• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アライグマのアライのブログ一覧

2019年03月25日 イイね!

近所の食事処にてカツ丼と焼きそばを愉しむ

近所の食事処にてカツ丼と焼きそばを愉しむ今回は日曜日の夜に自宅近くの食事処にて夕飯でカツ丼と焼きそばを愉しんだ様子を皆様に紹介したいと思います。

今回紹介する食事処「千歳」は以前に何度か紹介した店でしたが、今までは昼時の昼食を食べに訪問してましたが今回は初めて夜に訪問してみました。



愛知県豊田市若林東町高根下3−55にあります食事処「千歳」に今回、夕食を食べる為に夜に来店しました。



愛車を駐車しまして…



早速、千歳の店内に入る事にしました。



昼間に来店の時にいつも座ってました座敷席はお客様で満席だったのとテーブル席手前にお客さんが座ってましたのでそれ以外のテーブル席を撮影しました。



調理場近くの奥の座敷席は空いてましたが…



今回は初めてミニカウンター席に座る事にしました。



壁の木製のメニュー札の中から…



大好物のカツ丼を注文しまして…



備え付けのメニュー表の中から…



焼きそばも注文する事にしました。



注文してまずは焼きそばが運ばれて来ましたがカツ丼が運ばれて来るまで食べずにいました。



カツ丼が運ばれて来ましたので焼きそばと一緒に撮影し…



カツ丼の丼の蓋と味噌汁の蓋を取り撮影しました。



美味しそうなカツ丼は赤だし味噌汁とたくあんが付いてまして、焼きそばと合わせて豪華な夕飯になりました。



まずは美味しそうなカツ丼から食べる事にしました。



カツ1切目はカツと玉子閉じを一緒に食べてみました。
味わいは手頃な厚さのカツの肉の旨味と玉子閉じの玉子の旨味に玉子閉じに染み込みました割下の旨味が口の中で三位一体となって旨さが拡がる感じで美味しかったです。



赤だしの味噌汁の具はシンプルな豆腐と刻みネギの具のみでしたがカツ丼によく合い美味しかったです。



カツ2切れ目はカツだけを愉しむ事にしましたがカツの肉の旨味に割下の味わいだけでも充分に美味しかったです。



割下のしっかりと染みたご飯も美味しく頂く事が出来ました。
いつもたくあんをのせて食べてますが今回は珍しくたくあんをのせて食べずにたくあんはそのまま食べました。



美味しいカツ丼を半分ほど食べ終え、カツ丼の断面を撮影しました。



味噌汁も半分ほど食べ終えました。



半分食べ終えた後、再びカツを食べ始めて口の中が再び至福のひと時を堪能する事が出来ました。



カツ丼完食前の最後の1切れのカツはよく味わって食べる事にしました。



口の中に至福のひと時を堪能させてくれたカツ丼を完食致しました。



次は見るからに美味しそうな焼きそばを食べようと思います。



焼きそばの味わいは祭りの屋台の焼きそばの味わいに似てて美味しかったです。



焼きそばの具の豚肉と…



キャベツ、そして紅生姜が焼きそばの味わいの中で個々の味わいを主張している感じで美味しく頂く事が出来ました。



美味しい焼きそばも半分ほど食べ終え、残りも良く味わいながら引き続き食べていき…



焼きそばも完食しましてカツ丼と焼きそばの両方を完食致しました。



レジで会計を済ませて千歳の店の外に出る事にしました。



食事処「千歳」を後にしまして帰路に就きました。

※あとがき※
16日の可児・瑞浪オフ会のブログ以来の1週間ぶりのブログになりましたが、先週は月曜日から土曜日まで仕事だったのと風邪をひいてしまい、中々ブログを書く気になれずに居ましたので久しぶりのブログ更新となりました。

まだ、未公開の食レポブログは幾つかありますが、少しずつ公開しようと思いますのでお楽しみに…

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2019/03/25 23:29:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2019年03月17日 イイね!

可児・瑞浪オフ会後編 瑞浪・加登屋食堂にて餡かけカツ丼を愉しむ

可児・瑞浪オフ会後編 瑞浪・加登屋食堂にて餡かけカツ丼を愉しむ前回のブログに引き続き、私の企画で開催しました可児・瑞浪オフ会の後編の瑞浪編を皆様に紹介したいと思います。
今回のブログは前回のブログの続きになりますので、前回のブログをご拝読されてない皆様は前回のブログからご拝読される事をお薦めします。



オフ会にご参加頂きましたアルファロメオ アルファ147 GTAオーナーの先導で11時頃、可児・日本ライン花木センターを後にしまして、国道41号線を北進し、国道21号線を東進し、東海環状道の可児御嵩インターから東海北陸道、中央道をキャラバンを組んで走行しまして瑞浪インターで降りまして、JR瑞浪駅北口の330台収容の時間貸駐車場に向かう事にしました。

