• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nop_allのブログ一覧

2020年01月20日 イイね!

12月電費(リーフ)

12月電費(リーフ)リーフの12月の電費をN-Link OWNERSにて集計しました。

これは1月になって電費をリセットする前のメータパネル情報です。


575.2km走って、8.4km/kWhの電費でした。

メータパネル情報でも575.2kmと同じで、今月はN-Link OWNERSへの転送でデータ抜けがありませんでした。

今月は通勤のみという状況で、いつもの月と比べると少ない運用でした。
先月「来年も「J1シーズン」と書けるといいな...」と書きましたが、なんとかJ1への残留ができましたので、今年も来月から「J1シーズン」が始まりますw

ひょっとしたら1月末にあるチームのイベントにリーフで行くかもしれません。
そうすると700km前後の走行距離になるかもです。


電費8.4km/kWhですが、575.2km÷68.4kWh=8.409km/kWh 小数点1桁で丸めたので8.4km/kWhなのでしょう。

昨年12月は7.8km/kWhなので、それよりはかなり良いですが、先月10月の9.0km/kWhよりは悪く8km/kWh台に落ちました。まぁ冬なのでこんなものですかね。
12月の平均気温が昨年よりも暖かい、2018年(9.9℃)で2019年(10.7℃)なので、電費的にはこんなものかも。

今月は自宅充電のみで、外で急速充電は使いませんでした。

これが12月の自宅充電した際の電力計メータによる充電の結果です。
80.0kWh×(\16+\-3.31+\2.95)=\1,251.20
\-3.31は燃料調整単価、\2.95は再生可能エネルギー発電促進賦課金になります。
SOCによる充電電力量は62.06kWhで、電力計メータは80.0kWなので、効率は77.6%でした。

11月に変更をしたはずなのに12月もZESP2のつど課金プランでしたので、
\1,100 → つど課金プラン(税込)
\114.6 → 日産カード年会費のひと月分(税込)
これらを余分に払っています。

\1,251.20+\1,100+\114.6=¥2,465.8

これが12月のリーフの電気料金分を含む運用金額になります。
¥2,465.8で575.2kmを走ったことになります。
1kmを走るコストは¥4.29です。

次にガソリン車換算
12月1ヶ月間の間で、浜松のレギュラーガソリン価格が安いところ(コストコは除く)で\134/リッターでしたので
\134/L÷(\2,465.8÷575.2km)=31.26km/L
31.06km/Lの燃費をもつガソリン車と同等と考えられます。
充電カードの代金を払っているうえで自宅のみの充電で済ましたうえに、電費も悪くなりいつもの700km台ではなく500km台では、数値は厳しいですね。プリウスやプリウスPHVには負けています。

12月が使いホーダイプランになって、家では充電しなくなったとすれば
\2,200+\114.6=¥2,314.8 これが充電カード代
\134/L÷(\2,314.8÷575.2km)=33.30km/L
う~ん、やはり距離を乗らないと駄目か。

ZESP3のシンプルだったとすれば。
\1,251.20+\550+\114.6=¥1915.8
\134/L÷(\1915.8÷575.2km)=40.23km/L
やはり自分にはこれが合っているのかなぁ。


国内のランキングは943位でした。電費的に悪いと思ったけど、1000位以内なのでそれほどでもないのかな。


過去12ヶ月間の結果です。

昨年1月は8.0km/kWhでしたか。昨年12月が7.8km/kWhで今年12月が8.4km/kWhなので、8.4km/kWhを越えなければいけない気がしますが、現在までの電費からするとかなり厳しいかも。

最後に12月末のLeafSpy画面です。

11月末のSOHが95.39%でしたので、一か月で0.03しか減っていません。
2018年11月末のSOHが96.59%で2018年12末は96.54%だったので、0.05減。

過去ブログで12月末頃から10日で0.01%の下落という記事を見つけたので、2018年の12月より2019年の12月はさらにゆるやかな変化になっています。
SOHとHx観察(4) ~定期テストまであと1ヶ月~

先日の8回目の定期SOH低下の結果で日々の変化グラフを示して「2018年10月くらいからの変化と同じ推移で変わっています。」としていましたが、厳密には違ったようです。


そう言われて見れば2018年10月~1月と2019年10月~1月は傾きがより寝ているか?
日々の変化グラフもしっかりと見ないといけないですね。
2020年01月14日 イイね!

