• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ガオブルーのブログ一覧

2018年03月31日 イイね!

タイヤ交換&定期点検と代車の320i Xdrive Mスポ

この週末にタイヤ交換と定期点検をディーラーにお願いしましたが、その間の代車に
320i Xdrive Mスポーツをお借りして、この2日間じっくりドライブを楽しんできました。


3サイズは4645×1800×1535と、当然ながら我がミドブルーよりも一回り大きいサイズ。
それでもクラウン同様、頑なに横幅1800mmを守っているところがエラいと思います。
ベンツCクラス、VWパサートなど、このクラスはそれ以外皆1800越えてますからね。


白いクルマは所有すると手入れが大変ですが、代車として乗るには関係なし。
ピカピカの新車のようで、何と走行距離はたったの2500キロ程度。これは嬉しい。


タイヤは、ミドブルーが今履いているのと同じ、コンチのスポコン5。
前後で異なるサイズで、前が225/45R18、後ろが255/40R18。かなり幅広・扁平タイヤです。

エンジンは、スペック上はミドブルーと同じ184ps/27.5kgmですが、4年前のミドブルーから
少しずつ改良されているとのこと。

何より、Xdriveこと四輪駆動が気になります。以前、X1やインプレッサG4を試乗した
ことはありますが、今回は試乗レベル以上に体験できる良い機会。
まずは、早速高速に乗ってみました。

高速合流時の加速・クルージングは、ほとんどミドブルーと同じです。
こちらのほうがボディサイズや重量増のおかげで、路面の変化や風の影響を受けにくく、
またハンドルもしっかり重量感があって、高速安定性・直進性が高くて疲れにくい印象です。

走って気づいたのは、ドアミラーの内側にある△の警告灯。

ドアミラーの死角になるところにクルマがいると、黄色く光って警告してくれます。
これは、非常に便利な機能でした。

クルコンも、以前アウディA3 e-tronで体験したレーダー式の前車追従型のもの。
混み合った高速道路やバイパスで便利でした。


ワインディングをスポーツモードで走ってみると、がっちりと路面をグリップした
パワフルな走りを体験できます。Mスポのサスペンションも固すぎず、思ったよりも
乗り心地も悪くなく、それでいてクルマの挙動が安定していて走りやすい。
Mスポーツのサスペンションも良いもので、見直しました。

ただワインディングでは、軽快感でミドブルーのほうが楽しいですね。コンパクトFRの
回頭性の良さこそ、2シリーズクーペの最大の特徴ということも確認できました。


それから、舗装されていない農道も、短いながら走ることができました。
ミドブルーだったら、走るのをためらってしまうほどの道でした。
こういう時なら四駆の本領発揮。傾斜もあって細い道でしたが、安定して走れます。


ただしeco proモードはあまりにももっさりして、使う気になりませんでした。
アクセル開度がかえって大きくなってしまい、省エネどころか危険を招きそうな印象です。



インパネは、ミドブルーとほとんど変わりませんが、水温計が右端にあり、燃料系が
独立して左端にあります。代わりに、スピードメーターの下の空白は少々間抜けな印象。
燃料系はそのままスピードメーターの下で、左端は油温計か、ブースト計にすれば
完璧なインパネになると思いますが、いかがでしょうか。


この2日間でトータル500キロ走行、うち高速道路が400キロ、ワインディングが40キロ、
残りが市街地と農道、という内訳です。

何と、この走り方でカタログ値の14.9km/Lの数字を達成してしまいました。
これは素直に凄いです。
でもこの走り方だったら、ミドブルーで16km/L近く行くと思いますので、四駆と重量増
の影響がこの差に表れました。ただし、ミドブルーのカタログ値は16.7km/Lです。

XdriveとMスポーツの良さの両方を実感できた代車体験でした~\(^o^)/




そして、今回のミドブルーの定期点検ではバッテリーの交換も実施。
丸4年・11万キロと考えれば、ま、ちょうど良い時期でしょう。


今まで前タイヤとして使ってきた2代目タイヤの走行距離が3.6万キロ。
後ろタイヤとして使ってきた2.5代目タイヤの走行距離が1.2万キロ。

驚くべきことに残りミゾは、前者が3.6mm、後者が3.2mmと追い越してしまいました。
後ろタイヤ、減りすぎだ・・・orz

この冬まで持てば良いけど。。。




Posted at 2018/04/04 02:31:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2018年03月30日 イイね!

