• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あべしたのブログ一覧

2008年11月29日 イイね!

ディーラー巡り

ディーラー巡り最近、ちょっと気になる新車がリリースされてきました。
てな訳で、休日の暇つぶしを兼ねて2箇所ほどディーラー巡りをしてきました。

1.スズキディーラー
まず顔を出したのは、スズキのディーラー。
気になる車は、新型ラパンです。
実車が展示されていたので、早速中を拝見してみました。
ちゃんと、フォトフレームもありましたよ。(写真でみるよりも大きい・・・)

・デザインはキープコンセプトなれど、車内スペースが若干広くなった。
・収納スペースが初代より増えて、実用性アップ。
・リヤシートも少しリクライニングして、大人4人がちゃんと乗れる。
・スペアタイヤが廃止となり、代わりにパンク補修キットを装備。
(ここが重要)
・190cmオーバーの大男でも、ちゃんと運転可能な、運転席廻りの空間がある。

残念なのが、現時点ではラパンSSの設定がない事ですが、ゲタ車として考えるなら、これで十分過ぎる気もします。
隣に展示してあったワゴンRの分も含めて、カタログ入手してきました。


2.スバルディーラー
こちらが今回の本命です。
お目当てはもちろんインプレッサ・・・、じゃなくてデックスです。
展示車が無く、代わりに試乗車を見てくれと言われたので、こちらも中を拝見。

・フロント廻りのデザインは、b○とか○ooよりもいい感じです。
・中は結構広々としている。
・この手の車では当たり前なんでしょうが、収納も充実している。
・リヤシートを倒せばそれなりの収納が出来そう。というか、オイラのインプワゴンより使い勝手がよさそう。
・リヤハッチのスバルマークがちょっとでかい・・・

結論としては、実用車としてはかなり使い勝手がよく、完成度のそこそこ高いコンパクトカーと言っていいと思われます。
ただ、今回は試乗をしていないので、実際の足回りやエンジンの感じがどうなのかまではわかりませんでした。



まあ、なんにせよ、いい暇つぶしにはなりました。
Posted at 2008/11/30 01:05:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車 | 日記
2008年11月28日 イイね!

勘違い・・・

朝起きて朝食を摂ったあと、家でボーっとすごしていると昼少し前に携帯電話が鳴りました。
出ると職場の人間からの電話でした。

話していて、どうも話がかみ合わないと思ってよくよく考えてみたら、

「今日は金曜だったっけ・・・」



起きてから何故かずっと今日が土曜日だと思い込んでいましたとも、ええ・・・orz。


結局、電話の後ですぐに出社して、午前中は有休扱いにしました。
数年に1回くらいは遅刻する事はあるんですが、今回みたく完全に曜日を取り違えて休んだのは初めてでしたね。
逆パターンで、出勤準備を整えていざ会社へ行こうと思った瞬間に、その日が休みだと気付いた事も数回ありますが。


最近、疲れが溜まっているのかなぁ・・・・・・
Posted at 2008/11/29 01:24:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2008年11月22日 イイね!

iQ、見てきました。

たまたま用事があって街中を車で流しているときに、ふとディーラーのショールーム内に「iQ」が展示されているのを発見、急に興味が沸いてきたので見物しにディーラーへ立ち寄ってみる事に。

印象

1.ワイド&ショート
実物をみるまではスマートのイメージが強かった訳ですが、実際に実物と対面してみると「幅が広い・・・」というのが第一印象でした。
当然、ボディーの長さは3m弱なので、横から見ると確かに小さいのです。
しかし、ボディの幅はほぼ5ナンバー枠いっぱいに近い、1680ミリと、十分に幅広です。

2.意外と?広い運転席周り
運転席に座ってみると、意外と広い作りです。
助手席側も人が乗るのに十分な広さがあり、下手に軽自動車に乗るよりもゆったりしてます。
フロントシートも十分な厚みがあって、長距離の運転でもそれほど疲れないのかなと思いました。
ただ、シート位置の前後調整は出来ますが、後述する理由ににより高さ調整機能がない為、身長の高いオイラには縦方向に若干窮屈に感じます。

3.無いに等しい収納
まず、グローブボックスがありません。
ゆえに車検証は、ドアポケットに入れるか、後部座席下の小さい収納スペースに入れるしかありません。
通常なら運転手のひじ辺りにある収納スペースも、後部座席に乗る人の足スペースを確保する為に、これもまた存在しません。
トランクルームも3+1名乗車時には、殆ど無いに等しいです。
繰り返しますが、ホントに収納スペースは無いに等しいです。
・・・一応、ボトルホルダーくらいはありますよ。

4.脅威のメカニズム&スペック
駆動方式はFFのみでミッションもCVTの無段変速と、最近のコンパクトカーの常道的な設定です。
が、凄いのはここから。
まず、合計9個のエアバッグによる衝突安全性の確保。
フロントやサイドは云うに及ばず、リアウィンドウにもエアバッグが設定されてます。
更に、乗員の前方への移動を減少させる目的で、シート内にもシートクッションエアバッグなる物が・・・(汗
この機能を追加したおかげで、シートの高さ調整がないようです。

これとは別に、操縦安定性の向上を目的とした、S-VSCなるものも装備されております。
早い話が横滑り対策の各種電子制御デバイスがてんこ盛り、って事です。
並みのコンパクトカーにはここまでの装備はないよなぁ。


本体で900キロを切る車重に1リッター・68馬力のエンジンを搭載するこの車、車輌本体で141万円からは高いか安いか、評価がすごく別れる車である事は間違いないようです。



まかり間違ってもオイラは購入しませんが。



・・・だって、天井に頭が着きそうなんですもん(爆
Posted at 2008/11/22 23:31:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車 | 日記
2008年11月20日 イイね!