SOHとHx観察(8) ~8回目定期テスト結果報告~

SOHとHx観察(8) ~8回目定期テスト結果報告~ ZE1リーフの8回目の定期SOH低下の結果が出ました。
前回7回目のレポートは10月8日のブログにまとめてあります。
SOHとHx観察(7) ~7回目定期テスト結果報告~

前回は+0.83のSOH向上という予想外の結果でした

今回はインフルエンザ感染中の1月4日(土)に「そろそろかな?」とシステムONして低下を確認しました。

冒頭写真が10数回システムのON/OFFを繰り返し、午後になって安定したSOHです。
年末にSOH95.36%でしたので、実に1.06低下という結果でした。

今まで8回の定期SOH低下の中で一番大きく値を下げた結果になります。

さて、いつものSOHのグラフに今回の90日を追加しました。
alt
やはり大きく減少していますね。

今回の90日間ですが、下がり続けるHxを可能な限り下げてみようとSOC50%~75%で運用し続けたというのが従来の走り方から変えたポイントです。
おかげでこの90日間でHxが110.5%→105.4%と5.1も減りました。

その前の90日間はHxが変化しないSOC50%以下(SOC10%~45%)で運用をし続けていました。

まさかこの違いが定期テスト結果に違いをもたらした?とはこの結果だけでは言い切れないですが、今後の材料の一つとして頭の片隅には覚えておきたいと思います。

実際のところ電費的にも以前と同じ走り方を心がけていたし、極端に異なる長距離を移動したということもないので、正直今回SOHが1.06も低下したことには驚いています。

90日(約3ヶ月)毎のSOH変化を0とした、日々のSOH変化のみのグラフです。
alt
こちらは概ね2018年10月くらいからの変化と同じ推移で変わっています。

とりあえずHxは下がり続けているので、SOC50%~75%で運用し続けようと思ってはいるのですが、ここから90日間これを維持するか、それともSOC10%~45%での運用に切り替えようか迷っています。
Hxの減少を見極めたいので、やはりSOC50%~75%で次も大きくSOHが減るのか試してみようかな。

ただし充電カードのプラン変更がこの運用に影響を発生させています。
急速充電でSOC50%~75%運用をすると、約100km走行毎に急速充電をしなければいけなくなります。回数が増えて実質的に面倒。普通充電なら寝てる間にタイマー充電されるだけなのに。
また、75%まで普通充電と急速充電した後の20km走行時のHxの変化が明らかに異なります。
普通充電の場合はHxが減少するのですが、急速充電の場合にはHxが増えます。バッテリ温度のせい?

ひょっとして今後はほぼ急速充電のみになるので、定期結果も変わってくるかもしれませんね、同条件でと考えるなら普通充電のままの方がいいんだろうなぁ。

※追記
日々のSOH変化のみのグラフを見ていたら、90日(約3ヶ月)毎のSOH変化のみ(日々のSOH変化を0)のグラフも載せたら面白いかなと、グラフにしてみました。
alt
だから何?と問われると何も答えられないですが、こうして両方の変化を見ると今現在は日々のSOH変化で減少した方が大きいのですね。

90日(約3ヶ月)毎のSOH変化(8回): -2.45
日々のSOH変化(720日): -3.26
2019年12月11日 イイね!

SOHとHx観察 他の方のデータ編(5)

前回「SOHとHx観察 他の方のデータ編(4)」の続編です。

今のところZE1リーフのLeafSpy結果からSOHとHXの推移をまとめているのは私かKAKUさんくらいしか見当たりません。
最近ではちらほらとLeafSpyの画面報告をみんカラでも見受けます。

まだ完全なる解明には至っていませんが、ZE1リーフでのSOHは
・日々の環境による変化
・90日周期での調整による変化
この二つで変化していくことが判っています。

さらに最近の結果で、90日周期での調整は、マイナスだけでなく、0の時もあれば、プラスにも変化することがわかってきました。

以前より saraman48 さんのLeafSpy画面を私が勝手にグラフ化して公開しています。完全に「人の褌で相撲を取る」状態と化していますが、その後の経過です。


8月12日以降、今回追加の10月11月12月の3件のデータです。
え!そんな3件の粗いポイントで大丈夫?と思われるかもしれませんが、過去の経緯から、これで十分です。

