• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しげ爺太のブログ一覧

2018年03月29日 イイね!

太宰府天満宮に行ってんまんぐう(公共交通Ver.)

福岡近辺ではここ1週間ろくに雨が降っていません。おまけにろくに曇ってもいないものだから、快晴続きで花見の客にはたいそう嬉しい春の日和が続いています。ま、言うても2-3週間前には1週間連続雨続きなんてこともあったから、水不足にはならないでしょう。(楽観的

福岡市は、過去何度も大規模な水不足に襲われてきたところです。特殊なお風呂屋さんが立ち並ぶ中州でも大変な状況だったとか風のうわさで聞いたことはありますが、給水制限や時間断水なんて当たり前の時代もあったんです。(その割には賃貸住宅で「水道費・町内会費込み」なんていう謎仕様の物件もたくさんあったりする不思議な街なんですけどね。)



あ、近年では大きなダムもいくつかできましたし各家庭での節水ゴマの普及もあってか、そんなに大きな渇水は発生してないです。四国さんかわいそう…なんて気遣う余裕すらありありです。

で、とりあえず私の愛車「白い嘘星」はこんなにいい天気なのに整備工場で入院中です。こんなにいい天気なのに。あああ、天気なのに。

というわけで、我慢できなくなって久々に電車で小旅行に出かけることにしました。目的地は太宰府市の天満宮近辺です。梅の季節は終わったものの、あの辺に行けばなんか桜でも咲いとるやろう、という甘々な算段の下で西鉄電車に乗って出発です。(あの辺すんごく混むから車で行きたくないというのもあってですね。こういう機会がちょうどよい。)



西鉄大牟田線で南下したのち、途中の二日市駅で乗り換えて太宰府駅へ向かいます。郊外に向かう電車は平日のこの時間だと当然空いているので、先頭車からこんな景色も見放題です。






さて、やってきました太宰府駅前です。さすが九州を代表する古社を抱える駅前です。外国人観光客がいっぱいで日本人のほうが少ない勢いです。




それにしてもいい天気だなー、と駅を出てお社のほうに歩いていくとなんだか不思議なものが。




なんだこれ?桜の時期だからなんかやってんのかな?と辺りを見回すと、今日からこんなイベントをやっているということが判明。ニコライ某…なんか名前は聞いたことがありますね。




いやいや、この方有名人でしょ。



何で神社がこんなコラボやってんの?(笑)という突込みは野暮なので無しの方向で、とりあえず境内の中に進んでいきます。




あーーあーー人がいっぱいだ。





人混みの森を抜けて本殿のさらに奥に進むと、何やら面白そうな建物が。




太宰府天満宮の祭神・道真公の人生をジオラマで再現した展示物が観られるということで、早速中に入ってみることに。ここですね、太っ腹なことに撮影OKなんですよ。





んー。小学生の社会科見学にぴったりの施設ですね。と、満足しつつ境内を出ようと脇道に入ると無造作に天然記念物が現れたりします。これこそ古都・大宰府のクオリティ!



そのあとも地元のコミュニティバスでちょっと走ると現れる観世音寺で国宝にまみれたり、日通の特殊輸送の方々の仕事ぶりを(たまたま宝蔵の中で仏像の梱包作業をしてた)観察したり、鑑真の墓石と伝承されているものを見たり、またまた天然記念物やら国宝やらを観察したりで、なかなか充実した散歩になってしまいました。もうコスモ石油は要らないくらい心も満タンです。







太宰府市って文化財だらけですねー。





太宰府市って住みやすそうですねー。




そうそう。お昼は太宰府駅の脇にあるうどん屋さんに飛び込んでみました。牛肉山掛けうどんというやつで950円。(観光地価格)いやいやしかし、これ美味しいですよ。うどん麺も太宰府仕様(「太宰府古来のうどん」って銘打ってる)でつるつるしていてよい感じ。




帰りは都府楼前駅から西鉄電車に乗ってみました。歩き疲れたのもあってか、途中ぐっすりで記憶がありません…。こんな感じの電車旅もたまには良いものですね。そんな感じになった今年度最後の休日は、とっても有意義に過ごせて満足!でした。(土曜日仕事なもんで。)



Posted at 2018/03/29 18:05:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車じゃないのに的なネタ | 日記
2018年03月27日 イイね!

