• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しげ爺太のブログ一覧

2018年09月24日 イイね!

ゆめ花博と国道190号線詰め合わせセット

ゆめ花博と国道190号線詰め合わせセット秋分の日を含む三連休の中日は、朝からいそいそとお出かけしてみます。目的地は山口県山口市の西の端っこにある阿知須(あじす)という地域です。平成の大合併で旧山口市に吸収されるまでは、宇部市と山口市に挟まれた独立の自治体でした。

ここの海辺の干拓地で先週から開催されているのが「山口ゆめ花博」です。他県ではどうだか知らないですが、福岡にいるとTV-CMがヘビロテで放映されるので、近隣県民の中では認知度は高いはず。

というわけですっかり涼しくなった9月23日は、早朝から高速道を使って一路東へ進行してみます。この手のイベントごとは、早めの時間に行かないと渋滞と混雑で地獄のような目をみることになりかねませんからね。




中国道の下関JCTから山陽道を経由して山口宇部道路の阿知須ICに到着したのが朝の9時ごろ。もう既に渋滞は始まっていました…。




そこから花博の会場までは、一直線のアクセス道路で約5キロ。歩けばだいたい1時間といったところですが、車でも約1時間かかってしまいました。(笑)家族連れで出かけるときはご注意くださいね。



ちなみに、渋滞中に取る軽食を探しに入った途中のコンビニでは、トイレ待ち行列が発生していました。事前に遠くで済ませておくことをお勧めします。



そしてようやく会場へ。入場料は1,200円(大人)です。チケットは先行入手しておきましょう。




造形がいかがなものかと思える(笑)チューリップをいただく丘を中心にして、ピクニックゾーンやアスレティックゾーンが広がっています。真っ赤なサルビアが群生している様は圧巻です。





その向こうには池を中心とした広い花壇。ウォークスルーです。黒いペチュニアとか初めて見ました。








森のステージの周りにはまだまだヒマワリ(矮性の背が低いやつ)もいっぱい。





TV-CMでも謡っている「日本一のブランコ」と「日本一の竹コースター」は整理券が必要なようですが、早々に配布終了していましたので、乗るなら朝一番の会場入りが必須なようです。






人いきれにあてられた後は、ちょっと人が少ないサブ会場側へエスケープしてみます。






しかーし、個人的には今回の目的はこちらのサブ会場にあったりするのです。この日は「痛車」が展示してあるということで、わくわくしながら10分ほど歩いていきますと…でました!



このロードスター格好いいですねー。しかも速そう。内装もシックに木目でまとめられています。






こちらは単純なイラストかと思いきや…こだわりが詰まったモザイク画になっていました。制作にどのくらいかけたんでしょうね。近づいてみてからびっくりさせられました。





「痛車」の醍醐味は、見た目と速さのギャップなんでしょうかね。とりあえずどの車も速そうですね。




そしてその脇には近所の駐屯地から出張ってきた自衛隊車両が。





高機動車を間近で見られるまたとないチャンスでした。




ブレーキディスクが、内側のデフ脇のあーんなところに。



このエアーなパーツは何だろう?エアサスじゃないよな?と思っていたら、どうやらタイヤの空気圧を調整する部品だったようです。ちなみにタイヤはランフラットです。詳しい構造はわかりませんー。




そんな感じで、なんやかんやと2時間程度。満足して会場を後にします。帰り路に選んだのは国道190号線。宇部市の海沿いを経由して帰る作戦です。








宇部市には遊園地があるんだなー、なんて感心しながら市の中心部に差し掛かったところで見つけたのが、「宇部井筒屋」です。ああ。閉店前に訪れることができてよかった。1階の洋菓子コーナーで見かけた、KENJIさんの大吟醸ケーキ美味そうだったなぁ。





とりあえず、B1階の総菜コーナーでお惣菜をちょろっと買ってから、国道190号線の対面に広がる「新天町」商店街に向かってみます。宇部市の中心商店街はどんな感じでしょうかね。




