• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しげ爺太のブログ一覧

2018年06月28日 イイね!

総じて掃除の話

とある週末にたまたま入手した「FW1」。何やらヘッドライトの黄ばみ取りに効果があるとの触れ込みで、ついつい購入しちゃったモノではございますが…色々調べてみると、本来は水無し洗車のためのクリーニング材なんだそう。水の節約が必要なUSやらAUでは結構売れているようです。

でもね、個人的にはその目的では使わないと思うんですよ。ごめんね、メーカーさん。

とりあえず、こいつの効果を確認するために、まずは自宅にあるもろもろのなにかでその威力を確かめてみようと思います。何か用途を考えないといけませんからね。

はい。ここから先は汚いものの画像を見ることに耐性がある方のみご覧ください。

      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・

これは、何年もの間タバコのヤニにさらされた家庭用エアコンの本体カバーです。さすがの黄色さ。ヤニってすごいんだなぁ、と感嘆せずにはいられません。これに、家庭用マイペット系の洗剤と「FW1」を別々に吹きかけてみてその威力を比較検証してみようと思います。まずは「FW1」から。



おおっ。なんだかいい感じに黄ばみが落ちているようですよ。





あ、そうだった。これってよく振ってから使えって言ってたな、と思い出したのは作業着手後。とりあえず少し振り振りして吹きかけてみると、さらさら水分系だった洗浄剤が泡泡のそれに変わりました。これはいいですね。汚れに密着してくれます。




マイペット系だとどうしてもすぐに垂れてしまうので即座に拭くか、拭くものにしみこませて使う必要がありますが、「FW1」なら吹き付け放置が可能。養生やマスキングの手間が少しだけ省けそうです。




結局、ヤニに対する洗浄能力は両者五分五分といったところでしょうかね。



お次は、ボンネット内で試してみます。「FW1」のWAX効果がどの程度のものか確認するために、白ボケしているパーツに吹き付けて拭きとってみます。



ぶしゅーっと吹いて、拭いてみると…。




こんな感じ。あんま変わりませんね。ってか、ほぼ変化なしですね。経年劣化したプラスティックの光沢復活には使えなさそうです。



そんな感じの実験を総括して一言で表現すると、黄ばみ汚れ落としに有効な「FW1」!ということができそうです。つまり、ワタクシ的には車ではなく、お部屋掃除で最も威力を発揮しそうなので、これからガンガン使っていこうと思います。

最後までお読みいただいたあなた。汚物鑑賞お疲れさまでした。(笑


Posted at 2018/06/28 03:57:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | 小ネタ | 日記
2018年06月25日 イイね!

久留米のアジサイとグルメの紫陽花

久留米のアジサイとグルメの紫陽花6月23日は朝から雨です。梅雨真っ盛りの福岡地方では、それでも十分に水瓶をたたえる水量を確保しきれているとは言えない模様で、今後の台風襲来をひそかに期待している人がたくさんいるんじゃないかなー、とも思える今日この頃です。なんというか、大雨が少ないイメージですね。

さてさて、そんなシトシト日和によく映える風景といえば、なんといってもアジサイ園です。久留米市の東に広がる耳納の田園地帯を見下ろすように広がる中山間には、アジサイで有名なお寺「龍護山千光寺」があるので、ちょっと訪れてみます。

九州自動車道の久留米ICを降りたら国道210号線を日田市方面に走って行くと見えてくる「道の駅くるめ」の奥に、そのお寺はあります。1本道で分かりやすいです。



ちょっとトイレ休憩を兼ねて道の駅でゆるりと休んでみます。ここは地場野菜が安く売ってあるのでいつもお客さんが絶えません。近年合併して農産地域が拡大した久留米市は、今や福岡県下で最大の農業都市になっているんですね。




この日はたまたま刑務所作業製品の即売会もやっていたので、ちょっと寄ってみて枕なんぞを購買してみました。(そば殻枕なんて使うの20年ぶりくらいだったんですが…こればやばいくらい良いですね。日曜日の夕方に、うたた寝したつもりが6時間も寝ちゃいましたw)




そんな感じで寄り道しつつ、千光寺にやってきました。6月も下旬に差し掛かると、アジサイの咲きっぷりも最盛期を過ぎているせいか、そこまで混雑していない感じでのんびりとアジサイ鑑賞することができました。






カタツムリさんもたわわに咲く紫陽花のつややかさに陶酔しているようです。



ちなみに、5月の初旬頃はこんな感じです。見ごろは5月末から6月中旬だと思われます。






ざっくりいえば野球場くらいの広さのアジサイ園です。これだけの株を管理していくのは大変だろうなぁ、と感心せずにはいられません。入園料300円も納得のスケールですね。







