• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Kuratakeのブログ一覧

2018年10月22日 イイね!

秋の九州2ストミーティング2018

秋の九州2ストミーティング20182週間前の暖かさから、一段と寒さが増してきた感じですので、最近肌が乾燥してあちこち痒いです。それはあまり歓迎しませんが、逆をつけば、ジメジメとした居心地の悪さがないので出かけるなら絶好のシーズンですね!

しっかし2ストミーティングなんて久しぶりだなぁー、2年半ぶりでごあす。
ただ…

あの時は、自分の体調が優れないまま来てしまったので、そのあとが割とガチでしんどかったですが、、、

今回は、僕もアールゼットの調子もその時よりずっと好調なので、今回は存分に楽しめそうです。

今日は町田バーネット牧場に向かいます。寒そうなので腹巻きを仕込んで出発します。目的地まではだいたい2時間程ですかね。(前に参加した時は、今回の3倍の距離だったのでそれもまたしんどかった…)

はい、着きま……
せん!!迷子になりました\(//∇//)\

ダムのあたりを右往左往、、、グーグル先生に道を尋ねながらになりました。

途中でKSRとTZRゴロワーズに乗ってきた方々と成り行きで合流し、3人でショートマスツーリングになりました。少し苦労しましたが協力プレイでなんとか到着!

集合した単車は40台程集まりました。



どの車体も物凄くオーナーに愛されているのがよくわかります。

キャンペーンガールも駆けつけてくださって力(リキ)入っていて驚きでした。主催者側の方は、大変パワフルかつエネルギッシュな方でした!

周りは言うまでもなくとても貴重なバイクだらけなので、バイクの近くを歩く時にも自然と力が入ります。なかでもフルカスタム系はセッティングを出さねばならないのでオーナー様の苦労を垣間見ました。正に漢のバイクです!

本日のご褒美ショット!
激レアなおむすびRRです!

同じ車種なのに一回り大きいですね!

お土産も買いたかったので、この集合場所で買いました。

主催者の方が挨拶の言葉をはじめまして、その後、皆さんで集合写真を撮ります。チョットハズカシイ、、、

その後、ショットツーリングが行われました。2スト特有の紫煙の香りに嬉しさのあまりシャウトしてしまいました。大型マスツーリング初体験なので僕自身のライティングに要課題が散見する結果になりまして、恥ずかしかったが、とても楽しかったです。



最後は三愛にて現地解散です。時刻は15時だったので時間的にも丁度良い頃合いでしたが、スクガンに乗っている方から温泉に誘われて、ご好意に甘える事にしました。



温泉はもちろん天然で、落ち着いた佇まいで高級感に溢れ、かつ入湯料が500円とか価格設定が完全に理解不能レベルです。関東なら3倍は持ってかれるんじゃね?九州の温泉は秘湯の数が多いらしく、探せば沢山あるとの事です。

真っ暗になった20時過ぎに、バイク談義(ほか多数)に楽しい時間を過ごさせてもらった後、スクガンの人がエスコートしてくれる事になりました。道が???な自分には、これ以上ない有難い舟に便乗することにします。気温僅か9℃、山間部といえど、九州も随分寒くなってきました。

そしてこの人の運転は本物で上手く、完全にバイクをモノにしている人の走りです。ウルトラスムーズでフォームが崩れず、速度は一定をキープしています。夜中飛ばしは危なすぎるんで着いていかないことを決めていたので、この人が飛ばさん人でホント良かったです。

しかし、初見の夜道ギャップは恐ろしいもので、踏み入れた時にフロントが軽く暴れてしまいました。

それでも無事に帰れて何よりでした。帰路に着いた時間が午前様になったのは流石にやりすぎて少し反省してますが、不足していた情報(主に2ストに強い店)の補充と、課題も多く発見できた事は良い事だと思いました。
Posted at 2018/10/22 20:17:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月10日 イイね!