映像で見るラリージャパン

先日、職場の同僚よりJ-SPORTで放映されたRJの番組を借りる事が出来ました。
でまあ、早速視聴してみる事に。


まあ、当たり前といえば当たり前なんですが、現地のギャラリーポイントやサービスパークで見るのと違う印象の世界がそこにありました。

全般的には、DAY1とDAY2・3のコース設定が全く違っていて、これが同じ北海道のの林道なのかと首をひねってしまいました。
DAY1の夕張・三笠方面は道が狭く曲がりくねっており、かつ高低差が激しい事からトップスピードに乏しく、悪天候も手伝ってこれは確かにサバイバルラリーになうなぁ、と実感しました。番組進行の福井さんのレッキの様子にもありましたが、標高の高い地点では既に雪が降り積もっており、荒れる展開は想定範囲内だったのでしょう。
一方のDAY2・DAY3の千歳・恵庭・苫小牧方面は、比較的道幅が広く、直線も多い事から、ハイスピードな展開に。MAX190キロオーバーって何ですか!?

両エリアの共通点は、普段は交通量のきわめて少ない道路である為、路盤が比較的やわらかくて掘れやすい事と、一部林道にある排水溝の存在が、競技車輌にとってはちょっと辛いように見える事でしょうか。

また、デュバルのクラッシュ時の映像もあり、よくコドラのピパトは生存できたものだとゾッとしました。ホント、生きてて良かったです。2007の陸別でのマーカスのクラッシュはまだましな方だったんだなぁ・・・

札幌ドームのスーパーSSも現地で見る以上に観客が入っているように見えましたね。映像と肉眼、見える画角やカメラワークの違いなんでしょうが、何だか現場に居る時以上に盛り上がってみえるのはオイラだけ?




基本的には同じ映像なのですが、12月に発売予定のDVDが今から楽しみです。

Posted at 2008/11/21 00:16:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | ラリージャパン | 日記
2008年11月12日 イイね!

WRC+ Vol.7を入手、そしてラリージャパンの感想

さて、ラリージャパンも終わって、はや2週間近くが立ちましたが、最新号のWRC+が書店に並んでいたので早速購入。

とりあえずはラリージャパン特集に目を通してみる事に。

うーん、タケさんの写真が目立っております。
やっぱり目立つ応援スタイルを確立せねば、と思ってみたり。

あとはスズキのドライバーご一行様の日本滞在記も何気に面白かったりします。
サービスパークでガルデマイスターのコドラを勤める、トミ・トゥオミネンに似ている人がテレビリポーターをしているなぁと思っていたら、実は本人だったとか新しい発見があります。
トミ、あんた面白すぎですだよ。


・・・自分の姿が掲載された写真に写っているかをチェックするのは、もはやこの時期に発売されるラリー記事のある自動車雑誌を読むときの儀式という事で。
ちなみに、チョコッとだけ写ってました。


それはさておき、一通り記事を読んで感じるのは、今年のラリージャパンに対する関係者の感想・意見の多様性ですね。
 ドライバーに始まり、チームスタッフやテレビクルー、ジャーナリストに至るまで様々な人のコメントが掲載されており、立場の違いで見方も変わるんだなぁと関心してみたり。これに関連してトミ・マキネンのインタビュー記事も興味深いです

 個人的には、今年はとにかくタイトなスケジュール、全体的に街を上げての盛り上がりに欠ける、一部ギャラリーステージの設定の不味さ、選手と観客の間に距離がある(サービスパークでのプライベーターのブースへの動線の欠如やセレモニアルスタート・ゴールでの観客席との間の距離など)等々、マイナスイメージばかりが印象に残っており、それらの点についても記事での指摘があった事も事実です。
 一方で、札幌での開催によるアクセスの利便背の向上や宿泊施設の確保しやすさ、高速道路主体のリエゾン設定による選手の負担減、HQとサービスパークが同一箇所にある事による競技参加者の利便性の向上、雨が降っても泥に悩まされずに済んだり雨宿りが可能なサービスパークなど、良い点もそれなりに上げられております。

結論的な事を言えば、今回の反省を踏まえて、来年以降の運営の改善に期待といったところでしょうか。帯広開催の時も、少しずつ改善していった訳ですし。
今後は道央圏でのラリーを始めとしたモータースポーツへの認知度の向上と理解の深まりがイベント成功の重要な鍵になってくるのかなと言う事で。

Posted at 2008/11/13 00:24:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | ラリージャパン | 日記

プロフィール

「インプレッサ、80000キロ http://cvw.jp/b/290778/41262564/
何シテル?   03/26 00:09
ども、北海道在住のあべしたと申します。 ヌルいミリヲタ兼アニヲタなぞをやっております。 周囲の車好きの友人の影響で、みんカラに登録してみました。以後、お見知...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

鎌田選手がVABで全日本ラリー優勝! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/17 23:15:59

お友達

ラリーやモータースポーツ、車全般やミリタリーなど色々と興味のある方、お待ちしております。
気軽に声をかけてみて下さい。
28 人のお友達がいます
美瑛番外地美瑛番外地 * taku(元ジムニー乗り)taku(元ジムニー乗り)
cuscocuscoみんカラ公認 555レプソルベルグ555レプソルベルグ
じゅんごろー★ミじゅんごろー★ミ れいぽんれいぽん

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スバル インプレッサ
1.5Lのインプワゴンの後継車種として、またも1.5Lのインプレッサを購入です。 どの ...
その他 その他 その他 その他
TREK社製のマウンテンバイク。 タイヤはオンロード用に交換済み。 何となく自転車が欲 ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
F型への年改直前に勢いで購入しました。 パワーが圧倒的に足りないとか、アフターパーツが少 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.