• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ガオブルーのブログ一覧

2018年11月03日 イイね!

京都小旅行:前編~焼き鳥「鳥せゑ」@四条河原町

この日は今年二度目の京都小旅行。何度でも来たくなるのが、京都なのだ。
前回近くまで来たけど行けなかった八坂神社を参拝。


ちょうど、「君の名は」で出てきたような雅楽の一シーンを拝見。美しかったと思います~。

ここから散策して、清水寺の門まで参拝。

改修中だと言うのに、とても賑わってました~。

宿に戻って、この日は一昨年に行った酒蔵小路を再訪するつもりだったのだけど、
実際ここからは遠いので今回は断念、近場のお店を探したら・・・

鳥せゑ」なる焼き鳥屋を発見~!

今宵の酒場と相成りました~\(^o^)/

生ビールはアサヒのドライ。とりあえず2~3杯は一気にいけるビールですww
でも瓶ビールのメニューには

ハウステンボスで買ったビールもありました。これも縁というヤツですね~!


メインは、おやどり焼き。

歯応えが良い鶏肉に、塩コショウがピリリと効いてます。そしてキャベツ。
博多スタイルの水炊きや焼き鳥もそうですが、鶏肉にはキャベツが合うの法則通りでした~!

串焼きは・・・写真で観て思い出すと・・・

ハツ・ネギま・ささみわさび・皮・・・ささみと皮は、ちょっと焼き過ぎかな、固い印象でした。

日本酒メニュー。

この日は、神聖の生原酒と濃醇、2種類いただきました。生原酒が柔らかくてコク豊か、
美味しかった!

そぼろご飯をいただいて〆~!




ま、評価するなら、美味しかったけど鶏へのLOVEがもうちょっと足りないかな・・・
もうちょっと美味しくできるはずです。




帰りの道すがら・・・


古高俊太郎邸跡を発見~!池田屋事件の切欠となった志士です。。。

京都の呑み歩き~楽しい一夜でした\(^o^)/


Posted at 2018/11/07 01:17:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2018年11月03日 イイね!

NFL2018:Week8の感想


ドルフィンズ@テキサンズ 23-42

開幕3連勝後、1勝3敗と下り調子のドルフィンズと、開幕3連敗後、4連勝と上り調子の
テキサンズ。勢いの差は明らかだった。

ドルフィンズは、エースQBタネヒルがケガで欠場中。控えQBはあのオズワイラー。
ブロンコスから大金でテキサンズに引き抜かれたものの、不振で1年で放出された選手だ。
その後ブロンコスに出戻ったものの、今季からドルフィンズの控えを務めていたようだ。

ドルフィンズは最初のドライブこそTDで先制したが、その後テキサンズ守備陣に阻まれ
前半の追加点はFG1本のみ。その間にテキサンズは2本のTDを上げて、10-14で前半終了。

後半はテキサンズが着実にTDを重ねていく一方で、ドルフィンズはペイトリオッツから
移籍してきたWRアメンドーラがパスを投げるという奇策でTDを奪うものの、その後の
追加点はFGのみ。結局ドルフィンズは差を縮めることができず完敗となった。

オズワイラーは、TD無しで1INTが響いてレーティング65点。
テキサンズの2年目QBワトソンは、シーズン序盤の不調がウソのような活躍で、5TD、
INT無しでレーティング150点と、ほぼ満点を記録。

テキサンズの守備の要JJワットは、1サックを加えて今季8個目。1試合平均1個のペースだ。
テキサンズのレシーバー陣は、エースWRホプキンス、3年目WRフラー、新人TEトーマスなどが
活躍。さらにエースRBミラーが18回133y走るなど、投走守揃ったチームになった。

これでテキサンズは5連勝。AFCではチーフス、ペイトリオッツ、チャージャーズに
次ぐ成績となっている。今後のスケジュールでは同地区のタイタンズ戦、ジャガーズ戦
のほか、Week16の@イーグルス戦に注目したい。

ドルフィンズは、4勝4敗のイーブン。今後は、Week10の@パッカーズ戦、Week14の
ペイトリオッツ戦、Week15の@バイキングス戦が強敵だ。この3チームから少なくとも
1勝はしないと、プレイオフ入りの目安10勝には届かないだろう。