うーん、ちょっとシャッターが目立つ商店街ですね。



そんな中で見つけた魚屋さん。「繁光」さんです。店前のPOPから元気な様子と旨そうな雰囲気がびんびんと伝わってきます。




店内に入ると、目を引く巨大ないけすがでんと構えます。中には…鯛と鮫??が。迫力満点です。





そんな綺麗な店内を撮影している間に作ってもらったアナゴ重と鯛の酢締めをテイクアウトして車に戻り、次に向かった先は、宇部市のシンボルともいえる「宇部興産」の本社工場近くです。





厚東川の河口にまたがる宇部興産専用道路の「興産大橋」を眺めながら、ランチタイムに入ります。



うーん。罰が当たりそうなくらい豪華なランチになりました。ちなみに醤油は常備で車載です。




幸福に満腹を感じながら、国道190号線を後にして国道2号線に合流し、途中で下関市の長府で干潟を眺めつつ、ひたすら関門海峡を目指していきます。




が、途中の交通表示で「関門トンネル渋滞」の文字が。あんなところで延々だらだら走るのはまっぴらごめん!ということで、下関ICから九州道方面にぴゅーっと高速で逃げかえりました。



帰り着いた福岡市の中心部といえば…まあそりゃいつものように混んでるんですけど、ゆめ花博のひどい渋滞に比べれば…ヘノカッパです。いやいやー、しかし疲れました。



ODOメーターもいつの間にか83,600キロを突破。そろそろ本気でRPオイルを探さなきゃ。



Posted at 2018/09/24 08:38:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 高回転でちょいと遠乗り | 日記
2018年09月22日 イイね!

ヘッドライトスチーマーの延命効果やこれ如何に

ヘッドライトスチーマーの延命効果やこれ如何にうちの愛車の「白い嘘星」君の車体色は、白に輝きを加えようとした努力がありありとみられる「ホワイトパールマイカ」です…と、ずーっと思い込んでおりました。

ところがしかし、なんということでしょう。納車から1年経って初めてボンネット内で色番号をちゃんと確認したところ(←おいおい)、「062」でした。違うやんけ!「ホワイトパールクリスタルシャイン」やろーが。



あーあー、うーうー。イロッテムツカシイアルネ。Could you describe the differences between "pearl mica" and "pearl crystal shine" ??? I guess, the ordinary can not.

まぁ、正直言ってその違いについては興味はないんですが(笑)、取りあえず白い車体と比較して目立つヘッドライトの黄色さ具合が気になりだした、今日この頃です。



かといって、ヘッドライトユニットを両目交換しようとしたら10万円越えは確実。そんなに諭吉さんと仲良くないワタクシがその代替手段として選んだのが、最近話題(なのかな?)のあれです。



正直言って、車体コートなんて「まめ」さでいくらでも代替が効くピカピカ維持手段なんで、お金をかける必要性を感じられ無かったが故に、「スパシャン」という会社も、宣伝が上手い会社だなーってなくらいにしか思っていませんでした。

でも、この動画を見た日から、ワタクシのココロはこいつに鷲掴みにされて離れることがなくなってしまったんです。…悲しいものですね。初物好きの宿命でしょうか。これにはさすがにびっくりさせられました。(正直、今でも仕組みが分からないwww)



ヘッドライトの黄ばみとの戦いだけは…マメさで何とかなるもんじゃないですし。年中磨いてたらそのうち割れますし…。なので、いろいろ試してみたんですよ。泡泡のWAXとかもろもろ。



でも限界を感じて、どうすんべかねーと思いあぐねていたところに、ちょうどタイミングよく「ヘッドライトスチーマー」の動画が目に飛び込んできたもんですから、もうココロのゲージは物欲MAXの方向に振れちゃうわけです。

そんな感じで、前置きが長くなっちゃいましたけどよく晴れた秋分の日をはさむ3連休の初日は、ちょいと遠くの「ヘッドライトスチーマー」施工店に出かけてみました。目的地は、福岡市と北九州市の中間にある、宗像市の3号線沿いにあります。



途中で見かけた旨そうなうどん屋さんでちょっとお昼をとってみます。駐車場が果てしなく広いです。





さすがにお値段もそこそこしますね。でも、この強気の値段の裏には、きっと「えもいわれぬ旨さ」が控えているはず。きっとそうに違いない、と思いながら「肉うどん」に「ごぼう」をトッピングした上に「梅巻きおにぎり」まで頼んじゃいました。総額は贅沢に1,030円!




