• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+







<当ブログについて>
※スタッフ個人が記載した内容は、株式会社カービューの正式な見解ではありません。
※個別のご質問はサポートセンター(minkara-c@carview.co.jp)までお願いいたします。

みんカラスタッフチームのブログ一覧

2019年03月29日 イイね!

愛車のバッテリーは大丈夫? 後付け電装品の増加で、バッテリー上がりのトラブル急増中!【PR】

愛車のバッテリーは大丈夫? 後付け電装品の増加で、バッテリー上がりのトラブル急増中!【PR】こんにちは、スタッフPPです。

いまやカーライフの必需品となっているドラレコですが、とくに「駐車監視機能」が付いたタイプが人気ですよね。当て逃げや車上荒らし、イタズラなどから愛車を守る、「もうひとつの目」として活躍してくれるからでしょう。


とはいえ、エンジン停止中でも常に待機電流を消費するため、大容量のバッテリーを付けておいた方がベターです。せっかくの「駐車監視機能」も、いざという時にバッテリー上がりで肝心の映像が撮れていなかったら、笑うに笑えないですもんね。。




というわけで、今回はクルマを弄ったことがほとんどないみんカラスタッフが、自力でバッテリー交換をやってみました!




本当に念のためですが、想定外のアクシデントに備えてOBDガードなどを取り扱う「アシカワ自動車」さんの作業場をお借りしてみました(感謝)。今回はまったく必要ないですが、セキュリティも万全です!




さっそく作業に入ります。クルマは開発Zの日産エクストレイルです。ケーブルを外す際は、皆さんご存知のとおり「-」側からですね。




続いて「+」側のケーブルを外します。作業自体はカンタンですが、「-」⇒「+」と正しい順番で作業しないと、ショートして火花が飛ぶ場合があります。。




中央のステーも外したら、ボディにぶつからないよう慎重に持ち上げます。新しいバッテリーが納まるスペースができました!




いよいよ、本日の主役であるパナソニック製「カオス Blue Battery(アイドリングストップ車用)」の登場です!


代名詞は、大容量・クイックチャージ・長持ち。こだわりの純日本製でもありますね。みんカラPOTY(パーツオブザイヤー)のバッテリー部門では4年連続・第1位を獲得しています。




取り付ける際は、「+」⇒「-」の順番ですね! 皆さんには釈迦に説法ですが、ここもお間違えなく~。




そして、この時に気を付けたいのが、ソケットレンチなどの工具で意図せずに「+」と「-」をつなげてしまうこと。「+」側を締めることに集中していると、気づかぬうちに「-」側に接触してしまうことがあります。これもショートして火花が飛ぶ場合があります。。




無事に取り付け完了!




さっそくテストドライブへ! エアコンやカーナビやドラレコやオーディオをフル回転しつつ、アイドリングストップをスムーズに繰り返しながら、都内を気持ちよく走れました~。




「カオス Blue Battery」は、最高水準の大容量、従来品から約10%アップしたクイックチャージ性能によって頻繁なアイドリングストップにもラクラク対応、従来品より約1.77倍という長持ち性能など、ドラレコやUSBチャージャー、オーディオ関連といった電装品が増え、バッテリーへの負荷が増している昨今のカーライフにおいて、“大きな安心”をくれます。





気温低下でバッテリー性能が落ちやすい冬はもちろん、エアコンをフル回転するような酷暑の夏まで、バッテリー上がりを心配しなくて済むのは本当に助かりますよね~。

とくにチョイ乗りばかりの方電装品を色々付けている方は、ぜひ「カオス」による大きな安心とともにカーライフを楽しんでみてください!


■パナソニック製「カオス Blue Battery(アイドリングストップ車用)」の詳細はこちらから~

2019年03月27日 イイね!

ノキアンタイヤさんのサマータイヤ、ハッカシリーズが日本に初導入。開発に携わったあの元F1チャンピオンにお話を聞きました!【PR】

ノキアンタイヤさんのサマータイヤ、ハッカシリーズが日本に初導入。開発に携わったあの元F1チャンピオンにお話を聞きました!【PR】
こんにちは、スタッフMです。

東京では桜が咲き始め、
だんだんと暖かくなってきました!

プロ野球の開幕、そしてF1の第2戦も今週末
ということで、楽しみなイベントがいっぱい!


F1といえば今年のホンダはやってくれそうだなぁ~、
なんて思いつつ、
80年代後半のホンダ黄金期を回想していましたら……、
なんと! 夢のような取材の話が舞い込んできたじゃありませんか!