※ご参加頂いたみん友さんのブログをご紹介します※
私はアルファロメオ アルファ147 GTAオーナーの愛車の後ろの207CCオーナーの後ろの3台目を走行してましたので可児から瑞浪迄のキャラバンの様子を撮影出来ませんでしたので、今回のオフ会でご参加頂きましたトヨタ・SAIオーナーでみん友のAsayanさんのブログに可児から瑞浪迄のキャラバンの様子が載せられてましたので、Asayanさんのご許可を頂き、私のブログにてAsayanさんのオフ会ブログを今回ご紹介させて頂きました。



瑞浪インター料金所出口で先導役がアルファロメオ アルファ147 GTAオーナーから私に代わりまして、私の先導でJR瑞浪駅北口の時間貸駐車場にやって来ました。

私に続きAMG C63ベンツオーナー、私と同じ色のプジョー206CCオーナーが駐車場に到着されました。



キャラバンを組んで走って居た時に信号の関係で私を含む3台以外は信号で捕まってしまい、はぐれてしまいましたが、5分ほど経過してヴェルファイアオーナーとトヨタ・SAIオーナーが到着されました。

この2台のオーナーからキャラバンの後続車の事をお聞きした所、キャラバンからはぐれてしまい、瑞浪駅の南側を走ってみて、北口の大きな駐車場だと思い、北口駐車場に到着できたとの事でした。



それから待つ事更に5分後、マイクラC+Cオーナーが到着され、キャラバンの後続車の事をお聞きした所、キャラバンからはぐれて瑞浪駅の南側の駐車場まで行ってしまい、私達が居なかったので
北口駐車場に来たら私達を発見しホッとしたとの事でした。

瑞浪インター迄アルファロメオ アルファ147 GTAオーナーの後ろで私の前を走っていましたブジョー207CCオーナーは瑞浪駅の南側の浪花駐車場にて見かけたという情報も私に教えて下さりましたので南側の浪花駐車場に駐車されたと思いました。



そして、ホンダ・S2000オーナーもはぐれて迷われてようやく瑞浪駅北口駐車場に到着されました。
私の先導が悪いばかりに参加車両の皆様にご迷惑をおかけして申し訳ないと思いました。

瑞浪インターまで先導されてたアルファロメオ アルファ147 GTAオーナーが中々到着されないのでオフ会にご参加され日本ライン花木センターの後で帰られたフェラーリ458オーナーに電話番号交換してました。

アルファロメオ アルファ147 GTAオーナーに連絡とって貰おうと思い、フェラーリ458オーナーに電話した所、連絡して頂き、その後アルファロメオ アルファ147 GTAオーナーから電話がかかって来まして、瑞浪インター迄先導しましたが昼食会には参加せず帰りましたと連絡を受けました。

一方で会社の同僚2人はキャラバンには参加せず先発隊として10時40分頃プジョー207で先に瑞浪入りするとの事で昼食会会場であります瑞浪駅南口の加登屋食堂に2人で居ると思い、プジョー207オーナーに電話してプジョー207CCオーナーも会場入りしているかお聞きした所、3人で会場入りしていると言う事で瑞浪駅北口駐車場に駐車された皆様と瑞浪駅南口の加登屋食堂に向かう事にしました。



瑞浪駅北口の地下道を通りまして・・・



瑞浪駅南口にやって来ました。



今回のオフ会の昼食会会場であります加登屋食堂は瑞浪駅南口のロータリーの東の外れにありまして、店内に入ると人気店ですのでお客でいっぱいでほぼ満席でしたが…



今回のオフ会の為に加登屋食堂2階にあります宴会席を予約してましたので、店舗横の狭い路地を入って勝手口の様な入口から階段で2階に上がり、宴会席に到着すると会社の同僚2人とブジョー207CCオーナーが座られて私達の到着を待たれてました。



今回のオフ会は加登屋食堂2階の宴会席を予約した時と変わり、オフ会に仕事や急な用事でご参加出来なかった方もいらっしゃった関係で用意されてた割り箸とおしぼりの数は余ってしまいましたが、プライベート感のある宴会席にて昼食会で出来た事は良かったと思いました。



参加者の皆様は前回のブログで紹介しましたオフ会前編の可児・湯の華食堂で朝食会の時はモーニングセットを注文される方が多かったのですが、加登屋食堂では皆様、あんかけカツ丼の並サイズを注文されてましたので、加登屋食堂のあんかけカツ丼を皆様が楽しみにされていたんだなって思いました。

会社の同僚でプジョー207オーナーだけはカキフライ定食を注文されてましたので、食べ物の好みは人それぞれですが、カキフライ定食も美味しいと言って下さってたので良かったと思います。



そう言う私は何を注文したかと言いますと、前回のブログのオフ会前編の可児・湯の華食堂の朝食会でも皆様がモーニングセットを注文する中で朝からガッツリとカツ丼を食べましたが、昼食会でも皆様があんかけカツ丼の並サイズを注文する中、私は大あんかけカツ丼を注文しました。

