• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アライグマのアライのブログ一覧

2019年07月31日 イイね!

奥琵琶湖・若狭TRG⑥ 小浜の食堂にてカツ丼を愉しむ

奥琵琶湖・若狭TRG⑥ 小浜の食堂にてカツ丼を愉しむ奥琵琶湖・若狭TRGシリーズも残す所、今回を含めてあと2回の紹介となりましたが、今まで紹介した5回のブログは過去に1度でも行った場所をTRGに組み込みましたが、今回紹介する場所は私自身も初めて行った場所になりました。

今回は小浜にあるエンゼルラインをTRGした様子と急遽、小浜辺りで昼飯を食べようと食べログで調べて発見しましたカツ丼専門店の食堂にてカツ丼を愉しんだ様子を紹介したいと思います。



前回のブログで紹介しました天橋立を後にしまして宮津天橋立インターから京都縦貫道を走行し綾部ジャンクションにて舞鶴若狭道に入り小浜インターで降りました。
小浜市街を抜けて国道162号線を東進し、エンゼルラインのワインディングロードを愉しみながらエンゼルラインの山頂駐車場にやって来ました。



山頂駐車場より小浜市街方面を望む。



山頂駐車場は2段構えの布陣になってる事が解り、更に上に山頂駐車場がありましたのでより高い場所の駐車場に移動しました。



更に高い場所の山頂駐車場より日本海を望みましたが生憎の曇り空で晴天時はもっと美しい絶景が堪能出来たかと思うと少し残念でした。



エンゼルラインは調べてみますと昔は有料道路だったようで後に無料化されたようですが、穴場のワインディングロードのようで訪れた時は私達2台だけの貸切状態でした。



駐車場内を少し移動しまして…



一つ下の駐車場同様に小浜市街方面を望んでみました。



昼時に近づいて来ましたのでヴェルファイアオーナーと昼飯を何処で食べようかとの話になりました。

30日の昼飯を食べる場所を決めずに今回のTRGを開催しましたので、急遽スマホを使って食べログで調べてみますと小浜市街の埋め立て地に「こだま食堂」と言う気になる食堂を発見しましたので山頂駐車場を後にしまして下山して「こだま食堂」に向かいました。



こだま食堂に到着しましたが、人気のカツ丼専門店の食堂らしく店舗前の駐車場は満車でしたので…



こだま食堂の目の前にある漁港の駐車場にこだま食堂の客らしき車が駐車されてましたので私達も駐車する事にしました。



店内は満席でしたので、入口付近で20分位待たされましたが、こちらの席に案内されました。



こだま食堂の人気の秘密は丼からはみ出すほどの巨大なソースカツ丼が食べれるのが人気の秘密のようですが…



奥琵琶湖・若狭TRG③で紹介しました敦賀ヨーロッパ軒にてデラックス丼を食べていましたので、ソースカツ丼よりも普通の玉子閉じのカツ丼が食べたいと思い、玉子閉じのカツ丼と思われる「かつたま」に冷たいうどんのセットを注文しました。



ヴェルファイアオーナーは二食丼なるものを注文されてましたが実物はどんなものが着丼されるか私も楽しみでした。



「かつたま」と言う普通の美味しそうなカツ丼が着丼しました。



冷たいうどんも美味しそうでしたし、冷奴とたくあんが付いてました。



ヴェルファイアオーナーが注文した二食丼が着丼しましたが、巨大なカツはインパクト絶大でした。



はさみが用意されてましたが、二食丼の食べ方はご覧のように食べやすい大きさにはさみでカットして食べて下さいと食べ方の説明に書かれてました。



まずは冷たいうどんから食べましたが、うどんが讃岐うどんみたいにコシがあり、喉ごしもよくて冷たいので暑かった事もあり美味しく頂けました。



お腹も減っていた事もあり、あっという間に冷たいうどんは完食致しました。



次はいよいよ大好物のカツ丼を愉しもうと思います。



カツ丼のカツの味わいは丁度良い厚みのカツの肉の味わいに玉子閉じの玉子の美味しさと少し甘目の割下の味わいが口の中で三位一体となって旨さが広がる感じで流石カツ丼専門店のカツ丼の味わいだと口の中が至福のひと時を堪能する事が出来ました。