ちなみに8月初旬に90日の調整がありましたので、その次は11月の初旬になります。12月初旬のデータが今回報告されましたので、11月の調整分を把握してみましょう。

まずはデータをグラフ化します。

SOHとHxのグラフです。
なんとなく過去の日々の減少分と90日の調整が見えてきます。

これまでの結果から、saraman48さんのリーフは2018年2月15日頃にバッテリが搭載されそこで初期化がされた(90日調整が開始)と思われます。
グラフの横軸は90日毎に線が入っていますので、この線の日(前後)に調整が入っている筈です。


日々の減少分の傾きから大きく外れるところが90日調整分です。
グラフから90日調整箇所を赤丸で囲っています。
また、調整分がデータが粗くて傾きに埋もれている箇所には点線にて推測分を補助線として入れています。

とはいえ今回の11月初旬は過去データから比較すると変化分が小さくて把握しにくいですね。
ということで、最近だけを拡大

これなら判別しやすいです。
8月(6回目)は-0.24%の下落、11月(7回目)は-0.16%と推測されます。

う~ん、残念。KAKUさんのように 0%調整 や、私のように +%調整 という結果にはなりませんでした。

しかしながら悲観することはなさそうに思えます。
今回の90日調整(7回目)は従来で一番少ない減少になっています。

0%調整 や、+%調整は、それまでに予測で算出してきたSOHの値を現実の値に近づけるように収束する作業と思われます。
4回目までの大きな調整でなく、5回目以降は変化分が小さい-%調整ですので、現実の値に収束して行っている筈です。


これは、saraman48さんのSOHと走行距離のグラフになります。

グラフを見ると判るのですが、毎月ほぼ同じ距離を移動されているようで、走行距離は概ね同じ傾きで増えていっています。

一般的にバッテリの劣化は走行距離や充放電回数に比例するので、SOHの劣化グラフも同じ傾きで変化して行く筈です。
グラフを見ると、ここ最近の90日調整を含んだ見ていると、5回目以降はだいぶ傾きがゆるやかになって来ています。
日々の減少分は、夏多く冬少ない、1年目よりも2年目の方が同じ季節でも少ないという傾向が判っていますが、それを差し引いて考えても、実際の値に収束していっていると考えてよいでしょう。

私のZE1のSOH調整開始が2018年1月11日、saraman48さんが2018年2月15日と約1ヶ月違いで、概ね同じ時期に生産されたと考えてよいでしょう。
生産からもうすぐ2年が後経する私のZE1が2万km弱の走行でSOH95%、saraman48さんが4万km弱でSOH90%です。
2年経過後で2万kmは5%と考えればよいような。

そう考えると同じ頃生産ですでに10万km走られた ルドルフ ブデル さんの現在のSOHの値をぜひ知りたいです。
ZE0の時にはブログでLeafSpy画像が上がっていたこともあるので、ZE1でも調べられているとは思うのですが、公開してくれないかな~

さて saraman48さん、次回は2月上旬に90日調整が入ります。月1回でも構いませんが、できれば2回計測してくれると嬉しいですw
などと言う私は次回1月上旬に90日調整です。

ps.本ブログ内容はsaraman48さんの許可のもと公開しています。
saraman48さん、公開許可ありがとうございます。(^^)
Posted at 2019/12/11 10:11:39 | コメント(1) | リーフ:電費やLeaf Spyなどの話題 | クルマ
2019年12月05日 イイね!

11月電費(リーフ)

11月電費(リーフ)リーフの11月の電費をN-Link OWNERSにて集計しました。

これは12月になって電費をリセットする前のメータパネル情報です。
alt
718.4km走って、9.0km/kWhの電費でした。

メータパネル情報でも718.4kmと同じで、今月はN-Link OWNERSへの転送でデータ抜けがありませんでした。が、メータパネルでの電費は8.9km/kWhと食い違っています。

今月は通勤とスタジアム遠征が1回という状況で、J1シーズン中のいつもどおりの運用でした。来年も「J1シーズン」と書けるといいな...

alt
電費9.0km/kWhですが、718.4km÷80.2kWh=9.958km/kWh 小数点1桁で丸めたので9.0km/kWhなのでしょう。

昨年10月は8.5km/kWhなので、それよりは良く、先月10月の9.0km/kWhと同じなので、まぁまぁといったところでしょう。
11月末にはかなり浜松も寒くなりましたが、11月の平均気温が昨年よりも暖かいかというと2018年(15.3℃)で2019年(14.8℃)なので、そうでもなさそうです。
先月の平均気温が18.1℃なので、先月10月と同じ電費で昨年11月よりよい電費なのは誇ってもよさそうですねw

