• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年03月24日

プジョー505RHD の細かなこと 続き

プジョー505RHD の細かなこと 続き

みなさんこんにちは、キャニオンです。

当ブログでは、友人のプジョー505右ハンドル仕様について、たびたび取り上げているところです。

今日もエピソードを2つほど




【V6は輸入時マイルメーターだった】

505V6の右ハンドルは、西武自動車が特注で輸入したものですが、イギリス仕様車を、一部日本の保安基準に合わせただけで輸入された右ハンドル車は、当然にマイルメーターだったそうです。

alt


Km/h表示は赤字で併記されているので、そのまま輸入できたのでしょうが、当然ながら距離計もマイルなのです。

使いづらいと困ったオーナー氏は、たまたま西武に在庫があったキロメートル表示メーターアッセンブリーに取り替えたそうです。



ちなみに、写真の革巻きステアリングは505GTIからの移植で、メーカー純正オプション、なんとMOMO製です。


当時のカタログ抜粋

alt

ほら、誇らしげにMOMOの字が(笑)

ちなみに下は205ですね~。





【プジョー本社は西武自動車に騙された?】


物騒なタイトルですが、今となっては笑い話です。オーナー氏はV6RHDを輸入する前、最初はGTIのRHDを輸入していますが、その際のエピソードです。


日本で乗るには右ハンドルでなければならないと考えていたオーナー氏、輸入元に右ハンドルを輸入してもらえないかとお願いしたそうですが、当初の返答は、「左ハンドルに慣れてください」とのこと。その後、いろいろと手を尽くしたところ、熱意を感じたのか特別注文で輸入できることとなったのですが、


西武自動車「右ハンドル車を1台輸入したい」


プジョー本社「左ハンドルの間違いではないか?」


プジョー本社「なぜ右ハンドルが必要なのか」


西武自動車「(横浜に自動車のミュージアムをつくっているので)博物館に展示する」


プジョー本社「了解した」


そんなやり取りがあったそうです。まさかそのクルマが博物館に展示されることなく、北海道を走ることになるとは、プジョー本社はまったく知らないことだったようです。


では、また。

ブログ一覧 | クルマ趣味 | 日記
Posted at 2019/03/24 11:47:39

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

505の日なのでプジョー505のRHD ...」 From [ 徒然なるままに ] 2019/05/05 11:50
この記事は、プジョー505RHD の細かなこと 続きについて書いています。 本日は5月5日なので、505について、特に505のRHD(右ハンドル)について考えてみたいと思います。 505のRH ...
関連記事

北海道の昭和のライオン の続き
キャニオンゴールドさん

西武自動車のミュージアムは実在した ...
キャニオンゴールドさん

稀少な右ハンドル仕様のプジョー50 ...
Gentaさん

同好の友と集まる & 505コネタ
キャニオンゴールドさん

北海道の昭和のライオン
キャニオンゴールドさん

【プジョー純正 フロントワイパー】
ミントGREENさん

この記事へのコメント

2019/03/24 11:58:15
ウソも方便な世界ですね(笑)
コメントへの返答
2019/03/24 12:10:01
まったく、上手いウソをついたものです(笑)
博物館は本当にあったそうですので、信憑性のあるウソ、ですかね〜
2019/03/24 13:14:12
面白いエピソードですね🎶

昔だから許される内容ですね😊
コメントへの返答
2019/03/24 17:14:36
本当、今だから語れるエピソードですよね。

当時は智慧者がいたんですね〜
2019/03/24 19:11:15
こんな裏話があったなんて!
凄いなぁ、博物館に展示するから右ハンドルを送ってくれだなんて(笑)
しかもオーナーさんはわざわざメーターをkmのに交換するなんて、相当なこだわりを持って買ったんですね(╹◡╹)
だからこそ今でも乗ってらっしゃるんでしょうね♪
コメントへの返答
2019/03/24 20:20:37
こんばんは〜

↑にもありましたが、まさにウソも方便、裏話ですねぇ。
オーナー氏、かなりのこだわりです。505全体でも日本に何台残っている事やら。しかも右ハンドルですから。

やはり、端正なフレンチ3ボックスセダンの魅力に取り憑かれた一人なんでしょうね(^^)
2019/03/24 20:44:36
こんにちは。
シトロエンの場合は西武自販側のオーダーが自由に効いたようですが、プジョーの場合は意外にも505RHD仕様は輸出に消極的だったんですね。これは興味深いエピソードですね。

MOMO製ステアリングの件も純正OP.として用意されていたとは興味深いことです。
コメントへの返答
2019/03/24 21:13:38
こんばんは〜
プジョーが意外にも消極的だったのか、珍しい注文に、しつこく確認をしていたのか、今となっては分かりませんが、そんなお話だそうです(^^)

MOMOのステアリングが載っている純正オプションカタログもなかなかにレアなので、今度紹介しますね(^^)
2019/03/25 21:02:45
こんばんは〜
コンプライアンスが緩い、昔ならではのエピソードですね。
と、言うことは日本で一台の仕様ってことでしょうか?
興味深いと言いますか、クルマ好きなら楽しくなるエピソードですね〜(^^)

いつか本当に博物館入りかも…(笑)
コメントへの返答
2019/03/25 21:31:50
こんばんは〜
右ハンドル仕様は並行物も含めて殆ど日本に入っていないので、現存するのは恐らく一台だけかと(^^)