冷たい冷奴は良い口直しとなり美味しく頂けました。



トロトロの柔らかい玉子閉じと甘目の割下が染みたご飯の味わいは口の中に上手く調和している感じで美味しかったです。



たくあんをのせて食べるとより一層美味しく頂く事が出来ました。



冷たい冷奴は早々と完食致しました。



カツ丼専門店が作った美味しいカツ丼を半分ほど食べ終え、カツ丼の断面を撮影しました。



再び、美味しいカツを堪能しながら口の中に至福のひと時を迎える事が出来ました。



二度目のたくあんのせも美味しく頂けました。



カツ丼完食前の最後の一切れのカツは良く味わって食べました。



美味しかったカツ丼、大満足で完食致しました。



会計を済ませてこだま食堂の外に出ました。
駐車場を後にしまして、次なる目的地が遠い為、ロングドライブが始まりました。

次回、最終回に続く…

※あとがき※
今回は小浜のエンゼルラインをTRGした様子と食べログで調べて立ち寄った初来店のこだま食堂にてカツ丼を愉しんだ様子を皆様に紹介しましたが、エンゼルラインの山頂駐車場より眺めた景色も最高でしたし、景色を堪能した後のカツ丼専門店で食べたカツ丼の味わいは格別でした。

こだま食堂の名物の巨大なソースカツ丼も美味しそうでしたので、次回立ち寄る機会があれば巨大なソースカツ丼にも挑戦したいと思います。

奥琵琶湖・若狭TRGシリーズも次回のブログで最終回を迎えますが、小浜をスタートし国道27号線、国道303号線、国道367号線、国道477号線、琵琶湖大橋、県道559号線、県道25号線と下道ロングドライブをしまして、琵琶湖畔の或るインスタ映えスポットに立ち寄った様子を紹介したいと思いますのでお楽しみに…

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。

Posted at 2019/07/31 01:00:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2019年07月29日 イイね!

奥琵琶湖・若狭TRG⑤ 爽快なスピードボートで天橋立へ

奥琵琶湖・若狭TRG⑤ 爽快なスピードボートで天橋立へ6月29日、30日と奥琵琶湖・若狭TRGを開催しましたが、前回のブログでは近畿の自販機の聖地ドライブインダルマに立ち寄った様子を皆様に紹介致しました。

今回はドライブインダルマを後にしまして日本三景の天橋立に行き、天橋立ビューランド側の駐車場に駐車しましてスピードボートと観光リフトを乗り継ぎ、対岸の傘松公園側より日本三景の天橋立を望んだ様子を皆様に紹介したいと思います。





前回のブログで紹介しましたドライブインダルマを後にしまして、国道178号線を由良川と若狭湾が一望出来る快走路を宮津方面に走行しまして宮津市街を抜けて、「三人寄れば文殊の知恵」で有名な知恩寺文殊堂近くの天橋立観光船やスピードボートの乗り場に一番近い駐車場に駐車する事が出来ました。



知恩寺の山門横を通り過ぎますと、スピードボート乗り場があります。



観光船で対岸の傘松公園側に行くのも楽しいと思いますが、爽快なスピードボートを参加者のヴェルファイアオーナーに乗船して貰いたかったので迷わずスピードボート乗り場にやって来ました。