見つめる見積もり

タイミングベルトのひび割れを見つけてから2日。JMSさんでそのことを相談してから2日。…あれ、依頼した見積もりの回答がありませんね。…と思ってやきもきしてたら、今日は店休日だそうです。あーこりゃ運が悪かった。

3月27日の今日は例によってワークライフ云々によるお休みです。朝から快晴で花壇のチューリップもすがすがしく目覚めた様子です。これはすてきな大柄の花びら。こんなにかわいく咲いてくれたのだから水やり必須です。(明日も快晴予報です。)




さて、こんなに気分がいい天気だからこそ気になるタイベル交換の進め方。今の状態の「白い嘘星」とはおいそれと遠出できません。あぁぁ、早く何とかして遠乗りしたい。…ということで、浮気して近所の整備工場で見積もりをとることにしました。が、結果的にそれが正解だったかもしれません。

朝一番で電話したのは、南区向野にある江口自動車さん。親子代々続けてきた整備工場の二代目さんが経営されています。症状を説明して車を持って行っていいか聞いたところ、快く受け入れてもらえました。ありがとうございます。

実はこのお店、先月擦ったフェンダーの塗装をお願いに訪れた際に、近くの専門店を紹介してくれたところなんです。「自分で受けたら下請けに出すだけだから。」と、躊躇なく大橋モータースを紹介してくれたところです。ご主人の誠実な人柄がうかがえます。


(画像はホームページから拝借しました。http://itp.ne.jp/ap/0925616350/

車検証をコピーして早速お店に向かうと、ご主人はボンネットを開けて丁寧にタイミングベルト周りを観察してくれました。エンジン前部から左右、下部までじっくりまじまじと。しかして曰く、「ベルトは危ない」「オイル漏れはない」「関連でいろいろ交換したほうがいい」、とのこと。そこまでは想定内で刹那ほっとするも「これは何?」と。



ということでよく見てみるとカムの横になんかのドレンだかパイプだかわからないなにかがにょきっと。反対側まで貫通してます。




なんすかねこれ?いわれるまで気が付きませんでした。何かホースが刺さっていたような形跡も無くはないですね。でも、なんだかわからないんでご主人と2人で1分ほどうーんうーんと沈黙したのち、無視することにしました。まぁ、知らないものへの不安はありつつも、自分では触った記憶ないしエンジン自体の調子はいいし。(笑

そんな感じで初期診断を受けてから見積もりを正式にお願いしました。交換対象となった部品はこいつらです。いくつあるかな・・・。



いぱーい。はてさていくら請求されるかな?といった不安も抱えつつ、「これぞ中古車持ちの宿命」と観念に似た気持ちを抱えながらいったん家路につきます。そして待つこと8時間。見積もり結果の電話連絡がありました。

「6万円くらいですね。」

おおお!想像していたより安い!!ウォーターポンプAssyで1.7万とか言ってたのにそんな感じでまとめてくれる江口自動車さん、素敵です(はぁと

ま、6万くらいということですけど、6~7万くらいで見ておけばきっと足りるでしょう。場合によっては10万越えも覚悟していて、最後の手段としては「ゆみちゅん」さんが教えてくれた方法で部品を自己調達してから格安で…とも覚悟していただけに、これは朗報でした。

これで、4月か5月にはプラグ交換もできそうです。(さすがに一緒にまとめてやると金銭的にきついのでー。ちょっと延期ー。)


結論:街の自動車屋さんってすごいんですね。もっと仲良くしなきゃ。

追記:JMSさん、詳細見ずにとりあえず見積もり受けちゃってたけれど、大丈夫かな?(あ、でも定型パターンのピットメニューのことについてはこれからもお世話になりますよー。)

Posted at 2018/03/27 20:13:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 治療・入院 | 日記
2018年03月25日 イイね!

