• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ガオブルーのブログ一覧

2013年02月26日 イイね!

アカデミー作品賞は「アルゴ」

今回のアカデミー作品賞は「アルゴ」らしいですね!

だいたい自分の好みの作品がアカデミー賞に選ばれることは少ないので、
あまり気にしてはなかったのですが、観て楽しく、良い作品だと思った映画が
受賞するのは、嬉しいことだし、何だか得した気分でもあります。

自分の感想はこちら

政治的な思惑や、悪役に描かれたイラン側の反発、「プロパガンダ」という批判は
あるだろうし、難しい問題をはらんでいるとは思うけれど、そういう国際情勢を
学ぶ教材としても、エンターテイメントとしても良くできていると思います。


でも、政府批判の作品が作られる一方、政府万歳の作品も作られるというのは
健全なことだと思うし、そうでない社会のほうが危険なことなのだと思います。

Posted at 2013/03/02 22:43:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記
2013年02月23日 イイね!

焼き鳥「神」@福岡市中洲

二軒目を探す途中、ゲーセンの「スリルドライブ3」で飲酒運転。
このゲームは、なんか妙にリアルな事故の再現映像が怖くて面白い。
何度か事故ったけど、無事ゴールできて良かった。まだ酔いは浅いうちだ。

以前行ったことのあるバーなどを訪ねてみたけど、お店が変わってたり
満員だったりなどで断念。「もぐらのサルーテ」なんか、昔はちょっと
変わったオーセンティックバーだったと記憶してたのだけど、キャバクラ?
っぽくなっててびっくりした。もちろん、慌てて踵をかえしたけど。

歩き回っているうちにまたお腹すいてきたので、どこかの居酒屋か「旭軒」の
餃子にしようとキャナル方面に向かって歩いていたら、見つけた焼き鳥屋。
結局焼き鳥の食べ比べになってしまったwww


店内は、先ほどのようにオシャレではないけど、正統派って感じの焼き鳥屋。
キレイだし、古ぼけた感じは全く無い。10人分以上あるカウンター席と、
座敷にテーブルがたくさんある広い店舗だ。

ビールはアサヒのドライ。だが、二軒目ともなるとそれはパス。
ここにも獺祭が置いてあって嬉しい。

最初のお酒は、鳥取の地酒こなきの純米。鳥取のお酒なんてレアだな~。
水木しげる繋がりで、「子泣き爺」からの命名だとか。

二杯目は萬寿同様、プレミア日本酒の雪漫々。
こちらはフルーティな香りが際立つお酒だ。

日本酒の品揃えは一軒目のほうが豊富だが、こちらは焼酎の品揃えが凄かった。




ささみわさびは、さっきの店と甲乙つけがたし。
焼き加減・わさびの質ともに良かった。



焼き鳥の塩加減はこちらのほうが自分好みだったが、皮はパリパリ過ぎだったのは残念。


〆も同じ、鶏にゅうめん。こちらの鶏スープのほうが濃厚で良かったと思う。



そのほかのメニューはこんな感じ。葱鍋はぜひ食べてみたい。

というわけで、思いがけなく焼き鳥屋ニ連戦だったけど、激戦区中洲にあって
それぞれ個性が出ていて良かったと思う。なかなか中洲には来れないけど、
今度は大人数で鍋をつつきたいね。


Posted at 2013/02/28 22:47:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2013年02月23日 イイね!

焼き鳥「八」@福岡市中洲

この日は趣味のイベントのために福岡入り。いつもなら大名のお気に入りの
焼き鳥屋を予約して行くところだけど、時間が不確定だったので断念。
中州をウロウロして良さそうな焼き鳥屋に飛び込む。中州にある店にしては
一串90円からと値段がリーズナブルなのと、お酒のメニューが良さそうだったからだ。

店内は黒を基調にしたオシャレな内装で、客層も女性が多かった。
8人分くらいのカウンター席と、4人用テーブルが5卓くらい。
この日はテーブルがだいたい埋まっていたので、カウンター席を陣取る。

ビールはアサヒのドライ。呑み飽きずに何杯でも呑めそうだ。
好物の串物を選んで何本か注文。何本かずつに分けて出てきたのは嬉しい心遣いだ。
福岡流のタレキャベツの上に直接置かれる。


ささみわさびと鳥モモ。このささみわさびは良かった。わさび以外にもいろいろ味付けがある。


豚バラとうずらの卵。


つくねは黄身を添えたものをオーダー。単にタレだけ、塩だけも頼める。


ちなみに、味付けに塩とポン酢・柚子胡椒が別に用意されるのは嬉しいサービスだ

お酒は予想通り、かなりの品揃え。300mlビンの冷酒メニューが特に充実していた。
獺祭のあるところにハズレなし。この日は福岡の銘酒寒北斗を注文。

一口目、ノド越し、余韻のいずれも美味しい、バランスの良いお酒だ。

二杯目は久保田の萬寿。グラスで1K円だが、たまにはこのクラスのお酒を
嗜んでおくべきだろう。わずかな甘さと透き通ったようなキレが光る。


串もの以外のオススメメニューはこんな感じ。
豚のしゃぶすきは、ぜひ食べてみたいと思った。


〆は鶏にゅうめん。鶏スープのにゅうめんは美味いよな~。
福岡の焼き鳥屋に増えてきたメニューで、いろんなところで食べられるように
なってきたのは嬉しい。


まだまだお腹に余裕はあるものの、せっかくの中洲の夜。
二軒目を探しに、ここはこれでお勘定。
さて次はどこに行こうかな・・・
Posted at 2013/02/26 21:34:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2013年02月22日 イイね!

