• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

アライグマのアライのブログ一覧

2019年12月03日 イイね!

大府うなぎオフ会後編 うな重と知多半島TRGを愉しむ

大府うなぎオフ会後編 うな重と知多半島TRGを愉しむ今回は前回のブログの続きとなりまして、先週土曜日の11月30日に開催致しました大府うなぎオフ会&知多半島アフターTRGの様子を皆様に紹介したいと思います。

前回のブログではうなぎ屋たま川にて、うな重登場迄の前菜や副菜の紹介となりましたが、今回はメインディッシュのうな重を愉しんだ後、知多半島の野間灯台迄のアフターTRGを愉しみつつカフェノアノアにてティータイムを愉しんだ様子をお送りしたいと思います。



うなぎ屋たま川のうな重はご飯の量が選べますが、参加者の皆様の所にメインディッシュのうな重が続々と運ばれて来ました。



うなぎ屋たま川のうな重はご飯の量が相撲の番付で表現されてまして…
ご飯の量が小結150g小盛、関脇250g並盛、大関400g大盛、横綱600g特盛の4種類あり、参加者の一人がこのうな重は小結ですので参考までに撮影して下さいと仰られたので小結のうな重を撮影しました。

 

私の注文したうな重が運ばれて来ましたが、どの番付のうな重だったかと言いますと…



重箱の蓋を開けましてご対面しましたうな重は大関400g大盛でした。



今回のうなぎオフ会は私も含めて14人でしたが、前回のブログで紹介しましたうなぎコース料理の前菜と副菜がかなりボリュームがありましたので参加者の皆様は小結、関脇、大関とそれぞれ食べたい量のうな重を選ばれてましたが流石に横綱を選ばれる方は居ませんでした。



うな重のうなぎの蒲焼の味わいは香ばしい香りとうなぎの味わいにタレの旨味が口の中に満遍なく拡がる感じの本当に美味しい味わいでした。



うなぎの蒲焼の口直しに肝吸いを頂きました。



うなぎの旨味が溶け込んでいるタレのかかったご飯も美味しかったです。



贅沢にもうなぎの蒲焼を2枚を箸で挟んで口の中に運びこみましたら、口の中が至福のひと時を迎える事が出来ました。



美味しい絶品うな重を半分ほど食べ終えた所でうな重の断面を撮影しました。



ズームアップしますとご覧のような画になりました。



再び身がふっくらしてて緻密な味わいのうなぎの蒲焼を堪能する事にしました。



肝吸いも再び飲み始めましたが、サッパリとした味わいが良い口直しとなりました。



うなぎの蒲焼が残り2切れとなった所で、山椒を多めに振りかけて食べる事にしました。



山椒が多めにかかったうなぎの蒲焼は山椒の香りがより一層うなぎの蒲焼を美味しく感じる事が出来ました。



まずは肝吸いを完食しまして…



うな重完食前の最後の1切れのうなぎの蒲焼はよく噛みしめながら食べる事にしました。



うな重大関ご飯400g大盛りを完食致しました。



うなぎコース料理のトリを飾りますのは綺麗に彩りを考えて盛り付けられたフルーツとデザートが運ばれて来ました。



メロンや…



イチゴや…



柿を愉しんでますと…



アフタードリンクで選んだレモンティーが運ばれて来ました。





スイーツ2品を愉しみ、うなぎコース料理全て完食となりました。



宴もたけなわとなりましたが、うなぎコース料理終了の挨拶をしまして、会計を済ませまして参加者の皆さんと店の外に出ました。



前回のブログで横並びに11台の参加車両を撮影しましたのでどんな車種が参加されたか解りずらかったのですが…



うなぎコース料理の食事会終了後に参加者の皆様の一部の方に愛車を移動して頂きまして、参加者の皆様が愛車を写真撮影しやすいようになりました。



今回のオフ会に参加された皆様は地元の愛知を中心に、岐阜、京都、大阪などからも参加して下さりました。



食事会終了後、今回参加された参加者の皆様の集合写真を撮影しまして、うなぎだけ食べる為だけに参加された皆様とはここでお別れとなりました。

引き続き知多半島アフターTRGに参加される皆様にルートの説明や、3つのグループに分けましたので先導役3名の依頼をした後、大府のうなぎ屋たま川駐車場を後にしまして知多半島アフターTRGがスタートしました。



知多半島アフターTRGのコースは大府のうなぎ屋たま川を出発しまして、知多半島道路の大府東浦インターから知多半島道路、南知多道路を走行しまして、美浜インターで降りて、国道247号線の伊勢湾側を南進しまして、野間灯台近くの食と健康の館駐車場迄のアフターTRGとなりました。