このお寺さんは禅寺の系譜(というか日本最古の禅寺なんですかね?!)なので、人吉市の永国寺(幽霊寺)と同じように本堂内の天井飾りが豪奢です。



そんなかんじで、視覚でアジサイを堪能した土曜日の翌日・日曜日はよく晴れたので、なんとなくアジサイにちなんだ何かを食べたくなり、いろいろとGoogle先生と一緒に探すも、近場にはなかなか「アジサイ」「あじさい」「紫陽花」の名を冠したお食事処がありません。まじか。

お弁当かお惣菜のセットならあるかもなー、と業を煮やしてあてもなく(なんでもありそうな)福岡市の都心・天神地区のデパ地下3か所を巡ってみるも…あれまぁ案外ないものですね。

ようやくお目当てを見つけたのは、博多駅に隣接する阪急のデパ地下でした。苦節3時間。



歩き疲れてヘロヘロになりながらバスと電車を乗り継ぎ、帰ってきた自宅で舌鼓を打ちます。




正直、見た目は普通のお弁当のようにも見えますが、冷えていても美味しく食べるための工夫が随所にみられるお弁当でした。やるじゃん、米八。

そんなこんなで、今年の初夏も漸うと終わりを迎える感じです。これから夏本番。ダッシュボードで目玉焼きが焼ける季節がやってきますが、暑さに負けずに頑張れそうですよ。



Posted at 2018/06/25 02:20:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 近場のちょい乗り | 日記
2018年06月23日 イイね!

大牟田ディープインサイド

大牟田ディープインサイドいいタイトルが思い浮かばないなぁ、と、ぼーっと多忙にしていたら、いつの間にかかれこれ1週間くらい経っていたのに気づいた時の絶望感に酔いつつ、下回り点検を終えた愛車「白い嘘星」を大牟田の工場に引き取りに行ってきたときの話などをつらつらと書いてみたりしてみます。車1:その他9くらいの内容のお話になるかと。

というわけで、さくっとびゅわっと西鉄電車の特急で向かって降り立った先は、大牟田市の新栄町駅です。大牟田線終点の大牟田駅の北隣にあります。駅前にはかつての繁栄繁盛ぶりをほうふつとさせるような大きな商店街が広がっています。





何年か前に炭鉱関連施設が産業遺産に登録されたことを記念してキャラクターも制定されているようですね。…でもね、このキャラクターってばワタクシがかつて山河を駆け回ってケタケタ笑いながらゆるーく育ってきた旧川内市のキャラクター「せんちゃん」に激似なんですよねー。



ほら。たぶん、おんなじ人が描いたんでしょうね。



まあ、それはさておき。早速大きな商店街の中を探訪してみます。炭坑景気でにぎわっていた昭和の頃からの歴史ある街並みですから、なんだかいろいろと面白いものを見つけられそうですよ。






商店街の中に建つ大牟田神社の近くでは、7月末頃に開催される「大蛇山まつり」の準備が着々と進んでいました。







今でも元気に商いをされている区画もあれば、その昔は人出もいっぱいで元気にされていたんだろうなぁと思える区画もあり。このカオス感は堪りません。こんな街中に、古き良き昭和の頃の空気を感じられるエリアがあるとは。







カオスなエリアを通り抜けて大牟田川沿いに出てくると、ひときわ目立つ飲み屋ビル(の遺構?)がぽつんと立っているのが見えてきます。



このビル、なかなかのラピュタ感があってGoodです。あと10年くらいしたら全体が覆われそうな勢い。このまま解体されずに残っていってほしいなぁ。




ラピュタの脇の大牟田川にも昭和の名残を感じられる風景が。



で、この川をずーっとてくてく上っていくと、今度は工場群にたどり着きます。市街地の北側で広大な敷地を占める三井化学と関連の工場群です。いいカメラを持っている人にはお勧めの、有名な工場夜景撮影スポットですね。







そんな感じで、車の引き取りついでに大牟田市をあっちゃこっちゃ探索してみたところでした。肝心の「白い嘘星」の仕上がり具合については…遅くなって暗くなって写真が無かったりします。(笑)



でも、今回もすさまじい献身性と満足度指向性と知識と技術でパーペキに点検整備してもらえました。大きなところではブレーキローター研磨とパット交換で、前々から気になっていた右後輪の擦過音がきれいになくなりーの、元々修復してもらってた小傷のメンテをしてもらいつつーので、タイヤのワックスがけまでしてもらって、今回も大満足な感じでした。

後ろのサスがちょっと抜け気味だったということで、これはやっぱり来年にかけての交換計画(貯金w)を着々と進めないといけませんね。

気になる整備費。そのお値段は…たぶん赤字でやっていただいているので書けません。書いたら大変なことになるんじゃないの?って思える値段でした。

そしてもう一つ。8万キロのキリバンを踏まないように(お店での試運転を気を付けて控えて)、ODOメーター79,998キロで返してくれるという心配りもこれまたニクイ!