えぇえぇ、旨いですよ。コシも(福岡県のうどんとしては)適度にあるし、揚げ物の衣が溶けたスープも計算されたかのような飲みやすさ。お昼時ならすんげー混むんだろうな、という旨さでした。





そして、そのうどん屋さんの近くに店を構えるのが「Auto Garage S.N.G」さん。職人肌なオーナーさんが一人で切り盛りされているようです。





お店の周りにはいわゆるVIPカーが並んでいるので、どんだけ怖いか警戒していた…のも杞憂に終わる、笑顔が素敵な中壮年のオーナーさんです。

本来であれば、福岡市近郊でスチーマーの施工をしてくれるところがあればよかったんですけど、もろもろネットで検索してもヒットせず…。

福岡市からの最寄りという理由だけで見つけたのがこちらのSNGさんだったんですが、結果から言えばこちらに訪れて正解でした。



丁寧に磨いていただいて、スチームしてもらった結果…





いやはや、こりゃまぁ綺麗になっちゃいましたよ。

<ビフォー>


<アフター>


施工代金はもろもろ込みで1.5万円ジャスト。これを高いと感じるかそうではないと感じるかは、正直人それぞれだと思います。ただ、ワタクシは、光量も単純に上がったし、これが3-4年保たれるのであれば安いのでは?と思った次第でやんす。




うーん、綺麗。これからも(最低3年w)よろしくね、「白い嘘星」くん。


Posted at 2018/09/22 21:53:51 | コメント(3) | トラックバック(0) | 治療・入院 | 日記
2018年09月17日 イイね!

敬老の週末に毛色の違うオイルを探した話

敬老の週末に毛色の違うオイルを探した話すっかり秋めいてきたこの三連休。昼間は暑くても、朝夕はめっきり涼しくなってきました。秋雨前線が福岡市に豪雨をもたらすことはなかったんですけど、ちらちらぽつぽつと雨が降るたびに秋の香りが濃くなってきているようです。

とはいえ、慢性的な人材不足が顕著なIT業界で糊口をしのぐワタクシは、土曜日が休出だったんで普通に二連休でしたが。それでもまぁ今回のお休みはいろいろと収穫があったんでつらつらと日記調に語ってみることにします。

まずは車と全然関係のない調味ソースの話から。



土曜日の出勤後にふと寄った、福岡パルコの地下にある北野エースで見つけた逸品。なんでも、ここ限定の商品なんだそうです。ジョーキュー醤油という地場の醸造会社と北野エースがコラボして作ったものなんだそうで。この手のソースは(パスタに合わせるものだから当然そうなるんでしょうけど)バジルが効いたイタリア~ン♪な商品が多いんですけど、これは「和」テイストでお勧めです。

道の駅やら町の駅で仕入れてきた野菜と燻製ささみを適当に切ってオリーブオイルで炒めて、これとゆで汁をかけて和えると…うまい!こりゃいいってな感じになります。



1瓶で7皿くらいは使えるかな?とりあえず、忙しいお母さん方にぜひおすすめですよ。



お次は、ふらっと出かけた筑紫野市の「ゲーセン」。いやー今時こんなところが生き残ってるとはねー、と感心したスポットです。最初は看板を見てレトロ自販機が並んでいる光景を想像したんですが、、、いやいや全然違いました。





どうすかこれ。グラディウスですよ。オプションをがつがつゲットしてレーザー砲をビュンビュンふかしながら敵をばっさばっさ撃ち落としていくあれですよ。昭和なおっちゃんおばちゃんには涙物の懐かしさじゃないですかね。




しかも1ゲーム50円という良心的な値段。ここはいいですねー。こういうお店はこれからもずーっと生き残っていただきたい。(お願い!)