阿蘇の行き方・大観峰〜南阿蘇

阿蘇の行き方・大観峰〜南阿蘇10/6〜8の3連休は比較的暖かかったので、お出かけされた方も多かったのでは?自分もその一人ですが、今の時期は花粉もないし、一年で最も過ごしやすい季節ではないでしょうか?

今回は、菊水インターから、大観峰、阿蘇山、南阿蘇をツーリングしてきたのであげてみようと思います。

菊水インターを出た辺りです。熊本県北部に位置するこの場所は、ハスの生産地のようです。虚弱体質な藩主を哀れんだ禅僧が、栄養のある食を大名に食べさそうと、蓮根に辛子、麦味噌、麦粉、空豆粉卵を使い、揚げたものが、辛子蓮根のルーツと呼ばれています。

ここから県道16号を進み、山鹿に向かいます。ここから菊池までしばらく直進です。約20km程進みます。(小ネタですが、今現在、インターを下りて10km圏内のガソリンスタンドは比較的安めなので、ここらで入れるのをオススメです)

10分程度で山鹿に行けます。温泉の街です。福岡方面から国道3号線で来る場合、山鹿市内へ入ったらマクドナルドのすき家の見える交差点を目印に左折します。






2つの道の駅を過ぎ、北原交差点で右折します。国道325号線を示す青看板が目印です。

右折したら15km程度走り、肥後大津まで進みます。道が良いのでスイスイ進めます。渋滞が嫌う場合のショートカットルートは、57号の手前の信号を左折します。それだけでOK。



肥後大津で国道57号に合流します。道の駅大津を過ぎたら「ミルクロード入口」という、なんともわかりやすい信号を左折します。(道の駅大津は、おいしい饅頭が打っているのでよく寄ります。1個100円です)






入口へ入ったら、立て看板と青看板を目印に2回右折します。でも、前車群についていけばまず問題ないかと。

ここからは素晴らしいパノラマが広がっていきます。しばらくは信号もなく気持ちよく進めます。20km程度進むと、最初の信号があるのでそこを右折。手前には大観峰を示す青看板があるのでわかりやすいです。

右折したら7〜8km程度進みます。「大観峰1km」の青看板が見えたらもうすぐです。



大観峰に着きました!
休日でも、インターから2時間掛からないと思います。牧場ソフトクリームとあか牛の串焼きが人気です! あか牛串は、行列ができてました。

景色が一望できる展望場所もあります。周囲ではパラグライダーやヘリも飛びます。ここでは阿蘇の盆地を見下ろす事ができます。空気は澄んでいてとても気持ちいいです。



時間に余裕があるので、国道212号に乗り入れて阿蘇市内へ向かいます。ツイスティーで迫力のあるコースです。用心しながら下りました。

阿蘇駅と道の駅阿蘇は、ほぼ併設状態となっています。現在の終着駅となるここは、鉄道は1日5本と、とんでもなく閑散としています。これじゃあぽっぽやも、やや退屈でしょうか?

道の駅では「グレートピレニーズ」(フランス犬)と旅する旅人ライダーに興味津々!ゴールドウィングのサイドカーを改造して、全国を走り回っているそうで、なんともたくましいやら羨ましいやら。それで、当犬「TAIGA」って名前と伺いましたが、なんかキノの旅に出てくる「陸」そっくり!

↑こちらが「陸」、モデルの犬種は「サモエド」、ロシア犬です。

(TAIGAと陸って、名前の色合いも近いよね!)図書館にもよく置かれる程の作品で、あれはいいライトノベルです。自分がバイクに興味ない高校生時代からファンでした。(最近のはニッチなメタ要素が強い異世界勇者系ばかり、、面白いんだけど、オタク要素が強過ぎて食傷気味です…)


少し脱線しましたが、このまま南方へ直進して阿蘇山を縦断します。天気があまりにも気持ちいいので、牛さんもウトウト状態。火山博物館はやっぱり大混雑していますが、今回はスルー。ここで撮影した直後、南阿蘇白川へ向かいます。