写真の左が私が注文した大あんかけカツ丼で右が皆様が注文されたあんかけカツ丼の並サイズです。



加登屋食堂のあんかけカツ丼の魅力は何と言ってもトロトロの玉子餡がカツ丼にしっかりとかかっていまして見た目の珍しさもさる事ながら味わいがとにかく美味しくて絶品なのも人気の秘密です。

秘密のケンミンショーで過去にこのカツ丼が取り上げられた事もある大あんかけカツ丼を早速食べてみる事にしました。



大あんかけカツ丼が運ばれて来ましてしばらくしてから味噌汁が運ばれて来まして・・・



たくあんが運ばれて来ました。
私達は団体扱いに今回はなりましたので出されるのに時間がかかりましたが、予約の時に時間がかかる事は言われましたので、参加者の皆様にも出されるのに時間がかかる事はお伝えしておきました。



あんかけカツ丼のカツの味わいは柔らかくてやや肉厚のカツの肉の旨味に、トロトロの玉子の餡の味わいが口の中で絶妙に絡め合い、アッサリとした餡の味わいに喉ごしも良く、口の中が旨さの至福のひと時に満たされる絶品の味わいで、参加者の皆様からも凄く美味しいと大好評でした。



味噌汁はワカメだけのシンプルな味噌汁ですがとにかくダシの風味が素晴らしくてあんかけカツ丼によく合う美味しい味噌汁でした。



あんかけのしっかり染みたご飯の味わいはふっくらと炊きあがった美味しいご飯にアッサリとした餡の玉子のあんかけの旨味が絡め合ってサラサラと口の中に入っていく感じで美味しく頂けました。



カツ丼の食レポの時にいつもやってますが、あんかけの染みたご飯にたくあんをのせて食べるといつもながら美味しかったです。



ダシの風味が素晴らしくて美味しかった味噌汁も半分ほど飲み終えました。



絶品だった大あんかけカツ丼の味わいを口の中で堪能しながら半分ほど食べ終えて大あんかけカツ丼の断面を撮影してみました。



口の中に旨さの至福のひと時を堪能してくれた大あんかけカツ丼も残り少なくなってきました。



完食前の最後の1切れは名残惜しいのですが良く味わって食べる事にしました。



湯の華食堂の朝食でカツ丼を愉しみ、加登屋食堂の昼食で大あんかけカツ丼を愉しみましたが、2食ともカツ丼を食べましたが、どちらのカツ丼も美味しく頂く事が出来、カツ丼2食目の大あんかけカツ丼も完食致しました。



参加者の皆様もあんかけカツ丼の味わいに大満足の様子で食後はクルマの話やグルメの話などで歓談を愉しまれた後、加登屋食堂1階で個々に会計を済ませて加登屋食堂を後にしまして、北口の駐車場に戻る為に南口の地下道から北口に向かう事にしました。



会社の同僚2人はアフターツーリングには参加しないと言う事で2人とは駐車場で別れて残りの参加者と山岡の道の駅までのアフターツーリング愉しむ為に駐車場を後にして山岡の道の駅までキャラバンを組んで走る事にしました。



瑞浪から県道20号線、県道33号線を走り、道の駅 おばあちゃん市・山岡の駐車場にやって来ました。



パーツレビューででも紹介しましたが、可児・日本ライン花木センターの駐車場にて私の愛車と同じ色のプジョー206CCで参加者でみん友のふくちゃんCarさんが自作されたフランス国旗のトリコロールエンブレムを参加者のブジョーオーナーの皆様に配布されまして、可児・日本ライン花木センターの駐車場から道の駅 おばあちゃん市・山岡の駐車場までフロントに貼り付けて走って来ました。



ホンダ・S2000オーナーとブジョー207CCオーナーも到着され…



マイクラC+Cオーナーとヴェルファイアオーナーも到着されました。
トヨタ・SAIオーナーも到着されましたが、ヴェルファイアオーナーの右隣に駐車されたのですが写真を撮り忘れてしまい申し訳ございませんでした。



大きな木製水車側にも駐車場があるのですが・・・アフターツーリングの台数が多い為、大きな木製水車から離れた駐車場に皆様駐車しましたので大きな木製水車を観に皆様と向かう事にしました。



瑞浪駅北口駐車場を出発した時はふくちゃんCarさんが先導役でしたが、途中の道中で加登屋食堂2階の宴会席に愛用の帽子を忘れられたと言う事で加登屋食堂に帽子を取りに戻られた関係で先導役が途中から私に変わりましたが、ふくちゃんCarさんは大きな木製水車側の駐車場に無事に到着されて再会出来ましたので安心致しました。



大きな木製水車、迫力の1枚が撮影出来ました。



今度は少し離れて撮影しまして…



撮影場所を少し変えて大きな木製水車を撮影してみました。



道の駅 おばあちゃん市・山岡のそばには小里川ダムがあります。



吊り橋を渡り、小里川ダム管理所の建物に向かいました。
小里川ダム管理所ではダムカードを頂いてた参加者もいらっしゃいましたが、私はダムカードは集めて無いのでダムカードは貰いませんでした。