そして最後は、近所の整備工場さんのブログで見かけたオイルの話。「ロイヤルパープル」っていう優れもののオイルがあるみたいです。



調べてみると、ちょっとお高めなんだけれども潤滑性能と洗浄能力が半端ないらしく、web上では絶賛する記事がいくつも確認できました。…これは欲しい。



前回オイル交換してからまだ3,000キロ程度なんで交換にはちょっと早いタイミングなれど、欲しいものがあったらすぐ手に入れたくなる短気な性分なものなので、近隣の市町村のカーショップをあちこち駆けまわってみることにしました。



うーん、春日市のイエローハットにはないか。




ならば大野城市のスーパーオートバックスならどうだ!と出向いたものの、こちらにも無いとは。




やっぱ量販店だと、いわゆる売れ筋商品しか扱ってないからしゃーないですかね。…打ちひしがれて帰るのも何なんで、途中にあった「狐狸庵」でかつ丼を喰ってパワーチャージしてみました。



うーん、やっぱうまい。ここのカツはバラブロック風なガッツリとした噛み応えがあって、噛むと幸せになれます。味付けも濃い目でおっさんキラー。あー旨かった。



そんな感じで、入手できずに空振りに終わったという記録です。(すませんw)

同じジータ乗りのkurobeeさんも整備手帳で「ロイヤルパープル」の良さを書かれているんで、ぜひ入手したかったんですけど、これは通販か何かで入手するか、近所の整備工場さんに直接出向くしかなさそうですね。

※kurobeeさん、勝手にリンク張らせていただきました。すんません!

Posted at 2018/09/17 16:38:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | 近場のちょい乗り | 日記
2018年09月09日 イイね!

朝から朝倉、うきうき気分で浮羽の骨董市とか

朝から朝倉、うきうき気分で浮羽の骨董市とかきっかけは些細なことでした。悪気はなかったんです。

うちにある唯一のお茶碗がお亡くなりになりました。享年5-6年くらい。とある夜、酔いも醒めぬうちに皿洗いなんかしたのがいけなかったんです。ワタクシの手から滑り落ちたお茶碗さんは、ガステーブルの五徳に中腹部を激しく打ち付けた結果、木端微塵になられました。

これは仕方ない、買い替えるかと思い立って陶器系のサイトをぐるぐる巡っていたところ、ちょうどいいタイミングで「ちくご吉井お宝の市」なんてものが開催されるのを知りました。ってな感じで、前日から雨が続く9月の9日は朝から国道3号線を南下して筑後地域方面に向かいます。



途中で曲がるところを間違えたので、大分自動車道の筑後小郡ICから朝倉ICまでかっ飛ばし、まず最初にたどり着いたのは朝倉市の「まちの駅・三連水車の里あさくら」です。たぶん、近くにみん友の「416」さんがいて、愛車のレストアに精を出されているはずです。

※416さん、リンク張っちゃいました!唐突ですません。




こちらも、そんじょそこらの道の駅には負けないサービスで頑張っていらっしゃいます。昼間に来たらおそらく駐車場に入るのも難しいんだろうなー、と思える施設の充実ぶり。





三連水車の仕組みを学べるコーナーもあったりします。



その脇には、H29九州北部豪雨災害時の写真パネル展示も。1年前はこんな感じだったんだよな、と改めてその被害の甚大さを再認識させられたところでした。ここ1年は、特に大きな自然災害が多発しています。他人事ではないという意識を持たないと…本当に命が危なくなる可能性大ですね。




地域の心を一つにして、頑張ってここまで復興してきた朝倉市さん。

…まだ道半ばなのに恐縮ですが、助けてもらっているのはむしろ私のほうです。キャベツ2個で120円とかありえなくないですか?小ぶりだとしても。



そんな感じで家計を助けてもらった後は、お決まりの三連水車見学へと向かいます。まちの駅から車で2~3分のところにあります。歩いたら10分くらいかな、って感じです。




おお、これはさすがに迫力ありますね。たまたま雨後の増水時に来たからというのもあるんでしょうが、3つの水車がぐおんぐおん回る姿はなかなか素敵です。小麦が一瞬で小麦粉になりそうな勢い。




そして、そこからすぐそばの筑後川を渡った先にあるのがうきは市です。





ここは国道210号線沿いに広がる「白壁の町並み」を中心とした重要伝統的建造物群保存地区が素敵に有名な街です。で、ここでこの日に開催されるのが「ちくご吉井お宝の市」です。年に3回開催されるようで、次は11月です。







そしてこの付近には、いままで探訪したことが無かったことが悔やまれるくらいの素敵な街並みが広がっています。カフェやアンティークショップも豊富なんで、観光客は多いんでしょうね。恥ずかしながら知りませんでした…。