博物館に入るのも良いけれど、走っている姿もなかなか良いですよ〜
2019/03/26 22:39:53
こんにちは
新車から31年 505V6うちの車庫にいます。
左ハンドル ボディ白 布シート サンルーフ付きですが
昨年末車検も通りました。
メカさんの話では 触媒を指摘されたそうですが よく調べたら
合格しました。V6も前期と後期でエンジン仕様と 触媒が異なるので
そのへんだったかもしれません。
現在 タンク内の燃料センサーが不良のようで 燃料計が動きません。
メカさんに探すよういわれてますが、なかなか入手できません。
それ以外は快調です まだ6万キロですが。
ところで 西武の三ツ沢にあったミュージアム
505で見に行きましたよ。
西武日産の跡地だったとか。
展示は  SM DS CX GSとサーブの99などの展示がありました。
2階のショールームでキーホルダーを買ったのがいい思い出です。
お写真の右ハンドル505 実に興味深いですね。
オーナー目線で言えば シートヒーターが羨ましいです。
AMGのシートヒーターで 重宝してます。
左のV6はABSが標準ですが、右ハンドル仕様にも装着されているのか興味がありますね。
505も部品の事情で 現存数はかなり少ないと思います。
当時の輸入事情も興味深いですね。
初期ロットのデモカーは クルーズコントロールがなかったです。
横浜ナンバーの白で 目白営業所から借り出して 関越を高速試乗しました。翌年のJAIAの試乗会にて 箱根ターンパイクのパーキングに止まってるのを見て 感動しました。
数年後 お役御免になったそのデモカーが 練馬工場のすみにいたのを
目撃しました。広報車両として 酷使されたのでしょう
タイヤはツルツルでした。
当時の営業の話では 陸揚げして見ないと各種仕様は分からなかった
そうで
サンルーフも初めは設定がなく サンプルで入れた車両を押さえてもらいました。その こだわりのサンルーフは 今でも動きます。
オプションのカタログは私もいただきました。
リアサイドのロールブラインドと サンルーフバイザーを買いました。
丸目4灯にしたかったのですが それは断念しました。
数年後 車山のパーキングに 丸目4灯化した505がいました。
いや なかなか決まってましたね。
先日久しぶりに505に乗りましたが あの芸術的な身のこなしは
なかなか 代わりがないですね。
まるで路面に手が触れているかのような ステアリング
打たせて獲るピッチャーのような 足回り
いつでも一発で始動する PRV V6
そして 実に優雅なラインを持った
ピニンファリーナデザインのボディ
車検の時
フェラーリ 328と工場で並んでも 
負けてなかったと 思います。
当時 白は不人気色と言われましたが
ソリッドなので 磨けば光る
白を選んで 正解でした。
ドイツ製カーワックス カーラックで磨いたら
ピカピカになりました。
昨年の車検時に 懸案のオイル漏れ
メカさんの勧めで
モチュールのクラシックオイル 20W-50にしたら
ピタリと止まりました。
フランス車には フランス製オイルでしょうか。
今年の課題は 燃料センサー なんとかしたいです。
コメントへの返答
2019/03/26 23:31:27
こんばんは、はじめまして。
熱いコメントありがとうございます。

友人の505V6は、右ハンドル 、ボディ白、布シート、サンルーフ付きですので、ハンドル以外は同じですね。あっ、イギリス仕様でオートアンテナ、シートヒーター付きです。

この505は輸入の経緯など何度もブログで取り上げています。記事下のURLから辿って頂ければ幸いです。

オーナー氏は車の色は白、ハンドルは日本で走るなら右に拘っていて、他にシトロエンXMブレークの白の右ハンドルにも乗っています。やはり西武ものですね。

いやぁ505良いですよね。デザインといい、佇まいといい、乗り心地といい。フランス車はやはり布シートがいいです。

部品の心配があって、現存数は少ないのでしょうね。北海道では一台しか見た事がありません。
友人は部品対策として、部品取り車をもう一台所有しています。

車歴30年を超えると、あちこち色々あるでしょう。オイルにも気を使いますよね。
そういえば、確かにモチュールは良いと聞いた事があります。別の友人がシトロエンBXGTIに入れていますが、調子良いようです。

話はズレますが、私、西武自動車から正規輸入されたシトロエン2CVに乗っていました。リアウインドに「SEIBU」と、ステッカーが貼ってあったのを思い出します。


現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@かえるGO さん
なるほど剛力サンバーを思い出しますね。
黒いマスクに丸ライト〜(^^)」
何シテル?   11/17 22:19
北海道で1971年型スバルR-2に乗っています。 父がスバリストで、家の車は360、1000 , ff-1、レオーネ、レガシイ、フォレスターでした。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/11 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

オールペンの記録② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/18 06:09:35
車検だ。R-2のいない日は寂しい。そんな時には動画を見よう! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/09 22:37:44
みん友さんが、R-2のプロモーション動画を作ってくださいました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/09 07:12:16

愛車一覧

スバル R-2 ウチのR-2 (スバル R-2)
1971年(昭和46年)登録 中期型R-2です。 新車時にスバルが発行したサービスブッ ...
トヨタ シエンタ トヨタ シエンタ
ウチの足グルマは初代シエンタです。16年目突入、家族の足として活躍。全然錆びない壊れない ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.