98年、99年と2年連続でF1チャンピオンに輝いた、
あのミカ・ハッキネン氏を取材できることに!


皆さんご存知のとおり、同氏は今回ご紹介する
ノキアンタイヤさんの地元、北欧フィンランド出身。

今年から日本に導入されるサマータイヤ
“HAKKA(ハッカ)”シリーズ

開発ドライバーを務めていたのです。

alt

今回はそのプロモーションのために来日されていたのですが、
いきなりのこの笑顔。

alt

そして、また笑顔!

alt

緊張で強ばる取材班を一瞬で和ませてくれました。

インタビューの詳細はぜひこちら、carview!でご覧くださいね(笑)
もちろんスタッフブログを最後まで読んでからですよ!

ところで、皆さんノキアンタイヤさんをご存知でしょうか?

alt

1898年(明治31年)に創業、1934年(昭和9年)には
世界初のウインタータイヤを開発したという、
欧州では広く知られている伝統あるメーカーです。

日本では2017年から阿部商会さんが総輸入販売元となり、
スタッドレスタイヤやアーバン・ウインタータイヤの販売を開始。

そして今年からサマータイヤの“HAKKA(ハッカ)”シリーズが
日本に導入
されることになりました。

alt

その開発に携わったミカ・ハッキネン氏が、
インタビュー中に何度も強調したのが“セーフティ(安全性)”

「F1マシンであれロードカーであれ、タイヤを開発する上でのフィロソフィーは共通です。最も重視することは“セーフティ(安全)”であるということです。それを実現するため、われわれは数多くの問題についてディスカッションしました」

冷静な語り口でも芯にある熱い思いが伝わってきます。

alt

またノキアンタイヤのセールスポイントを聞くと、

「一番のポイントは、私がテストしていることでしょう(笑)」

と周囲を笑わせた後で、

「開発エンジニアの技術レベルの高さ、そしてフィンランドの厳しい環境で鍛えられたノキアンタイヤは、何よりも安心と安全を重視して作られているのです」

と語ってくれました。

alt


さて、日本に導入される計4モデルをここでご紹介しましょう!

●HAKKA GREEN 2(ハッカ グリーン ツー)
14~16インチ。コンパクトカーやミニバン向け。一部サイズでは、日本のラベリング制度でAAAに該当する低燃費性能(欧州のラベリングではA)と、ウェットグリップで欧州最高ランクのAを同時取得しています。

alt

●HAKKA BLUE 2(ハッカ ブルー ツー)
15~17インチ。ミニバンやセダン向け。AAAに該当する低燃費性能と優れたウェット性能を両立。高い静粛性とコンフォート性能も実現しています。

alt

●HAKKA BLACK 2 SUV(ハッカ ブラック ツー エスユーブイ)
18~21インチ。高性能大型SUV向け。高速安定性、ウェット性能に加え高いコンフォート性能を追求。他メーカーに例のないアラミドサイドウォールを採用し、堅牢性を向上させています。

alt

●HAKKA BLUE 2 SUV(ハッカ ブルー ツー エスユーブイ)
17~18インチ。コンパクト~ミッドサイズSUV向け。ウェット、ドライともに高い次元の性能バランスを実現。アラミドサイドウォールにより衝撃に耐える強靭性を発揮します。

alt

まだサイズラインナップは少なめですが、
代表的な輸入車サイズはカバーされていますので、
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

alt


ノキアンタイヤ オフィシャルHPはこちら!

ミカ・ハッキネン氏インタビューはこちら(carview!)


alt


ではまた次回に!





2019年03月26日 イイね!

オフ会レポート!impact blue 静岡ツーリングオフ

オフ会レポート!impact blue 静岡ツーリングオフ









こんにちは。開発Zです。


さて、前回の告知の通り、今回はimpact blueのグループのオフ会にお邪魔してまいりました。


天気にも恵まれ、空も海も車も青いという素晴らしいコンディションでのオフ会でございました。


ということで、今回のブログは青一色!
青シリーズレポートの始まり~




3月24日 場所は清水マリンパーク。

朝8:30前から続々と青い車がやってきます。
我々スタッフは朝一で三保の松原行ってました。



ズラズラリン
alt

ズラズラリン
alt


ズラズラリン
alt


ズラズラリン
GC8好きです。グラベルEXも好きです。
alt


ズラズラリン
うらやましい車ばっかりが・・・
alt




とにかく青い車が70台以上集まりました。

インパクトブルーというグループは、青い車というのがグループの参加条件なのです。
スバル系が多い印象ではありますが、86やN-BOX、アルト、ロードスター、BMW M2等、他にもたくさんの車種が集まっておりました。


参加された皆様のお車を個々に掲載したいのですが、さすがにそれは量が多すぎますので、一部の皆様ご紹介です!