エンジンをめぐる冒険

エンジンをめぐる冒険年末に宣言した通り、今年は少し車のメンテナンスについても本腰を入れていこうと思う。四十の手習いというやつだ。

とはいえ、DIYからは足を遠のけたうえに長期間車無し生活を送っていた自分の手元にある「車用工具」、というか車いじりに流用できそうな工具と呼べるものは、せいぜいこのくらいのものだ。これでは何もできない。ついでに、撮った写真もピンボケでもうなんとも言いようがない。



というわけで、小雨降る3月下旬の入り口のころ、地元では最大級のホムセンに立ち寄ってみた。本店が都城市にあるハンズマンだ。なんでも、このお店はお客さんからの要望をほぼ無制限に聞き入れていった結果、いまや取扱商品数は20万点を数えるというおばけのようなお店だ。




今回のメンテナンスのテーマはスパークプラグの状態確認。ODOメーターは7.7マキロ弱をさす「白い嘘星」は、中古で買ったということもあってどんなプラグをいつ挿入したのか定かでない。おそらくは純正プラグが新車時から変わらず刺さっているのだろうが、前オーナーがどんな人物であったのかがわからない以上、それは想像の域を超えない。

時間は前後するが、作業と買い物に先立ってイメトレを試みていた。Youtubeで2JZ-GE型エンジンの整備動画を漁っていたところ、非常にわかりやすい海外動画を見つけることができたので、仕事上がりの夜半にじっくり3回ほど繰り返し見ながら、本格焼酎島美人の杯を進めた。で、その晩は寝ることになる。ハンズマンに立ち寄ったのは、そんな夜も明けた次の日のことだ。

https://www.youtube.com/watch?v=kwxhiwT8wEE&t=1s
(このスープラのエンジン超綺麗ですねー!)

かつてDIYにはまっていたといっても、その分野は日用大工。生まれてこのかた、車のエンジン周りを触るなんて機会は全くなく生きてきたが、運命と偶然と邂逅のいたずらの結果、ひとまずこんなものをそろえてみることにした。



なんのことはない一般的なソケットレンチ関連の工具と基本的なドライバー2本だ。だいたい6千円くらいだったかと思う。さぁやるぞ、という気持ちはMAX高まっていたものの、その日は雨だったので作業は見送ることとした。(暴風警報も出ていたしね。)

そして、1週間ほど経ち天候も回復した3月最下旬の日曜日。前日に桜を愛でつつしこたま飲んだこともあって頭はいささかゆるふわ状態ではあったが、この好天を逃すまいという使命感に似た気持ちで再び寝てしまいそうな脳みそを奮い立たせながらボンネットを開けてみた。…で、そこでふと気づいた。なんということか、今ある工具だけではメンテナンスができないようだ。



まずはソケットレンチの買い間違いだ。ソケットと持ち手が全くかみ合わない。6.35mm用のソケットと9.5mm用の持ち手を揃えたもんだからそれも当然だ。これは買い足しするしかない。加えて、プラグ確認をするのが主目的でありながら、プラグ用レンチが手元にない。プラグ用レンチは16mmの深いものが必要だが、何をトチ狂ったのかそれを買うのを忘れていたようだ。歳は取りたくない。



急遽揃えたソケットとプラグレンチと5mmの六角レンチでようやく作業着手にこぎつけた。

最初はエンジンカバーを外すところから。ここはカバーを止めている4点のナットを外すだけなので特に問題はない。メガネとソケットレンチでさくっと外してみた。



おお。これは動画で見た風景。



続けて、動画で解説されていたとおりにスロットルボディの取り外しにかかる。しかし、これが予想をはるかに超えた難敵だった。…動画ではさくっと取り外していたのだが。

まずはインテークのダクトはずし。これは難なく進行した。ついでに見てみたスロットルの内部は、さほど汚れていなかった。これは嬉しい想定外。最近アイドリングの回転数が下がっていたものだから、この辺が汚れているんだろうと思っていたからだ。まぁきれいであること自体に問題はないので、本来の作業を続けることにする。