乗船し、最後部座席に2人座る事にしましたが、天橋立の内海の阿蘇海をスピードボートで疾走する時には座るだけでなく、立ち乗りも出来ます。



知恩寺側の桟橋を出港しまして阿蘇海をどんどんとスビードを上げてまいりました。



猛スピードで阿蘇海を疾走するスピードボート… 風が心地よくて涼しくて爽快感抜群でした。



乗船して約5分ほどで傘松公園側の桟橋が見えてまいりました。



傘松公園側の桟橋に到着しました。



桟橋より少し歩きますと、傘松公園にアクセス出来ます観光リフトの麓の駅の府中駅を目指します。
石畳の道の先に観光リフトの駅であります府中駅があります。



山頂にあります傘松公園を観光リフト・ケーブルカーでアクセス出来る麓の府中駅にやって来ました。



府中駅の横には昔懐かしの円筒型の赤いポストが設置されていまして、その横に傘松公園のゆるキャラの「かさ坊」の石像が鎮座しておりました。



観光リフト・ケーブルカーのどちらでも傘松公園にアクセス出来ますが、観光リフトに乗る為に乗り場に向かいました。



ヴェルファイアオーナーに続いてリフトに乗り込みました。



観光リフトの足元には6月末でしたが紫陽花の花が咲き乱れてました。



観光リフトは前半は緩い傾斜で上がって行きますが、後半からは急傾斜で急斜面を上がって行きました。



もうすぐ傘松公園山頂駅に到着します。



傘松公園山頂駅でリフトを降りたすぐの場所から天橋立を眺めてみました。



「日本三景天橋立 傘松公園」と書かれた看板のある場所から天橋立を望む。
看板の両側には股のぞき台があり、股のぞきをすることで天と地が逆さになり龍が天へ舞い上がる様に見えます。
まるで龍が天へと昇って行くかのような眺めを昇龍観(しょうりゅうかん)と言うそうです。



天橋立での目的を果たしましたので傘松公園を後にして下山する事にしました。



観光リフトに乗りながら眺める天橋立もなかなか良い感じでした。



もうすぐ麓の府中駅に到着しますが、足元に咲き乱れる紫陽花が綺麗でした。



府中駅に到着しまして、桟橋に向かいました。



再び爽快感を堪能出来ますスピードボートが係留されてる桟橋にやって来ました。



帰りのスピードボートも最後尾座席に2人で座る事にしました。



スピードボートの船内の様子はご覧の通りです。



傘松公園側の桟橋を出港し猛スピードで阿蘇海を疾走するスピードボート…
爽快感抜群で涼しくて快適でした。



知恩寺側の桟橋が見えて来ましたのでもうすぐ到着しますが乗船時間は短かったですが、行きも帰りも爽快感を愉しむ事が出来て楽しかったです。



知恩寺側の桟橋に到着しました。

スピードボートは片道600円、往復1000円で天橋立傘松公園ケーブルカー・リフトは片道330円、往復660円でしたので今回はスピードボート往復利用と傘松公園リフト往復利用で1660円でした。

天橋立横断には観光船やレンタサイクル等もありますので色々な愉しみ方がありますし、天橋立ビューランドからも絶景の天橋立を眺める事が出来ます。



知恩寺側の桟橋から駐車場に戻る途中の知恩寺の山門近くにある元祖知恵の餅の老舗に立ち寄りました。



ヴェルファイアオーナーが知恵の餅をお土産に買われてました。



天橋立の駐車場を後にしまして、次なる目的地のある小浜に向かいました。
次回のブログに続く…

※あとがき※
天橋立は今回は朝早くに到着しましたので懸念してました駐車場も一番近い駐車場に駐車する事が出来、久しぶりに乗船しましたスピードボートも爽快感抜群で行きも帰りも愉しめて大満足しました。

今回はのブログでは食べ物が登場せず食レポしませんでしたが、日本三景天橋立の絶景を皆様に紹介出来た事は良かったと思います。

次回のブログは小浜に移動しまして、小浜にあります昔は有料道路で現在は無料で通行出来ます「天使の道」ことエンゼルラインをドライブした様子と、昼飯を何を食べようか迷った時にスマホで食べログ検索して良さそうな食堂を見つけましたので訪問しまして昼飯を堪能した様子を紹介したいと思いますのでお楽しみに…

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2019/07/29 19:03:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2019年07月28日 イイね!

奥琵琶湖・若狭TRG④ ドライブインダルマにて

奥琵琶湖・若狭TRG④ ドライブインダルマにて6月29、30日に開催しました奥琵琶湖・若狭TRGは前回のブログにて東舞鶴のポートシャインホテルをチェットアウトした所まで皆様に紹介させて頂きました。

何故、舞鶴のホテルに宿泊したかと言いますと参加されたヴェルファイアオーナーの希望で今回紹介する昭和レトロなドライブインにてレトロ自販機グルメを朝食として堪能したいと言う或る意味このTRGの目的地的場所でしたので今回は紹介したいと思います。