■NSX めっちゃきれい
alt


■レクサス IS-F (かしら...)
alt


■Z
alt


■ポルシェ 981 ボクスター
alt


■シトロエン DS??
alt


■フィット 鮒が個人的にハマりました
alt


■フォード フォーカス RS MK3 かっこいいー
alt


■コペン ガルウィング化
alt

■ロードスター とってもきれいでした。
alt


■ミラジーノ 1000ですねー。
そういえばミラジーノでガルウィングの人がみんカラにいますね。
alt


■N-BOX ぬいぐるみありがとうございますー
alt


SUBARUエンブレムだけどアルトミライース
alt


■パサートヴァリアント R36やがなー
alt








ここ清水マリンパークは、併設しているエスパルスドリームプラザという大型の商業施設があったり、遊覧船乗り場があったりと、一般の方が多くいらっしゃいます。

この日もオフ会参加以外の方々もたくさん見に来ていました。
「これは何の集まり?すごいキレイだね」なんてよく言われました。




謎の亀の散歩も見ました。。
亀は地面暑いの大丈夫なのか
alt






ではここで、インパクトブルーのグループ紹介です。

■インパクトブルーとは?
インパクトブルーは、「青い車をみんなで走らせて、青い車が並んでいるのを見てすごいなと思って欲しい」というコンセプトから「みんなでどこか行って楽しもうよ!」という想いを元にツーリングオフメインで楽しんでいるグループです。

■活動エリアや頻度
主に関東近郊での活動です。
静岡・長野・山梨等へツーリングにいきます。
2ヶ月に1回のツーリングオフがメインで、隙間で番外編のオフが開催されたり。

■参加条件
まずはグループに参加表明をしてください。
いくつかのグループ基準を満たす方かどうかを確認させていただくそうです。
・ちゃんとメールのお返事等が出来る方
・青い車が納車済であること
・みんカラ上に愛車登録がちゃんとされていて、画像設定がされていること(青とわかること)
・ツーリングオフに来たいという方


考え方としては、同じところで集まってダベってたりすると飽きちゃうし、改造等のいじり競争とかよりは、走る方をメインに楽しもう!

というお考えなグループです。

ご興味ある方は、こちらか、

グループ代表のえろぽん75さんにメッセージしてみてください。



alt

alt

alt




オフ会の様子に戻りまして、昼食後はみんなでビンゴ大会と記念撮影。
alt


ということで、オフ会も無事終了(中締め挨拶御指名恐縮です)

参加された皆様、運営に関わった皆様、えろぽん75様、キャンにゃん様、ありがとうございました!
幹部が二人しかいないと聞いた時は「えぇぇぇ!」って思ったのですが、グループ内のみんなが自発的に運営を手伝ってくれていました。
引き続き、みんカラでグループをエンジョイして頂けたら嬉しいです!





おわり


Posted at 2019/03/26 17:01:43 | コメント(17) | トラックバック(2) | オフ会にお邪魔企画! | 日記
2019年03月20日 イイね!

カ~モンベイビ~アメリカッ!!な性能に我が家の大統領も大絶賛!? アメリカNo.1のガラスクリーナーを試してみた!【PR】

カ~モンベイビ~アメリカッ!!な性能に我が家の大統領も大絶賛!? アメリカNo.1のガラスクリーナーを試してみた!【PR】みなさん、こんにちは。

みんカラスタッフのTAKASHIです。

先日甥っ子をクルマに乗せたらDA PUMPの「U.S.A.」を流してとせがまれました。


家に帰ってもひたすら『カ~モンベイビ~アメリカッ!!』と口ずさんでいます。

どうやら幼稚園では空前のU.S.A.ブーム。紅白にも出ていましたしね。

今回は、そんなカ~モンベイビ~アメリカッ!! な商品をご紹介します!

それがこちら!



呉工業さんが『パシフィックオーシャン 一飛び』させたアメリカ生まれの自動車用ガラスクリーナー「Stoner(ストーナー)インビジブルガラス」です!

