• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CRR1987の愛車 [ランドローバー レンジローバー]

レンジ インジェクタークリーナー投入→エンジン失火完治

カテゴリ : エンジン廻り > 燃料系 > 調整・点検・清掃
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2017年11月12日
1
2017年11月12日
走行距離:152,400km

クラシックレンジのエンジンが、アイドリングから1500回転くらいまでの間、不定期に失火していたのでプラグの清掃や点火系を点検してみましたが、点火系には特に問題はありませんでした。

そこで燃料系(特にインジェクター)の汚れかもしれないと思い、まずは安直に燃料タンク投入式のインジェクタークリーナーを入れてみました。

使ったのはKUREのVITAL CLEARというものです。
2
燃料満タン状態で1本入れました。

その後、約20kmくらい走ってみたら、エンジンの爆発のバラツキが少しずつ改善されてきました。

このまま様子を見てみたいと思います。
3
2017年11月26日追記
エンジンの水温が適温になるまでの冷間時には失火がなく正常で、適温になった後に不調が発生することがわかってきました。

このことから原因は水温センサーかECUか、またはインジェクターと考えています。
インジェクターと思ったのは、どれか1気筒のインジェクターの噴射量が少なく、冷間時はコールドスタートインジェクターから燃料噴射しているのでギリギリ爆発しているのに、水温が上がるとコールドスタートインジェクターからの噴射が止まるので、失火が起こるのではないかと考えました。
4
2017年12月10日追記

その後、乗ってみたところ、暖機完了前までは問題なしで、暖機が終わり水温が上がるとアイドリングから1500回転くらいまで不定期な失火が発生しますが、
そのまま10kmくらい走ると失火が収まり正常になることが判明しました。
一度正常になるとエンジンを止めない限り不具合は発生しないようです。

なお、翌日乗るとまた同じ繰り返しになりました。
5
2017年12月23日追記

エンジン失火 直りました。

投入後、250Kmほど走行したところ、失火は発生しなくなりました。
(インジェクタークリーナーを入れた以外は何も修理していません)

やはり、原因はインジェクターのつまりだったようです。

クレのバイタルクリアは効きますね。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

レンジ フロントショック交換

難易度:

レンジ ガラスリフティングチャンネル交換(その2)

難易度: ★★

レンジ ヘッドガスケット交換 (その4)【工具準備】

難易度: ★★

レンジ フロントドア 外ヒンジ交換

難易度:

バックミラーを見やすく

難易度:

レンジ 貨物登録へ用途変更(乗車定員5名) その1(準備編)

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #ジムニー SJ30 samurai風フューエルキャップ自作 https://minkara.carview.co.jp/userid/2863564/car/2473979/5131264/note.aspx
何シテル?   01/14 08:31
CRR1987です。 1987年式 クラシック レンジローバー5MT(1997年購入)と、1986年式ジムニーSJ30(3型)(1994年購入)、2010年式...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

ランドローバー レンジローバー ランドローバー レンジローバー
1987年式クラシック レンジローバーです。 model-yearはDA 本国仕様 V8 ...
スズキ ジムニー JB23 (スズキ ジムニー)
2010年式スズキジムニーJB23(8型)です。 所有しているクルマの中で、最も快適な乗 ...
スズキ ジムニー SJ30 (スズキ ジムニー)
1986年式ジムニーSJ30幌(3型)です。 非常に遅いクルマですが、低速トルクがある2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.