東舞鶴のポートシャインホテルを後にしまして、国道27号線を西舞鶴方面に西進しまして東舞鶴と西舞鶴を隔てています五老岳の下を通るトンネル手前で左折しまして山頂にあります五老ヶ岳公園に続くワインディングロードを愉しみつつ五老ヶ岳公園山頂駐車場にやって来ました。



五老ヶ岳公園山頂駐車場近くには五老スカイタワー展望台がありますが、朝の7時半頃に来ましたので9時からの営業の為、残念ながら五老スカイタワー展望台の中には入る事が出来ませんでした。

東舞鶴の舞鶴湾に面したポートシャインホテルの海抜はほぼ0mですが、海抜325mの五老ヶ岳公園にやって来た理由は舞鶴湾の絶景を堪能する事と朝食前に山の山頂にて朝の清々しい空気を堪能したくてやってまいりました。



五老ヶ岳公園から東舞鶴方面を望む。



五老ヶ岳公園から舞鶴湾入口方面を望む。



駐車しました五老ヶ岳公園駐車場に移動して西舞鶴方面を望んだ後で五老ヶ岳公園駐車場を後にしました。



五老岳を下山し、再び国道27号線を西進し西舞鶴市街から国道175号線、国道178号線を走行し、昭和レトロな面影を色濃く残すドライブインダルマにやって来ました。



ドライブイン入口付近にはハンバーガーの自販機と瓶コーラの自販機があり…



瓶コーラ自販機の右横にはうどん・そば自販機自体も令和の時代になり珍しくなりましたが更にレアな黄色のラーメン自販機、きつねうどん自販機、天ぷらうどん自販機が3台並んで設置されてました。



まずはハンバーガー自販機にてハンバーガーを買う事にしました。



ホットドックハンバーガーと…



レタスバーガーを選んで…



1つのハンバーガーにつき60秒待ちますと取り出し口から出て来ますので、2種類買いましたので2個とも取り出すのに2分ほどかかりました。



ハンバーガーに合う飲み物と言えばコカ・コーラだと思いますので瓶コーラを買う事にしました。



130円を入れてボタンを押しますと…



取り出しの扉のロックが解除されますので扉を開けて瓶コーラを取り出し、自販機に設置されている栓抜きで瓶コーラの王冠を取りました。



ハンバーガー2種類と瓶コーラを買っている時に黄色いラーメン自販機の補充が始まりましたので見学させて貰う事にしました。



自販機の中に補充されますラーメンはもやしがいっぱい入ってまして、チャーシューも入っており美味しそうでしたが、貴重な補充の様子に遭遇する事が出来、運がいいなって思いました。



朝食のメインディッシュは天ぷらうどんを食べる事にしました。



硬貨を投入し27秒待つと取り出し口から美味しそうな天ぷらうどんが出て来ました。



この日の朝食は自販機バーガー2種と天ぷらうどん、瓶コーラになりましたが、ヴェルファイアオーナーは自販機バーガー1つと瓶コーラときつねうどんを買われてました。



自販機バーガー2種類を箱から出して撮影してみました。



6月29日の前日から30日の朝までTRGを堪能出来、無事に目的地のドライブインダルマに到着したと言う事で朝食を堪能する前にご参加されたヴェルファイアオーナーと瓶コーラで乾杯をした後で朝食を堪能する事にしました。



天ぷらうどんの味わいはうどんにコシがあり喉ごしが良く、アッサリとした中でダシの効いたスープと絡め合い予想以上に美味しかったです。



天ぷらもエビが入っており美味しく頂けました。



かまぼこが天ぷらうどんの良い色取りになってました。



昭和レトロな雰囲気のドライブインの佇まいの中でレアな黄色いうどん自販機で買った天ぷらうどんを堪能する… 

令和の時代に於いて2つ前の時代の販売方法で愉しめる天ぷらうどんはとても贅沢だと思いますし、味わい深い食器で自販機が調理したうどんを愉しめたのは良い思い出となりました。