スロットルボディの取り外し前に、ケーブルコネクタを3つ取り外す必要がある。適当にプライヤーで抉って取り外しを試みてみたのだが、勢いあまって奥側のコネクタを豪快に壊してしまった。スロットルワイヤー脇のなんかのコネクタだ。壊してしまったものはしょうがないので後日JMSで部品を取り寄せて修理してもらうしかない。(これは、修理完了まで運転中に外れてしまう恐怖におびえることとなる。タイラップで仮止めでもしておこうか。)



そしていよいよスロットルボディを固定する4つのナットとボディ下のステーの取り外しにかかった。ボディ上部の2つはすんなり外れてくれだものの、下の2つはなかなかの強敵で、ナットが舐めないかどうかという恐怖に震えながらメガネとソケットレンチを駆使しつつ、上腕の筋肉を酷使してなんとかなんかとか外すことに成功した。

しかし、下の2つに止められていたステーはさらに2つのナットでエンジン本体とつながっていて、その2つがなかなかどうして緩んでくれない。これはもうだめか、とあきらめかけていた30分後にようやく緩んでくれてほっとした。



しかーし、世の中は甘くない。ステーの裏側にさらにもう1本固定のナットが隠れていたのだ。これも、もはやいじめかと思うくらい固い。このときほどケミカルの滑り材を買い揃えていなかったことを恨んだことはない。



そんな感じで綱渡りで進めてきた作業だったが、ついに観念する場に遭遇した。スロットルボディに水を送るゴム管を止めている留め具のひっかけがどういうわけか作業のしにくい裏側に回り込んでいて、手持ちの工具では緩めることができない場面に出くわしてしまったのだ。理屈では簡単な話なのに手を出せないもどかしさに震えながら、これ以上のスロットルボディ外し作業は断念することにした。もたもたしていたこともあって、日が暮れかけてきていたから仕方がない。



こうして奥側のプラグを確認するのはいったん断念する形になったものの、手前のプラグは簡単に確認できるのでひとまず見てみることにした。ここでようやくプラグレンチの出番となる。

もういい加減にしてほしいのだが、これもかなり固い。エーモンの安っいレンチではなかなか歯が立たないので、てこの原理で無理やり回してみた。ら、取れた。



どんなもんでしょうかね、と自問自答する。まだいけそうな気はするものの、状況から判断して新車納車時から交換した形跡がない。これはまぁ早晩交換が必要だろうと結論付けた。



…が、この直後、スパークプラグのことなどどうでもよくなるようなショックなものを発見してしまうこととなった。よく見るとタイミングベルトに見事なほどきれいにひびが入っていたのだからびっくり。これは怖い。よく今までもってくれていたものだ。



なにはともあれ、いったんすべての作業を中断し、JMSに駆け込むことにした。10キロほど離れたJMSにたどり着く前に切れてしまわないよう細心の注意を払いながら、2千回転以下をキープしながら。正直、7.7万キロしか走っていないし車検も10月末に通したばかりなので、これは想定外だった。きっと、車検を通してくれた大牟田市のSPeeDさんも想定していなかったことだと思う。

こうして、存外に今月の出費におびえる日々が始まってしまったのだが、ポジティブに考えれば事故が起きる前に発見できてよかったとも言える、と脳内で協議して結論付けてみた。

「あんたが自分でみつけだしたいのかと思ったんだよ。で、黙ってたんだ。」

1982年に上梓された村上春樹の小説の一節を不意に思い出しながら、こんな文体で今日の出来事を綴ってみつつ、百年の孤独をぐいぐい胃に放り込むことに。貴重な休みの日曜の夜はそうしてゆるゆると更けていく。



この後、何をどの順序でどうするか、考えたくもなくなったということは言うまでもない。
Posted at 2018/03/25 21:41:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 治療・入院 | 日記
2018年03月18日 イイね!