アフターTRGは10台が参加されまして、食と健康の館駐車場にずらっと再集結致しました。



食と健康の館のシンボル、流下式枝条架塩田の前にてアフターTRG参加者の皆様を撮影しました。



食と健康の館から国道247号線を挟んだ海側には…



伊勢湾を望む小野浦海岸を…



アフターTRG参加者の皆様と一緒に散歩しました。



散歩の後は少し国道247号線沿いを歩きまして…



野間灯台真向いにありますカフェノアノアにやって来ました。



アフターTRGは私も含めて11人でしたので…



店員さんが4人掛けテーブル席3卓を確保して下さりました。



参加者個々が飲みたいドリンクを注文しまして、色々な会話で盛り上がって終始和気藹々の雰囲気の中でティータイムを愉しみながら気が付けば16時頃となりましたのでティータイム終了宣言をしまして、カフェノアノアを後にしまして、日が傾きつつある中、食と健康の館駐車場に戻りました。



食と健康の館駐車場後、オフ会解散宣言の挨拶をしまして、オフ会解散となりましたが、帰路の途中までジムニーオーナーと2台で一緒に帰る事にしましたが、南知多道路に入って私がペースを上げましたのでジムニーオーナーとは別れまして帰路に就きました。

※あとがき※
1年振りとなりました大府うなぎオフ会も2年連続開催となりまして、昨年よりも参加者と参加台数も増えましてより一層楽しいオフ会を今回開催出来ましたのは参加者の皆様のお陰ですので参加者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

昨年の大府うなぎオフ会以上に今年のオフ会はうなぎも個々の単品注文からうなぎコース料理とパワーアップしましたし、アフターTRGは昨年同様に野間灯台近くのカフェノアノアでティータイム会でしたが、今年は参加台数が多い事もあり、カフェノアノアの他のお客様にご迷惑が掛かると思い、カフェノアノアの駐車場を利用せずに食と健康の館駐車場に駐車する事になりました。

今後とも参加された皆様が愉しんで頂けるようなオフ会を企画したいと思いますので、またオフ会を開催した後はこんな感じでブログにて紹介したいと思います。

今回も前回のブログから引き続き最後までブログを読んで頂きありがとうございました。
Posted at 2019/12/03 20:46:38 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2019年12月01日 イイね!

大府うなぎオフ会前編 うなぎコース料理前菜を愉しむ

大府うなぎオフ会前編 うなぎコース料理前菜を愉しむ今回は先週土曜日の11月30日に開催致しました大府うなぎオフ会&知多半島アフターTRGの様子を皆様に紹介したいと思います。

昨年も開催しました大府うなぎオフ会&知多半島アフターTRGでしたが、今年も企画しましてみん友さんにお誘いしました所、今年は参加台数12台、参加人数14名が集まって下さり、ご参加されたみん友の皆様、本当にお疲れ様でした… と、言う事で今回は前編としまして、うなぎコース料理の前菜や副菜についてお送りしたいと思います。



11月30日土曜日の8時半頃、オフ会集合場所であります伊勢湾岸道刈谷オアシス下り線駐車場に向かう前に自宅の車庫にてみんカラマグネットステッカーを貼り付けまして…



ハイドラマグネットステッカーを同じく貼り付けまして、ハイドラも久しぶりに起動し、伊勢湾岸道豊田南インターから入り刈谷ハイウェイオアシス下り線駐車場に向かいました。



集合時間は刈谷ハイウェイオアシス下り線駐車場に集合される参加者の皆様には9時半とお伝えしてましたが、9時過ぎに到着しまして参加者の皆様をお待ちしてますと大阪からはるばるご参加くださりましたアバルト・500Cオーナーが到着されました。



次に豊田のジムニーオーナーが到着されまして…



3台になった所で撮影致しました。



そして京都のフェアレディZコンバーチブルオーナー夫妻が到着された所で…



刈谷ハイウェイオアシス集合参加者は全員揃いましたので、軽く皆様に挨拶をしまして4台を撮影した後、キャラバンを組みましてオフ会会場の大府のうなぎ屋に向かいました。



伊勢湾岸道を1区間走行し豊明インターで降りまして下を並走してます国道23号線を名古屋方面に走行し、共和インターで降りて南進しまして、オフ会会場であります大府のうなぎ屋「たま川」に到着しました。



大府のうなぎ屋「たま川」に直接お越しの方は集合時間を10時半に設定してましたが、続々と参加車両が集まり写真に写ってます9台は全てオフ会参加車両となりました。



名古屋のクラウンオーナーと一宮のアバルト124スパイダーオーナーが到着されて11台となり、会社の同僚のヴィッツオーナーは唯一みん友以外の参加者ですが、愛車はブログに載せて欲しくないと希望されたので別の場所に駐車されていると言う事でしたのでこれで参加台数12台、参加者14人全て到着されました。



