• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tomo-suのブログ一覧

2017年03月13日 イイね!

お安くスマホを持つ その11 (2017.3 NURO 0simの3ヶ月後&他)

格安simを使ったスマホ運用もその11です。

年末にNURO mobileの0sim(500MBまで0円)契約をして、
端末をdocomoモデルのxperia Z3に取り換えましたが、
その後の感想等々です。

xperia Z3の感想
・約5.2inchのディスプレイは大きすぎず小さすぎずで良い

・電池が結構持つ
 元々ネットでの調べ物程度しか使いませんが
 そういう使い方だけなら週末に充電するだけで大丈夫です。
 通勤電車の中で毎日1.5時間位動画を見たりすると
 3日位で残り40%位にはなりますが。

0simの感想
・遅い。メイン使用は実用に耐えない(汗)
 使い始めはあまり遅いとは思いませんでしたが、
 1月半ば位から偉く遅い・・・
 アプリによっては応答が遅いのでエラーになったりする

・Android OSのversionが上がってフラッシュ画像等がDLされるようになったからか?
 案外通信データ量が多い。
 以前のxperia ACRO-HDでは月200MB位だったのですが、
 Z3になってからはほぼ同じHPを俳諧していても500MBを超えそうな勢いです。

他、docomo向け端末の仕様?だと思われますが
GPSを何故か掴みにくくなり、捕まえても誤差が大きい時がたまにあります。
大抵は通信出来る状態にしたままで
しばらくの間スリープ状態にていた後に出ることが多いのですが、
現象が出たり出なかったりする。
不思議な事に再起動し直すと何故か直り、
機内モードにしてからスリープにすると問題が出ない。

色々とネットで調べてみるとGPSを使った
アプリで同様の症状を訴えている人が結構いました。
その人達が試して直ったという設定にしても私の端末では変化なし。
また、SMS機能付きにすると良いという話もありましたが
再度契約し直さなきゃならないからなぁ・・・

そこで、
今まで使っていたDTI、DMMのSMS付きsimでは問題が無かったことから
DMMのsimカードを再び契約して使うことにしました。

DMMのHPから直接契約するよりも、
アマゾン等のネット通販業者でsimカードを買ってオンライン契約した方が
手数料が圧倒的に安いのでアマゾンでsimカードを購入



これをxperia Z3で使ったところ、GPSのトラブルは解消しました。
docomoモデル特有の設定があって、SMS機能を使うことで解決するのかも?

また、回線速度が上がって0simよりも快適になりました。
言葉は悪いけれど、所詮タダはタダ・・・ということか・・・

残った0simですが・・・
3ヶ月使わないと強制解約になりますが、なんかそれもなぁ・・・
かといってメインでは使いにくいし、時々入れ替えるのも面倒・・・

そんなふうに思っていたある日。
中古PC屋さんで何気なく見ていると、
中華製6inchスマホが2万円以下で売られていました。

6inchならカーナビに使えるな・・・
NAVIeliteを使った場合は通信に関してはvicsが拾えれば良いだけなので、
多少遅くても気にならないし月500MBもあれば充分。

電池の劣化とかを気にして新品白ロム端末を今まで買って来たけれど
車のみで使うんなら電池も気にしなくて良いから
外観の綺麗なスマホなら中古でも良いな・・・

というわけで・・・



xperia Z ultraの並行品中古をヤフオクでGetしました。
6.4inchの画面はさすがにデカイです(^^;

この端末はmicro SIMなので、アダプタを購入。



アマゾンの業者から買ったのですが、国内発送、メール便でコミコミ7円・・・
どういうビジネスモデルなんでしょうね???



結構トリッキーな使い方です。
失敗すると端末からsimカードが外せなくなるとか?

私が利用しているナビアプリのNAVIeliteをインストール
他、車で使いそうなアプリもインストールしておきました。
GPS lapsというラップタイム測定アプリは異常終了して
起動できなかったです・・・(汗)

ちなみにNAVIeliteは年間契約の有料アプリですが、
1アカウント10台までインストールして使うことが出来るそうです。





xperia Z ultraを車載ホルダに載せてみました。
大きさとしては、ゴリラ等のメモリナビと大差ないです。
使いやすさも大画面はやはり良いです。

xperia Z3で問題になったSMS無しsimでGPSを掴みにくくなる問題も
この端末では今のところは発生していません。

android OSのversionがZ ultraは5、Z3は6という違いもあるので
一概にどうなのかは言えないのですが、
docomoモデル特有の何かがあるような感じです。

自身の経験から言えるのは・・・
docomoモデルのスマホで格安simを使う時はSMS機能有りにすると
GPS周りのトラブルが防げるようだ。

GPSを使わないのであればSMS無しでも大丈夫。
でも、GPSがちゃんと使えないスマホはもはやゴミ同然じゃないかと・・・

こんなところですかね?
Posted at 2017/03/13 17:21:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | MVNO | 日記
2017年01月04日 イイね!

