• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年07月11日

しずかな湖畔の…

しずかな湖畔の… プリウスPHV電費リベンジにてコメントをいただいた中で「滑空」なる単語が登場して「はて?」と理解できずにいました。
Dレンジのままアクセル踏んで速度を上げて、離して走ることを「滑空」と呼んでるのかな?でもBレンジではなくてもアクセル離すと少なからず回生されてしまうので「滑空」ではないよな?とその時は思っていました。
その後もみんカラでプリウス乗りの方達のブログを見て「滑空」の単語が出てくるので、モヤモヤとした気分で過ごしていました。

そうです。私はプリウスを走らせる極意「滑空」を理解していませんでした。

気が付くきっかけになったのは、よこよこさんの8万キロ以上走ったi-MiEV(X)でビワイチ無充電走行チャレンジ成功!180604のコメント欄。
「Nレンジ」でどれだけ走れるかを意識 とのよこよこさんのコメントです。

i-MiEVを購入して手元にあるので、このコメントを見て「Nレンジで走行」を試してみました。「おぉ!これか」と電車でGo!感覚の走りを楽しみました。まさに「滑空」です。
「ん?ひょっとして、プリウス乗りの人たちの言ってるのもこれ?」とようやくここで気が付きました。
そして会社のプリウスPHVを運転する時に走行中に「Nレンジ」にしてみました。
「お~!これのことなのか~」モヤモヤ解消です。

素早くNレンジにするとメッセージが表示されますが、ゆっくり「よいしょ」とNレンジに入れる分には普通に受け付けてくれます。
さらにNレンジに入った際にはBレンジの表示が消えます。(冒頭写真がそれ)
とすると、トヨタとしてNレンジ走行は想定しているということなのかな。

リーフは確か取り説に「Nレンジにはしないで」と注意書きされています。先日乗った際にNにちょこんと入れましたが、無視されてDのままでした。
i-MiEVの取り説にも「Nレンジにはしないで」とは記載されていますね。

車関係の仕事に少なからず携わってきましたので、AT車でNレンジ走行は厳禁という知識を得ています。このことからプリウスに乗った際にもNレンジで「滑空」させるなんて思いもしませんでした。

「滑空」この認識であってるんですよね?

え!ちがうの? ←初投稿後コメントを見て追記

後編へつづく
ブログ一覧 | プリウスPHV | クルマ
Posted at 2018/07/11 01:06:55

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

航続可能距離を延ばすための、7つのコツ ...」 From [ シャリオとi-MiEVの2台でハイブリ ... ] 2018/07/12 13:28
この記事は、しずかな湖畔の…について書いています。 「ビワイチ無充電走行チャレンジ」や nop_all さんのブログ「しずかな湖畔の…」などでi-MiEVをどのように走らせているの?と時々聞かれま ...
関連記事

低燃費を考える日々2
なーさん@関西DIR好きさん

プリウスのBレンジ
赤とうがらし(RED PEPPER)さん

月に一度の贅沢!?
みやこしさん

BMWに詳しい人教えて(゚Д゚≡゚ ...
仁政さん

なるほどと思った記事
おめださん

箱追加します。
たくくん7さん

この記事へのコメント

2018/07/11 05:30:53
滑空走行とはDレンジで、EVでもなくチャージでもない状態のことをいいます。。
コメントへの返答
2018/07/11 06:28:18
え、とするとDレンジでアクセルを完全に抜かずに微妙に踏んでバーがチャージ側にも駆動側にも行かない中立の状態を保つことですか?
2018/07/11 06:38:38
そうなんです!
絶妙なアクセルワークでできます(^-^)

blogにアップしてますので、ご参考までに。
https://minkara.carview.co.jp/userid/1556468/blog/36879243/
コメントへの返答
2018/07/11 06:48:03
お!お!お!お!…orz
そうだったのかぁ~

blog見ました、動画見ました。
わかりやすい解説でした。

とすると、これは全てのEVや一部HVに共通の話ですね。
勉強になりました。
2018/07/11 07:30:40
nop_all さん、おはよーございます。

アフリカの星 さんのお話し通り、その微妙なところが滑空と呼ばれています。
50型では、出力ゼロの状態を維持するのは難しですね。
・・エネルギーフローを見ながらアクセルを調整すると分かり易いかと
また、下りの方がやりやすいとも言われています。
元々プリウスマニアの方々が滑空と読んでいるのをメーカーが採用した?(マニュアル記載はないですが、エコドライブアドバイスで出てきます)という異例なネーミングだったと記憶しています。
Nレンジの走行もあるようですが、THS2では外周が高速で回りすぎる?との事で、余り良くないとSekiai師匠から聞いたことがあります。
2軸のTHSだとどうなのだろうか?
・・・燃費追求の方はやってる?
個人的にはやったことはないです。(^^

コメントへの返答
2018/07/11 12:56:42
toro_555さん、こんにちは。

あの微妙な領域が滑空なんですね。
すっかり勘違いです。
エネルギーフローの図を見ててもなかなか難しいですね。

ATのNレンジ走行でトルコンが壊れてしまうことと同様に、MTでのコーナリング時のニュートラル走行がスピンを誘発してしまうのは有名な話なので、たとえEVでも直進路以外ではNレンジ走行はできないなと、今回のブログ記事内容を見つけた時に考えました。

