• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アライグマのアライのブログ一覧

2018年09月28日 イイね!

世界的大企業の名前のレトロ食堂にてメニューに無い物を作って愉しむ

世界的大企業の名前のレトロ食堂にてメニューに無い物を作って愉しむ今回は以前何度かブログにて皆様に紹介した世界的大企業の名前のレトロ食堂に本日昼飯を食べに訪問した時にメニューに無い物をレトロ食堂のおかずを使って作った様子を皆様に紹介します。

タイトルの写真はメニューに無い昼飯の写真では無くあくまでもレトロ食堂のおかずの「材料」ですのでメニューに無い昼飯の写真はブログ本文中にて登場致しますのでブログを読み進めて頂ければと思います。



9月28日(金)、久しぶりに昼飯を食べに愛知環状鉄道の三河豊田駅近くにあるレトロ食堂の駐車場にやって来ました。
このレトロ食堂へのアクセスは三河豊田駅のロータリーを周りながら出口少し手前の左側に続く道へ左折し少し先の右側にあります。



愛車を駐車し、レトロ食堂の店舗に向かいました。



世界的大企業の名前のレトロ食堂とは… 看板を見て頂いたら解ると思いますが愛知県豊田市御幸本町1丁目183にあります「トヨタ屋食堂本店」で豊田ではなくトヨタの名前が入ってるレトロな食堂です。



トヨタ屋食堂本店はトヨタ自動車の本社からは目と鼻の先にありまして、恐らくトヨタ自動車本社の従業員やトヨタ自動車本社に出入りする方をターゲットにして営業されていると思われます。



店構えも昭和の大衆食堂の佇まいですが店内も昭和の古き良き大衆食堂そのままの味わいのある店内になってます。



壁の白いメニュー札に達筆でメニューが書かれておりました。



落ち着いた雰囲気の木の壁、タイル張りの床にレトロなテーブルと椅子に古き良き昭和の雰囲気を満喫する事が出来ます。



冷蔵ケースの中にはキンキンに冷えた美味しそうなビールがストックされていて、一杯やりたくなりました。



漫画も大量にありました。



営業時間と定休日はご覧の通りで火曜日と木曜日は夜も営業しているみたいです。



おかずの陳列ケースの中には美味しそうなおかずがいっぱい陳列されてました。





ハンバーグとソーセージのおかずかハンバーグと揚げちくわのおかずのどちらか迷いましたが、ハンバーグと揚げちくわのおかずの入った皿を選びました。



すき焼きの具みたいなおかずも選び、ご飯大盛りと豚汁も注文しました。



今回はこちらのテーブル席に座る事にしました。



今回選んだおかずとご飯大盛りと豚汁です。



いつもはこのアングルの写真の後で食べ始めて食レポが始まりますが、今日はこのおかずを使って自分でメニューに無い物を作ろうと思ってますので、この写真はあくまでも材料の写真となります。



では早速メニューに無い物を作ろうと思います。
まずはご飯大盛りとすき焼きの具のようなおかずを用意します。



ご飯の上にすき焼きの具のようなおかずをぶっかけまして…



トヨタ屋食堂本店のメニューに無い「すき焼き丼」の完成です。



あとはハンバーグと揚げちくわにソースをかければ…



トヨタ屋食堂本店のおかずを使ったアライグマのアライ特製「すき焼き丼定食」の完成です。



見るからに中々美味しそうな「すき焼き丼定食」ですので早速食べてみる事にしました。



すき焼きの具のようなおかずがつゆだくでしたのでご飯に割下の味わいがよく染み渡り、肉の旨味とコンニャクの味わい、玉ねぎの味わいが口の中に広がり美味しかったです。



豚汁も豚肉がいっぱい入ってて美味しかったです。



揚げちくわもソースの旨味が揚げちくわの美味しさにプラスされて美味しくて良いおかずになりました。



ハンバーグも表面は少し焦げ目が付いてて良い焼き上がりで香ばしさと肉の旨味が口の中でうまく調和してる感じで美味しかったです。



レタスは良い口直しとなりました。



割下のしっかりと染みたご飯にたくあんをのせて食べても美味しかったです。



すき焼き丼定食を半分ほど食べ終えた所で撮影してみました。



つゆだくのすき焼きの具のおかずのお陰でしっかりとご飯の下の方まで割下が染みている感じだったのでムラ無く美味しく頂くことが出来ました。
すき焼き丼は残り半分になりましたが良く味わって食べる事にしました。