そんな感じの今回の小旅行の仕上げは、気になるこちら。「ペルー軒」です。



なんか聞いたことあるよなぁ…と思いながら、開店直後の11時に店に入ってみると…ああ、あれだ。思い出しました。

ゆで卵が1個で10円、2個で100円の店でした。かつて(といっても相当な昔になりますが)、うきは市吉井の出身の鳥越俊太郎も足しげく通った店なんだそうです。



メニュー構成がシンプルなこのお店で、今回注文したのは「ちゃーしゅめん」。どうですかこれ。



全てを完璧なまでに覆いつくす肉のニクニクシサがたまらないビジュアル感を呈しています。それに加えて、あっさり系なとんこつのスープも極上!これは是非カロリー過多という単語を忘れてご飯と一緒に頼むべきです。そしてさらに、チャーシューをめくると、隠れていた具材が出てきてまた感動という二重構造。

なんかあれですね。岡山県の隠し寿司の文化につながりそうな壮大な背景を妄想しちゃう感じです。



地場で長く愛される、家族経営のお店だからこそできる650円という値段にも感動しきりです。



広島県・岡山県・大阪府・兵庫県・和歌山県・北海道などなどと、大規模災害続きの日本列島ですが、熊本県・大分県・福岡県をはじめとした九州の各地では復興が着々と進んできています。あきらめることなく、明日を見据えて皆で一緒に張り切ってもろもろ片付けしていきましょう!

まぁそんなこと言いながらワタクシは…「ちくご吉井お宝の市」でお鍋とお椀2点を1,000円でゲットして家計をガッツリ助けてもらったクチなんですが。(筑後地域の皆さん、ありがとうございますー!)


Posted at 2018/09/09 18:55:40 | コメント(7) | トラックバック(0) | 近場のちょい乗り | 日記
2018年09月02日 イイね!

雨の背振と明けの洗車で夏や済みにけり

雨の背振と明けの洗車で夏や済みにけり残暑は続くものの、9月に入って雨が降ったこともあり少しだけ過ごしやすくなったこの週末のお休み行動は、ちょっと前にみん友の青さんが紹介していた「豆腐のこしょう」を求めに、隣県とはいえすぐそこの佐賀県佐賀市の三瀬地区に行ってみるところからスタートします。

山に向かって雨雲がびっしり貼りついているなぁ…と思っていたら、案の定峠道に差し掛かったら本降りになってきました。でもまぁ恵みの雨だから許します。濡れたワインディングを掛けあがるのも、また一興。



国道263号線の三瀬トンネルを佐賀県側に抜けて少し走ったところに「マッちゃん」があります。三瀬だからみっちゃんというわけではなく、マッちゃん。

…うん、まぁそこはこれ以上あまり深く触れないでおこうかな。



入り口近くの屋台や、みつせ鶏の炭火焼き屋さんには目もくれず、店内に入ってようやくご対面できた「豆腐のこしょう」。毒々しいほど真っ赤です。これは辛さに期待大ですね。



ついでに買った揚げ豆腐とお野菜さんたち。土曜の晩酌のあては、これで決まりです。



フライパンでちょっと炙ってこんがりさせたら、ほら旨い。ジューシーな豆腐こしょうとの相性もばっちりです。これはしばらくリピートするかもしれませんね。納豆とかオクラとかと混ぜても美味しいかも…やらなにやら妄想が広がりまくりんぐです。



時は流れて、翌朝の話。



日曜日は、明け方までサーサーと雨が滴っていたようでしたが、明るくなったらすっかり晴れ上がったようです。こんな日は絶好の洗車日和です。なぜなら…

ο午後から雨予報だし、洗車場もお客は少なかろう
ο明日明後日にかけて台風も近づきそうだし、余計に洗車は避けられるだろう
οそもそも直射日光がきつい夏日の洗車場はお客さんが少ないもんだ

というわけで、待つのが嫌いなワタクシにとっては最高の洗車日和になったので、そそくさと近所の洗車場に出かけてみると…ほら、やっぱり空いていた。そんな経緯で、今回はいつものGSの洗車機ではなくて、手洗い洗車場でじっくりと洗車してみることにします。