「インビジブルガラス」は、U.S.A.でNo.1の販売数(※)を誇る超メジャーな自動車用ガラスクリーナー。

※Glass Cleaner Brand Dollar sales – NPD Rolling 12 Months Feb. 2017

そんなインビジブルガラスの最大の特長が、サッと簡単に汚れが落とせるにも関わらず、拭きスジがゼロなところ。

今まさに猛威を振っている花粉や、冬の間ほったらかしてカチカチになった泥や融雪剤、これから増えてくる虫の死骸や鳥の糞も一発で簡単・キレイにしてくれます!

論より証拠。早速試してみしょう。

こちらが今回の被験車。仲間の中古のオープンカー…ではなく、「DS7クロスバック」です。笑



ボディカラー「オルビザンタン」が眩しく輝いているようですが、フロントガラスをよくよく見てみると・・・



あら・・・



あらら・・・



あららら・・・。

被験車としてはこれ以上ないくらいパーフェクトですね!苦笑

早速キレイにしていきましょう。施工はいたって簡単。



シュッとスプレーして拭くだけ!


ボトルもアメリカンサイズでたっぷり入っており、噴射も広範囲なのでとっても使いやすいんです。



持ち手も指に添うような形状で握りやすいですね。


汚れが落としづらいこんな所も・・・



こんなにクリアに!!



ワイパーで拭き伸ばされた虫の死骸も・・・



この通り!


(もはや何を撮っているのか分からない・・・。苦笑)

お子さまがいらっしゃる家庭は、車内の窓に指紋がベットリと付いていませんか? 私も先日甥っ子に付けられちゃいました・・・汗

インビジブルガラスは内窓にも使えるのがいい所♪

実験のためにアブラギッシュなスタッフの手を拝借。


※全米を震撼させた事件写真ではありません。

シュッとスプレーして・・・



拭き上げるだけでこんなにクリアに!



これにはMr.アブラギッシュも驚いておりました。

驚異的な洗浄力は、独自の「ClearDry」成分のおかげ

界面活性剤や着色料を含まないので、拭きスジが一切残らないんです。

やってみると実に気持ちがいいんですよね~。

さらに「インビジブルガラス」の洗浄力はそのままに、撥水効果をプラスした「クリーン&リペル」もあります。



こちらも、シュッとスプレーして拭くだけで簡単洗浄&撥水コートまで出来ちゃう優れもの。



撥水した水がキレイな玉になってますね~。



実際にやってみると違いは一目瞭然です。



※画面左側が未施工、右側が施工済み


雨天時の走行で効果を発揮しそうですね!


さらにさらに、「インビジブルガラス」は家の窓やガラスなんかにも使えちゃいます。



早速やってみましょう。



ホワイトハウスからの眺め…ではなく休日の練馬区の様子ですが、窓ガラスをよくよく見てみると・・・



雨染みだったり・・・



年末の大掃除で使用した洗剤の残りが、月日と共にこんな悲惨な状態に・・・。

我が家では合衆国大統領よりも絶大な権力を有する妻から「もう汚いじゃん!」と怒られる始末・・・トホホ涙

我が家の大統領をギャフンと言わせてみせましょう。シュッとスプレーして拭き上げると・・・



こんなにクリアに!

これには大統領・・・ではなく妻も「あらキレイじゃない。拭きスジが残らなくて凄く良いわね!」と大満足のご様子。ヨッシャ!!

せっかくなのでガラス製のTV台にも試してみます。



ホコリは毎週はらっているのですが、執務室という名のキッチンに近いので空気中の油とホコリが交わって中々落ちないんですよね。

シュッとスプレーして・・・



拭き上げると・・・


(ガラスにピントを合わせているのですが、透明すぎてピンボケのような写真に・・・。)

クリアでピッカピカに!! 大統領のご機嫌はますます良くなりました

年末の大掃除ならぬ、年度末の大掃除で、クルマも家も心も(?)きれいな状態で新年度を迎えてはいかがでしょうか??

ストーナーの詳しい情報はこちら!!

カ~モンベイビ~アメリカッ!!
2019年03月18日 イイね!