すき焼きの具と大盛りご飯を使って作ったオリジナルのすき焼き丼、美味しく頂くことが出来、完食致しました。



会計を済ませてトヨタ屋食堂本店の外に出る事にしました。



人柄がよい大将とレトロな雰囲気が魅力的なトヨタ屋食堂本店、今後もちょくちょく訪問したいと思います。



トヨタ屋食堂本店の駐車場に戻って来ました。
来る時はルーフを閉めて来ましたが…



今日は天気が良いので自宅までの帰り道はルーフを開けてオープンドライブを愉しみながら帰る事にしました。



自宅の車庫に戻って来ました。



ルーフを閉じて自宅の中に入りました。

※あとがき※
久しぶりのトヨタ屋食堂本店への訪問が出来、今回は自分でメニューに無いものを作って食べてみましたが予想以上に美味しかったのでメニューに無いすき焼き丼を食べて良かったと思います。

トヨタの名を冠した昭和の面影を現在も色濃く残すトヨタ屋食堂本店、今後とも末永く営業して頂ける事を願ってます。

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2018/09/28 13:00:39 | コメント(5) | トラックバック(0) | グルメ/料理
2018年09月27日 イイね!

西浦プチオフ会後編 三ヶ根山スカイラインと幸田のレトロレストラン

西浦プチオフ会後編 三ヶ根山スカイラインと幸田のレトロレストラン今回は前回に引き続き、23日の日曜日に朝から昼過ぎまで友達のS2000オーナーと三河湾に面する西浦半島にて開催致しましたプチオフ会の様子を皆様に紹介したいと思います。

今回は第3回の後編として最終回になりますが前回のブログで紹介した西浦マリーナ駐車場からアフターツーリングで三ヶ根山スカイラインをオープンドライブで走った様子とその後に幸田町のレトロレストランにて昼飯を食べた様子を皆様に紹介したいと思います。



西浦マリーナ駐車場にてプチオフ会を終了してからアフターツーリングが始まり、西浦半島を貫いている県道322号線を北進し、形原温泉を経由して三ヶ根山スカイラインの蒲郡側の料金所にやって来ました。



私が先に通行料金を払って料金所を通過しましたので友達が引き続き通行料金を支払い終わる間は少し先で待ってました。



三ヶ根山山頂駐車場の手前にあります「ゆうとぴあ三ヶ根」と言う茶屋に立ち寄る事にしました。
この茶屋は代車の紺色の206ハッチバックで三ヶ根山スカイラインのをドライブした時に初訪問した事がありましたので今回は2度目の訪問となります。

代車で初訪問した時のブログはこちらになります。
2月12日のブログ「代車で蒲郡散策」
初訪問の時はこの茶屋でカレーを食べました。



ここで太平洋戦争の話になりますが、戦争の英霊を祀る神社として靖国神社が有名ですが、ここ三ヶ根山はA級戦犯7名を祀っている「殉国七士廟」があり、茶屋「ゆうとぴあ三ヶ根」はその「殉国七士廟」を維持・管理している茶屋だと言う事をネットで知りました。

殉国七士廟の詳細はこちらのリンク先をご覧ください。
殉国七士廟とは・・・

何故、この話をしたかはこの茶屋の中に展示しているものと関係があるのでお話しさせて頂きました。



店内のテーブル席の様子です。



先ほどの話はご覧の通り、太平洋戦争の時の色々なものが展示されて居て、「東條由布子女史」と言うのは店主の話では東条英機元首相のお孫さんと仰ってました。





旧日本軍の軍帽や水筒、軍服なども展示されており、店主の伊藤さんが東條由布子さんの意思を受け継がれて現在は茶屋「ゆうとぴあ三ヶ根」として受け継がれているとの事でした。



ゆうとぴあ三ヶ根の魅力と言えば何と言っても窓から見える絶景に尽きるとと思います。
今回は一番奥の窓側のテーブル席に二人で座る事にしました。



窓の外から三河湾の絶景を撮影しました。



友達は出されたお茶だけ飲んでましたが私はオレンジジュースを注文しました。



サッパリとした味わいで美味しかったです。



ゆうとぴあ三ヶ根で二人で寛いでますと、店主の友達らしき常連客の方がご来店されまして、こちらのチョコレートを差し入れで持って来られたらしくて、店主にお裾分けとしてサービスで頂きました。



こちらのウエハースも常連客の差し入れでお裾分けをして頂き、よいお茶菓子となりました。



ゆうとぴあ三ヶ根を後にして三ヶ根山山頂駐車場に向かう事にしました。



三ヶ根山山頂駐車場に着きましたが、駐車場には駐車せず駐車場先の絶景ポイントに駐車して山頂から見える絶景を背景にして愛車を撮影してみました。



山頂からの景色は曇っていたのが少し残念でしたが素晴らしい絶景でした。



今度は二台で撮影してみました。



三ヶ根山山頂駐車場先の絶景ポイントを後にして三ヶ根山スカイラインを来た道を戻り下山する事にしました。
三ヶ根山スカイラインから下山後、形原温泉交差点を左折し県道322号線を北進し三ヶ根駅の横を通り三ヶ根駅東交差点を左折し国道248号線を岡崎方面に北進しました。