イーグルス@ジャガーズ 24-18

7万5千人以上の観客が集まったという、今季最後のロンドンゲームは我らがイーグルス。
派手さはないが、攻撃と守備の良いところがそれぞれ出た好勝負となった。

序盤は静かな展開。先制はジャガーズのFG、1Qの得点はそれだけだった。
2Qにイーグルスとジャガーズが1本ずつFGを蹴り合った後、前半終了間際にQBウェンツの
TDパス!10-6で試合を折り返す。

後半最初のドライブでウェンツがTDパスで追加点を上げると、ジャガーズもQBボートルズ
のTDパスで食らいつく。ここでマローン監督は2ポイントコンバージョンに挑戦。
キックで4点差とするよりも、FGの3点差に詰め寄ることを選択したが、あえなく失敗。
ここでもとっておきのプレイは無かった。

イーグルス守備陣はレッドゾーンまで攻め込まれるも、TDは許さないしぶとい守りで
追加点をFG2本に抑え、ウエンツが3本目のTDを決めて勝負あり。

この試合では、イーグルスの新人RBアダムスがチームトップの9回61yの活躍。
解説の人が、スティーラーズのベルを巨体にしたような感じと言っていたが、確かに
味方の攻撃ラインが穴を開けるまで待てるタイプ。しかも当たり負けせず、なかなか
倒れにくい大柄なRBは、イーグルスに必要なタイプのRBだ。今後も注目したい。

ウェンツの成績は、21/30で成功率7割!286y、3TD、1INTでレーティング120点。
これで4試合連続110点越えだ。安定したQBingと言えるだろう。

一方ボートルズは、24/41で成功率6割以下、286y、1TD、INTなしでレーティング88点
とやや物足りない印象。パンサーズのQBニュートンのように、QBの調子がチームの勝敗
を大きく左右してしまうチームだ。

この試合では、モバイル型QBのボートルズを4サック、ラン8回43yに抑え、ジャガーズ
のランをトータルでも17回70yに抑えているイーグルスの守備陣も良かった。
昨季のような前に強い守備ラインが復調していると言えるだろう。

これでイーグルスは4勝4敗のイーブンで、BYEに突入、ベストなタイミングだろう。
投走守蹴返5拍子揃ったバランスの良いチームを目指して、後半も頑張って欲しい。



セインツ@バイキングス 30-20

昨季のプレイオフ2回戦の再戦となったこのカード、その時は劇的な逆転TDパスで
バイキングスが決勝戦に駒を進めたが、この試合では前半後半ともに安定していた
セインツが、一発逆転を許さない点差をキープして快勝した。

前半は互角の展開。両チームともオープニングドライブでTDを取り合った後、
セインツの攻撃が3&アウトに抑えられると、バイキングスがフリーフリッカー
などのとっておきのプレイでドライブを進め、逆転のTD(PATは失敗)を決める。

その後、今季ここまで被インターセプトなしだったQBブリーズから、バイキングス
守備陣がインターセプトを奪い、これでバイキングスがモメンタムを取ったかと
思われたが、レッドゾーン内でファンブルロスト、しかも54yもリターンされてしまう。
これをTDランで決めて、17-13で前半終了。3点は確実だったところを7点の失点、
計10点分に値するファンブルロストだった。

3Qの最初のセインツのドライブはFGで抑えたバイキングス、7点差を追って開始した
バイキングスのドライブは、QBカズンズのパスがセインツのCBウィリアムズに
インターセプト、45yリターンTDを決められてしまった・・・

結局これで勢いを失ったバイキングス。終盤かろうじてTDを返したものの、
昨季の再現とはならなかった。

バイキングスの守備はよくやっていたと思う。攻撃陣の失点の14点を除けば、
セインツのハイパーフェンスを16点で抑えていることになる。これでバイキングスは
4勝4敗。今後の日程では、混戦の同地区対決がライオンズ戦2つ、ベアーズ戦2つ、
パッカーズ戦が1つ、そしてWeek13に@ペイトリオッツ戦が注目だ。