お安くスマホを持つ(2016.12、スマホ買い換え&契約業者の入れ替え)

このネタも1年ぶりです。

今やMVNOと言うよりも格安スマホと言った方が通りは良いかな?
いわゆる格安通信業者のSIMカードを使ったスマホ、タブレット通信です。

私が格安SIMカードと白ロムスマホを使い始めたのが2013年
3年過ぎて世の中もずいぶんと様変わりしました。

なにより、ネット=スマホ(日本だとiPhoneかな?)
の図式になってしまい
PCが仕事以外では淘汰されつつあるような
感じになったのが当時との時代の流れを感じるところでしょうか?

そんな中、長らくxperia ACRO-HDを使ってきましたが、
アプリの一部で搭載されているOSが
サポート外になり始めてきたことや、
主に使うナビでの画面がもう少し大きいといいなと思い始めて
スマホを買い換えることを検討しました。

・・・が、3年前に比べて政府介入による端末割引販売規制のあおりや
格安SIMの認知拡大に伴うアフターマーケットの拡大?
から白ロム端末がかなり高くなっています(汗)

今まで使ってきた経緯からSONYのXperiaシリーズを使いたいのですが
1年落ちの新品で7万円近くとかなり高い・・・

そこでしばらくネットをウォッチし続けていたところ、
年末に近づくに連れて2年落ちですが
Xperia Z3が4.5万円程度に落ちてきているのを確認。

安定度も高いと巷や使っている仲間からの評判だし
これに決めました。

でも4.5万円か・・・



型落ちジャンク中古PCを渡り歩いて来た自分にとっては
もっとも高い電脳機器です(^^;

で、SIMカードですが
ACRO-HDは標準サイズのSIMカードです。
Z3は最近の端末の標準サイズでもあるnanoサイズのSIMカードです。

契約していたDMM mobileでは・・・
変更手数料が新規契約と同じ価格です。
#大半がそうですが

また、今までは無用に基地局を探して電池を馬鹿食いする
セルスタンバイ問題の懸念からSMS機能付きで契約していましたが
昨今の機器ではその問題も解消しているらしいので
SMS機能無しにしようとしたところ手続きが煩雑でした。

そこで・・・
今までのデータ使用実績(月500MB未満)
から考えて、So-netの0simを契約してみました。
月500MBまでの使用であれば通信料はかからないし、
そこから先は100MB 100円なので今までの使い方であれば安いかな?
・・・と思って。



使った感じですが、
巷では

”絶望的に遅い”

との評判の0simですが、私はあまりそうは思わなかったです。
#2016.12現在の感想

ただ、キャリア系とはやはり違うなと思うのは繁華街等では
少し重たいかな???
という感じになるところでしょうか。

これに関してはZ3でDMMのSIMを試していないので
なんとも言えない感じはありますね。

使った感じでは実用になりそうなのでDMMのSIMは年末で解約。
DMMでもしも再契約する場合は再来月かららしいので
その間に0simでデータを使いすぎたり
遅かったりしたら再契約しようかな?

・・・と言う感じでいます。

ちなみにZ3の使い勝手ですが・・・

・大きくなったことで車載ホルダーを買い直し




 購入した製品はミラリード社の製品です。

・USB充電アダプタの出力が足りないらしく、充電してくれない
 →セリア製の100円ものですが、1A出力のアダプタに取り換え。
  この製品は不明ですが750mA品は数ヶ月で必ず壊れたので
  ここに関しては暫定扱いです。

・同じAndroid OSなのにずいぶん使い勝手が違う・・・
 →Xperia Z3はAndroid6ですが、色々な点で変わっていました。
  メニューボタンがなくなっていたりとかね。



 メニューボタンと思って押したらこんなんなって驚いた(^^;

・メーカー製PCと同じですが、
 なんでこんなに使いもしないアプリがインストールされているんだろう?
 →我が家にやってきてまず始めたのがアンインストール作業(^^;
  ブラウザで済むものはざくざく削除して、
  ドコモ関係のものは消せるものは消して、
  無効に出来るものは無効にして、
  さらに無駄な通信をして欲しくないので通信設定もOFFにしたりと・・・

  アプリは特化している分便利ですが、
  中には裏で動いて勝手に情報提供していたり
  重くなっていたりするので必要最低限がお勧めです。

・スタンバイ状態での電池消費が劇的に減っている
 →Android6から大幅改善しているそうですが、これは実感出来ていますね。
  あまり使う方ではないですがそれでも違うかな?