呑み会の前の花見散策「松濤街区公園@宇部市」

この日は、久しぶりに宇部での呑み会。
少し早めに着いたので、地元の人しか知らない桜の名所で、ちょいと花見散策。
ちなみに駐車場は無く、駅前あたりの駐車場に停めるしかないので要注意。

春分の日を過ぎ、日に日に日が長くなってきて、もうすぐ呑み会スタートというのに
まだ明るい時刻だった。



この3枚目の写真が、この日のベストショット。




カメラとアングルを調整すれば、こんな感じで夕暮れの雰囲気で撮れた。



この日は、お巡りさんが警備中。いたずらなど不埒なことをする人がいたのだろうか。。。

当然、お酒を呑む人や不愉快な花見客もおらず、子供たちも安心。


お隣の松濤神社にて。


土俵の跡らしきものを発見。「世の中は桜の下の相撲かな」を思い出す・・・


「世の中は桜の下の相撲かな」

木戸孝弁こと桂小五郎が、維新後に土佐藩士田中光顕に送った俳句。
(田中光顕は、中岡慎太郎率いる陸援隊のメンバーで、あの薩長同盟成立の場にも
同席していた。土佐藩士の中では、割と長州寄りのスタンスの志士だ)

「何のことか、自分にはわからぬ」田中がそういうと、木戸は笑っている。
「いいか、桜の下で相撲をとってみたまえ。勝ったものには、花が見えなくて
仰向けに倒れたものが上を向いて花を見るであろう。国事に奔走したものも
そんなものだろう。わかったか」と木戸は答えたという。

志半ばに倒れた仲間や、あるいは幕府側の敗者にも心くばる小五郎の仁が
現れているエピソードだ。さらにもしかしたら、近いうちにようやく自分も花が見える、
と予感していたかも知れない。

靖国神社に桜を植えたのも、小五郎だそうです。
現在行われている、靖国神社での奉納相撲を小五郎が観たら、きっと感激することでしょう。



頭に桜の景色を焼き付けて、呑み会で仮想花見酒を楽しみました~!


ちなみに過去の花見の記録はこちら。来年はどこに行こうかな・・・
2017年
2016年その2
2015年
2014年
2013年その2
2012年その2
Posted at 2018/04/02 22:54:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山口 | 日記
2018年03月29日 イイね!

酒税法上のビールの定義拡張

今年4月1日より、酒税法上のビールの定義が変更されます。
詳しくは、この辺のサイトを観ていただくとして、そのサイトより引用した画像がこちら。


要するに、今までビールと名乗れなかった一部の発泡酒もビールと名乗れるようになります。
輸入ビールの中には、これまでのビールの定義に合わず、発泡酒と表示されていたものが
ありましたが、それらもビールと表示できるようになります。

規制緩和の一環なのですが、外圧がらみかとも邪推してしまいますね。

ビールファンとしては、いろんな味・タイプのビールが開発されるのは楽しみな反面、
品質の落ちたビールが出回るのではないか、という心配もありますね。
これまでは、国産メーカーの「ビール」であれば、ハズレなく安心して呑めたのですが、
そうも言っていられなくなるかもしれません。

麦芽の割合も表示されるようになると良いのですが、それも実現は難しいでしょう。
となれば、副原料を使わない麦芽100%のビールはそのまま根強く残ると思います。
そうでないビールは、生き残りを賭けた生存競争にさらされるでしょうね。


気になる値段に関係する酒税はどうなるか・・・と言えば


第一段階の減税は、2020年10月。350ml缶で7円の減税です。。。
第二段階となれば、だいぶ印象は違ってくるかもしれませんが、それはまだまだ先の話。

まずは、この春の新製品に期待しましょう~!
Posted at 2018/03/30 00:16:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2018年03月27日 イイね!

春のタイヤ交換~!

南関東では桜が満開とのニュースを聞きましたが、山口ではようやく咲き初め。
でもここ数日は最高気温を20度を越えることもあり、今週末には満開となるでしょう。



こんな季節ですから、今週末にタイヤ交換する予定、冬タイヤはしばしお休みとなります。
なので、1シーズン目の記録を残しておきます。

今シーズンの走行距離は、ちょうど1万キロ。4か月弱での走行距離だから、
自分のいつものペースよりも早め。雪道ドライブが多すぎたせいでしょうかww

タイヤの残りミゾは、後ろが6.5mm、前が7.0mmといった感じ。後ろが倍のペースで
摩耗してますが、それでも予想以上の耐摩耗性のようで、一安心です。
ローテーションして使えば、3シーズン・3万キロは持ちそうで、良かった良かった。

今のところ雨や雪の日に、ヒヤリとしたことはありません。性能も文句なし。
三代目冬タイヤを買うことがあるのなら、同じ銘柄にするでしょうね!