小里川ダム管理所の建物内の展示物を色々見た後は建物入口近くにあった自販機でペットボトルのグレープジュースを購入し、再び吊り橋を渡って道の駅に戻る事にしました。



豚まんが販売されてたこの店も気になりましたが…
豚まんはホンダ・S2000オーナーが買われて美味しそうに食べてらっしゃいました。



私はこちらの店で・・・



五平餅を買い、先ほど自販機で買いました小岩井純水ブドウジュースと一緒に味わう事にしました。



五平餅の味わいは甘い味噌ダレの味わいと香ばしい風味が口の中に拡がり美味しかったです。



半分ほど食べ終え、残り半分も良く味わって食べる事にしました。



五平餅を完食致しまして… よいおやつとなりました。



207CCオーナーの愛車の後ろにもふくちゃんCarさんに頂いたトリコロールエンブレムがしっかり貼られてました。

道の駅 おばあちゃん市・山岡でも駐車場に空きの関係でバラバラに駐車する事になってしまいましたので、最後の締めでオフ会らしくする為に道の駅からダムを挟んだ反対側にあります山の上の展望台に皆さんで向かう事にしました。



展望台の駐車場に到着し、オフ会をアフターツーリング迄ご参加下さった8台を撮影致しました。
こんな感じで横並びに撮影しますとオフ会らしさが良く出ている1枚となりました。



皆様で展望台の上に上がりましてダムの様子を撮影したり・・・



道の駅の様子を撮影したり…



展望台の上から横並びの8台を撮影される方が一番多かった気がします。

小雨が降って来たのもあり、解散後に希望者は岩村の街並み散策をする予定でしたが、中止しまして、展望台下の雨宿り出来る場所に集まって頂き、私のオフ会終了宣言と挨拶をもちまして解散する事になりました。



解散後は展望台からの帰路は私はふくちゃんCarさんの後ろを付いて走り、他の参加者も私の後ろに続々とキャラバンを組んで走ってましたが、国道19号線の交差点の所で私の後ろの参加者が信号で引っかかってしまいました。

その後は中央道の土岐ジャンクションまでふくちゃんCarさんと2台で走り、ふくちゃんCarさんはそのまま中央道へ、私は東海環状道に入り豊田東インターで降りて帰路に就きました。

※あとがき※
16日の土曜日に私の企画で開催しました可児・瑞浪オフ会は参加者の皆様で終始和気藹々としたムードの中で皆様と楽しいオフ会になりましたので開催して良かったと思います。

私は結局、朝食と昼食の2食ともカツ丼を食べましたのでカツ丼の食べ比べが出来てそれぞれのカツ丼の食レポも出来ましたので満足しましたが、カツ丼を食べた事よりも参加者の皆様と一緒にツーリング出来た事が一番楽しい思い出になりました。

前回のブログで写真枚数50枚、今回のブログでも写真枚数50枚を載せさせて頂きましたが、長くなってしまった2つのブログをご拝読される皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

今回も長くなりましたが、最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2019/03/17 23:52:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2019年03月16日 イイね!

可児・瑞浪オフ会前編 可児・湯の華食堂にて朝からカツ丼を愉しむ

可児・瑞浪オフ会前編 可児・湯の華食堂にて朝からカツ丼を愉しむ本日は私が企画しました可児・瑞浪オフ会の前編としまして可児・湯の華アイランド内の湯の華食堂にて参加者の皆様と朝食会を開催しました。

その後国道41号線を挟んだ湯の華アイランドの真向いの日本ライン花木センターに移動した様子を皆様に紹介したいと思います。



本日は6時に起床しまして、オフ会の集合場所の可児・湯の華アイランド駐車場には8時半集合にしましたが、豊田のプジョー207CCオーナーと豊川のホンダS2000オーナーと東名高速東郷PA下り線駐車場に7時半に待ち合わせしまして、3台で可児・湯の華アイランド駐車場に向かう約束をしてました。

オフ会参加者の1人から以前のこのブログのミニファミコンとDVDを車載化した様子をオフ会で見てみたいとの要望を受けて出発前にモニターを取り付けました。



オフ会と言う事で普段は装着してないブジョーのシートベルトパットも装着しまして・・・



カーナビも可児・湯の華アイランドに目的地をセットしまして自宅の車庫を7時頃出発しました。



待ち合わせ場所の東郷PA下り線駐車場に到着したのは集合時間5分前の7時25分頃でしたが、私が到着した時には豊田のプジョー207CCオーナーと豊川のホンダS2000オーナーの2人は既に到着されて居ましたので私をお待ち頂き申し訳ないと思いました。



2人に挨拶をして3台で写真撮影をした後、3台でキャラバンを組んで東郷PA下り線駐車場を出発する事にしました。



東名高速を走り、中央道に入り、小牧東インターで降りて尾張パークウェーを走って国道41号線に出まして8時20分頃、可児・湯の華アイランドの駐車場に到着しました。



湯の華アイランドの駐車場は広いですが、かつて名鉄犬山遊園駅から日本モンキーパークを走って居て、現在は廃線となりました犬山モノレールの車両が静態保存されている場所の駐車場を選びました。

