローお願いします!
■メイクオーバーさんのブログはこちら
https://minkara.carview.co.jp/userid/363438/profile/


では、また。

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

コメントはありません。

おすすめアイテム

twitter
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「過去のOPMで大好評だったミントのぬりえを大公開中です!
保存してぬりえを楽しんでみてください~♪
↓↓ぬりえ公開中のミントブログはこちら↓↓
https://minkara.carview.co.jp/userid/3168783/blog/44064232/
#ミントぬりえ
何シテル?   06/05 19:42
このブログでは、みんカラの開発・運営スタッフが、 みんカラ内の機能やトピックスをご紹介します。 ※スタッフ個人が記載した内容は、株式会社カービューの...

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

みんカラフェイスブック 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/16 12:44:42
 
みんカラアプリ開発ブログ 
カテゴリ:みんカラお知らせ
2014/07/17 19:17:07
 
みんカラサポートブログ 
カテゴリ:みんカラお知らせ
2009/09/15 11:50:12
 

愛車一覧

その他 その他 イベントカー (その他 その他)
イベントでブース出展に使うレンタカーです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.