• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

伏木悦郎のブログ一覧

2009年11月27日 イイね!

風の通り道にて

風の通り道にてなんだか久しぶりという感じで伊豆スカイライン。いや、そうでもなかったか。川奈に行ったのはこの間だったか。まあ、いいや。次はご覧のクルマ達がテーマの特集(?)。それまでに広州と最後の国際モーターショーをあげないとね。もう、師走ですね。

Posted at 2009/11/28 00:39:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2009年11月26日 イイね!

蛇のお粥

蛇のお粥やはり寄る年波のせいか。2日間だだっ広い広州国際展会中心を歩き回った疲れが抜けず、帰国早々引きこもり状態になっちゃった。写真も整理しないとね。youtubeにはなんとかアップしたので(タイトルや説明文は後回しにしたけれど)、暇があったら眺めてみてください。

写真は、広州酒家の朝食(飲茶)でお薦めのお粥はどれ?お店の姐さんに聞くとこれこれと指を差す。品書きに蛇の文字を見つけたが、せっかくなので「それ頂戴」同席となった地元の人に聞くと、手をクネクネさせて「蛇だよそれ…」の素振り。まあ、味は悪くなかったけど、あるんだねこういうメニュー。

SHEFULU(十浦のサンズイなし路)周辺の夜の雑踏と夜景。


Posted at 2009/11/28 00:04:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2009年11月25日 イイね!

負けるわけには行かないでしょう!

負けるわけには行かないでしょう!3日間、広州モーターショー会場への足として活用した広州地鉄1号、2号線。写真は宿から歩いて数分の長寿路駅構内。カメラを構えるとカーキ色の制服を着た警備員が飛んで来て駄目ェ。何故だろうね。

結局市内の移動は地下に潜りっぱなしだったので、あまり街の作りを把握できてはいない。ちょっと惜しい気もしたけれど、まあ仕事できているわけだし。地上では日々増え続けているクルマでごった返しているところが多かったはずだ。地下鉄車内も日本のラッシュに劣らない混みようだったけれど。

広州国際展会中心の迫力はちょっと筆舌に尽くしがたい。出展メーカーも車種もかぁ~るく東京を追い越し、次回はまた今回とは違った意味で別世界が開けている予感がある。

華北の北京、華中の上海とは趣の異なる華南の広州は、現代(ヒュンダイ)が勢力を伸ばしている北京やVWが歴史に基づく自力を持つ上海と違って、トヨタ、日産、ホンダなどの日本メーカーが生産拠点を構えるホットコーナー。隔年開催の北京、上海と違って毎年行なわれる広州は、クルマに関する国際的な情報発信の場として東京よりも重要度が増す可能性を秘めている。

所詮『蟻の目』の限られた取材能力の結果なので、すべてを把握できたとは思わないけれど、もはや他国に利する立場で禄を食むような卑しい心根で生きてはならない。偏狭なナショナリズムと受け取られても構わないが、競争相手が必死で挑んできているのを目の当たりにして、ただ感心しているだけの野次馬にはなりたくない。欧米が東京をパスしてあっけらかんと大挙押し寄せているのを目の当たりにして、人ごとで居られるわけがないだろう。

これで今年7回目のモーターショー巡りが終わった。あともう1回。今度は太平洋を挟んだ反対側だ。日本をパスした国の3つ目のショーにも当然行くつもりである。

珠江(pearl river)のナイトクルーズ。ライトアップされた両岸の眺めは一見の価値あり。ただし、食事は水準以下でアルコールも出ないので、お茶とケーキのプランがお薦めだ。



帰りのフライトは3時間と40分。時差が1時間あるので、復路は都合5時間近い。微妙な距離感だが、なにしろ食事が安くて旨い。食いしん坊なら、一度は訪れてみる価値のある街だと思います。
Posted at 2009/11/27 23:50:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2009年11月24日 イイね!

生の中国に触れると先ず凹み、やがてナニクソという気持ちになるのだ

生の中国に触れると先ず凹み、やがてナニクソという気持ちになるのだ広州十(シー)フー(浦のサンズイがない字)ホリデーインから最寄りの地鉄1号線長寿路駅に至る歩道の景色。写真は昨日(22日の日曜日午後)のものだが、まるで歳末のアメ横状態。これが特別な状態ではないことは翌日判明した。もちろん、今日も同じでした。

今日も地下鉄で広州国際会展中心(international.exhibision.center)。朝飯を広州酒家でとり、ちょっとゆっくりめで向かったのは、昨日けっこうへばったから。いったい各メーカーどれくらいの車種を展示しているのか……ということで、本日はふと思いついて出来るかぎり車名と写真を照合しながらリストアップしてみることにした。