・手ぶくろモードが使える!かなりイイ!
 →こんなん使えるんか???
  ・・・と思っていましたが、バイクのウインターグローブでも普通に使えます。
  しかも素手でやっているのとほぼ同じ。
  疑ってゴメンナサイ(^^;

  このモードのまま素手でやると感度を上げているせいか
  手を近づけただけで反応するのでそこは注意が必要ですが(^^;
Posted at 2017/01/04 12:16:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | MVNO | 日記
2015年12月05日 イイね!

お安くスマホを持つ(2015.12、契約業者の入れ替え)

久しぶりのMVNO接続のスマホネタです。

このカテゴリーネタのblogを書いた時から2年半。

タブレット端末の普及もあって格安SIMを使った
MVNO接続も結構一般的になってきました。

政府は、携帯料金がどうたらこうたら・・・
と言っていますが、
今まで書いてきたように
既に格安の使い方があるのですから
単なる票稼ぎに過ぎないと思っています。

さて、2年前と変わってMVNO接続も競争が
激しくなったからか色々な業者、プランが出てきました。

色々と調べてみると、
速度制限が一定容量までないプランが
結構あることに気がつきました。

格安SIMの比較サイト
http://kakuyasu-sim.jp/
http://kakaku.com/mobile_data/SIM/?cid=bb_ad_00423_SIM

今まで使ってきた、
DTIのServerMan SIM LTEは
公称250kbpsでの接続ですが、
実際にはそれ以上の速度が出ていることがほとんどです。

私はスマホで動画は特に見ないので
この通信速度でも
あまり不満に思ってはいませんでしたが
やはり早いに越したことはありません。

また、月のデータダウンロード量も大体1GBもあれば充分です。
#ダウンロード量や月の制限量設定は
#スマホの設定→データ使用から確認出来ます




それを念頭に探してみると・・・

NifMo
http://nifmo.nifty.com/
DMM mobile
http://mvno.dmm.com/
DTIの新しいSIM接続プラン
http://dream.jp/mb/sim/

※各URLは記事作成当時(2015.12)現在のものです

このあたりが
今までの契約プランと大差ない価格で
フルスピードで使えることが解ってきました。

この中から吟味して
余った通信容量が翌月に持ち越しできる
DMM mobileの1GBプランを契約。
1ヶ月程試用してみました。

使ってみると、
やはり速いことが解りましたので
ServerMan SIMは解約。

DMM mobileにして変わったところは、

・IP電話の音声がほぼリアルタイムになった
 →速度か速いことの効果かも?

・道路交通情報や気象協会等のHPが今までは
 結構待たされたのですがそれが改善した

こんなところですかね?
Posted at 2015/12/05 14:36:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | MVNO | 日記
2014年06月01日 イイね!

お安くスマホを持つ(2014版MVNO接続・1年間使った感想)

一端FixとしたMVNO接続のスマホネタです。

1年使っての雑感と、変わった箇所についてです。

・契約しているDTIの接続速度が100→150→250kbpsと速度アップした
 これが大きく変わった点です。
 値段は変わらずに速度がメジャーアップデートを繰り返して
 現在は250kbpsになりました。
 値段は消費税分のUpだけで従来のままです。

 100kbpsの感想では、
 ・google MAPは使えない
 ・radikoが使えない

 等々ありましたが、250kbpsになるとこれらはほぼ解消しています。
 google MAPは拡大すると少し待ちますが、
 100kbpsの時のように我慢ならないというレベルではありません。

 その証拠に増速オプションをほとんど使わなくなりました。
 (さすがにロングツーリングの時には利用しますが・・・)

・LTE端末にも使えるようになった
 3G端末で使っている私にはあまり関係ないですが(^^;
 でも対応しているのとしていないのは違いますよね。

・スマホナビが色々と出てきた
 私は今はブツブツ言いながらも(^^;
 NaVIeliteを使っています。
 1年の契約期間が満了になったので、別のに乗り換えるかな?
 とも思ったのですが、やっと癖を掴んできて慣れてきたのもあったので
 更新しました。
 ナビに関してはバイクで使いたいのはあるのですが、
 ハンドル周りにマウントが着いてごちゃごちゃするのが嫌だし
 タンクバックかぁ・・・
 といったところもあるので今は必要時に起動して現在地等を確認して・・・

 といった使い方をしています。
 この使い方をしたときには現在地検出をもうちょっと早くして欲しい
 というのはありますが・・・

 ま、これでも無しから比べたら格段の進歩ですし
 問題はないんですがね。

電車で見ていると、タブレットPCでネット俳諧している人を結構見かけます。
携帯キャリアで契約している人も結構いるのでしょうけれども、
職場の周りの人達でもMVNOを使っている人がちらほらいるようです。

MVNO接続もそういった点ではメジャーになったのかな?
とも思いますね。
Posted at 2014/06/01 22:20:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | MVNO | 日記
2013年10月26日 イイね!