静態保存されて「湯の華号」と命名された犬山モノレールの車両は味わいのある車両で時間帯に寄りますが車内を見学する事も出来るみたいでした。



今回の参加者で一番遠い三重・津からトヨタ・SAIオーナーが彼女さんと一緒に到着されました。
遠い所からご参加頂き、本当にありがとうございます。



集合時間5分前の8時25分頃、続々と参加者が到着され、弥富のAMGC63ベンツオーナー、関のマイクラC+Cオーナー、半田のヴェルファイアオーナーが到着されました。

会社の同僚2人でプジョー207オーナーと前回のプログで紹介しましたゼロクラウンオーナーは今回はプジョー207の助手席に座りご参加され到着されましたが、少し離れた場所に駐車されましたので、プジョー207は後ほどブログで紹介したいと思います。



集合時間の8時半頃、オフ会会場近くの可児のフェラーリ458オーナーとその友人のアルファロメオ アルファ147 GTAオーナーが到着され、10時頃に可児・日本ライン花木センターでオフ会に合流します羽島の私と全く同じ色のブジョー206CCオーナーを除いた参加者全て揃いました。



参加車両の中で参加者に一番注目を集めていましたのがフェラーリ458で、サイドからのボディラインがセクシーで美しいラインに皆様見惚れてしまってました。

AMGC63ベンツも参加者の皆様に注目されてて、AMGC63ベンツオーナーが丁寧に説明されていたのが印象的でした。



フェラーリ458の後ろ姿もカッコいいなって思いつつ、撮影させて頂きました。
フェラーリ458オーナーはフェラーリ348スパイダーも所有されていまして、本日のオフ会はどちらの愛車で参加しようか迷われてましたが、フェラーリ458でお越しになられました。



湯の華アイランド内の湯の華食堂が9時から開店致しますので、8時55分頃に主催者の私よりオフ会の開会を挨拶をさせて頂きまして、オフ会開催宣言を致しまして、湯の華食堂近くの駐車場に参加者皆様に移動して頂けるようにお伝えし、湯の華食堂近くの駐車場に駐車した所で撮影しました。



こちらが9時から朝食会を開催します湯の華食堂になります。



湯の華食堂を朝食会会場に選んだ理由はご覧の通り、テーブル席が沢山ありますのでオフ会向きの食堂だと思ったのが会場選びの時に調べて分かったからでした。



参加者の大半が350円のモーニングセットを選ばれる中…



会社の同僚でゼロクラウンオーナーは今回、同僚のプジョー207オーナーの助手席に座ってご参加されましたので、運転する必要が無い為、ビールと元祖可児ホルモン定食を食べられてました。



ホンダS2000オーナーは甘いものが大好きな人なのでモーニングセットには目もくれず、マンゴーソフトクリームらしきものを食べてました。



そう言う私は朝から何を食べたかと言いますと…



メニュー表の中から丼ぶり・カレーの項目に注目しまして…



お茶を入れながら考えた結果…



私の大好物で私のブログの食レポにもよく登場します(笑)カツ丼を朝からガッツリと食べる事にしました。



番号が呼ばれ、カツ丼を取りにカウンターに行きました。



カウンターからテーブル席にカツ丼を運んで来ました。



アングルを変えてみますと丼が大きめでボリューム満点の美味しそうなカツ丼で漬物が付いてて、食べる前から味わいに期待出来そうなカツ丼でした。



カツ丼1切れ目の味わいはカツの肉は柔らかく、衣に玉子閉じの旨さとカツの肉の旨味が口の中で絶妙に絡め合い美味しかったです。



カツ丼のカツが丼の上いっぱいになっててデカいカツでしたのでご飯にアクセス出来ずにカツを2切れ目も食べて下のご飯にアクセス出来るようにしました。



ご飯にアクセス出来るようになり、ご飯の味わいは割下の旨味がしっかりと染みてて、玉子閉じの玉子の旨味とご飯の絶妙な炊き加減の味わいが口の中で三位一体となって旨さが拡がる感じで朝の朝食で食べるカツ丼でしたが病みつきになる味わいでした。



カツ丼の食レポの時にいつもやっている事ですが、割下のしっかりと染みたご飯の上に漬物をのせて食べるといつものごとく美味しかったです。



朝から病みつきになる美味しいカツ丼を半分ほど食べ終え、カツ丼の断面を撮影しました。



半分以上を食べ終えて朝から食べるカツ丼のカツの旨味をしっかりと堪能しながら、口の中で朝から至福のひと時を味わってました。



美味しいカツ丼も残り少なくなり完食迄のカウントダウンが始まりつつありました。



完食前の最後の1切れは名残り惜しいのですが良く味わって食べる事にしました。



朝9時過ぎからガッツリと美味しいカツ丼が堪能出来ましたので大満足で完食致しました。



食後は参加者の皆様とクルマの話やグルメの話、そして私のブログの話などで皆様と談笑を愉しみ、9時50分過ぎに朝食会を終了しまして、参加者の皆様と湯の華食堂を後にしまして湯の華アイランドを国道41号線を挟んだ真向いにあります日本ライン花木センターに向かいました。