ホットドッグハンバーガーの味わいは中の具のキャベツがカレー風味になっており、ハンバーグの旨さと合わさって美味しかったです。



レタスバーガーの味わいはハンバーグの味わいとレタスの味わいが良く合う感じで美味しく頂けました。



2種類のハンバーガーと天ぷらうどん、瓶コーラを完食しまして満足のいく朝食となりました。



ドライブインダルマを後にしまして、国道178号線を走行して次なる目的地の天橋立に向かいました。

次回のブログに続く…

※あとがき※
今回紹介しましたドライブインダルマはこのブログでも紹介しましたが過去に3度ほど立ち寄った事があり、今回は4度目の訪問となりましたがTRGご参加されたヴェルファイアオーナーも念願のドライブインダルマに立ち寄る事が出来、とても喜ばれておりました。

次回のブログでは天橋立に行きまして対岸の傘松公園側までスピードボートと観光リフトで移動しまして傘松公園側から天橋立の絶景を愉しんだ様子を皆様に紹介したいと思いますのでお楽しみに…

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2019/07/28 20:26:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2019年07月27日 イイね!

奥琵琶湖・若狭TRG③ 敦賀ヨーロッパ軒にて

奥琵琶湖・若狭TRG③ 敦賀ヨーロッパ軒にて愛車の不具合を解消したり仕事が忙しかったり色々とありまして超久しぶりにブログ更新となりました。

奥琵琶湖・若狭TRGシリーズはまだまだ続きますが、先月の29日と30日の出来事になりますのでブログをお休みしている間に約1か月前の出来事になってしまいましたが、今回は敦賀ヨーロッパ軒にてソースカツ丼を愉しんだ様子を紹介したいと思います。



前回のブログで滋賀の北部の余呉湖迄のTRGの様子を紹介しましたが、余呉湖を後にしまして、敦賀ヨーロッパ軒本店にやって来ました。

建物も外観はソースカツ丼屋らしからぬラ○ホ…もとい、西洋のお城風の建物がとてもインパクトあると思います。



敦賀ヨーロッパ軒本店はTRGにご参加されたヴェルファイアオーナーが以前に来店されたようでしたが、到着された時に営業時間外だったようで敦賀市内の他店舗に行かれたと言う事で、今回のTRGでリベンジと言う事で立ち寄る事になりました。



2階の客席のあるフロアに上がる階段の雰囲気が昭和レトロな感じで良い雰囲気でした。



昭和レトロな雰囲気の中、お客さんで賑わっている感じでした。



名物のソースカツ丼にしようか迷いましたが、豚カツ、ミンチカツ、エビカツの3種が味わえるデラックス丼を注文しました。



ソースカツ丼以外にもステーキや焼肉、カツレツなども食べれるみたいでした。



ヴェルファイアオーナーはミックス丼を注文されたようでしたが、デラックス丼が着丼しました。



メニューでは、豚カツ、ミンチカツ、チキンカツの3種のミックス丼と悩みましたが、エビカツに惹かれてデラックス丼にしました。



メインのデラックス丼には丸い麩の入った白味噌の味噌汁とサラダ、そして大きいたくあんが付いて来ました。



豚カツの味わいはラードで揚げてある感じてカツの肉の味わいにラードの風味、そして秘伝のソースの味わいが口の中で三位一体となって旨さが広がる感じで美味しかったです。



白味噌の味噌汁は丸い麩、刻みネギ、ワカメが入っていてサッパリとした味わいで美味しく頂けました。



サラダのキャベツの千切りとカイワレ大根はシャキシャキ感が良くて良い口直しとなりました。



ソースの染みたご飯の上に大きなたくあんをのせて食べてみた所、たくあんの歯触りが良くて美味しく頂く事が出来ました。



ポテトサラダも美味しかったです。



キャベツの千切りを更に美味しく頂こうと思い、ソースをかけました。



ソースをかけたキャベツの千切り、美味しかったです。



プチトマトも酸味があってサッパリとしており、良い口直しとなりました。



デラックス丼を半分ほど食べ終えた所で断面を撮影しました。



味噌汁もサラダもミックス丼に合わせて満遍なく食べていましたので残りが半分ほどになってました。



豚カツを食べた後はエビカツを食べましたが、エビの緻密な味わいとラードの風味、秘伝のソースの味わいが口の中で絶妙に絡め合う感じで美味しかったです。



締めはミンチカツを食べてみましたが、肉の旨味とラードの風味、ソースの味わいが口の中を至福のひと時に堪能させてくれました。



ボリューム満点のデラックス丼を完食致しました。



敦賀ヨーロッパ軒本店を後にしまして国道27号線を少し西進し、舞鶴若狭道の若狭美浜インターより舞鶴若狭道を走行し、舞鶴東インターで降りまして東舞鶴市街を舞鶴湾方面に走りました。



