• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年02月14日

水素でいいと思う

水素でいいと思う 年明けの初仕事として恒例となっているNAIAS(北米国際自動車ショー)デトロイト。たしかミレニアムの2000年からだから、16年連続16回の皆勤賞ということになる。

そもそも海外の主要国際モーターショーをカバーしようと思うようになったきっかけは、1990年代中頃のバブル崩壊から超円高という経済環境の変化から。日本の主要自動車メーカーは、日米自動車協議のすったもんだの挙げ句、最大の対外輸出国でもあるアメリカでの現地生産化を促進。それにともなって、1980年代から急増していた対米輸出モデルはより一層現地化の色彩を強めた。

5チャンネル制の失敗が祟ってマツダがフォードの傘下に墜ち、トヨタの幻影を深追いしすぎた日産が2兆円の有利子負債を抱えてルノーの子会社となり、三菱もダイムラー・クライスラーの一角に沈んだ。

日本のトップ5の3極が外国人に社長の座を譲り、とりわけマツダと日産の北米市場建て直しから回復を目指す意志は明確で、マーク・フィールズRXエボルブ→RX-8、カルロス・ゴーンZ33、R35GT-Rとまずは名刺代わりにスポーツカーから再挑戦を開始した。

あれから15年ということになるわけだが、時代は本当に大きく変わった。アメリカはシェール革命でゾンビの如く生き返った。ガロン1ドル台という20年振りに見るデトロイト周辺のGSの価格表示に、むむむなんぢゃこりゃあな思いが募ったが、当然のことながらこれで済むはずもない。

今年は、昨年のIPCC第5次評価報告書に基づいて新たな方針が明らかになるCOP21が年末のパリで開催される。その前にえええぇぇぇな事態が勃発しても驚かないが、地球温暖化のポイントオブノーリターンのタイミングは過ぎたかまだ間に合うかの瀬戸際だ。脱炭素化社会に向けてとにかく動き出す時だろう。

燃料電池車(FCV)はナンセンスとかいろいろ言う立場もあるが、そもそもどれが一番というトーナメント方式のチャンピオンシップは意味がない。考えられる可能性をすべて用意して、適材適所でまあ総当たり戦で勝ったのはここだねというリーグチャンピオンシップでその時々の優位を語る時……。

ああ、この話を始めると長くなる。carviewSPLブログはサマリー書いて、本家DRIVING JOURNALでちょっと深彫りして、メルマガで筋道を立てるという計画通りにしないとね。

僕はね、ハイブリッド以上のスピードでFCVは急速に普及すると思う。インフラ? 今から107年前ヘンリー・フォードがモデルTを量産ラインから産み出した時、ガソリンスタンドってあったと思う?モデルTはそれから19年に渡って1500万台が送り出されたが、それを可能にしたのはその間にロックフェラーがクルマ用燃料としてのガソリンの生産/供給体制を構築したから。

今水素インフラがどうこう言って、難クセ付けている人々はすでに確立しているエネルギー源の既得権益を背景にしていると考えるのが合理的。意味ない、そんなの。可能性は排除しない。それが新たな文明を迎える態度だろう。

昨年のLAショー。ちょうど日本国内で正式発表のタイミングと重なったMIRAIが周到に用意されていた。ZEV規制対応の切り札だからね。


トヨタが出すと聞いて台数で競い合うVWが急遽出展したのがHYMOTION。ゴルフ・ヴァリアント(ワゴン)をベースにしたFCV。MQBは燃料電池車もカバーすると言いたいようだが、このパッケージングで商品になるの? NAIASではダイムラーAGのD.ツェッツェや、T. ヴェバーに拙い英語で突撃インタビューしたけれど、2013年に発表した通り「2017年にルノー日産、フォードとの燃料電池の共同開発した成果としてのFCVを市場投入する予定で、開発は粛々と進めている。インフラの問題があるので、我が社としてはまずはプラグインハイブリッドから……」

トヨタのこのタイミングでの市場投入はジャーマンスリーには結構なインパクトがあったと見て間違いはない。MIRAIに乗ると、なぜFCVに未来があると僕が乗り気になった理由が分かる。走りが新しく、乗り物として面白かったからだ。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2015/02/15 01:15:57

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

本日もまた旅に出る🤗
sinyさん

ドライブの無い休日 微調整(?)の ...
hiroMさん

富士五湖紅葉ドライブ?...
lago.さん

2018紅葉狩り⑥-3 奥矢作湖周辺
アガサさん

パールロードを走り…ところてん
伊勢さん

<OPM2018出展レポート>カー ...
みんカラスタッフチームさん

この記事へのコメント

2015/02/15 01:50:21
 駆動系の電動化は必須とは思っています。充電式電動車(いわゆる電気自動車)がこうなってしまったので、新技術には慎重な人がいるのでしょうね。インフラで難しいのは、内燃機自動車が普及を始めた頃はまだまだ土地があり、新しい道路を作るのもガソリンスタンドを作るのも「立ち退き」が不要でしたが、今は家は増えるは道は多いは立ち退きに文句が出る地域(区?)があるは、というところでしょうか。
2015/02/15 12:30:07
FCVいいですね。
まさに、日本自動車メーカーの未来を感じさせてくれます。
是非、911タルガとの二台体制を!(^^)
2015/02/16 00:57:36
水素は、ロータリーで燃やすのが一番良いと思います。
ガソリンと併用できるんですから、インフラが整って無くても安心です。
走りながら、水素とガソリンを切り替えることも出来ますよ!
是非とも、発売して欲しいですね。
http://www.jspmi.or.jp/system/l_cont.php?ctid=130502&rid=895
2017/10/31 21:42:08
伏木さん、10年前ほど前水素ロータリーの事さんざん馬鹿にしてたのに今さらなんだって言うんですか。笑わせないでくださいよ。あなたのような意見がコロコロ変わる自動車評論家は自動車ジャーナリスト協会を除名されてしまっても無理はないですね。あなたが他のユーザーさんに「水素ロータリーの夢でも見てろ」なる発言をしたのを私はよく覚えてます。

おすすめアイテム

 
 
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「未来のために現在(いま)を生きている、のだ!! http://cvw.jp/b/286692/38730842/
何シテル?   10/21 16:15
運転免許取得は1970年4月。レースデビューは1975年10月富士スピードウェイ。ジャーナリスト(フリーライター)専業は1978年9月から。クルマ歴は45年目、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

64回目の終戦記念日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/15 15:36:17
水素でいいと思う 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/16 08:18:46
変わるかな。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/01 22:53:46

お友達

あらためて多くの仲間を募集します。怖くはないので、お気軽にポチッとして下さい。
528 人のお友達がいます
Takuya!@フラミTakuya!@フラミ * silverstonesilverstone *
es_es_ * T.eu-ki@結城 大羅T.eu-ki@結城 大羅 *
jim109jim109 * ぴぽたんぴぽたん *

ファン

471 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス トヨタ プリウス
しばらく耐える秋なのだ。
その他 その他 その他 その他
2009年3月3、4日に行われた第79回ジュネーブショーの画像です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.