バイカーもまばらになってきましたが、自分が今日一番良かったと思える場所となりました。実は素晴らしい南阿蘇。





白川水源は、名水100選にも選ばれている場所で、国内で泉の水を直接飲む事ができる非常に珍しい場所です。汲んでもOKです。奥の泉にはメダカが泳いでます。

毎分60ℓではなく、毎分60トンの水が湧き出ているこの場所はパワースポットとしても有名です。水晶屋もあります。ここの茶屋でもてなされる水源の水をふんだんに使った豆腐は、市販の豆腐とは明らかに異質で、豆腐大っ嫌いな人以外は、食べないと損なのは確実です。


日も傾いてきた夕七つ、南阿蘇鉄道の終着駅、「高森駅」で、SLと一緒にアールゼットを記念撮影。ちなみに、国鉄の機関車が置いてある駅は、大抵が民営化前後に三セク化された路線が多いです。また、震災の影響を多分に受けたこの鉄道。本数は1日4本と、足としての役割はほとんど成してしておらず、存続が危うまれています。

駅舎と公園が繋がっている珍しい駅です。

小学館の漫画家が応援しています。ドラえもんもスポンサーなら心強いね!


音声ガイドは?
島﨑信長
君の名は、俺物語、あの夏で待っているetc
釘宮理恵
この人はもはや説明不要

となっています。
声優知ってる人だとメチャメチャ豪華なユニットです。


帰路は国道325号を熊本方面に進み、迂回路を通り57号へ、後は来た道を帰ります。しかしまだまだ阿蘇には魅力は隠されているので、どんどん掘り出してみようと思います。

ワインディング走行はまだまだ下手っぴですね。カーブだとまだギクシャクしているので、ゆとりを持ってコントロールできる領域を増やして、バイクをもっと安心して快適に滑らかに走らせてあげたいですね。
Posted at 2018/10/10 08:58:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2018年08月15日 イイね!

RZ250Rでお盆ツーリング&門司港探索

RZ250Rでお盆ツーリング&門司港探索2日目です。

下関の満喫で一晩過ごしました。

僕の泊まった場所はお座敷でペア席だったんですけど、一人分の料金しか徴収されませんでしたので、お得感がありました。が、エアコンが少し寒かったのと、室内BGMが大きかったので、熟睡できませんでした(-_-)

でも、疲れは一応取れているみたいなので、少し延長料金を払い、6時半に出発でござる。

本州と九州のワープトンネル、関門トンネルネルー


壁をライトブルーに塗色されて、一方、トンネル内は明るい塗色と、距離標、県境などの案内がタイルで描かれる模様です。なんか昭和レトロだね!


あっという間に通り抜けると、九州の玄関口にアクセス完了。

今日は門司の街を観光メインにしつつも、ダラダラ帰るプランで行きましょ。


まずは、和布刈神社でお参りです。

隣にある料亭は枕潮閣(ちんちょうかく)です。台風の日とか大丈夫なのだろうか?


映画、釣りバカ日誌10でのロケ地にもなったココ

関門海峡大橋の真下は絶好の釣りスポットになって…

今日は潮の流れがイマイチなので、釣れないみたいだねぇ…


因みにこの神社の真下らへんを、関門トンネルが通っているみたいです。


大型船が近くを通るので、通り過ぎて行く船をベンチから眺める事が出来るのもこの場所の特権である。ジョージアでもBOSSでもなんでもいいけど、このベンチで缶コーヒーでも飲んだら美味しそうだね!

ここで眺める夜景はさぞ美しいであろう……


こちらは、歩行者用関門トンネルの入り口に立っています。



対面には昔ながらの茶屋があるじゃないの、ちびまる子ちゃんのOPに出てくるお店みたいでええやないのー

楽しいことならいっぱい♪
夢見ることなら♪

伝わるかな??


関門海峡大橋、上から見るか下から見るか、


今日は観光で来てるんで両方見ることにします!


上からの眺めはこな感じやでー


こっちは随分と解放感あるな!


寝転んでいた猫の声で覚めた♪


聖飢魔IIの唄にそんなやつあったなー

ここで北九州の街を眺めていたらとんでもない一台に遭遇、FZR400RRSPです!しかも最終型!500台限定!