【ミドブルーのタイヤに関する記事】
雪道ドライブ
ミシュラン「X-ICE3 ZP」インプレ
ミシュラン「X-ICE3 ZP」雪上テスト
2.5代目夏タイヤに交換~!
冬支度~!
2代目夏タイヤで2万キロ~!
2代目夏タイヤで1万キロ~!
「コンチスポーツコンタクト5 SSR」で5000km突破~!
コンチネンタル「コンチスポーツコンタクト5 SSR」インプレ
ピレリ「ソットゼロ3」 2シーズン目終了~・・・
タイヤコウカン~!!冬支度~!
夏タイヤで3万キロ走行~!
定期点検とタイヤコウカ~ン!
ピレリ「ソットゼロ3」雪上テスト
ピレリ「ソットゼロ3」
約8か月で2万キロ突破!
約100日でほぼ1万キロ達成~\(^o^)/!
走行距離5000km突破\(^o^)/

【ガオレッドのタイヤ関連記事】
さらばガオレッド!
ピレリ「ソットゼロ・セリエⅡ」通年履き後
ピレリ「ソットゼロ・セリエⅡ」 中間報告
雪見の深夜ドライブ
ピレリ「ソットゼロ・セリエⅡ」
タイヤの話


Posted at 2018/03/28 22:31:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2018年03月21日 イイね!

羽生竜王、今期名人挑戦決定~!

将棋界のブレイディこと、羽生善治竜王が今期の名人挑戦者に決定しました~!
(ちなみに将棋界のマニングは、渡辺前竜王です~)

しかも、最もタイトルに近いと言われている注目の20代棋士、稲葉八段と豊島八段を
破っての挑戦者決定ですから、見事なものです。羽生は衰えたと言ってたヤツは誰だ!?


しかも今期の名人挑戦は、タイトル通算100期めがかかった大勝負。
同時期に「竜王・名人」を名乗ったのは、谷川さん('97)・森内さん('13)・羽生さん('94・'95)
の3人だけ。13年ぶり3期目達成なるか!と注目される大一番です。

名人戦の日程はこの通り。

5~6月には結果が判明するというわけですね。


自分も応援している藤井六段のニュースはこちら。


A級棋士の糸谷八段を破って、王座戦挑戦者決定トーナメントに駒を進めました。

順調に行けば、この王座戦が最速タイトル挑戦・奪取ということになりますが、果たして・・・?


もう一つ、注目の竜王戦はこんな感じ。

あと2つ勝てば昇級決定、同時に七段昇段が決まります。

七段昇段、王座挑戦・奪取(ついでに言えば竜王まで獲ってしまえば八段に!)
最年少記録、期待したいですね!




Posted at 2018/03/24 14:02:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 将棋 | 日記

プロフィール

「鈴木亮平~大河ドラマから変態仮面まで http://cvw.jp/b/285856/42290088/
何シテル?   12/12 23:24
前愛車のライオンマークが、ハンドル名の由来です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

仮面ライダーW (ダブル) (o´艸`) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/02 23:08:23
スタッドレスにして500kmほど 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/25 22:58:24
Harman / Kardon オーディオ インプレッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/15 21:23:10

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ クーペ ミドブルー (BMW 2シリーズ クーペ)
卓越したエンジン&ATと、FRらしいハンドリングが自慢の愛車です。2014年4月購入。 ...
プジョー 406 セダン ガオレッド (プジョー 406 セダン)
卓越した乗り心地とハンドリングが自慢の愛車です。 2003年11月購入。 燃費等の走行 ...
ホンダ シビッククーペ くーちゃん (ホンダ シビッククーペ)
初めて買ったクルマです。1993年5月購入。 実際は父が出してくれました。全額返すつもり ...
ホンダ インテグラ ○○号 (ホンダ インテグラ)
食料大臣が独身の時の最初のクルマです。 1995年の春~夏頃購入。 赤のクーペ、めちゃ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.