開店時間の11時迄は駐車場にて参加者の皆様同士で雑談やクルマの話で盛り上がっている感じで食事会スタート前から和気藹々としたムードの中でオフ会がスタートした事に参加者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいでしたが、開店時間になりましたので店内に移動しました。



入り口にありました水の出ているオブジェも中々良い感じでした。



こちらのテーブル席の端に私は座りましたが…



7人ずつの2卓を事前の予約で貸切りまして、たま川店内にてうなぎコース料理の食事会がスタートしました。



昨年は参加人数が10名でしたので10名迄は個別に好きなものを注文出来るスタイルでの開催でしたが、今年は11名以上になりましたので店側も個別注文は料理の提供時間の関係で不可と予約時に言われましたので4400円のうなぎ尽くしコースを事前に予約しまして、まずは前菜が運ばれて来ました。



カニの脚の味わいを愉しんだり…



タコの酢の物や…



肝のようなものを味わってましたが前菜からどの料理もとても美味しかったので満足のいくコース料理のスタートとなりました。



煮物も絶妙な味加減で本当に美味しかったです。



まずは前菜を完食しました。



うなぎ屋たま川の魅力のひとつにうなぎを食べる前の待ち時間の間に…



漬物バイキングが愉しめる事が魅力のひとつになっております。



食べたい漬物を8種類選び、席に戻った時には副菜の煮魚とだし巻き玉子が運ばれてました。



奈良漬や…



カクテキをはじめとした漬物を愉しみながら…



大根おろしと刻みネギののっただし巻き玉子を味わいました。



8種類の漬物とだし巻き玉子を完食した後…



煮魚を愉しむ事にしましたが、煮魚の付け合わせの大根の煮物が味がよく染みていて絶品でした。



煮魚の味わいは…



身がとても柔らかくて、味がよく染みており大変美味しく頂く事が出来ました。



コース料理とは別にたま川からのサービス品と言う事で先ほどのコース料理の3倍の大きさほどあります、たま川特製のジャンボだし巻き玉子が運ばれて来ました。



副菜2回戦目は刺身2種類と特製のジャンボだし巻き玉子となりました。



どちらの刺身も…



美味しく頂きながら…



ふわとろで玉子の旨味がギュッと詰まっている美味しいジャンボだし巻き玉子を堪能しました。



ジャンボだし巻き玉子の断面を撮影してみました。



2回戦目の副菜を完食しまして、メインディッシュのうな重を食べる前にかなりお腹か膨れてしまいましたが…



次に念願のうな重が運ばれると言う事でメニューの中からうな重のご飯の量を個々に選んでくださいと店員に言われたので量を選ぶ事になりました。

うな重の食レポ以降は次回のブログに紹介したいと思いますので、今宵はここまでに致しとうござりまする笑!!(昔の某大河ドラマ風に…)

※あとがき※
今回は大府うなぎオフ会の前編として参加者の皆様の集合の様子やうなぎづくしコース料理の前菜と副菜の様子を皆様に紹介しましたが、うな重の登場を次回にした理由は、オフ会の臨場感と食レポをバランスよく皆様にお伝えしたいと思い、前菜と副菜の品数が多かった事もありましてうな重の登場は次回のブログにて登場と相成りました。

次回、大府うなぎオフ会の後編ではうな重の食レポとデザートを愉しんだ後、アフターTRGを愉しんだ様子をお送りしようと思いますのでお楽しみに…

今回も最後までブログを読んで頂きありがとうございました。
Posted at 2019/12/01 23:33:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「大府うなぎオフ会後編 うな重と知多半島TRGを愉しむ http://cvw.jp/b/2883900/43513783/
何シテル?   12/03 20:46
アライグマのアライです。 旅行、食べ歩き、ドライブ、そしてクルマいじりが好きです。 色々な所に訪問し足跡付けまくってます。 みん友さん、訪問者の皆...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

愛車一覧

スズキ エブリイワゴン 七代目いぶし銀の相棒号 (スズキ エブリイワゴン)
2016年2月から3年半の時を経て再びエブリイワゴンが愛車として蘇りました。 2019 ...
プジョー 206CC (カブリオレ) 六代目青猫号 (プジョー 206CC (カブリオレ))
ドライブや旅先で絶景スポットでオープンにしたら最高だなって思い4座のオープンカーがずっと ...
スズキ エブリイワゴン 五代目黒い相棒号 (スズキ エブリイワゴン)
プジョー206CCの前に乗ってた愛車です。 内装をラグジュアリーな感じにいじってました ...
スズキ ワゴンR 四代目プチアストロ号 (スズキ ワゴンR)
黒のエブリイワゴンの前の愛車です。 内装のラグジュアリー化はこの車から始まりました。 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.