ナンバー付きの現役個体は滅多に見れない超激レアバイクでございます。(言うまでもないが、自分のアールゼットとは比較にもならないレアさです)しかも綺麗でタイヤも端まで使ってる!
なんとデキルヤツ…
お連れ様のご友人も、NINJA400Rの最新型とは全く恐れ入る。新車はサスやブレーキなどまあ言うまでもないが全てが新しいので、ワインディングがめちゃめちゃ楽しいんだよな!これが!
(僕も当時、新車のレンタルNINJAで猪谷の峠を走った爽快感は今でもよく覚えている)
名古屋から来たみたいで、これから阿蘇山に行くらしい。あんなんで行ったら絶対いい思い出になったでございましょう!!


そして、彼らの5倍は話し込んでしまったのが、ZR7Sに乗ったライダーさん。この人はマジでスゴイ!
お仕事柄、世界を飛び回っていて、この7Sはハンガリーで買ったとの事。他にも韓国でツーリングしたり、スケール感が桁違いの方でした!記念写真を撮らなかったのは痛恨だったけど、韓国ツーリングは余りハードルが高くなくできるようなので、今後の企画に温めておこう!

いつしか時刻は10時半。もうジリジリと暑いデス!

バイクの停め場所に苦労しますが、なんとかめっけた。

身軽になったら、軽い探索をしてみす。


この写真は「旧門司三井倶楽部」あの三大財閥の一角、三井グループが大正十年に作られた社交倶楽部です。人力車も偶然写ってるんでいい一枚になりました!
人力車を引く人のことを「車引き、車夫、くるまや」と呼ぶらしいですね。今ではくるまやだとほぼ確実に誤解されますね。
映画「無法松の一生」の舞台でも北九州がメインですが、この映画では「くるまや」と呼んでますね。白黒版の戦前とカラー版の戦後に作られた映画ですが、どっちも面白い作品でした。戦前verでの運動会のシーンでは思わずツッコミたくなるシーンがありますよ!


次に行く場所は九州鉄道記念館!



ここにはMT駆動の気動車があるのだ。


現在の気動車はトルコン(AT)で制御されているのだが、当時そんな技術なかったから気動車にシフトレバーとクラッチが付いていた車両があるんですよね。


にちりんといえばこのボンネット!

特急にちりんは当時、博多から大分、宮崎経由で鹿児島まで走っていた。この車両が活躍していた当時は、400km超を走り抜けた弾丸列車で、全区間乗るにはお金の他にも体力が必要だったかもしれない。
つばめが走っていた頃の熊本駅の旧駅舎は色んな車両が見れて面白かったなー。


博物館を出たら正午です。いい時間になったのでお昼タイム。
今日も焼きカレーです!
今回は生卵verでございます。では

ひからびます!!


海を眺めて食べるカレー

うっまーー!
あ、でも俺は茹でた方が良かったかな(笑)


13時になったところで、のんびり戻る事に致しましょうかね。


淡々と走っていき、途中、格安ドラッグストアで麦茶とアイスを買い、15時になりまして、道の駅、橘に到着しました。


自動販売機好きにはたまらない一台!

池本本体工業株式会社製
なんかお布施したくなりますが、灼熱の夏空でポップなコーンとは苦行でしかないので、またしても麦茶を購入することに。紅葉シーズンになったら美味しそうだね!


寄り道道の駅探索も終盤に差し掛かりました。時刻は16時。

そこでまさかのインスタやってるライダーさんに遭遇!!


NM4に擦り寄る殿様バッタを撤去したら感謝されました!


調べてみると、ビューティフルな写真を沢山撮って旅をする旅友、というよりは、戦友みたいな2人でしたね!
あと、第一印象
カッコイイー!
なんか。ビクスクさんみたいでイケてて面白い人達だなあと…
これからも素晴らしい旅を!
応援します!

この後は、峠を越えて地元へ


んで、本日のツーリング終了!
お疲れ様でした!