カスタムの旬がやってきた!? アドミレイションさんの新作パーツにご注目!【PR】

カスタムの旬がやってきた!? アドミレイションさんの新作パーツにご注目!【PR】こんにちは、スタッフPPです。

卒業式や入学式のシーズンですが、つくづく思うのは女性って“変身”する楽しみがあっていいなぁってこと。普段はぽやっとしてるくせに、急にイイとこの奥さん仕事ができるキャリアウーマン(なんか古臭い表現?)風になったり……。気分転換にもなるだろうし、なんだか愉しそうに見えます。ただし、それなりに時間はかかるようですが。。



さてさて、普段はカラオケの貸衣装ぐらいでしか変身できない男性陣はどうしたらいいのでしょう?……ありますよね、僕たちには、あれが! そう、ク・ル・マです(笑)

たとえ見慣れた愛車だとしても、エアロパーツや足回りのインチアップ、LEDライトなどなど、ほんのちょっと変えるだけでも個性を表現できるし、気分転換としても最高です。とくに、冬タイヤから夏タイヤへ履き替えようとしている今は、ついでにドレスアップやカスタムしちゃうにも悪くない季節です。



というわけで、今回はメーカー純正のアフターパーツも取り扱う「アドミレイション」さんにフォーカス! ぐっとゴージャスに、ぐっとスポーティになった「CX-8」と「オデッセイ」をご紹介していきますよ~。



まずは「CX-8」。ポスト・ミニバンを提案する3列シートSUVは素の状態でもプレミアム感があって、なかなかに憧れの存在になっていますね。とはいえ、CX-8のみならず、CX-5やアテンザといった他のマツダ車も同じ魂動デザインを採用しているので、個性を主張しにくい面もあったり……って、このCX-8は“違いを出しまくり”じゃないですかぁ~(笑)



まずフロント周りでは、ダクト&フラップ&リップを融合した「フロント・ハーフスポイラー(5万2000円~)」や、マツダエンブレムを廃して無国籍風になった「フロント・グリル(5万円~)」、さらには純正バンパーに対応した「3連・LEDスポット(約3万2000円~)」も相まって、ゴージャスかつ迫力のある顔を形成しています。



なかでも無国籍風の「フロント・グリル」にご注目! マークレス化や立体的な造形によって、大胆かつエレガント、そしてオリジナリティのある面構えになっています。

もちろん運転支援システムの「i-アクティブセンス」や「360°ビュー・モニター」などは問題なく機能するそうです。ちなみに「CX-8」だけではなく「CX-5」にも同じデザインのフロント・グリルがリリースされています!



サイド部では、純正フェンダーから20mmダウンしてタイヤとのクリアランスを狭めた「オーバーフェンダー(6万4000円~)」「サイドステップ(5万2000円~)」が視覚的なローダウン効果をもたらしていますね。





リアビューも鮮烈かつゴージャス! なかでもフロントと同じテイストの連続ダクトを採用する「リア・ハーフスポイラー(4万8000円~)」と左右2本出しの「エグゼクティブマフラー(1万9000円~)」が、どっしりとしたワイド感やスポーティな走りを予感させるオーラを増幅させています。



■アドミレイション CX-8の詳細はこちらから~



続いて、こちらも3列シートを採用する「オデッセイ」。両側スライドドアによる利便性に秀でたミニバンながら、走りも得意とするキャラクターを持っていますね。前期型で好評だったパーツ類が、後期型(H29/11~)にも用意されました!






純正のメッキガーニッシュを活かしながらも動きのある3Dデザインを採用した「フロントハーフスポイラー(4万6000円~)」のおかげで、グッグッとロー&ワイドな印象を強めています。



約20mmダウンとなる「サイドアンダースポイラー(5万4000円~)」も純正メッキに沿うようにデザインするなど、純正ボディとの一体感を追求していることがうかがえます。6連ダクトを基調とした「リア・ハーフスポイラー(4万8000円~)」も存在感バツグン! ちなみに両パーツともに前期型/後期型を問わずに対応していますよー



そして、2WD車専用の「エグゼクティブマフラー(12万8000円~)」はアップグレード感が強烈な大口径ながら、車検にも対応しています。



■アドミレイション オデッセイ(前期型/後期型)の詳細はこちらから~

春らんまんの到来に向け、愛車のカスタマイズ計画を練ったり妄想をふくらませたりするのもいいかもですね~♪

twitter
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「【残りわずか!】
総額5,000円相当の公式グッズが入って2,000円!みんカラ福袋をゲットするラストチャンスです!
ぜひチェックしてみてくださいね(*゚∀゚*)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/minkara/hb20192000.html
何シテル?   04/12 17:22
このブログでは、みんカラの開発・運営スタッフが、 みんカラ内の機能やトピックスをご紹介します。 ※スタッフ個人が記載した内容は、株式会社カービューの...

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ラゲッジランプ増設 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/26 14:27:14
NO BRAND ポータブル USB 電動ハンダゴテ 5ボルト8ワット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/10 16:05:42
みんカラフェイスブック 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/16 12:44:42
 

愛車一覧

その他 その他 イベントカー (その他 その他)
イベントでブース出展に使うレンタカーです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.