• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ossan000112の愛車 [日産 ブルーバード]

整備手帳

作業日:2020年10月23日

サーモスタッド交換

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度 ★★
作業時間 12時間以内
1
走行時に水温が低いためローテンプサーモを純正品に戻しました。
(純正品は新車当時の物を再利用しました)
65℃から76.5℃へ開弁温度を戻しました。

まずラジエーターのドレンから冷却水を抜いておきます。
2
ホースを外して、サーモのキャップを外しました。
折れると復旧が大変なので事前にラスペネを吹いてボルトが緩みやすくしておきました。
取り外したボルトは表面が錆びています。
3
サーモはフランジ外周が車体側のケースにはまり込むようになっていて
液体パッキンで固着していたのでペンチで引張ったりプラハンで叩いているうちにポロリと外れましたが、再利用はもうできません。
ケース側の古いパッキンを除去して表面をオイルストーンやナイロンたわしで軽く磨き新しい液体パッキンを塗りました。
4
塗付から数分後に純正サーモを入れて元に戻します。そしてパッキンが硬化するまで7時間以上放置しておきます。
U12型SRエンジン純正のサーモは液体ガスケットでシールする設定なのでシートパッキンは有りません。よってここで時間待ちです。
5
パッキンが硬化したらクーラント交換工具を使ってLLCを4ℓ補充してエア抜きを行い完了です。
前回全量交換して3年半くらいで走行距離は約8000kmなので劣化しているようには見えず、全量交換はしていません。(ラジエータードレンから抜けた分のみ)
6
水温は走行状況で変わるため一概に言えませんが、後付けメーターでアッパーホースの温度を計測していますが普通に走行していて80~95℃くらいです。5~10℃くらい上がったように思います。
(画像は純正品)

イイね!0件




関連整備ピックアップ

エンジンオイル&エレメント交換

難易度:

プロにおまかせ!

難易度: ★★★

RPF1

難易度:

置き型スピーカ追加

難易度:

セミトレ偏心ブッシュ交換

難易度:

冷却水ホースバンド交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2020年10月24日 18:20
僕はどーもクーラント交換が苦手で、いっつも業者に任せてます。
先日知り合いのステップワゴンのクーラント交換しましたがちゃんとエア抜けたかなぁ?
コメントへの返答
2020年10月24日 18:45
コメントありがとうございます。

LLCは交換工具が有ればエア抜きは自動ですから簡単ですよ。
サーモ本体を外す方がよほど大変でした。w

プロフィール

「今日、写真を撮っているとレビンに間違えられました。ATTESAとプレートに書いてあるのに!(唖然)」
何シテル?   11/08 21:51
イベントやオフ会に参加したいと思いますのでよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

増設ソケットLED打ち換え 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/08/01 21:22:17

愛車一覧

日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
こんにちは、U12型ブルーバード 2.0 SSS ATTESA LIMITED(スリーエ ...
マツダ AZ-ワゴン スティングレー・ターボ (マツダ AZ-ワゴン)
息子の車ですが親父の方が気に入っています。 歴代のスティングレーのなかでも最もスティング ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.