燃費は燃費記録に残しつつ、


二日間とはいえ、沢山の人達に出会えて楽しかったです!


ありがとうございました。
Posted at 2018/08/16 00:13:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月14日 イイね!

2018お盆ツーリング門司港〜角島へ

2018お盆ツーリング門司港〜角島へ暑い!

暑過ぎる!

この暑さは悪意を感じます!!

兎に角連日連夜"あぢー"んてす!!

しかーし!今年も楽しい楽しい夏ツーリングの季節がやってきました!2日間なので余り派手目なプランはないですが、充実させたいと思います!

今回のルートはR200を使い門司港へ、そこから山口県の角島を目指し、鳥栖まで来た道を通り帰ってきます。行きは鳥栖付近まで上を使い、帰りはR3を使い熊本へ戻ります。

9時30に出発〜
アールゼットの2ストオイルは満タンです。出発してすぐ燃料も満タンにしますので、燃費も計測する予定ですので、給油所でトリップメーターを0にします。往復で合計約500キロの予定なので青缶は持って行きませんが、予備プラグは持って行きます。雨の予報もないので荷物も最低限にします。


最初の一枚、小倉のとても小さなPAで撮影、


レモンスカッシュと古いオートバイ。

Oh〜!80s!
running in the 80s!


他にも、つまらないセリフとつまらない理由でバイクを止めてきたので、門司港に着いたのは出発から4時間後の13時半に!
海が映える街、門司。



門司港は2日目にじっくり探索するので、今回は昼食と軽めの散歩に収めます。夜には花火大会があるようだ。


本日のお昼は焼きカレー!
いざなみます!


焼けたチーズの香りと中に隠した玉子のこのフワトロ感!
フワトロやん!
フワトロだがね!
うっま〜〜〜(^.^)

おりこうさまでした!


お昼の散策を終えたら関門トンネルに入るネル。時刻は15時。

トンネル内は息苦しい(××)
ゲホゲホ

しかし、九州と本州を繋ぐ3.4kmのトンネルは、僅か5分で通り抜けられる。
まさに近代版通り抜けフープやね!

ついに初山口県!

テンション↑↑

山口県には、あの某総理の地元ということもあり、選挙ポスターにフルネームのあの人をよく目撃します。
今日はここ、下関で一晩過ごす予定です。


R192に入った所で
とりあえず〜


あ、ラピュタ


途中、山口を流していたらこんな看板が!

「波乗りジョニー」

なんて素敵な海の家!
対面を見渡せばにはサーフ天国!
ハイラックスサーフは泊まってなかったが…

是非とも隣には
「いとしのエリー」を!
「真夏の果実」もいいかも!

……はいはいって感じですよねww

特牛の道の駅にとーちゃーく!!


角島までもう少しだね!


海の見える丘にある古墳。

ロマンティック大王


しかし、特牛って書いてコットイですか?
初見ゴロシですか?
いや、
こんな強烈な地名はもう忘れられません!
ツーリングをすると、こういう新しい発見の連続だから面白いし、視野が広がる!。


遂に目的地の入り口、角島橋に到着。時刻は16時、橋を見下ろすとかなりカオスな状況…、
渋滞が激ヤバスです。
ここで自分とアールゼットを撮影してくれた「インターカラーFJ」さん。誠に有難う御座いましたm(_ _)m



角島に上陸した所でひと休憩。
海水浴場が綺麗だったよで、海パンで来とけばよかったよ。
夕刻になるまでラノベを読みふけってました。


辺りが鎮まり帰った18時半、終着地角島公園岬に着きました。


気づくとサンセットモード突入!
恋の潜伏確変モードです。


灯台の下、周り一帯リア充状態。

裏山(ㆀ˘・з・˘)


夕陽に染まる日本海を一人で満喫したら、一人で下関の某所へ向かいます。ええ一人でね( ゚д゚)

黄昏時の角島橋をバックからパシリ!

この一枚はマジで気に入ってる!