国道248号線沿いの愛知県額田郡幸田町坂崎六反9−1にあるレトロなレストラン「さんかい幸田店」にやって来ました。
国道248号線沿い側にある「さんかい」の看板は色褪せた哀愁漂う昭和チックな看板でよい味わいを醸し出してました。



さんかいはレトロなレストランと言う事で地元民から大人気のレストランですので予想通り駐車場はほぼ満車で友達の愛車と2台並べて駐車する事が出来ませんでした。



さんかいの裏出口のほうにあるさんかいの看板です。



私の愛車は国道248号線側の入口近くに駐車し、友達のS2000は裏出口近くに駐車する事になりました。



さんかいの入口付近を撮影しました。
入口横にはレトロな食品サンプルがディスプレーされてました。



客席はほぼ満席でしたので店内の様子は撮影せず、案内されたこちらのテーブル席のみの撮影となりました。



テーブル席の上の照明が昭和の喫茶店やレストランにありがちなレトロな照明でした。



ランチメニューの中から私はカツ鍋ランチを注文しようと思いましたが友達がカツ鍋が食べたいと言う事でしたので友達に譲り、私はおろしハンバーグランチを友達がカツ鍋ランチを注文しました。



まずは私が注文したおろしハンバーグランチが運ばれて来ました。



ご飯と味噌汁とご対面しました(笑)



友達の注文したカツ鍋ランチも運ばれて来ました。



カツ鍋の中身とご飯と味噌汁とご対面しました(笑)



まずは何も付けずにハンバーグを食べてみました。
味わいはジューシーながらも意外とアッサリした感じで肉の旨味が口の中に広がり美味しかったです。



ご飯もふっくらとした丁度良い炊き加減で美味しかったです。



たくあんをご飯にのせて食べるとご飯の美味しさがより一層引き立つ感じでした。



味噌汁は赤だしで豆腐とわかめのシンプルな具でしたが美味しかったです。



カットトマトは良い口直しとなりました。



キュウリもシャキシャキと歯触りがよく美味しかったです。



ドレッシングのかかったキャベツの千切りも美味しかったです。



レタスも良い口直しとなりました。



ハンバーグにポン酢のタレを付けて食べてみました。
そのままで食べても美味しいのですが、タレを付ける事により、肉の旨味にポン酢の酸味がより一層サッパリとして、旨さの中に酸味が加わり、ご飯のおかずとしては最高の逸品になりました。



おろし生姜をのせて食べるとポン酢のみの味わいに生姜の風味が加わりより一層美味しく味わう事が出来ました。



おろしハンバーグランチを半分ほど食べ終えた所で撮影しました。



ハンバーグの断面を撮影してみましたが意外と分厚い感じでボリューム感があり、何と言っても肉汁が溢れて食欲をそそりました。



私が半分ほど食べ終えてる頃に友達はカツ鍋ランチを完食してました。



おろしハンバーグランチ完食前の最後の一口のハンバーグは良く味わって食べる事にしました。



おろしハンバーグランチを完食し終えて食べた感想は注文して良かったと思いました。



レジで会計を済ませてさんかいの外に出る事にしました。

★ここで悲しいお知らせ…★
今回昼飯として紹介したレトロレストラン「さんかい幸田店」は2018年9月30日をもちまして閉店するとの張り紙がレジの所に貼られて居まして、ずっと前から行ってみたかったさんかいが今回のプチオフ会で訪問出来た事は良い思い出となりましたが、地元民に大人気のさんかいが閉店してしまうのは非常に残念な事だと思いました。



さんかいを後にして国道248号線を北進し上地三丁目交差点を右折し県道26号線を岡崎インター方面を走りました。
県道26号線を二台で走って居る途中で友達のS2000とは解散して私は岡崎インターから高速に乗り、豊田インターで降りて帰路に就きました。

※あとがき※
今回は西浦プチオフ会最終回と言う事で三ヶ根山スカイラインと幸田のレトロレストラン「さんかい」を皆様に紹介しましたが、三ヶ根山の意外な素顔を見る事が出来たのと以前から訪問したかったレトロレストラン「さんかい」に訪問出来た事は良い思い出となりました。

さんかい幸田店は閉店してしまいますので折角紹介しましたが、ご覧になられて行ってみたいと思われた皆様には申し訳無いと思いますが西浦半島の形原に「さんかい本店」がありますので、興味がある方は「さんかい本店」に足を運ばれるのも良いかと思います。

食べログ 三海 形原はこちらのリンク先からご覧ください
レストラン 三海 形原

3回に分けて西浦プチオフ会の様子をお送りしてきましたが、毎回数多くの方にご拝読頂き、多くのイイねを頂きまして誠にありがとうございました。
今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2018/09/27 12:59:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2018年09月25日 イイね!