メンテついでに田川市あたりに行ったがわ

メンテついでに田川市あたりに行ったがわうちの相棒「白い嘘星」君を買ったときODOメーターは7万キロ弱でした。それからというもの、この四半期でぐんぐんと記録を伸ばし、今のところ7.7万キロ弱というところまで来ています。まだまだ快調な相棒ですけど、同じジータ乗りの先輩「ゆみちゅん」さんの整備記録に気になるエントリがあったので、ちょこっとエンジン回りをチェックしてみました。

※ゆみちゅんさんすみません!リンク張っちゃいました!

…といっても、まずは中身を触る前の前作業としてオイル漏れがあるかないか確認しただけなんですけどね。(現状確認は重要な工程です。)

作業自体は非常に単純です。なんかオイル染みっぽい汚れがあったところをいったん清掃して、しばらく経過走行したのちに、滲みが再発しているかどうか見るというただそれだけのことです。



エンジン回りをよく拭いてあげて経過観察すること数日。結果、オイル漏れは無いようでした。
\(^o^)/



オイル量自体もほとんど減ってなく、まだまだ綺麗です。



さあ、そうなれば祝いと称して走りに行くしかないですよね。ということでやってまいりました糸田町の道の駅。今日は、行こうという気にならなければ決して行くことはないであろう、筑豊の奥地・田川郡近辺をぐるりとめぐってみたいと思います。




実際行ったことはないけれど、ネットなんかでよく見る「宋家」の焼き肉のタレを買ってみたり、大相撲九州場所の時にテレビでよく見かけた「相撲茶屋貴乃花」で昼飯を食ってみたりしながら、国道201号線筋をぷらぷらと走り回ります。





貴乃花のランチってなかなかボリューミーですよ。最初の膳に天ぷらと、最後にやってきた茶わん蒸しを食べることにはもう満腹もいいところでした。






口福に満たされてたどり着いたのは田川市の図書館と美術館。






綺麗な作りです。はっきり言っておしゃれです。美術館では常設の「山本作兵衛」展をちょこっと見て、図書館ではゼンリン地図で「石炭歴史博物館」の場所を調べて、そそくさと次へ向かいます。





次なる目的地「石炭歴史博物館」は田川市美術館から車で5分程度。でも、田川市の中心地って昔からの街並みが残ってるせいか、道がわかりにくいですね…。




玄関前に開けるビューの奥にあるのがボタ山です。これは凛々しい。 ※香春岳の間違いでした!




博物館の入場料は400円ですが、それを払って入る価値は十二分にありました。さすがは日本の近代化を支えてきた、かつての筑豊地域の中心都市の博物館。地元の小学生が観れば、郷土愛が育まれること間違いなしです。







屋外展示も本格的。大牟田市の石炭産業科学館にも引けを取らないスケールでびっくりです。






展示物に満足して脳みそを元気にしたら、次は体を元気にしなければなりません。はい。そうです。リフレッシュといえば温泉です。





おそらくこういう機会がなければ人生において訪れることはないだろうなー、と思っていた赤村にやってきました。ここは福岡県でも最奥地の自治体の一つで、村内には国道も通っていません。でも、「源じいの森温泉」なんて名前を目にしたら行かざるを得ませんよね。



こんなところにこんなに立派な温泉施設があるとは、ね。ちょっと前に高知県馬路村の温泉に行ったことがありますけど、その時以来の感動に似た感情をもって早速中に入ってみます。





広いです。入湯料が600円と少しお高めですけど、それも納得の大掛かりな設備です。お湯は単純泉でさらさら系。少し塩素臭がするので循環泉かもしれません。内湯のほかにサウナと野外露天風呂が用意されています。施設が少ない郊外だからか、お客さんはひっきりなしに入ってきています。





すっかりリフレッシュした後は、急いで帰路につきます。なんでかって?