中国メーカーとその車種構成の多さは、さすがに目眩を覚えるほど。いくつかのコンセプトカーを除いてほとんどがすでに発表済みのモデルなので、新鮮味というこではニュースはない。しかし、きっちり追いかけてみると、その量だけでなく質的なレベルアップに改めて昇竜の気迫を感じるのだなあ。

舐めたら痛い思いをする……ある意味別世界に属する欧州のプレミアムなんかより余程手強い相手と理解するのが正しい対応だろう。たとえば高速性能で覇権を握ってきたドイツ車とは別の価値観で、新興の中国国産車と対峙する。それを見つけられたら日本車は再び世界に必要とされる存在になるはずだ。

率直に言って、中国で見る日本車は『帯に短し襷に長し』の感がある。とくに、得意のコンパクトセグメントの量販車系は、このままでは早晩中国車にキャッチアップされる気配が濃厚だ。

ここは誰か何と言おうと、HVやPHV、EVなどのグリーンテクノロジーを中心にライト&スモールのICEモデル(スポーツカーもこれに入る)に磨きをかけて、軽い(重量だけでなく)けど上質という、非欧州的なコンセプトで次世代車を確立させるべきだと、強く思った。

今回の広州モーターショーのリポート、中国車に焦点を当てながらちょっと突っ込んで私見を述べたいと思っています。来週にはcarview本編にアップする予定なので、今しばらくお待ちを。

動画は、プレスデイ前日(22日)のもの。もうこんなに人がいるのだった。



Posted at 2009/11/27 00:27:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2009年11月23日 イイね!

天気晴朗なれど波高し

天気晴朗なれど波高し今朝も広州地鉄(地下鉄)でご出勤。ホテルから徒歩5分で地鉄1号線長寿路駅、3駅目の公園前で地鉄2号線に乗り換え、10駅くらい先の新港東駅まで約40分ほどで着く。降り口は昨日学習してあった西側のホール1側から入場(メディアセンターのあるホール5側までは1㎞近くある)する。

プレスカンファレンスは1~5ホールそれぞれで午前9時あたりから五月雨式に始まる。どれを追うか深く考えずに、流れに任せてウォッチしながら、撮影に没頭することになった。

巨大な2階建てホールを渡り歩くだけでかなり消耗するが、まあ今回のショー取材はメーカー発のファクトよりも、自ら足を運んで感じたままのリポートに徹する予定である。

立派なコンベンションセンターに、押し寄せた欧米日韓各プラス地元中国メーカーの揃い踏み状態はある種の迫力を感じさせたが、冷静に見つめるとワールドプレミアと銘打った出品は確認できただけではLEXUSのGX460だけ。

展示されたクルマの数は圧倒的ともいえるし、中国勢の未だ謎めくグリーンカーの出品やコンセプトカーのいくつかに目がとまることもないではなかったが、モーターショーとして面白かったかといえばまだTMSのほうに価値は存分に残されている。

しかし、プレスデイにしてこの人出とかつての日本にもあったはずの熱気である。ファシリティの充実は 見方によっては単なる箱もの行政の結果という見方もできるけれど、中身が充実するスピードは我々の想像をはるかに超えてきそう。そんな予感がひしひしと伝わる。なんとも不気味な圧力です。

この広州コンベンションセンターのスケール感は動画のほうがより伝えやすいと思うが、ここではyou tubeへのアクセスができないようである。3日ほど待って頂かなければならないけれど、まあこのネタは腐ることはないと思います。しばし待たれたい。





Posted at 2009/11/24 00:28:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「未来のために現在(いま)を生きている、のだ!! http://cvw.jp/b/286692/38730842/
何シテル?   10/21 16:15
運転免許取得は1970年4月。レースデビューは1975年10月富士スピードウェイ。ジャーナリスト(フリーライター)専業は1978年9月から。クルマ歴は45年目、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

64回目の終戦記念日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/15 15:36:17
水素でいいと思う 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/16 08:18:46
変わるかな。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/01 22:53:46

お友達

あらためて多くの仲間を募集します。怖くはないので、お気軽にポチッとして下さい。
528 人のお友達がいます
EVOMANIAEVOMANIA * 菊池貴之菊池貴之 *
鉄ワン兄貴鉄ワン兄貴 * t.yoshit.yoshi *
Avanti YasunoriAvanti Yasunori * のむQVAのむQVA *

ファン

471 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス トヨタ プリウス
しばらく耐える秋なのだ。
その他 その他 その他 その他
2009年3月3、4日に行われた第79回ジュネーブショーの画像です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.