たまにはお世話になっている「白い嘘星」君に謝意を表さねば、と思ってですね。



さて、ここからは時間の勝負です。既定の料金を洗車機に投入してスタートボタンを押したら、決まった時間分だけしか出てこない洗車水と洗車泡を駆使して、この汚れた車体全体の汚れを落としていかないといけません。(今回は「泡シャンプー洗車コース」で行きますよ。)




今回の秘密兵器は、正月くらいに買ったまま放置していた「鬼人手」です。ホイール専用とか書いてあるけど、気にしない、気にしない。(笑)



さて、洗車機が動き出しました。まずは高圧水で表面のゴミをぶわーっと吹き飛ばします。



2分くらいしたら、勝手に泡が出てくるようになるので、ここから一気に車体全体を泡でコーティングしていきます。魅惑のソープタイムの始まり~♪




全体に洗車泡が行きわたったら、秘密兵器でわしゃわしゃと洗っていきます。



んで、泡を再び高圧水で流し切ったら、最後に仕上げの拭き工程に入ります。ここからいったん拭き上げ場所に車を移動して作業します。混んだ日は、この拭き上げ場所に空きがないんで大変なことになるんですよ。



おお。最後にヴィーナスガードを施工したのは6月だというのに、ボンネットではまだまだ綺麗に水弾き効果が持続しているようですね。良きかな良きかな。



そして、こんな日だからこそできることをついでにやっちゃいましょう。じっくりと拭き上げしながらの外装チェックです。ここのところ暑さもあって、じっくりと外装チェックしてなかったからどうだかなー、と見てみると…ありましたよ、新たな傷たちが。




どこで引っかいたのかわからない、右後ろバンパーの線状痕。多分どっかの山道で調子に乗っていた時に引っかいたんでしょうね。南無ー。そしてこちらはひどい小傷。左前ドア下部です。



塗装が完全に欠落しています。飛び石かしら。…うーん、今後山道やら砂利道を走るときは覚悟してかかろう。取り敢えず、黒サビ転換効果がある防錆材をぶしゅっと吹いておくことにします。



ついでに、半年以上ぶりにピラー部の白ボケ修復もしちゃいます。このコート剤いいですよー。老車乗りな方にぜひおすすめしたいのが、カーメイトの「黒樹脂復活」。正直、これは効きます。前回塗ってから機械洗車を何回したか分からない(たぶん半年以上)くらい時間が経ってるんですけど、今日まで結構効いてくれてました。



さすがにくたびれが見え始めたので、ちゃちゃっと上塗りしちゃいます。これでまた半年は大丈夫!




そんなこんなで作業が終わるころには、もうお昼前。びっかびかになりましたよ。(小傷は放置)



綺麗になって元気になった「白い嘘星」くんと、名残惜しくも過行く夏の最後の一瞬を実感するために訪れたのは、那珂川町の「麺専科げんき」。




今日もレベル2で激辛勝負としゃれこみます。どうですかこの忌々しい赤さ。




しかーし、よく体を動かした後だからなのか、単に舌がバカになっているのかわからないんですけど、今回はするすると食することができました。自分でもあらびっくり。前回は惨敗したのに。



愛車とともに元気になったこの週末の余勢をかって、一気に9月の業務の山をかたづけて気持ちいい下期を迎えるぞー、と心の中で誓った、感じのいい週末になりましたとさ。




Posted at 2018/09/02 14:46:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 近場のちょい乗り | 日記

プロフィール

「自動ブレーキの件について吠えてみる http://cvw.jp/b/2891972/42511469/
何シテル?   02/14 22:37
◆紹介 しげ爺太です。よろしくお願いします。2017.8ジータAS300を一目惚れ購入。 2010頃に手放したAS200 MT Zエディ以来の久々なマイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

「間違いだらけのクルマ選び」の徳大寺さんを悼む 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/20 15:24:37
アルミテープチューン総まとめその① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/24 05:40:59

愛車一覧

トヨタ アルテッツァジータ 白い嘘星 (トヨタ アルテッツァジータ)
2017.08 某炭鉱の町で見つけた程度のいいジータ君に一目ぼれして即決一括現ナマ購入し ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.