Nレンジにすれば簡単に出力ゼロを維持できますが、トータルに走行を考えれば、やはりやらない方がいいと思います。

後日「その2」として正解の記事を上げなければいけないですね。
2018/07/12 00:47:39
プリウス乗りの方が言うところの「滑空」は私もチャレンジしたことがありますが、i-MiEVの場合、アクセル操作に対して敏感にパワーメーターが動くので、アクセル操作にかなり気を遣う割に継続して「滑空」状態を作ることが難しいので私は行っていません。
平坦な道でクルコンON状態で「消費電力ほぼゼロ」で走っていることはちょこちょこ有ります。

>i-MiEVの取り説に「Nレンジにはしないで」と記載されています。
確かに記載されていますね。
理由として
・PやRに入れてしまう可能性。
・回生ブレーキが全く効かない。
・車両故障の原因になります。
と書かれています。

1つ目と2つ目に関しては事実です。
少なくとも2016年12月以降生産分でないとパドルシフトが無く回生のない「ゼロポジション」はギアを抜いた「Nレンジ」でしか再現できません。
なのでNレンジで走る時はシフトレバーを握った状態で、いつでもシフトレバーを動かせるようにし、状況次第ではシフトレバー操作とフットブレーキ操作を同時に行っています。
MT車で「エンブレが効かないのでNレンジで走らないで」と言われているのとレベルは変わらないと思っています。

浜松周辺の市街地エリアだとそれなりの頻度で信号に止まると思います。
40~50km/h程度まで少しゆっくり加速 → Nで転がす → Bでブレーキを踏まずに回生ブレーキで減速 → 20km/hで回生ブレーキが止まるのでフットブレーキで停止。と走るなら半分以上はNレンジor回生ブレーキなどで減速と言う感じになると思います。

3つ目に関しては、i-MiEV購入店の当時の副店長さん(サービス責任者さん)と三菱販売店の部品発注端末で内部構造を確認し「内部的にはMT4速相当の1速減速機」と確認し、「MTと同様にシフト操作OK」の確認をとっています。
トランクアスクルとリヤデフが兼用となっているオイルが750ccしか入っていないので、車両故障の原因にならないようにAT車と同様にメーカー基準よりかなり短めの2万kmごとに交換しています。
またドレンプラグもマグネット付のものに交換してスラッジを少しでも捕捉出来るようにしています。
コメントへの返答
2018/07/12 03:11:17
本日i-MiEVで通勤でしたので、試してみたのですが、よこよこさん指摘のようにMiEV OSの特徴なのか、滑空状態維持は結構シビアでした。
燃費マネージャーFCM-NX1で瞬間電費99.99km/kWhの表示がされる所が「滑空」ですよね。
そして昼間、社用車の50型PHVで試しましたけど、これも簡単ではなかったです。
このことから、アフリカの星さんの動画ほど完璧ではないですが、要は中立位置近辺を維持するよう心がければいいのかな?と個人的には着地しました。

>Nレンジ走行
すみません、本文の取り説の件と上のtoro_555さんのコメントへの返信を書いた際によこよこさんの「Nレンジ」でどれだけ走れるかを意識、という部分を否定することになるな、と気にしながらポストしました。

今回のコメントをしてくれてありがとうございます。
ここまで考慮をしたうえでの「Nレンジ」でどれだけ走れるかを意識している、という部分は重要だと思います。
本来なら、これは私の方で紹介すべきと思いましたので、3つ目の内容含め記載の許可をもらおうとメッセージを送ろうと考えていたのですが、コメントしてくれて助かりました。

あと、私としても知りたかったパドルシフトが追加されたi-MiEVでの回生の情報があり「おぉ!」と思いました。
というのも、今回の「滑空」を知る前から意図的に回生をしないモードってないのかな?ひょっとしてパドルで回生の効きを変更できるi-MiEVでは可能なのかな?と疑問に思っていたからです。

ある意味「ゼロポジション」があるi-MiEVは究極の滑空マシンではないかと思います。

パドルシフト付きのSCiBが中古で出ていたら欲しくなってしまいそうです。(^^;
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「スタジアム到着!今日を入れてホーム戦は今年あと2試合」
何シテル?   11/10 12:17
今のところメイン使用であるS2000と、その他車や自転車、ガジェット類諸々を話題に。 リーフ契約を機に、みんからを始めました。しばらくはリーフ関連の話題が中心...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

EVオーナーズクラブ 【EVOC】 
カテゴリ:EV関連
2018/06/28 12:54:43
 

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
初期型S2000からこっそり乗り換え。あらゆる面がピーキーだった初期型と比べ、若干マイル ...
日産 リーフ 日産 リーフ
フィットハイブリッドから乗り換え。オレンジというよりは茶色…いやウ○コ色だなぁ。
三菱 i-MiEV 三菱 i-MiEV
気が付けば3台目のEVです。ミニキャブ・ミーブに自由に乗れないので、中古ですがついつい購 ...
三菱 ミニキャブ・ミーブ 三菱 ミニキャブ・ミーブ
設置した普通充電設備を活かすためミニキャブ・トラックから変えました。中古です。親に奪われ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.