セインツはこれで開幕週の敗戦後、6連勝。Week9の全勝ラムズとの1戦は、
NFCの頂上対決となるだろう。イーグルスもWeek11で対戦する。
どちらも楽しみ、良い試合を期待する。

【追記】
あと、興味深かったのはセインツ背番号7の控えQBテイサム・ヒル。
キックオフリターン2回、レシーブ1回、ラン3回、パス1回を記録しているほか、TEやFBの
ようにRBのリードブロッカーを務めた。控えQBをケガする可能性の高いポジションに
用いるのはとても不思議だが、こんな記事も発見。
メジャーリーグの大谷選手は二刀流で話題だが、こちらは五刀流くらいか?ww
専門職・役割分担のNFLで今後どう成長するか、楽しみな選手だ。



ブラウンズ@スティーラーズ 18-33

開幕週で引き分けた両チームの再戦。ブラウンズは今季期待できると思っていたが、
ここまでで2勝4敗1分け。レイブンズにもロースコアゲームの末勝ってはいるものの、
勝負強いところを魅せられてはない。

スティーラーズは、3勝2敗1分けで僅差ながら地区首位。BYE明けのこの試合では
スティーラーズ有利と観ていたが、予想通りスティーラーズの圧勝となった。

とにかくブランウンズ期待の新人QBメイフィールドのパスのコントロールが良くない。
ミドルパス以上のレンジでは、どれもターゲットの頭上を大きく越えてしまう。

成績は22/36で成功率61%、180y、2TD、1INTでレーティング81点だったが、もっと
悪かった印象だ。機動力もあってよくパスラッシュをかわしてはいたものの、
それでも2サックを食らっていて、味方の攻撃ラインに十分守られていなかった。

ブラウンズの守備陣は、失点でもヤードでも良くないが、ここまで奪ったターンオーバー
が20個でNFL1位を誇る。奪ったターンオーバー数から与えてしまったターンオーバー数
を引いたターンオーバーマージンでも、+11でNFL1位だ。

ブラウンズが十分勝ち越しを狙えるチームだと思っていた理由がこれだったのだが、
それだけで試合に勝てるわけでもないようだ。。。

結局この試合を最後に、ジャクソン監督とトッド・ヘイリーOCが解雇
DCのウィリアムスが暫定監督となったのは、一応守備陣の改善が評価されたのか。

下位に低迷するチームの中でも、レイダースは今季主力選手を次々に放出し、
来季以降のドラフト権を確保して、来季以降のチームづくりに専念している。
これもアメフトの一面だが、ブラウンズの来季はどうなるだろうか。

スティーラーズは、契約問題で揉めたエースRBベルを欠いた状態でも、調子を上げてきた。
新エースは2年目のジェームズ・コナー。この試合では24回146y、2TDの活躍だ。

おそらくベルの出番は今季はもうないだろう。あれほど優秀な選手でもちょっと間違えると
出番が全くなくなる。厳しい競争社会だ。





Posted at 2018/11/06 17:37:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | NFL | 日記

プロフィール

「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION http://cvw.jp/b/285856/42310686/
何シテル?   12/19 01:47
前愛車のライオンマークが、ハンドル名の由来です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

仮面ライダーW (ダブル) (o´艸`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/02 23:08:23
スタッドレスにして500kmほど 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/25 22:58:24
Harman / Kardon オーディオ インプレッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/15 21:23:10

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ クーペ ミドブルー (BMW 2シリーズ クーペ)
卓越したエンジン&ATと、FRらしいハンドリングが自慢の愛車です。2014年4月購入。 ...
プジョー 406 セダン ガオレッド (プジョー 406 セダン)
卓越した乗り心地とハンドリングが自慢の愛車です。 2003年11月購入。 燃費等の走行 ...
ホンダ シビッククーペ くーちゃん (ホンダ シビッククーペ)
初めて買ったクルマです。1993年5月購入。 実際は父が出してくれました。全額返すつもり ...
ホンダ インテグラ ○○号 (ホンダ インテグラ)
食料大臣が独身の時の最初のクルマです。 1995年の春~夏頃購入。 赤のクーペ、めちゃ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.