お安くスマホを持つ(終・MVNO接続 変更後の利用料金、所感)

久しぶりのMVNO接続ネタです。

最後に実際にここ半年くらいの通信料金について統括したいと思います。

・ケータイの請求金額
 6月 1392円
 7月 1495円
 8月 1508円
 9月 1422円
 10月 1239円

・MVNO接続のスマホでの通信金額
 毎月640円
 増速接続オプションチャージ 3~9月で500MB 1315円、100MB 263円

・フュージョンコミュニケーションズのIP電話代
 6月 104円
 7月 888円
 8月 152円
 9月  48円
 10月 96円

以上から計算しますと、
 6月 2352円
 7月 3239円
 8月 2516円
 9月 2326円
 10月 2238円
 注:増速接続オプションチャージの代金500MB1315円を月割して計算しています

となり、今のところは多くても3500円以下で収まっています。

ちなみに、それまでのケータイだけの時には
4500±1000円といったところで推移していましたので
それから比較しても1000円程度はお安く抑えられているというところです。

各社ケータイのスマホプランよりは圧倒的に安価に抑えられているのは
おわかりいただけるかと思います。

この状態で使い出して感じた所感を書いて今カテゴリの統括としたいと思います。

・ガラケーの電池が圧倒的に長持ちするようになった
 当初、既存のガラケーの電池の持ちはあまり気にしていなかったのですが
 メール以外のネットをガラケーからやらなくなってから
 電池が圧倒的に持つようになりました。
 元々通話はしないほうですが、
 大体4日使って3つ表示されている電池のインジケータが1つ減る感じです。
 2泊3日のツーリングだったら行く前に充電していけば全然平気ですね。

・スマホの電池も思ったよりも喰わない
 待ち受けする必要がないので通常は機内モードか
 電源OFFで持ち歩いています。
 片道2時間弱の通勤中で電車移動中にビデオやネット等を
 見ていると3日に1回位の充電頻度です。
 こちらも2泊3日のツーリングだったら行く前に充電していけば全然平気です。
 #ロガー等のGPS機能をずっと使うと一日でなくなりますが(汗)

・カーナビとしての機能はまぁまぁ実用
 バイクではハンドル周りがごちゃごちゃするのが嫌なのと、
 タンクバッグに抵抗があるので 未だに常時運用はしていませんが
 必要時に起動して現在地を確認して・・・
 という使い方であれば充分。

 車の方は吸盤固定式のホルダーを使って利用していますが
 自分の車は今までナビは無かったので充分に実用になっています。
 使っているNAVIeleteの案内や操作性がイマイチなのが気に入らないですが(^^;
 それはアプリの話ですから・・・

・2台持ちはやっぱりお気軽にはいかないかな?
 鞄類を持って移動するときには問題ないのですが、
 ちょこっとそこいらへ
 ・・・なんて感じで鞄も持たずにうろうろするときにはやっぱり荷物です。
 お店に入る時にもケータイは持つけれど
 スマホは車の中に置き去りということも多いですね。
 #盗難の可能性もあるのでスマホは見えない場所に隠しておきますが

・機内モードが思ったよりも良い
 機内モードにして、ディスプレイを消すと
 電源OFFと大差ない電池の消耗具合です。
 これを知ってからは寝るときは電源OFF、
 日常活動しているときは機内モードにして運用しています。
 スマホを電話として使わないから通信が必要な時に繋げば良いのですしね。

・増速オプションは半年で500MB使い切れなかった
 DTIの接続オプションとして半年間有効の高速通信チャージがあります。
 100kbpsでも思ったよりも使えているので日常では高速にしていません。
 その結果、半年で使い切れずに最後は常時高速にして
 使い切った経緯があります。
 (なので実質的にはもっと安いです)
 大量にチャージしても割引にならないので、
 必要に応じて少しずつチャージして使うのが良いようです。


といったところです。
個人的には持ち運びの点以外は気に入っていますね。
Posted at 2013/10/26 11:48:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | MVNO | パソコン/インターネット

プロフィール

メインページはこちらでやってますのでサブページ扱いです。 http://tomosu.travel-way.net/ 今の愛車は2000年型のスバル...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

リンク・クリップ

TOMOの部屋 
カテゴリ:TOMOの部屋 本家HP
2009/03/30 22:56:06
 

愛車一覧

スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
2016.10でとうとう4世代前の旧型となり、 一日中走っていても他の同車種を見ることが ...
カワサキ ZX-14R カワサキ ZX-14R
ZZR1400でこうあったらいいな・・・ という点を改善していたので思い切って乗り換えま ...
カワサキ ZZR1400 カワサキ ZZR1400
ZZR1100から実に16年ぶりの新車です! 約7年、3回目の車検を機に乗り換えました。 ...
カワサキ ZZR1100 カワサキ ZZR1100
90年当時、市販車で初めて300km/hの領域に届こうとした往年の世界最速マシン。 (今 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.