西浦プチオフ会中編 西浦の絶景とレトロな小料理屋にて朝食を愉しむ

西浦プチオフ会中編 西浦の絶景とレトロな小料理屋にて朝食を愉しむ今回は前回に引き続き、23日の日曜日に朝から昼過ぎまで友達のS2000オーナーと三河湾に面する西浦半島にて開催致しましたプチオフ会の様子を皆様に紹介したいと思います。

今回は第2回の中編として前回のブログで紹介したカフェなぎさを後にして西浦半島の高台にあるレトロな小料理屋にて2度目の朝食を食べた様子と西浦半島の絶景を皆様に紹介したいと思います。



9時20分頃、前回のブログで紹介したカフェなぎさを後にして私の先導で西浦半島の急勾配の坂道を上がって行きまして、西浦温泉観光センターの交差点で左に鋭角にヘアピンコーナーのように曲がり、更に急勾配さを増した超急な坂道を少し上がった左側に絶景撮影スポット「ホテル 和のリゾートはづ」の駐車場がありますので西浦半島の高台にあるレトロな小料理屋の前に立ち寄る事にしました。

ホテル 和のリゾートはづ駐車場から愛車と西浦の海を撮影してみました。



日曜日の朝と言う事もあり、和のリゾートはづ駐車場は宿泊客の車でほぼ満車でしたので、2台を並べて撮影出来ませんでしたので同じ駐車場内の別の場所にて友達のS2000を撮影してみました。



途中、和のリゾートはづ駐車場にて寄り道しましたが、愛知県蒲郡市西浦町大山17−1にありますレトロな小料理屋「みついと」に開店時間5分前の9時25分頃到着しました。



みついとは西浦半島の一番標高の高い高台の上にありまして、6月に初訪問して以来3か月振りの2度目の訪問になりました。
哀愁漂う行灯に地魚とおでんと書かれている通り、6月の初訪問の時に食べたおでん定食の味が忘れられなくて今回の朝食会場に指定しました。

初訪問の時のプログが興味のある方は下のリンク先からブログを読んで頂ければと思います。
6月3日のブログ 「ガマフォルニアとオープンで西浦グルメ探訪と急遽プチオフ会開催」



みついとの店構えは見た目は哀愁漂う古民家の佇まいで「食事処 みついと」の看板が無ければただの古民家と思い素通りしてしまいそうな穴場の店だと思います。

開店時間の9時半になりましたので店主が店の外に出て来られまして・・・「どうぞ中にお入り下さい」と仰られてましたので2人で店内に入る事にしました。

 

味わいのあるカウンター席は初訪問の時に座りましたが今回は2人なので奥の座敷席に座ろうと思います。



ここのおでんは本当に美味しくて、このおでんが食べたい為にみついとに今回もやって来ました。



レトロな冷蔵ケースの中にはキンキンに冷やされたビールがストックされてました。



こちらはジュース専用の冷蔵ケースで瓶コーラや瓶のオレンジジュースからレトロ感が漂って来ました。



店内奥の座敷席の様子です。
写真では座敷席は右側の2卓しか撮影しませんでしたが写っていない左側にも2卓あり、座敷席は4卓あります。

今回は写っていない左側の手前の座敷席に二人で座る事にしました。



座敷席の窓からは西浦の海が一望出来まして中々景色が良かったです。



メニューの中から私は前回と同じおでん定食を友達のS2000オーナーは刺身定食を注文する事にしました。



美味しそうなおでん定食が運ばれて来ました。



友達の注文した刺身定食も美味しそうでした。



アングルを変えて撮影したおでん定食の写真はタイトルの写真にしました。



おでん1品目は大根を食べてみました。
大根の味わいはダシが大根によく染みてて美味しかったです。



ご飯の味わいはふっくらと炊きあがってて美味しかったです。



ちりめんじゃこと大根おろしのご飯のおかずに醤油をかける事にしました。



ちりめんじゃこと醤油のかかった大根おろしをご飯の上にのせて食べると美味しかったです。



味噌汁は豆腐とわかめにネギの具の入った赤だし味噌汁でしたがご飯に良く合い美味しかったです。



たくあんともう一つの漬物をご飯の上にのせて食べると美味しかったです。



おでん2品目は煮玉子を食べてみました。
外側がしっかりとダシの味わいが染みており、玉子の旨味とダシの味わいが口の中で絶妙に調和して病みつきになる味わいでした。



おでん3品目はソーセージを食べてみました。
3品目より「和からし」を付けて食べてみたのですが、このからしが本当に辛いのと鼻腔や喉の粘膜を刺激するのですから、ソーセージの味わいは和からしを付けてさらに旨くなりましたが、喉の粘膜を刺激されて咳込んでしまいました。