今月は自宅充電のみで、外で急速充電は使いませんでした。
alt
これが11月の自宅充電した際の電力計メータによる充電の結果です。
93.3kWh×(\16+\-3.26+\2.95)=\1,463.88
\-3.26は燃料調整単価、\2.95は再生可能エネルギー発電促進賦課金になります。
SOCによる充電電力量は72.14kWhで、電力計メータは93.3kWなので、効率は77.3%でした。

リーフはZESP2のつど課金プランを利用していますので、
\1,100 → つど課金プラン(税込)
\114.6 → 日産カード年会費のひと月分(税込)
これらを余分に払っています。

\1,463.88+\1,100+\114.6=¥2,678.48

これが11月のリーフの電気料金分を含む運用金額になります。
¥2,678.78で718.4kmを走ったことになります。
1kmを走るコストは¥3.73です。

次にガソリン車換算
11月1ヶ月間の間で、浜松のレギュラーガソリン価格が安いところ(コストコは除く)で\131/リッターでしたので
\131/L÷(\2,678.48÷718.4km)=35.14km/L
35.14km/Lの燃費をもつガソリン車と同等と考えられます。
充電カードの代金を払っているうえで自宅のみの充電で済ますと、数値は相変わらず厳しいですね。条件のよいプリウスやプリウスPHVには負けてるかもしれません。
浜松でも普通のガソリンスタンドでは\140/リッター程度なので
\140/L÷(\2,678.48÷718.4km)=37.55km/L
うわ~、あまり変わりがない(泣

alt
国内のランキングは897位でした。だいたいいつも2000~4000位なので、やはり今月は誇ってよさそうです。

alt
過去12ヶ月間の結果です。
最初の方でも書きましたが昨年11月の8.5km/kWhよりはよかったので、12月も良い電費を狙いたいですね。
昨年12月は7.8km/kWhですか、EVOC関西オフにリーフで長距離移動したのが影響しているのかな。今度の12月の関西オフはi-MiEVなのと、J1最終戦は友人の車での遠征になるので、8km/kWh台が狙えるかも。
とはいえ走行距離は通勤だけなのと、12月から使いホーダイプランに変わるかと思っていたプランがつど課金のままなので、ガソリン車換算で苦戦するかもです。

そういえば異音を確認してもらいにディーラーに行ったのですが、その場で再現ができませんでした...orz
不具合あるあるですねw
寒くなってから、異音の出る割合が減ったような気がします。温度に依存する?

最後に11月末のLeafSpy画面です。
alt
SOH 95.39%、Hx 106.81% でした。
「減り続けるHx」で11/12の値を報告した際 108.15% でしたので、1.34ポイント減ったことになります。
SOHは95.43%だったので、約18日で0.04ポイント減ったことになります。(4.5日で-0.01減ですね)
2019年11月15日 イイね!

減り続けるHx

減り続けるHx引き続きLeafに乗る際はLeafSpyでログ計測を行っていますが、ここのところ Hx が大きく減少する症状が続いています。

少なくとも現在までの SOH の変化に Hx は関与していないと思われていますが、これが何を意味するのか、そのうち何か相関の取れる事象となるのかは不明ですが、現象として面白いのでレポートしておきます。

まず大前提として Hx と、その変化について判っていることを紹介しておきます。

LeafSpyで Hx とは、バッテリの内部抵抗値を示すと言われています。
webで見つけたLeafSpy-Help-1.1.1.pdfleafspypro.com)には次のように記載されています。
「Hx The meaning of this number is not fully understood but it appears to be inversely related to the battery internal resistance. As the internal resistance of the battery pack increases it is thought this percentage decreases. As internal resistance increases more energy is lost within the pack and the pack heats up more under load.」
日本語訳すると次のようになります。
「Hxこの数値の意味は完全には理解されていませんが、バッテリーの内部抵抗に反比例しているようです。 バッテリーパックの内部抵抗が増加すると、この割合は減少すると考えられます。 内部抵抗が大きくなると、パック内で失われるエネルギーが増え、負荷がかかるとパックがさらに熱くなります。」(Google翻訳)

ちなみにこれ、初代リーフ(ZE0)での話で、ZE1リーフでは購入から半年間、値が増えていくことから「ZE1は反比例じゃなく比例じゃね?」という結論に一時落ち着いていましたが、最近の私のZE1は値が減り続けているので「???」という状態です。