さてさて、今日は雨模様の福岡地方ですが、大忙しだった1週間の憂さ晴らしに、これからあじさいでも見に行ってきますよ。ではでは。


Posted at 2018/06/23 08:44:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | 治療・入院 | 日記
2018年06月09日 イイね!

福岡県の下のほうを回りつつーの、下回り点検

福岡県の下のほうを回りつつーの、下回り点検梅雨の谷間の晴れの日が休みの日に当たるとなんだか幸せになれますよね。今日はまさにそんな日。さっきのテレビが言うところによれば、明日は雨になる様子。あれまぁそうなのか。今日のうちに洗濯しておけばよかった…。でもまぁそんなタラレバ的な後悔はそこらの脇においておいて、今日は朝から都市高速と九州道を経由して、福岡県の最南端・大牟田市に向かったのでレポしてみます。

「白い嘘星」と出会った彼の地で車体の下回り点検をしてもらうのです。

前の晩、ちょっと遅めまで飲んでいたので出発も遅めの朝9時。ちゃちゃっと給油して遠征に備えます。近場のGSでの本日のV-Powerのお値段は…カード会員価格で163円。福岡近郊ではかなり良心的なお値段です。




こんな日ですから、ちょっと渋滞も心配。9時過ぎに大牟田SPeeDの店主さんには「11時ごろ着きます」とショートメールを送っておきました。何を隠そう、私はガラケー使いなので「LINE」を使えないんです。(スマホに乗り換える気無し。)



そこそこの通行量はあったものの、太宰府ICから南関ICまでの道程は、ほぼほぼスムーズに流れていたおかげで10時半前には大牟田市の「道の駅おおむた」に到着。ここは花卉類が豊富なので割と好きなんです。早めに着いたこともあって、SPeeDさんに手土産でも買おうかと車を降りると、なにやら面白そうなテントが建物脇にポツリと建っているのを発見。





「FW1」というクリーナーの実演販売をしているようでした。30秒でヘッドライトのくすみが取れるという謳い文句でおねいさんがぐいぐいと迫ってきたもんですから、これは面白いということでちょっと実演をお願いしてみました。




年式のほどには黄ばんでない「白い嘘星」のヘッドライトだと思ってましたが、拭き上げ直後はちょっとクリアさが向上していたような。その辺のレポはまた今度じっくりしていこうと思います。

ついつい買ってしまったもので。ゴム部分以外のどこでも使える+自宅のレンジ周りや床掃除にも使える(畳とかコートしていない木材は当然不可ですよ。)ということだったんで、衝動買いです。

そんな感じで寄り道しつつも、三井化学の大きな工場を貫く市道を抜けて、福岡県道3号線沿いに佇むSPeeDさんに到着しました。宣言通りほぼ11時着です。




このお店はいいですよ。中古車買い取りを自社で直接やってる関係で、店頭価格も控えめ。そうでなきゃ、程度のいいAS300が17万(車検が残2か月だったとはいえ、名義変更手数料込の乗り出し価格でも30万弱!)で手に入るなんてこと、そうそうないですからね。場所はこの辺。



とりあえず、下回り点検と現状で気になっている右後ろブレーキからたまに出る走行中の擦過音の話を伝えて車を預けます。元気になって帰って来いよー、と後ろ髪引かれつつのしばしの入院お別れです。

大牟田の駅まで、現車の状態確認を兼ねてSPeeDさんに「白い嘘星」で送ってもらいながらいろんな話をしたんですが、その中でイグニッションコイルを変えると劇的に走行フィーリングが変わるという話がちらり。しかーし、1気筒あたり2万円前後という話だったんで、それについては宝くじが当たった時に考えることにします。(笑)



JRと西鉄がくっついている大牟田駅から、今回は西鉄電車で北上します。福岡市までは特急でだいたい1時間といったところですが、お昼時だったこともあって、途中でどうしても食べたい!と我慢できずに西鉄久留米駅でいったん下車します。