10時頃、日本ライン花木センターセンター駐車場に到着しましたが、駐車場が混雑してましたので、参加車両がバラバラに駐車する事になりました。

私の愛車の右隣にAMGC63ベンツオーナーの愛車が駐車され、その後ろに207CCオーナーの愛車が駐車されました。



少し離れた所に日本ライン花木センターよりオフ会にご参加の私と全く同じ色の羽島のブジョー206CCオーナーの愛車が駐車され、左隣にアルファロメオ アルファ147 GTAオーナーの愛車が駐車されました。

アルファロメオ アルファ147 GTAオーナーには可児から瑞浪までの先導役をお願いしまして、快諾を頂き、先導役を引き受けて下さいました。



湯の華アイランドの駐車場で紹介出来ませんでした、私の会社の同僚のプジョー207オーナーの愛車は私の愛車の左斜め前の駐車場に駐車されてました。



フェラーリ458オーナー、ホンダS2000オーナー、マイクラC+Cオーナーと駐車してますが会社の同僚2人の姿を見かけなかったですので花木センター内を散策されていると思い、姿を見かけなくなった参加者以外の参加者と一緒に私は憩いの広場にあるアライグマ舎に行く事にしました。

写真の竜宮城の建物のある場所の先が憩いの広場ですが、建物に向かって歩いてますと日本ライン花木センターからご参加のブジョー206CCオーナーが愛犬を散歩しながら歩いて来られましたので合流しアライグマ舎に向かいました。



アライグマ舎にやって来たのですが…



お目当てのアライグマは奥の巣穴の中に居るらしくて1匹も姿を見せなくて残念でした。
恐らく、巣穴の中で丸まって寝てると思われますので…



羽島のブジョー206CCオーナーの愛犬がアライグマの代わりに大活躍する事になりました。



参加者の皆様の為に機転を利かせた羽島のブジョー206CCオーナーが愛犬をアライグマ舎の柵の内側に愛犬を持ち上げて入れながら・・・

「こうすればアライグマに見えるやろ」

と言われたのでアライグマの姿が見られなくて残念がってた参加者の皆様から大爆笑されて場の雰囲気を和ませて頂きました。



アライグマ舎のすぐ近くには鳩吹稲荷(弁財天)があり、池の中に水浴中の弁天様がいらっしゃいました。



接写してみますと水浴中の弁天様は中々セクシーでした(笑)



今回のオフ会にご参加された皆様と竜宮城の建物みたいな場所で集合写真を撮る事になりました。
フェラーリ458オーナーもアライグマ舎のほうに来られ、集合写真に写って無いのは・・・

ホンダS2000オーナー、マイクラC+Cオーナーと会社の同僚2人、撮影している私の5人以外が写っている集合写真となりました。



集合写真撮影の後、11時頃に瑞浪に出発する関係で、それまでの時間は駐車場で参加者の皆様とクルマの話、グルメの話などで談笑してますと、ホンダS2000オーナー、マイクラC+Cオーナーと会社の同僚2人が駐車場に戻って来られて、花木センターの建物の方を色々と散策されていたと仰ってました。

皆様が談笑されている間は羽島のブジョー206CCオーナーが愛犬はブジョー206CCの牽引フックの所に繋がれてまして、参加者の皆様から可愛がられて居ました。



私も花木センター内を少し散策する事にしまして、やっぱり興味があるのは食べ物が販売されている店であんな店や・・・



こんな店もあり、買って食べようかと思いましたが、昼に瑞浪駅前の食堂での昼食会を控えてましたので、ここはぐっと食べたい気持ちを抑えて我慢する事にしました。



フェラーリ458オーナーは花木センター迄のご参加と言う事でお別れをしまして、アルファロメオ アルファ147 GTAオーナーの先導で11時頃、可児・日本ライン花木センターを後にしまして、瑞浪駅北の駐車場に向かう事にしました。

次回ブログの後編の瑞浪編に続く…

※あとがき※
本日開催のオフ会は参加者の皆様がよい方ばかりで和気藹々とした雰囲気が終始続きましたので楽しいオフ会となりました。

湯の華アイランド駐車場での皆様の愛車披露や湯の華食堂での朝食会も皆様楽しそうでしたが、日本ライン花木センターで飼育されてるアライグマの餌やりは今回残念ながら出来ませんでしたが、集合写真が撮れたり、皆様楽しそうにされてましたから良かったと思いました。

次回のブログは瑞浪に移動しまして瑞浪駅前の食堂にて昼食会を開催した様子とアフターツーリングで山岡の道の駅まで皆様で愉しんだ様子をお送りしようと思いますのでお楽しみに…

写真枚数がいつもより多いブログでしたが、今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2019/03/16 23:18:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2019年03月14日 イイね!