次に Hx の値の変化ですが、バッテリ電池残量であるSOCが50%~100%の間でしか変化をしません。SOCが50%を下回ると増加も減少もしなくなります。
つまり、バッテリ容量半分(SOC50%)以下で運用を続けると、Hxは値を維持し続けます。
あまりにもこの嘘くさい変化に Hx の値は無視を決め込んでいたのですが、減少して行くのであれば、その行き着く先を見届けようではないかと、ここ最近はSOC50%~75%でリーフに乗っています。

ではいつものSOHHxの変化グラフを見てみましょう。
alt
これが先日のSOHプラス変化経験後の1ヶ月+αを追加したログ結果です。

購入直後からLeafSpyでの値把握をしていなかったのが悔やまれますが、11月12日現在で Hx=108.15% と少なくとも初計測時の Hx=108.6% を下回っています。

ちなみに今までのHxの変化を振り返ってみます。丁度グラフ内にSOH低下の①~⑦の印があるので、それに関連付けて...

①Hx増加期:購入から概ね半年間はHxは増加を続けました
②Hx停滞期~その1~:113.4%をピークに低下を始めたので、SOC50%以下運用をしてなるべくHxを変化しないようにしていました
③Hx減少期~その1~:Hxが下がるならどこまで下がるか試していました、が、EVOC関西オフの関西移動時にHxが113.6%まで大きく増加する結果に
④~⑤Hx減少期~その2~:冬はスタジアム移動の高速道路走行がないのでどこまで下がるか試してみました
⑥Hx停滞期~その2~:別の目的でSOC50%以下運用をしていたのでHxがあまり変化しませんでした
⑦Hx減少期~その3~:下がるなら積極的に下げようとSOC50%~75%で運用を続けました、結果今までにない傾きで低下することに

このような経過になります。
⑦の減少の傾きが顕著であることが判ります。Hxを観察していると、概ね一日当たり0.1%減少しています。
実際には③、④~⑤でも低下はしていましたが、一日で当たりで0.1%も低下はしていませんでした。
朝の通勤時で0.7%程度、夜の通勤時で0.3%という具合です。
朝の方が平均速度が遅く、夜の方が速いのが違いの原因か?と考えていますが、定かではありません。

グラフを見てもらえば一目瞭然ですが、Hxの変化とSOHの変化には相関はありません。

このHxの変化というか現在値ですが、人によってかなり差があるようです。
私(nop_all) SOH95.43%でHx108.15%
saraman48さん SOH90.31%でHx111.06%
yukazutakaさん SOH91.70%でHx116.35%
たあ(17R-GN)さん SOH93.20%でHx108.90%
KAKUさん SOH94.82%でHx117.36%
※勝手にデータを拾ってきて掲載してすみません

私の状態は「たあ(17R-GN)さん」に近いような...
おそらくこの中で一番最後に購入のKAKUさんは、SOHは良い値ですが、Hxは一番大きい値ですね。
ただしKAKUさんの場合、数値は大きいですがHxが121%ピークまで増加した後の減少&停滞中の状態です。

ここまで私の Hx が減ってくると、当初ZE1とZE0では Hx の変化は逆かもと言っていた話は違って、やはりZE0と同じだったのか、全く判らなくなってしまいました。

SOHと共に、観察を続けますが、どこまで減るか興味があるので、引き続きSOC50%~75%で運用を続けます。

プロフィール

「ジョン・デロリアンは正直微妙な映画でした。車というよりは氏が麻薬取引法違反で冤罪をかけられた話がメインなので、ちょっと期待外れ。」
何シテル?   01/26 12:48
今のところメイン使用であるS2000と、その他車や自転車、ガジェット類諸々を話題に。 リーフ契約を機に、みんからを始めました。しばらくはリーフ関連の話題が中心...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/1 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

EVオーナーズクラブ 【EVOC】 
カテゴリ:EV関連
2018/06/28 12:54:43
 

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
初期型S2000からこっそり乗り換え。あらゆる面がピーキーだった初期型と比べ、若干マイル ...
日産 リーフ 日産 リーフ
フィットハイブリッドから乗り換え。オレンジというよりは茶色…いやウ○コ色だなぁ。
三菱 i-MiEV 三菱 i-MiEV
気が付けば3台目のEVです。ミニキャブ・ミーブに自由に乗れないので、中古ですがついつい購 ...
三菱 ミニキャブ・ミーブ 三菱 ミニキャブ・ミーブ
設置した普通充電設備を活かすためミニキャブ・トラックから変えました。中古です。親に奪われ ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.