舞鶴湾に面したポートシャインホテルに到着。

※注意※
ホテルの外観写真は到着時は夜で暗かったので翌朝チェックアウトした時に撮影しました。



フロントでチェックインを済ませまして、2部屋シングルルームを予約してましたので翌朝7時に1階のロビーに集合と言う事をヴェルファイアオーナーにお伝えし、個々の部屋に移動しました。



宿泊した部屋はご覧の通りでした。



東舞鶴のポートシャインホテルを宿泊先に選んだ理由は部屋の窓から舞鶴湾が一望出来るのとご覧の写真の通りユニットバスでは無くトイレと風呂が別々になっていたのが宿泊先に選んだ理由でした。



翌朝、起床してすぐに部屋の窓から舞鶴湾を一望してみました。



集合時間の7時になりましたので1階のロビーに降りてきたところでロビーから舞鶴湾を一望出来るアングルで撮影してみました。



7時過ぎ、素泊まりで予約したポートシャインホテルをチェックアウトしました。



ポートシャインホテルを後にして次なる目的地に向かいました。

次回に続く…

※あとがき※
ポートシャインホテルを何故素泊まりにして朝食も食べずにチェックアウトしたのかは次回のブログで紹介しようと思いますので次回のブログをお楽しみに…

冒頭でお話ししました、色々とありブログ更新が出来ずにお休みましたが本日、愛車の不具合がようやく解消しやっと落ち着く事が出来ましたので、以前の頻度でブログ更新しようと考えてますが、あと数回は奥琵琶湖・若狭TRGシリーズが続きますのでよろしくお願いします。

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2019/07/27 19:35:40 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2019年07月05日 イイね!

奥琵琶湖・若狭TRG② 奥琵琶湖TRGと湖畔のカフェにて

奥琵琶湖・若狭TRG② 奥琵琶湖TRGと湖畔のカフェにて6月29日と30日に1泊2日でみん友さん2人と奥琵琶湖・若狭TRGをしました。
今回は前回の三方五湖のうなぎ屋を後にしまして、敦賀を経由して滋賀県の奥琵琶湖をTRGした様子を皆様に紹介したいと思います。

三方五湖近くの若狭三方インターより舞鶴若狭道を走行し、敦賀インターで降りて国道8号線、国道161号線を経由しまして最初にメタセコイア並木道に立ち寄りました。



メタセコイヤ並木道は今回が3度目の訪問でしたが、今まではソロドライブでの立ち寄りでしたが、3台連なっての撮影は初めて出来て良かったと思います。



メタセコイヤ並木道を後にしまして琵琶湖畔に至る道を走り、湖畔沿いの道に出まして海津大崎方面を走りました。



次に立ち寄った場所は奥琵琶湖マキノグランドパークホテルの駐車場に立ち寄りました。



このホテルの駐車場に立ち寄った理由は駐車場から砂浜に出る事が出来て、これから向かう海津大崎方面の琵琶湖が一望出来るからです。

写真の中央より少し右側には竹生島も眺める事が出来ました。



今津方面を眺めてみますとオートキャンプ場がホテルに併設されているようでした。



奥琵琶湖マキノグランドパークホテル駐車場を後にしまして、海津大崎の湖岸に佇むカフェの駐車場にやって来ました。



湖岸に佇むカフェは「古道具 海津」と言うカフェでレトロな古民家風の佇まいと琵琶湖が一望できるオープンテラス席が魅力の素敵なカフェです。



店内に入る前にまずは琵琶湖の海津大崎方面を眺める事にしました。



こちらは奥琵琶湖マキノグランドパークホテル方面の琵琶湖の景色です。



景色も眺めた所で店内に入りました。



古道具海津と言う名前からも骨董品やアンティークなものを展示・販売しているような感じでした。



昔懐かしのホーロー看板も飾られてました。



オープンテラスがカフェスペースになってますが、湖畔を一望出来るオープンテラス席は満席でしたが…



先ほど店内に入る前に琵琶湖を眺めてましたら古道具海津の隣の建屋もオープンテラス席がありましたので、店員にお聞きした所、隣の建屋もオープンテラス席でご案内出来るとの事で会計は前払い制でメニューの中からケーキセットを注文し会計を済ませました。