おでん4品目は赤い棒のはんぺんを食べてみました。
咳込んでも懲りずに和からしを大量に付けて食べたので、美味しいのですが、今度は涙が溢れてしまいました。



おでん定食を半分ほど食べ終えた所で撮影してみました。



まだ半分ほどおでん定食が残っている時に友達は刺身定食を漬物を残して完食しておりました。



おでん5品目はごぼう天を食べてみました。
和からしの付ける量を少し減らしたので多少の刺激はありましたが美味しく食べる事が出来ました。



おでん6品目は生揚げを食べてみました。
和からしを大量に付けてしまい、強烈な鼻腔への刺激と涙が溢れて来ましたので、そのまま食べるのは断念し、残っていた赤だし味噌汁に生揚げを入れて味噌汁に少し和からしを溶かしてから生揚げを食べる事にしました。

生揚げの味わいはおでんのダシの味わいと味噌汁の味噌味、和からしの辛みが口の中で三位一体とになって旨味が口の中に広がりましたので意外でしたが美味しかったです(笑)

和からしを溶かした味噌汁の味わいはピリ辛味噌汁になりました(笑)



おでん定食完食前の最後のおでん7品目のはんぺんを食べる事にしました。
和からしは懲りたので・・・(笑)

何もつけずに食べたはんぺんの味わいはおでんのダシの味わいとはんぺんの旨味が口の中で調和して美味しかったです。



おでん定食を食べてる時に色々とありましたが…(笑) 
何とか美味しく完食する事が出来ました。

初訪問の時も同じおでん定食を食べましたが、初訪問の時は和からしは付けずに食べましたので、今回も和からしは付けずに食べたほうが良かったと少し後悔してます。



レジで会計を済ませて味わいのある入口の引き戸を開いて「みついと」の外に出る事にしました。



ルーフを開けてオープンにしてレトロな小料理屋「みついと」を後にしました。
カフェなぎさから来た道とは別の道を今度は急坂を下りながら西浦半島の最終目的地の西浦マリーナ駐車場に向かう事にしました。



ホテルや旅館が林立する急な下り坂の途中にあるホテル東海園の駐車場に立ち寄りました。
高台のホテル東海園の駐車場から愛車と西浦の海を撮影しました。



青いオープンカー2台と西浦の海にて… 素敵な1枚が撮影出来ました。



ホテルや旅館が林立する急な下り坂を下り終えて西浦マリーナ手前の道路沿いの撮影スポットにやって来まして愛車と西浦の海を撮影しました。



松の木と青いS2000と西浦の海… 友達の愛車ですが素敵な1枚が撮影出来ました。



松の木とオープンカー2台、西浦の海沿いにて佇む… 2台並べても絵になる素敵な1枚が撮影出来ました。



西浦半島最後の目的地である西浦マリーナ駐車場にやって来ましたので愛車を撮影しました。



今度は友達のS2000を撮影してみました。



最後に2台を撮影した所で今回はここまでにしたいと思います。

次回の最終回、西浦プチオフ会の後編では西浦マリーナ駐車場を後にしてアフターツーリングで西浦半島の道を北進して三ヶ根山スカイラインをツーリングした様子と幸田にあるレトロレストランで昼飯を食べた様子を皆様に紹介したいと思いますのでお楽しみに…

※あとがき※
今回は西浦のレトロな小料理屋「みついと」と西浦半島の絶景を皆様に紹介しましたが、みついとで食べたおでん定食の味わいは別の意味で忘れられない味となりました(笑)

次回、みついとにたち寄る事がありましたら「和からし」抜きで…(笑)
おでん定食を食べようと思います。

絶景撮影ポイントも2台で撮影出来たのも良い思い出となりました。
今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2018/09/25 11:17:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | グルメ/料理
2018年09月24日 イイね!

西浦プチオフ会前編 蒲フォルニアとカフェなぎさにて

西浦プチオフ会前編 蒲フォルニアとカフェなぎさにて今回から3回に分けて日曜日の朝から昼過ぎまで友達のS2000オーナーと三河湾に面する西浦半島にて開催致しましたプチオフ会の様子を皆様に紹介したいと思います。

今回は第1回の前編として蒲フォルニアでの撮影と西浦温泉パームビーチ散策とカフェなぎさにてモーニングを食べながらクルマ好きのマスターと談笑した様子を皆様にお話ししたいと思います。



9月23日(日)の朝7時半に集合場所愛知県蒲郡市宮成町3−5にあるセブンイレブン蒲郡宮成町店にて今回のプチオフ会の集合場所としましたが7時15分頃に到着しましたので友達のS2000オーナーが来るのを待ってた所、7時20分過ぎに来られたので2台揃った所で写真撮影しました。



