• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年08月26日

独立自尊の地の唐揚げともろもろを訪ねて300キロ

独立自尊の地の唐揚げともろもろを訪ねて300キロ 盆明けに、ついに来るかと思われた台風2機も巧妙に福岡の水がめエリアを逸れていったおかげで…福岡地方は雨が足りません。結構深刻な感じがします。9月に渡って台風が来ない日が続くと、給水制限が始まりそうな勢いです。

これはなんだかなぁ。

でもまぁ、そんなことを嘆いていても自分一人では如何ともしがたいので、取り敢えずちょこっと現実逃避をすることにします。土曜日の朝6時過ぎから出発です。この日も憎いくらい空はきれいで逆光が半端ないです。



現実逃避をするからには、最低限県境くらいは越えねば気分が乗らないというものです。なので今回は、今まであまり攻めていない大分県をプチ攻略してみることにします。とはいっても広い県ですから、この日は北部のあたりをちょこちょこと、といった感じになるんですけど、ひとます国道201号線を使って大分県北方面に向かいます。



途中の飯塚市を抜けて香春町に入り、「道の駅香春」に着いたのは約1時間後。お店はまだ開店前です。(あたりまえ)トイレ休憩をしたのち、続けてひたすら国道201号線を東行します。



したらば見えてくる東九州自動車道の行橋ICからぴゅぴゅっと南下して行くと、上毛(こうげ)ICに出くわしたのでちょいっと降りてみます。実はここは唐揚げの聖地として名高い中津市の市街地最寄りのICだったりするんです。(中津ICは市街地からちょい遠い。)



上毛ICを降りるとすぐにお目見えするのが、道の駅的な施設の「こうげ武楽里」です。そんじょそこらの道の駅には負けてない設備を誇っています。温泉はあるはレストランやフードコート店舗はあるはで、ちょっと大きめの高速SA的な施設になっています。





時間的にレストランも温泉も営業してなかったんで、とりあえあず物産館的なお店に突撃してみたんですが、これがなかなかの優れもの。近場の精肉工場は破格の規格外品を売ってあるし、野菜も爆安。そして試食で食べてみた煙突型のチムニーパンも激うまだったんで、ついつい朝からお買い物をしてしまいました。




ほんとは肉製品も買いたかったんですけど…痛むのが怖いからですね。

そんなこんなで逡巡しているうちに着いたのは、中津市の市街地です。JRの駅前にちょうどいいコインパーキングがあったので、そこに愛車を一時保管してちょっと歩いてみることにします。



蝉が悠然となく駅前通りを少し北東側(住宅街側)にまっすぐ歩いていくと、郵便局の目の前にお目見えするのが唐揚げの聖地の中でも特に名声の高い「ぶんごや」さんです。





熱々の唐揚げを受け取って、愛車までの道すがら歩き食いしてみると…んぁ?なんだこのフルーティーかつスパイシーな味付けは!!!!!と感動することしきりな感じでした。福岡県もそんじょそこらに負けない鶏肉消費県ではあるものの、こんな味付けの唐揚げには出会ったことがないっす!ってなくらいの美味しさの逸品です。自分の中では暫定日本一。



その余韻も冷めやらぬまま、次に向かったのはJR中津駅から1キロほど離れた所にある「福沢諭吉旧居」。福沢諭吉が幼くして父を亡くした後、母と一緒に幼少の頃を過ごした実家跡です。復元された茅葺の旧居と、資料を展示する記念館から構成されています。





ふと、土蔵の2階につながる階段のたもとにこんな注意書きが。



なんだろうと階段を上がってみると…これは確かに注意書きがないと怖い。(笑)



記念館では福沢諭吉の生い立ちから慶應義塾の立ち上げ、終焉までを丁寧に紹介してあります。写真撮影ができないので何も紹介できませんが。




小1時間お勉強をしたのち、駐車場わきにあるカフェでちょっと休憩します。思わず買ってしまった「福沢先生教訓集」を読みつつ、教育ビデオを見つつ、アイスコーヒーを飲みつつちょっとクールダウン。



そうして体と心を存分に満たした後、ついにやってきたのが中津城です。





ここも綺麗なお城ですねー。最初の建立者は黒田官兵衛ですが、江戸中期以降は譜代の奥平家が中津藩を統治し、本丸復元についても奥平家の子孫・関係者と市民が中心となって行ったことから、このお城で紹介しているのは奥平家の歴史が中心です。





しかーし、官兵衛好きな方にも楽しんでもらえるよう本丸近くには黒田官兵衛資料館と銘打った展示もあるのでご安心を。(途中で統治にかかわった細川家と小笠原家の歴史については、…熊本市やら北九州市、唐津市なんぞの資料館でどうぞ。)