帰りはハイペースな前車のお陰で20時ちょい過ぎに
花火の地元スポットに到着。今日の一日を回想しながら打ち上がる花火を見ましたとさ。
めでたしめでたし。

後半へ続く〜
Posted at 2018/08/15 00:07:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月12日 イイね!

僕の2ストの乗り方

僕の2ストの乗り方2ストの乗り方…

なんてタイトルで威張っていますが、実のところ僕もよーわからんとです。

2ストバイクは雨の日も、台風の日も、雪の日も、外国でも乗っていつしか8年(PT50とDT50を加えると9年になる)も、これでいいのかなぁーと悩むことも多いです。が、部分的に確立できてきたところもあります。それが大体今年ぐらいです。

その中で、自分が感じたものやネガティブなイメージ、また、自分の恥ずかしい過去を出していきながら書いてみたいエネルギーが湧いてきたので、いっちょ書いてみます。


まず、ネガティブワードで2ストでググってみると、ここらがヒットしやすい項目だと思います。
1.2スト乗りにくい
2.2ストカブる
3.2スト壊れる
4.2スト焼きつく
5.2ストエンブレ効かない
6.2スト臭い
7.2スト五月蝿い
8.2スト燃費悪い
こんなもんかね??
まだありそうだが、ま、いっか(適当)


1.2スト乗りにくい
まずこれ、もう鉄板ですね(笑)

でも、これは機種によりけりだと思います。自分が乗ってきたバイクたちはいずれも該当しないという結論になります。(TZRだけはコントロールが難かったと感じたのですが、それはあくまでワインディングでの話で、自分が下手なのと、単に相性の問題だと思います。ただ、エンジンのドライバリティーはすっごく良かったです。)
KDXは正直乗りにくいと感じましたが、それは僕の短足のせいなので2ストエンジンはあまり関係ありません。エンジンのアイドリングストールさえ気をつけていれば大丈夫と感じたし、別に足がある程度つけば特段問題なかった気がします。ただ、キックは硬かったな。結論としては、極端なレビューが多い車両は避けておけば問題無いんじゃね?

2.2ストカブるは、ストレートに言うとまあそういう時もあるよね。って感じです。変えプラグとそれができる工具一式さえ持っていけば問題無いんじゃね?って感じですかね?持ってないとやばいけど(経験済み)
7.5万走ってきて
RZRで4回、TZRでキャブ不調を除けば1回、それ以外は0。
あと、2ストは回さない奴は乗るなとか言う意見が散見しますが、「それは俺の事か!?」といつも感じます。

一言いいかな?

「うるせーよ」

実際、お!2ストだ!っと遭遇する事もありますが、真ん中ぐらいの回転数で走っている車両が大半です。僕もその一人だし、一回乗る時は、なるべくエンジン回転数は広域的に使ってあげようとしてはいますが、基本はミドルレンジです。キャブやチャンバーが社外品のピークパワー重視になっていると話は違うかもしれないですが、ノーマルだったらそこそこ回す具合で問題無いと思いますけど。

3.2スト壊れる
これは正直分かりません。というのも、乗ってきたモノは今まで派手な壊れ方を経験してないんです。ただ、長期で動かしてないとクランクベアリング内でオイルが潤滑されないんで、そこから点錆びが出来てエンジンの回す度に内部破壊が起こると考えているので、もしかしたら、あまり走ってないのに壊れるのであれば、その可能性もあるんじゃないのかなぁーと。自分は練度の高い整備士じゃないんでなんとも言えませんが、なんとなくそうじゃないかなーって程で書いているので適当に読み流してください。僕のオリ方では、一週間に一度エンジンを掛けるようにして予防している気になっています。
自論ですが、休止期間が長い車両に多い感じがします。

4.2スト焼きつく
トラブルの原因は主に回しすぎと、オイルポンプやホース破損が多いみたいです。個人的には、たまにしか掛けないとポンプの動きが悪くなってしまうのではないかなと。久々に乗る時は混合にして走ってもいいんじゃないかなぁー?
それじゃあダメかなぁ?混合にして走ってるのバラしたらRZVのプロショップの人に物凄い剣幕で怒られたしなぁ…。
あとスロットルワイヤーのタイコがプッチンと切れるトラブルも、怖いよね??なんか書いてるだけで怖くなってきたよ((((;゚Д゚)))))))