2台を写真撮影した後、5分ほど早いですが、セブンイレブン蒲郡宮成町店駐車場を後にして目的地の西浦半島まで私が先導してオープンドライブする事になりました。



蒲郡市街から国道247号線を走り形原南新田交差点を左折し西浦半島東岸沿いの道を南進し形原漁港大橋を渡って海沿いの西浦半島東岸沿いの道を引き続き南進し、蒲フォルニアにやって来ました。



蒲フォルニアの正式名称は西浦シーサイドロードと言うそうですが、ガマフォルニアと呼んでる方の方が多い気がしますが私はこの場所を蒲フォルニアと呼んでます。



蒲フォルニアでの撮影も終了したのでカフェなぎさの駐車場に向かう事にしました。



カフェなぎさの真向いには温泉旅館の銀波荘があるのですが、銀波荘の前のロータリーの所に2台で駐車して撮影しました。



銀波荘の前のロータリーを後にしてカフェなぎさの駐車場に移動しました。



カフェなぎさの駐車場に7時50分頃に到着しましたが開店が8時半からですので、開店時間まで時間がありましたので西浦温泉パームビーチを2人で散歩する事にしました。



西浦温泉パームビーチにカフェなぎさの駐車場から歩いてやって来ました。
ビーチから先ほど走って来た蒲フォルニア方面を望み、渥美半島を望む事が出来ました。



ビーチから西側方面を望んでみました。



ビーチから防波堤が見えましたので防波堤まで歩いて散歩する事にしました。



防波堤に向かって散歩してますと防波堤で釣りをされてる釣り人が何人かいらっしゃいました。



防波堤からは渥美半島を望む事が出来ました。



防波堤から蒲フォルニアを方面を望んでみました。



防波堤から西浦温泉パームビーチを望むと高台の上に旅館やホテルの建物がいっぱいあり、リゾート気分を愉しむ事が出来ました。



防波堤から西浦温泉パームビーチに再び戻って来ました。



西浦温泉パームビーチからカフェなぎさの駐車場に戻る途中の道から高台の上に建つ旅館やホテルの建物の様子を撮影してみました。



8時15分頃カフェなぎさの駐車場に戻って来ましたが、ルーフを閉めて開店時間の8時半迄愛車の中で待機をしようと思いましたが、マスターの奥様から声を掛けられて…

「良かったら開店時間前ですが店内にどうぞ」

と言われましたのでルーフを閉めて2人でカフェなぎさの店内に向かう事にしました。



カフェなぎさの正面入口は開店前なのでシャッターが閉まってましたので、カフェなぎさの裏口から店内に案内されました。



カフェなぎさの店内の様子です。
西浦の海が一望出来、ロケーションは最高ですので私が西浦に来た時は良く立ち寄ってます。



窓から眺めた西浦温泉パームビーチと西浦の海です。
カフェなぎさから先ほど散歩しました西浦温泉パームビーチは目と鼻の先にあります。



テーブル席と奥にあるトイレの入口の様子です。



カフェなぎさの店内のこちらの扉の先は現在居る店内のフロアから下に下がったフロアに続く入口の扉になっており…



ご覧の通り扉を開けて階段を降りるとメインフロアから低い位置にあるテーブル席に行く事が出来ます。
何度かカフェなぎさには今まで立ち寄ってますが、こちらのテーブル席は利用した事がありません。



今回は天気も良くて少し暑かったので、冷房の近くのこちらのテーブル席に2人で座る事にしました。



次回のブログで登場します9時半開店の西浦の高台の上にあるレトロな小料理屋で朝食を食べる予定にしてましたのでドリンクだけにしようと思いましたがドリンク+100円の書かれていたモーニングセットに惹かれてモーニングセットを注文してしまいました。



ドリンクは私がソーダ水を友達のS2000オーナーがコーラを注文しました。



注文しましたソーダ水とコーラが運ばれて来ました。



しばらくしてからモーニングセットが運ばれて来ましたのでソーダ水と一緒に撮影しました。



ドリンク代+100円のモーニングセットはトースト1枚を半分にカットされて2枚になっていて、目玉焼きとサラダが付いたセットになってました。



まずはトーストを食べてみましたが朝から何も食べて無かったので美味しかったです。



食べて無い方のトーストの上には目玉焼きをのせて食べる事にしました。



目玉焼きの味わいは半熟の黄味に白身に程よく塩コショーで味付けされていて美味しかったです。



カットトマトもサッパリとした味わいで良い口直しとなりました。



キャベツの千切りにドレッシングをかける事にしました。



キュウリとカットキャベツは瑞々しくて美味しかったです。



ドレッシングをかけたキャベツの千切りも美味しく堪能する事が出来ました。



モーニングセット完食前の最後の一口はトーストでした。



モーニングセットを完食しまして…



ソーダ水も飲み終えました。



お店のサービスで冷たい麦茶が出された時にマスターが店に来られたのでマスターと挨拶をした後で二台のオープンカーをマスターが撮影したいと言う事でカフェなぎさの駐車場に三人で行きました。