歩いて行けないこともないけれど、とりあえず駅を出て目の前にいたバスで「文化街」方面へ。




久留米市といえば、とんこつラーメン発祥の街。そんな街で元気に営業されているお店にちょっと立ち寄ってみたくなったんです。そのお店がある「文化街」と呼ばれるところは、いわゆる飲み屋街で、かつては散々通いまくったところです。





アーケード街もあったりします。ここのハンバーガー屋さんとか寿司屋さんとか…同伴でよく使ってたなぁ、なんて甘い記憶を思い起こしながらふらっとぐるっと巡ってみます。





飲み帰りのおっちゃんたちをがっちり捕まえるために設けられたとしか思えない、ちょっとしたラーメンストリートのメインを張る地に「モヒカンラーメン味壱屋」さんが登場。




とんこつ発祥を謳っているだけあってラーメンは当然にしておいしいんですが、ここは焼き飯と焼き替え玉が有名なところなんです。(あと、店員さんがだいたいモヒカンヘアスタイルなのでも有名ですね。この日も気さくなお兄ちゃんがモヒカンスタイルで厨房に立っていました。)





実は酔っぱらっていないときにここのラーメンと焼き飯を食べるのは初体験。(笑)





これはいいですよ。油断したらカロリーオーバーをものともせずもう1セット注文しそうな勢いの旨さ。多分、科学的に味を追求してるんでしょうね。とんがった雑味が無いんでガンガン口に吸い込んでしまいます。やばいです。




と、まぁちょっと脱線しましたけど、そんな感じで入院した「白い嘘星」くん。仕上がってくるのが楽しみです。多分、引き取りに行くときには三井化学の工場風景を撮影しつつ、アナゴにぎりが旨い「寿司好」さんでランチを堪能するはずなので、そちらも乞うご期待、ということで。


Posted at 2018/06/09 22:00:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 治療・入院 | 日記
2018年06月03日 イイね!

初夏のおバカさん ~ 何事も経験値にナンノかな?

初夏のおバカさん ~ 何事も経験値にナンノかな?梅雨入り宣言から1週間が過ぎた福岡市では…大して雨が降ってません。水瓶は大丈夫ですかね、とちょっと心配になるほど。でもまぁ、この週末も土曜日曜といい天気続きだったもんですから、ふらふらつらつらっと、夏に備えてよしなしごとをいくつかってな具合で過ごしてみたところです。

夏への備え - その① 辛い物を探しておこう

というわけで、これから訪れるであろう猛暑にがっぷり四つで組み合って乗り切るためのマストアイテムになる激辛料理を探しに出かけました。まずは福岡市の南にある筑紫野市の郊外へ。



福岡市から国道3号線を下っていくと、筑紫野市と小郡市の境あたりでシュロアモールというちょっとしたショッピングモールに出会えます。その片隅にちょろっと並ぶ飲食店街。



土曜の昼下がりはインド系の香辛料と勝負してみます。



せっかくなので注文したのはお店の名前を冠したセット。カレー2種とチキンマサラとサラダ、飲み物がセットになっています。ナンとスープはお代わり自由です。




今回は前提知識なしのリサーチなので、辛さはとりあえず15倍(激辛)でお願いしてみました。しばし待って出てきたのはこれ。見た目凄くおいしそうです。



しかし…これは辛い!ちょっとまってよ。この上に30倍とか50倍とかありましたよね????辛さ耐性はあるほうだと自負するワタクシですが、正直この辺が限界と感じる辛さでした。あんまり辛いんで、普段はしないナンのお替りをしてどうにかこうにか完食。いやー、なめてました。ごめんなさい。




この陽気で柔らかいアイコンに騙されました。むっちゃ本気で辛いやんけ。(笑)



時と所は変わって、その翌日。日曜日のお昼は、福岡市の南隣にある那珂川町の国道385号線沿いに店を構えるラーメン屋さんに訪れてみました。店の前を通るたびに気になっていた店です。さてさて、こちらには激辛メニューはありますかね。



ありましたよありましたよ。辛もやしラーメンなるものが。しかも辛さレベルが1~3まで選択可能だそう。ラーメン系であれば、一蘭の20倍でもカップ麺の北極でもどんとこいという感じなので余裕綽々でリサーチチャレンジに挑むことに。今回は真ん中のレベル2で行きます。

出てきた麺は、さも辛そうという雰囲気はありませんね。どれどれ、と一口スープを啜ってみたら辛さの本領が一気に鬼のように襲ってきました。なにこれ辛い。ええええ、辛い。




ついでに注文した唐揚げの味はもはやわかりません。完食するころには汗が額から顔からびっしょり。心配した店主さんが特別に冷やしたおしぼりを用意してくれるありさま。あざーす!!