仕事終わりに同僚の運転手と回転寿司を愉しむ

仕事終わりに同僚の運転手と回転寿司を愉しむ今回は私が勤務してます運送会社の同僚の運転手と2人共、1日の乗務がいつもより早く終了しましたので勤務してます運送会社の近くにあるスシローにて2人で寿司三昧した様子を皆様に紹介したいと思います。

同僚の運転手とは同じ浜北の納品先に納品している関係で浜北の納品先の到着する時間がほぼ同じで浜北の納品先でも仲良く話したり、途中の休憩場所である上郷SAに私が休憩している時に電話でいつも仕事の話などをして仲良くしている同僚です。



朝7時半過ぎに豊田の運送会社の車庫を出発し、小牧→豊田→浜北→豊川2件→額田と今日は配送件数の多い日でしたが14時過ぎに東名高速上郷SA下り線の駐車場にやって来ました。

いつもは15時半頃まで上郷SA下り線の駐車場で休憩して16時少し前に会社の車庫に戻っているのですが、14時半過ぎに仲良くしている同僚から電話がかかって来て、早く乗務が終わったので車庫で待ってるから一緒にスシローに寿司を食べに行こうとお誘いがありましたので、いつもより1時間早いですが車庫に戻る事にしました。



車庫に15時前に戻り、運転日報を書き終えて提出し、荷物は愛車に入れて来て、仲良くしている同僚の愛車で会社の近くのスシローに行く事になりました。



同僚の愛車のゼロクラウンの助手席に乗って会社の車庫を出発しましてスシローに向かいました。



会社の車庫を出発して10分位走り、愛知県豊田市深田町2丁目36−2にありますスシロー豊田インター店の駐車場に到着しました。



入口から店内に入る事にしました。



店員に席を案内されて…



こちらの席に同僚と2人で座る事にしました。



寿司を食べる前にまずはお茶を入れる為に粉茶を湯呑みに入れて…



お湯を入れて・・・



お茶を用意しました。

※注意※
いつもの私のプログは食レポしてますが、今回のブログは1皿ごとに食べた寿司を紹介していくスタイルにしますので味わいなどの食レポはしませんのでご拝読下さる皆様ご自身で寿司の味わいをご想像下さい。



1皿目、まぐろを食べました。



2皿目、玉子を食べました。



3皿目、オニオンサーモンを食べました。



4皿目、150円皿の特ねた中トロを食べました。



5皿目、300円皿の数量限定の極上剣先イカを食べました。



6皿目、えびを食べました。



7皿目、玉子を食べました。



8皿目、オニオンサーモンを食べました。



9皿目、玉子を食べました。



10皿目、牛塩カルビを食べました。



10皿食べ終えた時の積み上げた皿の様子です。



11皿目、150円皿のしまあじを食べました。



12皿目、150円皿のたいを食べました。



13皿目、玉子を食べました。



14皿目、150円皿の炙り上穴子を食べました。



15皿目、えびを食べました。



16皿目、牛塩カルビを食べました。



17皿目150円皿のたいを食べました。
この寿司をタイトルの写真にしました。



18皿目、玉子を食べました。



19皿目、えびを食べました。



20皿目、サーモンを食べました。



いつもは25皿~30皿位食べてますが、腹八分にしようと思い、キリの良い20皿で食べるのを辞める事にしました。



同僚は9皿とあさりの赤だし味噌汁を飲み、完食してましたが、私と一緒に食事したのは初めてで、私の余裕の表情で美味しそうに食べてる私の喰いっぷりに驚いた様子でした。



会計は別々に支払い、私はカード払いで食べた20皿の代金2646円支払いました。



会計を済ませて店の外に出る事にしました。



スシロー豊田インター店には15時20分頃から16時頃まで居ましたが、同僚のゼロクラウンの助手席に乗り込み、16時10分頃に会社の車庫に到着して17時まで他の同僚も含めて3人で仕事の話や雑談話で盛り上がり17時になり仕事終了となり、愛車に乗り込んで帰路に就きました。

※あとがき※
今年に入り、今までも何度かブログにて仕事中のランチの食レポを皆様に紹介してきましたが、いつも独りで食レポしてましたので、今回は同僚と2人でスシローで寿司三昧しながら、楽しくお話し出来ましたので同僚にスシローに誘って頂き良かったと思います。

私は寿司は大好物で別腹だと思ってますのでいつもよりは食べる量が少なかったのですが、15時半頃に寿司を20皿食べたのにも関わらず、ブログを制作途中の21時過ぎにはお腹が減って来ましたのでブログを公開後は2度目の軽い夕飯を食べようと思います。

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2019/03/14 21:40:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | グルメ/料理
2019年03月13日 イイね!