マスターが二台を撮影している時に、私も二台をベストアングルで撮影しました。
撮影後は駐車場にて三人でオープンカー談義に花を咲かせてました。



再びカフェなぎさの店内に戻る事にしましたが、今度は普段立ち寄る時に出入りしている正面入口から店内に入りました。
ようやくカフェなぎさの店構えを皆様に紹介する事が出来ました。



店内に戻り時刻はは8時40分過ぎで、次回のブログで登場します9時半開店の西浦の高台の上にあるレトロな小料理屋には9時半少し前に着く予定でしたので、カフェなぎさには9時20分頃まで滞在しようと思い、ジンジャーエールを注文し、運ばれて来ました。



ジンジャーエールをコップに注ぎました。



ジンジャーエールを飲みながら9時10分頃まで三人で再び談笑して店内で過ごしました。



9時15分過ぎに会計を済ませてカフェなぎさの店の外に出る事にしました。



9時20分頃、カフェなぎさの駐車場を後にして西浦半島の高台の上の温泉街の一角にあるレトロな小料理屋に二度目の朝食を食べる為に向かう事にしました。

次回、西浦プチオフ会中編ブログに続く…

※あとがき※
西浦半島には過去に何度かドライブに来てまして、ブログにも何度か登場しましたが、今まではソロドライブばかりでプチオフ会として友達と一緒に走った事は良い思い出となりました。

次回の西浦プチオフ会中編ブログでは西浦半島の絶景スポット数か所を皆様にご紹介しながら西浦半島の高台の上の温泉街の一角にあるレトロな小料理屋にて二度目の朝食を食べた様子を皆様に紹介したいと思います。

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2018/09/24 12:34:06 | コメント(7) | トラックバック(0) | クルマ
2018年09月23日 イイね!

豊田市街のレトロ食堂にてお得なカツ丼ときしめんのセットを愉しむ

豊田市街のレトロ食堂にてお得なカツ丼ときしめんのセットを愉しむ今回は土曜日の夕方に豊田市街の北部の梅坪の近くにあるレトロ食堂に4か月半振りに行った様子を皆様に紹介します。

前回訪問したのは5月1日に足助散策の前に今回紹介するレトロ食堂にやって来ました。

5月1日のブログ 「フルオープンで足助の古い街並み散策と王滝渓谷散策ドライブ」



土曜日の夕方、約4か月半振りに愛知県豊田市上原町上原7−5にあるレトロ食堂「磯屋食堂」にやって来ました。
看板にもお薦めでカツ丼と書かれている通り、カツ丼の美味しいレトロ食堂です。



磯屋食堂の店構えは昭和の古き良き大衆食堂の佇まいがそのまま残った哀愁漂う店構えになってまして名鉄三河線梅坪駅から国道419号線沿いを少し北進した国道沿いの左側にあります。



磯屋食堂には自宅からルーフを開けてオープンドライブしながらやって来ました。



ルーフを閉じて磯屋食堂の店内に向かいました。



磯屋食堂の入り口もレトロな佇まいで、色褪せた営業中の看板が磯屋食堂の昭和から続く長い歴史を物語ってるようでした。





磯屋食堂の店内に入ってまず目につくのは黒地に白文字の味わいのあるメニュー一覧です。
メニュー一覧が昭和の香りを色濃く残しており、店内のレトロな佇まいのマストアイテムになっているようでした。



入口近くのレトロな冷蔵ケースの中には冷えたビールや冷たい飲み物がストックされてて中で冷やされていた瓶ジュースもレトロな感じでよい感じでした。



入口入って正面左のテーブル席の様子です。
昭和チックなテーブルと椅子が店内によい味わいを醸し出してました。



入口入ってすぐ左側にも1卓だけテーブル席があります。



入口入って正面左奥の右側の座敷席の様子です。



入口入って正面左のテーブル席の壁には味わい深いおススメメニューが色々と貼られてました。



そのテーブル席の調理場側を仕切ってる格子の部分にヒョウタンがいっぱい飾ってありました。



入口入って正面左奥の左側の手前のコップの置いてある座敷席に今回座る事にしました。



磯屋食堂のメニューの表紙の左側には口取りとドリンクのメニューが書かれてました。



裏側に各種料理のメニューが載っていて今回注文したのはいつも決まった或るメニューを注文してます。



その私お気に入りの定番メニューとは… セットメニューのAセットを磯屋食堂に来店した時はいつも必ず注文してます。

Aセットとは… カツ丼(上)+うどんORきしめんが選べてカツ丼(上)単品が810円、うどんもきしめんも単品で486円になり合計で1296円になる所、Aセットにすれば1080円になりかなりお得です。