ま、いっか

5.2ストエンブレ効かない
キッカナーイ\( ^ω^ )/
(特に下り坂)
一応下り坂では、人一倍用心して走ってます。
峠の下りでレーレプでかっ飛ばす人って、アグレッシブ!!
自分にはとても出来ない、まさに神業です!故に○○した人も多いのも事実ですが…。
しかし、そんな極端な勾配でなければある程度は効きますので、減速する際はシフトダウンして回転を上げてやれば案外いい感じで減速します。フリッピングができるようになったら、楽しく減速できるようになりました。

6.2スト臭い
こればかりはどうしようもない!臭いと汚れるはセットです。汚れた英雄は臭いんです!ってそんなこと言ったら草薙さんや平さんに悪いですね。ごめんなさい!

7.2ストは五月蝿い
車種によりけりかと…、
ビックオフはまあ確かにそれなり五月蝿いですが…
僕のアールゼットはアイドリング〜3000回転までは静かです。NS-1はどこでも五月蝿かったです。TZRはウールを巻き直したら格段に静かになりました。気になるのであればウールを巻き直してみては如何でしょうか??しかし、爆音ハーレーや大音量SSや、マフラーがおかしくなったスクーター等々、五月蝿いバイクなんてそこら中にあるんで、2ストに限らずオートバイ全体の問題かも知れません。

8.2スト燃費悪い
回すと劇的に悪化しますけど、そんな極端じゃないんじゃないかなー。
データ上残っているものでいけば
NS-1
22〜28
RZR
13〜30.5
TZR
14〜23
ぐらいです。
番外編では、せせらぎツーリングに行った友人のKDX250は19km/ℓでしたかと。

確かに、現在のFIによる緻密なコントロールされているバイクからすれば悪いですが、壊滅的に悪いわけではない気もします。ただ、明らかに悪いです。しかし、個人的に悲観するレベルには至っていません。今現在は20以上をキープしています。田舎なんであんま引っ掛かんないんで。

こんな感じでいいかな?
いや、よくねーかな?

まとめとしては、少しでも2ストのネガティブな先入観を軽減できたら嬉しく思います。

最後に一言いいたいとすれば、2ストも4ストも自分にとっては大差ないと思います。今でも普通に乗って走って使ってます。

そして、僕が乗ってきた車両を探してくれた方、全オーナー様、メンテナンスしてコンディションを維持してくれる方々、本当にありがとうございます。2ストに強い人とメーカーサポートがいなくならない限り大丈夫そうです。僕はビルダーではないので他力本願です。

もっというならショベルに乗ってるハーレー乗りの方がずっと凄いと思いますけど、乗ってる側からすれば

「余計なお世話じゃ!!」

と言われそうですw
Posted at 2018/08/12 02:23:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「新大阪駅から急がない格安新幹線を使ってみた http://cvw.jp/b/2899720/41776693/
何シテル?   07/29 22:20
特に急がない2ストライダー ここではバイクネタ、ツーリングネタをメインに書いています。 断捨離シンプルライフを好む多趣味人間。 今現在は九州の...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

僕がよく使う回転数 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/12 19:14:42
春の陽気と知多ツーリング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:35:13

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

ヤマハ RZ250R アールゼット (ヤマハ RZ250R)
もうほぼ死語になってる?角テールのRZ250R。前後17インチの最終型。左右に張り出した ...
ホンダ VTZ250 ホンダ VTZ250
リアル「日曜日よりの使者」。ドゥルルルというVTサウンドがたまらない、格安不人気優良マ ...
スズキ GS125E GS君 (スズキ GS125E)
主に通勤にこき使われていた被害者。実はKATANAのネームが入っていた時期があり、なかな ...
ヤマハ TZR250R ヤマハ TZR250R
超有名なレーサーレプリカ。 今では阿呆な値段になってますが、当時はCBR250R(M ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.