今日の夕飯はほうれん草とツナ缶のペペロンチーノを調理して愉しむ

今日の夕飯はほうれん草とツナ缶のペペロンチーノを調理して愉しむ今日は夕方に仕事が終わり自宅に帰り、キッチンの冷蔵庫の中にほうれん草のお浸しがありましたのでペペロンチーノを調理した様子を皆様に紹介したいと思います。

久しぶりの調理の様子を紹介したブログになりますのでいつもの食レポブログと異なり、食レポよりも調理している様子を中心に紹介したいと思います。



ペペロンチーノを調理する為に茹でる為の鍋を用意しました。



主な材料は冷蔵庫の中にあったほうれん草のお浸しとツナ缶のシーチキンマイルド(カツオの油漬け)の缶詰を使ってほうれん草とシーチキンのペペロンチーノを作ろうと思います。



パスタはこちらのパスタを使って茹でようと思います。



キッチンの流し台の蛇口を湯が出て来る迄、出し続けます。



この蛇口から出てくる一番熱い湯の状態で60度の湯が出て来ますので鍋に湯を入れていきます。



湯を入れた鍋をIHクッキングヒーター上に置きまして…



強火に設定しました。



いつもペペロンチーノの具を炒める時はオリーブオイルを入れてましたが、シーチキンの中にも油が入ってますので、今回はオリーブオイルを使わずにシーチキンの缶の中の油を使って炒めようと思います。



炒める為のフライパンをIHクッキングヒーター上に置きまして中火に設定しました。



シーチキンを油の入ったままフライパンの中に投入しました。



ほうれん草のお浸しも投入し・・・



色取りと味を調える為に乾燥干しエビを投入しました。



炒めながらよくかき混ぜます。



具を炒めている間に湯の入った鍋が沸騰してきましたので…



パスタ2人前を使って…



沸騰した湯の入った鍋の中に投入し茹でる事にしました。



塩・コショーで味を調えたら、フライパン側のIHクッキングヒーターを止めておきます。



茹で汁に塩・コショーを振りかける事でパスタに微妙な塩加減の味をしみ込ませるために振りかけました。



茹で始めて3分ほど経過した時の鍋の中の様子です。



茹で始めて6分ほど経過しましたのでパスタの柔らかさを菜箸で確認してみました。



流し台の所にざるを用意しました。



茹で始めて7分経過し、パスタが茹であがりました。



ざるの中に茹であがったパスタを入れて湯切りをしました。



湯切り後に炒めてあった具の入ったフライパンの中にパスタを投入しました。



塩・コショーを振りかけてパスタの味を整えました。



具とパスタをよくかき混ぜながら…



味の決め手になるペペロンチーノの素を…



具とよく混ぜ合わせたパスタに振りかけました。



そして、よくかき混ぜたら調理完了です。



皿を用意して…



ほうれん草とシーチキンのペペロンチーノを盛り付けました。



部屋に持って来ましたので…



ほうれん草とシーチキンのペペロンチーノを夕飯として食べてみる事にしました。



味わいは塩・コショーで味を整えたパスタの味わいにガーリックと赤唐辛子の味の効いたペペロンチーノの素の味わいにほうれん草の味わいとシーチキンの旨味が口の中で上手く調和する感じでパスタ、ペペロンチーノの素、ほうれん草、シーチキンの味わいの四重奏を奏でている感じで美味しかったです。



キッチンにある食材を使って作ったほうれん草とシーチキンのペペロンチーノはパスタ2人前を茹でましたので量は大盛りですが、思いのほか美味しかったので美味しさを堪能しながら半分ほど食べ終えました。



残り半分も美味しく頂く事が出来完食致しました。

※あとがき※
今回は久しぶりの簡単な料理を調理して食べて愉しむブログになりましたが、ほうれん草とシーチキンのペペロンチーノは簡単に調理出来てしかも食べても美味しかったので本日の夕飯として調理して良かったと思います。

今回紹介しましたほうれん草とシーチキンのペペロンチーノは本当に簡単に調理出来ますので、このブログをご拝読頂き、私が調理したほうれん草とシーチキンのペペロンチーノを食べてみたいと思われた皆様は是非調理にチャレンジしてみて下さい。

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2019/03/13 23:12:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | グルメ/料理

プロフィール

「[整備] #206CCカブリオレ マルチファンクションディスプレイの表示不具合解消 https://minkara.carview.co.jp/userid/2883900/car/2494700/5405830/note.aspx
何シテル?   07/20 18:28
アライグマのアライです。 旅行、食べ歩き、ドライブ、そしてクルマいじりが好きです。 色々な所に訪問し足跡付けまくってます。 みん友さん、訪問者の皆...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

プジョー 206CC (カブリオレ) プジョー 206CC (カブリオレ)
ドライブや旅先で絶景スポットでオープンにしたら最高だなって思い4座のオープンカーがずっと ...
スズキ エブリイワゴン スズキ エブリイワゴン
プジョー206CCの前に乗ってた愛車です。 内装をラグジュアリーな感じにいじってました ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
現愛車の2つ前の愛車です。 内装のラグジュアリー化はこの車から始まりました。 フロン ...
日産 シーマ 日産 シーマ
現愛車の3つ前の愛車です。 いじった部分は深リムのwork ユーロラインDH 19イン ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.