地方で、高い建物もあまりないのが幸いし、天守から眺める景色は抜群です。




中津市といえば、豊後水道側に広がる干潟も有名。ふとそちらを見やるといい感じに干潮を迎えていそうだったので、急いでそちらに車を走らせることにしました。



海側に向かい、県道23号線を少し南に走ると現われるスポットへ到着。いいですね。この景色。




一見海のようにも見えますが、はるか沖のほうではサギか何かの鳥たちが餌をついばんでいるのが確認できます。ここが遠浅の干潟であることの証左です。



広い干潟を眺めているうちに、渡米して勉学に励んだ福沢諭吉に倣ってUSAに行ってみたくなってきました…。というわけでぴゅぴゅーっといってみることにします。

はい。ということでやってきたのは国道で行けるUSA、宇佐市です。自由の女神がまぶしいです。




途中で給油したV-Powerの値段にもびっくり。うーん、さすがUSA。



取り敢えず、お昼をとるために東九州道宇佐IC近くの物産館へ。こちらにも謎のUSAチックな像が。





なんだかUSAな雰囲気探しにも疲れてきたので、敷地内に並んで建っていた「和幸」さんでニッポンのココロを取り戻そうかと、生姜焼き定食を頼んでみました。店内には所狭しと焼き物や雑貨が並ぶ、ちょっと変わったお店です。




しかしなかなかうまいですよこれ。豚肉はもちろん照り照りで旨いんですが、丁寧に作られたお澄ましともろみ豆腐と茶わん蒸しが、またいい感じにサポートしてます。




ちょっとだけメリケンUSAな気分から和の心持ちに振り子が戻ってきたところで、ついでに向かったのが付近の住宅街の中に堂々とそびえるお堂。こちらにはなんと西本願寺の別院と東本願寺の別院が並んで建つという全国的にも珍しいスポットがあるのです。



こちらが東本願寺。





んで、歩いて1分で、こちらが西本願寺。





元々は、この地にあって永らく信仰を集めていた「真勝寺」の跡目問題に端を発する騒動に東西の本願寺が介入してきて、最終的には大岡越前守(当時は寺社奉行)の裁きがあった結果、こんなことになったんだそうです。



いやー、凄いことになってますねー、と組織への帰依と集団行動が大好きな日本人同士の争いの歴史の一端に触れたことで、無事完全に和のココロを取り戻したというわけで(?)、一路福岡市へ帰ることにします。



そんな感じで、仕上げはここです。国道200号線沿い、桂川町の「福岡一」です。この看板を見ると、あぁ福岡に帰ってきたんだなぁと思わざるを得ません。強制的に逃避先から現実に引き戻された感じが半端ないです。



ま、ここは店員さんかわいいし惣菜が旨いんでこの現実は現実として、それでいいんですけど。

さて、今週もお仕事頑張りましょうかね。月末だし。



ブログ一覧 | 高回転でちょいと遠乗り | 日記
Posted at 2018/08/26 07:59:19

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

GW恒例企画福岡遠征 その1
酒盛りさん

【愛車とツーショットが撮れる名城~ ...
Piaさん

杉ノ井ホテルと中津城
win44さん

中津へ唐揚げ食べに行ってきました!
Fitkoさん

兵どもの夢の跡  豊前中津城
dora1958さん

九州遠征【1日目】
はまびぃさん

この記事へのコメント

2018/08/26 09:19:07
おはようございます。
から揚げは有名ですね。
何回か買いに行ったのを覚えてます。

九州のナイアガラ、的な呼び名を持つ、大分県の豊後大野市にある原尻の滝。
ここも気持ちいいですよね。

そこから車で1時間足らずで行けたと思いますが映画「なごり雪」に出てくる重岡駅。
何も無いのに何故か落ち着く、不思議な駅です。
コメントへの返答
2018/08/26 09:42:17
県南のほうですね。

阿蘇山から佐伯港を抜けて宿毛市に渡ることがあったら是非行ってみたいスポットです。(加えて、佐伯市で寿司を喰う!)

まだどっちも未見ですー。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「長崎市の下の長ーい岬の先を見に行く http://cvw.jp/b/2891972/42427562/
何シテル?   01/20 09:54
◆紹介 しげ爺太です。よろしくお願いします。2017.8ジータAS300を一目惚れ購入。 2010頃に手放したAS200 MT Zエディ以来の久々なマイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

アルミテープチューン総まとめその① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/24 05:40:59

愛車一覧

トヨタ アルテッツァジータ 白い嘘星 (トヨタ アルテッツァジータ)
2017.08 某炭鉱の町で見つけた程度のいいジータ君に一目ぼれして即決一括現ナマ購入し ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.