混むからです。。。



赤村から福岡市東区までが1時間、そこから自宅まで1時間半かかってしまいました。でも、この渋滞を除けばおおむねいい気分でドライブできたんで楽しい週末の小旅行となりました。ちゃんちゃん。

Posted at 2018/03/18 09:05:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | 高回転でちょいと遠乗り | 日記
2018年03月17日 イイね!

お友達のアルチェ(アルコールチェッカー)と遊んでみた

「人間やめますか?」といえば、今も昔も思い浮かべるのは薬物の乱用。これはまぁ、いただけませんし救いがたいものがありますよね。

それに加えて最近では「社会人辞めますか?」といえば飲酒運転、というくらいアルコールと運転に対する見方も変わってきました。これももはやいただけません。20年前とは違いますね。20年前なんて20世紀のむかーし昔の話ですから、違うのも当然といえば当然ですわな。

そういう世情ですから、うちにはお友達のアルチェ君(アルコールチェッカー/メーカー不詳)がいます。うちに来てからかれこれ10年くらい経つかもしれない、古いお友達です。



今日は朝っぱらからこの子と少し遊んでみます。

まずは、普通に計測。昨日の晩は疲れていたのもあってあまりお酒を飲んでいません。350ml缶のビール1本と、焼酎ロック2杯くらいです。24時を迎えることなくとっとと寝ました。

んで、迎えた朝の10時。



はーはーしてもアルコールは全く検知されません。良いことです。これが26時くらいまで飲んでいた、となると経験則上0.35~0.5くらいは検知されることになります。運転したなら即免取コースですね。



朝、歯磨きをしてすぐに車を運転される方もいると思います。そういう方は、少し注意してください。アルコールを含んだ液体歯磨きって、結構アルコールが強力で、下手したら検問で検出されることもあるという意識を持つことが重要です。



これ。歯磨き後にリステリンでくちゅくちゅうがいをしたのち、軽く水で口を漱いで2~3分後の結果です。15分くらい置くと検出結果も平常値に戻るようです。



驚きですね。(このレベルは飲酒後の測定でもなかなかお目にかかれない。…ってか、無い。)

ちなみに、焼酎のストレートでこんなことして測定してみると、




こんな感じです。これ、あんまりやりすぎるとチェッカーが壊れるかもしれないので、ほどほどに。



というわけで、今日も快晴です。ドライブに出かけられる方は安全運転でいってらっしゃい~!!

…あ、もう一つ注意です。
チェッカーの数字は過信しちゃだめですよ。飲酒取り締まりで重要なのは「警察が持っている測定機器での検知結果」です。自宅で検査しても出なかった!という主張は通らないのが今のレギュレーションです。そこだけは注意に注意を重ねておいてくださいね。(特に仕事で車に乗られる方は。)

Posted at 2018/03/17 10:32:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 小ネタ | 日記

プロフィール

「アラフォーおじさんの小城さんぽ(近隣豊富Ver) http://cvw.jp/b/2891972/42174435/
何シテル?   11/11 22:40
◆紹介 しげ爺太です。よろしくお願いします。2017.8ジータAS300を一目惚れ購入。 2010頃に手放したAS200 MT Zエディ以来の久々なマイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達


ジータ乗りのご近所さんがいたらいいなぁ。いないだろうなぁ。
11 人のお友達がいます
整備士の息子整備士の息子 * 和’s★゛和’s★゛ *
NOJグループNOJグループ *みんカラ公認 ナイトセイバーナイトセイバー *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アルテッツァジータ 白い嘘星 (トヨタ アルテッツァジータ)
2017.08 某炭鉱の町で見つけた程度のいいジータ君に一目ぼれして即決一括現ナマ購入し ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.