炉端焼き「磯くら」@湯田温泉

今日は独り呑み。以前から気になっていたけど、一杯でなかなか入れなかった「磯くら」へ。

湯田温泉のメインストリートの松田屋の交差点から1ブロック入ったところにあり、
かつては東京庵というお蕎麦屋さんが入っていたお店。
いつもお客さんで賑わっていて、人気のあるお店なのは間違いない。

炭火の焼き場を囲むようにコの字型のカウンターは、15人分くらいの席があって、
テーブル席やお座敷もいくつかあり、さらに2階にも広間があるようで、結構広い店舗だ。
厨房の職人さんが3人くらい、フロア係の店員さんが3人くらいで回している。
この日は職人さんの手元が良く見える、カウンター席の奥に案内された。

ビールはキリンの一番搾り。説明するまでもない二大メジャーブランドの一つだ。


お通しは、鶏の南蛮漬け。食欲が刺激されて前菜にぴったり。
さて、このお店のメニュー(の一部)は・・・

期待以上に焼き物が豊富。肉も魚もどちらも美味しそうだ。
まずは長州鶏のももで、ビールを楽しむとしよう。

しっかりと火を通してあるけれど、柔らかい肉質でジューシーな旨みたっぷりだ。
塩加減も絶妙、添えてあるのはレモンと柚子胡椒だ。


焼き魚はサバの一夜干し。ハーフを頼んだけど、見た目は丸々一尾分。
裏返すと半身だったけど骨付きのサイドだったので、アタリなのかな?

魚にはお酒を合わせよう。日本酒のメニューはこんな感じ。

有名な山口の地酒はほとんど揃っていた。この日は、金冠黒松の純米と空木を呑んだ。
どちらも純米酒らしい米の旨さを中心に据えて、金冠黒松はキレを、空木はコクを
強く感じさせるような味わいだった。

今日はこのまま和食風のコースにしよう。
貝汁と茶碗蒸し。




〆は葉わさび茶漬け。〆にはあまり辛いものを選ばないんだけど、
これはさっぱりした辛さでちょうど良かった。

とにかく焼き物のメニューがどれも魅力的。
炭火で目の前で焼いてくれるので、待つ間も楽しい。
初めて来たけど、早速お気に入りのお店になりました。
Posted at 2013/02/25 21:39:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2013年02月17日 イイね!

ヘアスプレー&魔法使いの弟子

この日も映画を二本、録画していたものを鑑賞。
アメフトのシーズンが終わったことだし、観ておかねばならないものが一杯残っていた・・・


「ヘアスプレー」
バルチモアを舞台にしたミュージカル映画。
ジョン・トラボルタを特殊メイクしたという奇策が無くても、良い映画だったと思う。
キャスティングでいえば、クリストファー・ウォーケン、強面だけど、こんなにも
歌が上手だったとは思わなかった・・・!


自分的には、X-Menシリーズのサイクロップスの中の人が、楽しそうに歌って
踊ってるだけでも十分よし。「魔法にかけられて」も好きな作品の一つ。

今観れば踊りのステップも古臭いし、髪型・ファッションも時代を感じさせるけど、
それをひっくるめてあの時代の映画・パフォーマンスってこんなだったよね、
とノスタルジー溢れる映画だった。



「魔法使いの弟子」
ブラッカイマー&ニコラス・ケイジの、ファンタジー・マジカルバトル映画。
当然「あの」お掃除のシーンも良くできているし、楽しい。

「ザ・ロック」「コンエアー」「ナショナルトレジャー」と、このコンビの映画は
いろいろあったけど、それらに比べればこの作品は多少見劣りしてしまう、かも

ストーリーはともかく、世界の滅亡がかかっているのに好きな女のことしか
考えらない、って設定は「トランスフォーマー」的だ。



最終シーンは、波動拳orかめはめ波!
言い方は違えども、そんな感じのバトル映画だ。


最後は、かめはめ波を連発して勝ち!
え~!!!それでいいのかな・・・?
Posted at 2013/02/23 01:37:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記

プロフィール

「長崎おでん「はくしか」@中洲 http://cvw.jp/b/285856/42203032/
何シテル?   11/19 19:26
前愛車のライオンマークが、ハンドル名の由来です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

仮面ライダーW (ダブル) (o´艸`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/02 23:08:23
スタッドレスにして500kmほど 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/25 22:58:24
Harman / Kardon オーディオ インプレッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/15 21:23:10

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ クーペ ミドブルー (BMW 2シリーズ クーペ)
卓越したエンジン&ATと、FRらしいハンドリングが自慢の愛車です。2014年4月購入。 ...
プジョー 406 セダン ガオレッド (プジョー 406 セダン)
卓越した乗り心地とハンドリングが自慢の愛車です。 2003年11月購入。 燃費等の走行 ...
ホンダ シビッククーペ くーちゃん (ホンダ シビッククーペ)
初めて買ったクルマです。1993年5月購入。 実際は父が出してくれました。全額返すつもり ...
ホンダ インテグラ ○○号 (ホンダ インテグラ)
食料大臣が独身の時の最初のクルマです。 1995年の春~夏頃購入。 赤のクーペ、めちゃ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.