単品メニューの中にカツ丼756円とカツ丼(上)810円がありますが、磯屋食堂のカツ丼756円の方は玉子が閉じて無い珍しいカツ丼なので一般的な玉子で閉じてるカツ丼を食べたい場合はカツ丼(上)810円を注文する必要があり価格の差は玉子閉じの有無になります。



Aセットが運ばれて来ました。
今回はカツ丼(上)+きしめんの組み合わせで注文しましたが…



磯屋食堂に来店した時の気分に応じてカツ丼(上)+うどんの組み合わせで注文したりもします。
Aセットには小鉢でたくあんも付いて来ます。



まずはきしめんから食べる事にしました。



きしめんは少し細めですが、喉ごしが良くて美味しかったです。



ほうれん草が具に入ってましたが、きしめんと良く合う感じで美味しかったです。



かまぼこもきしめんの彩りに花を添えてました。



美味しいきしめんなので食がすすみ、半分ほど食べ終えました。



きしめん完食前の最後の一口を良く味わって食べる事にしました。



まずはきしめんを完食致しました。



今度はカツ丼を食べる事にしました。



カツ丼のカツの味わいは肉の旨味と玉子閉じの玉子の旨味、割下の味わいがバランス良くて口の中でそれぞれの旨味が絶妙に絡み合って至福の味わいを堪能出来る逸品でした。



今度はカツ抜きで玉子閉じとご飯を食べてみました。
味わいは玉子閉じに玉子の旨味と割下の旨味が上手く調和している感じでご飯との相性も抜群で美味しく頂く事が出来ました。



カツ丼のご飯にたくあんのせて食べても美味しかったです。



美味しい絶品カツ丼を半分ほど食べ終えた所でカツ丼の断面を撮影してみました。



カツ丼完食前の最後の一口はよく噛みしめて食べる事にしました。



口の中に至福のひと時を堪能出来た絶品カツ丼を完食致しました。



お得なAセットを完食し大満足でした。



店員が片付け易いように通路の近くに寄せておきました。



レジで会計を済ませて磯屋食堂の店の外に出る事にしました。



外はすっかり暗くなってました。
夜の磯屋食堂の店構えも来店した時よりも哀愁感がより一層出てる感じの素敵な佇まいに見えました。



閉じていたルーフを再び開けて…



磯屋食堂を後にして再び自宅までの帰り道を夜のオープンドライブしながら帰路に就きました。



自宅の車庫に到着し、ルーフを閉じて自宅に入りました。

※あとがき※
今回は久しぶりの磯屋食堂に訪問しましたがいつも食べてるAセットのカツ丼ときしめんの味わいは毎回食べても本当に美味しくて今回もカツ丼ときしめんは変わらぬ旨さで大満足の夕飯となりました。

本日、朝から昼過ぎまで私の友人のS2000オーナーと西浦でプチオフ会を開催して蒲フォルニアと西浦のカフェでモーニングして、西浦のレトロな小料理屋で2度目の朝食を食べまして、その後は三ヶ根山スカイラインツーリングをして最後は幸田のレトロレストランで昼食を一緒に食べて来ました。

次回のブログから本日、西浦でプチオフ会を開催した様子を前編、中編、後編の3回に分けて皆様に紹介しようと思ってますのでお楽しみに…

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2018/09/23 16:27:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | グルメ/料理

プロフィール

「[整備] #206CCカブリオレ マルチファンクションディスプレイの表示不具合解消 https://minkara.carview.co.jp/userid/2883900/car/2494700/5405830/note.aspx
何シテル?   07/20 18:28
アライグマのアライです。 旅行、食べ歩き、ドライブ、そしてクルマいじりが好きです。 色々な所に訪問し足跡付けまくってます。 みん友さん、訪問者の皆...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

愛車一覧

プジョー 206CC (カブリオレ) プジョー 206CC (カブリオレ)
ドライブや旅先で絶景スポットでオープンにしたら最高だなって思い4座のオープンカーがずっと ...
スズキ エブリイワゴン スズキ エブリイワゴン
プジョー206CCの前に乗ってた愛車です。 内装をラグジュアリーな感じにいじってました ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
現愛車の2つ前の愛車です。 内装のラグジュアリー化はこの車から始まりました。 フロン ...
日産 シーマ 日産 シーマ
現愛車の3つ前の愛車です。 いじった部分は深リムのwork ユーロラインDH 19イン ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.