とまぁ、そんな感じでしたが、夏に向けての強力なアイテムを2つも手に入れられたということでとても有意義な週末だったといえるでしょう。ちゃんちゃん。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

夏への備え - その② 愛車の下回り点検に向けての問題洗い出し

さてさて、こちらも(こちらこそ)重要な本題です。ボンネットを開けて見えるところについては日常点検で問題をあらかたつぶしているはずなのでよいとして、車の下回りについては…正直ちゃんと見たことすらなかったりします。車高低いしー。見にくいしー。



今回、6月10日に下回り点検の予約を無事取り付けたので、入庫前にちょっと問題点を整理しておこうかな、という軽い気持ちで底面を見てみました。



あれ、なんか壊れてますね。カバーが破れてめくれています。前回の車検前までは今より車高が2cmくらい低かったこともあって、なんかに当てていたのかもしれません。これは交換だな。

他にも何かないかと狭い隙間から覗いてみるも、狭すぎて何が何だかわかりません。ということで、久々にこんなところに来てみました。スロープを購買しようかな、と思って。



ところがところが、こんなもんがあったもんですから速攻で方針チェンジです。これ安くないですか。(この辺勉強不足なんで、市場価格を知らないんですけど。)



とりま買ってみて、ジャッキアップしても迷惑にならない秘密の場所へ向かいます。



さて、早速前のほうから持ち上げてみますかね。サスやらブッシュやらどんな感じなんでしょうワクテカ、といった気持ちで底面を観察してみました。ジャッキのポイントはどこかなー。



…どこなんでしょうね。全然わかりません。(笑)

自宅に帰ってから調べたら何となくわかったものの、その場では1分で断念しました。感で変なことして物を壊すのはワタクシの得意技なんで、ね。

せっかくなので、ボンネット内を適当に掃除して、車内も適当に掃除して帰ることにしました。うーっむ、テンション駄々下がり。





♪♪~あきれるくらい無駄な時間♪下手な忘れ方涙も出ない♪~♪♪
(1991 SONY Records / cf. https://www.youtube.com/watch?v=7nFBoz5gWvA 07:35頃)
なんだか懐かしい歌が頭の奥でリピート再生されています…。



あー、オイルフィラーがきれいなのがせめてもの救い…。



しかし、そんな傷心のワタクシに神様は一服の清涼剤を与えてくださりました。帰り道の途中、前のほうをよくみると…あれな車が。



おお!ジータさん!!!



わずか5分程度のランデブーでしたが、ちょっと幸せになれた瞬間でした。見知らぬあの方もこんなに近くで大切に乗っていらっしゃる。自分も維持りに精力だそう、と心に誓ったひとときでした。

大牟田のSpeeDさん、来週宜しくお願いしますねー。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

夏への備え - その③ 花壇のキャスト入れ替え

さすがに冬から春の主役となっていただいたビオラの類もへたりが激しくなってきた様子。ということで新たにMy花壇に参加していただくことになったこちらの方々を紹介して終えようと思います。

インパチェンスさんとハイビスカスさんです。




紫陽花を早く剪定しすぎてちょっと寂しくなった花壇をパッと明るく照らしてくれています。

今年こそはハイビスカスの越冬を成功させるぞー!!!(過去2年連続で失敗中。)


Posted at 2018/06/03 18:24:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | 近場のちょい乗り | 日記

プロフィール

「高貴ナ紫ノ発動機潤滑油ノススメ(ロイヤルパープルオイル交換記) http://cvw.jp/b/2891972/42078956/
何シテル?   10/19 11:05
◆紹介 しげ爺太です。よろしくお願いします。2017.8ジータAS300を一目惚れ購入。 2010頃に手放したAS200 MT Zエディ以来の久々なマイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達


ジータ乗りのご近所さんがいたらいいなぁ。いないだろうなぁ。
9 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 整備士の息子整備士の息子 *
4 1 64 1 6 * ナイトセイバーナイトセイバー
NOJグループNOJグループみんカラ公認 酒盛りロック酒盛りロック

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アルテッツァジータ 白い嘘星 (トヨタ アルテッツァジータ)
2017.08 某炭鉱の町で見つけた程度のいいジータ君に一目ぼれして即決一括現ナマ購入し ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.