琵琶湖が一望出来るこちらのオープンテラス席に案内されました。



この日はあいにくの曇り空でしたが、天気が良い日はもっと素晴らしい景色が堪能出来るんだろうなっと思いつつ、琵琶湖の眺めを堪能してました。



ケーキセットは洋梨のタルトとアイスティーを頂きました。



湖畔に佇むカフェ古道具海津でティータイムを愉しんだ後は海津大崎の湖畔の道を走り、大浦から奥琵琶湖パークウェーを走ってつづら尾崎展望台公園駐車場にやって来ました。





つづら尾崎展望台から琵琶湖対岸の長浜市街方面を望む。



つづら尾崎展望台公園駐車場を後にしまして、奥琵琶湖パークウェー、国道303号線を走り、道の駅 塩津海道 あぢかまの里の駐車場にやって来ました。



日帰り参加の岐阜羽島のブジョー206CCオーナーとはこの道の駅でお別れとなり、ここからは半田のヴェルファイアオーナーと2台で引き続きTRGする事になりました。



道の駅 塩津海道 あぢかまの里を後にして余呉湖畔のレストラン余呉湖にやって来ました。



駐車場に駐車しまして…



レストラン余呉湖の店内へ…



余呉湖が一望出来るこちらのテーブル席に座る事にしました。



余呉湖の景色を堪能しながらクリームソーダを頂きました。



レストラン余呉湖に立ち寄った後はすぐ近くの余呉湖が一望出来るこちらの駐車場で2台を撮影した後、国道365号線を北進し、対面通行の信号機のある柳ケ瀬トンネルを通って国道8号線を走り敦賀市街のある店に夕飯を食べに向かいました。

次回に続く…

※あとがき※
奥琵琶湖・若狭TRGの1日目のメインのTRGとなりましたが、新緑のメタセコイヤ並木道や海津大崎の湖岸の道や奥琵琶湖パークウェーなど最高のTRGが愉しむ事が出来、良い思い出となりました。

次回は敦賀市街のある店で夕飯を愉しんだ様子を皆様に紹介したいと思いますのでお楽しみに…

今週末の土曜日と日曜日は信州・ビーナスラインオフ会を企画しましたので参加者の皆様とビーナスラインにてオープンドライブを愉しめたらと思ってますが、奥琵琶湖・若狭TRGのブログの続きもまだまだ続きますので今週末の信州・ビーナスラインオフ会の様子のブログ公開はかなり先の話となります。

今回も最後までご拝読頂きありがとうございました。
Posted at 2019/07/06 00:37:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #エブリイワゴン メッキウインドモールとメッキアイラインを自作しました https://minkara.carview.co.jp/userid/2883900/car/2829829/5940206/note.aspx
何シテル?   08/02 08:24
アライグマのアライです。 旅行、食べ歩き、ドライブ、そしてクルマいじりが好きです。 色々な所に訪問し足跡付けまくってます。 みん友さん、訪問者の皆...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

愛車一覧

スズキ エブリイワゴン 七代目いぶし銀の相棒号 (スズキ エブリイワゴン)
2016年2月から3年半の時を経て再びエブリイワゴンが愛車として蘇りました。 2019 ...
スズキ カプチーノ 初代カップんちょ号 (スズキ カプチーノ)
セドリックワゴンの前の愛車で、私が18歳で免許を取得して初めて買った愛車でした。 この ...
日産 セドリックワゴン 二代目薬中号 (日産 セドリックワゴン)
シーマの前の愛車です。 薬中と言う変なニックネームですが、ヘッドライト(人間で言う目) ...
日産 シーマ 三代目パールシーマ号 (日産 シーマ)
ワゴンRの前の愛車です。 いじった部分は深リムのwork ユーロラインDH 19インチ ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.