• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月15日

ブレーキを甘く見てはいけない。

講習担当@spicyです(^^)

今日はコーヒーブレイクでブログを書きます。




先日の走行会で、講座を受講して下さった方の車両を一緒にチェックすると、
ブレーキパッドの残量が減ってきていました。


ブレーキの容量が十分でない状態で走ってしまうと思わぬトラブルになりがち。
当日までに万全な状態を整えるのが基本ですが、
パッドがある程度使っているものだとしたら走行前に点検して、
「きついかな?」と思ったらそこで走行を打ち切るのが基本です。


その方は初心者の方でしたので、
おそらく最後まで思い切り走りたかったのではないかと思いましたが、
今日はもう、この辺にしておいた方が良いですよ
、とお勧めしました。

まだサーキットの門を叩いたばかりの初心者だからこそ、
楽しい気持ちで一日を終えてほしいという思いからのお節介でした。


===========================


ブレーキが消耗して来ると効かなくなるというのは良く聞く話というか、
言ってみれば当たり前なのですが、
初心者さんからしてみればどのくらい慎重になれば良いのか、加減が分かりにくいものですね。

中級者以上の方でも、「まだ行ける」「もうちょい行ける・・・」と、
消耗してきたパッドを様子を見ながら使ってしまいがちです。


しかしそうなると何が起こるかというと、、、

ブレーキトラブルですね。




パッドが減ってくるとこんなトラブルが起こります。



①ブレーキフェードによって、ブレーキがきかなくなる。

これはパッドが熱容量の限界を超えてしまうことによるものです。
これは何となく前兆があるので分かりやすいですね。


しかし・・・


②ベーパーロックによって、ブレーキ踏力が逃げてしまい、
ローターを挟みこむ力がかからなくなる。


こっちは突如起こります。

ブレーキパッドはキャリパーに伝わろうとする熱を遮断する機能も持っています。
ですから、「摩材が残っているかどうか」の悩みではなくて、パッドにの厚みが大幅に減っていることがダメなんです。

目安は摩材だけで見て、新品パッドの半分の厚み。それを下回ったら交換です。

パッドの厚みが十分なら、基本的にはベーパーロックよりも先にフェードが起こり、
そこで「やべっ!!」と気づきます。
しかし、ベーパーロックはペダルが奥まで行ってしまって
それ以上何も対処のしようがないため、
基本的に発生させてはいけないブレーキトラブルだと思います。



また、ベーパーロックが起こらなかったとしてもこんなこともありえます。


③摩擦材が割れて剥離し、バックプレートがブレーキローターを削る

ここまで行く前に変えたほうが・・・と思うのですが、
実際にそこまで使ってしまうとローターまで巻き込んで壊れる可能性があります。





これ、耐熱800℃くらいを謳っているサーキット対応パッドです(^^;)
変色していますが、皆さんがよく使っていると思われる有名メーカーのもの。

有名メーカー品でも、限度を超えて使用するととても持たないんですよね。




自分は社外キャリパーに換装して、
純正よりもかなり厚みのあるパッドを使用していますが、
それでも新品の厚みの半分を下回ったらすぐに交換しています。


トラブルのリスクを作らないことが最大の節約だからです。







また、パッド以外で言うと、ブレーキフルードも要管理ですよね。

これは純正はDOT3という規格が入っていることが多いのですが、
サーキットを走るのでしたら「DOT4」か「DOT5.1」を入れて、
年1回以上のスパンで交換されることをお勧めします。

何が違うかというと、沸点(つまりベーパーロックの起こりにくさ)が違うんです。
純正のDOT3は、スポーツ走行を想定するDOT4やDOT5.1よりも速く沸騰し、
ベーパーロックを引き起こしてしまいやすいんですね。


さらに、ブレーキフルードは吸湿して性能が徐々に落ちていきますので、
定期的に入れ替えて性能をリセットすることも必要ですね~


ブレーキフルードをネットで調べると、
純正から変えるとメンテナンス頻度が上がってどうだとか、
面倒くさそうに見える一文が書かれていますが、
サーキットを趣味で走る以上は定期的なメンテナンスは当たり前。

年に1度レベルの油脂交換は最低限のメンテナンスです。
それを躊躇して、じゃあDOT3のままで・・・っていうのは違いますよ(苦笑)




さらに言うと、ブレーキローターは・・・
って、コーヒーブレイクにしてはクドいのでこの辺にしておきましょうか。(笑)




最後に一言だけ、、、

実はこれが言いたかったのですが、



ブレーキについては、きっちりとメンテしてあっても
それだけで万全ではないということを知っておいてください。




車によっては、そもそもブレーキの容量が根本的に不足していることもあるんです。
軽自動車でもスポーツカーでもそれは同じで、足りないものは足りないんです。

純正でbremboがついてたって、だから大丈夫ということにはなりません。
世の中には、ブレンボキャリパーがついていても
富士スピードウェイでノーマルのクラウンよりもブレーキが効かない車が存在するんですから・・・(^^;)


これから徐々に気温が上がり、ブレーキの冷却は厳しくなっていきます。
走行中は連続でひたすらアタックするのではなく、
車を走行枠の中できっちりと休ませてくださいね(^^)

そして、「何かおかしい」「無理かも」と思ったらもう走らないという割り切りをお願いします。


事前のメンテナンスでトラブルの芽を事前に摘み取る、
走行中も冷静にコンディションを確認し、予兆を察知する、
予兆を察知したらピットに戻る。 愛車を壊さず、守る。


これが良いドライバーの条件だと、僕は思います。



というわけで、次回走行会にご参加の皆さん、
ブレーキの管理はしっかりとお願いします!!(^^)


もし不安になったら、予備のパッドを今すぐ買っておきましょう。
ギリギリに注文してもなかなか来ませんから・・・(笑)
ブログ一覧 | チラシの裏 | 日記
Posted at 2018/04/16 00:28:38

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

アルファロメオ ジュリエッタ サー ...
TEZZO BASEさん

Ninja250のブレーキメンテ
深ネギさん

後ろブレーキのベーパーロック対策
深ネギさん

- Maintenance Jou ...
シルヴァ王子さん

[エクシーガtS] ブレンボのブレ ...
調布市のKAZさん

定期メンテナンス+アルファ
みちみっくさん

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「今週末の走行会ですが、美浜サーキットを題材にしたセッティング講習を行います。
セッティングってこうやって考えるのか!を学びながら、美浜に適したセッティングも併せて理解出来ちゃいます!」
何シテル?   09/30 23:54
美浜サーキットのSPICY走行会で講習会担当スタッフをやってます。 僕のこだわりは、「物理的に正しいと言える理論を教える」ということ。 初心者~...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

8/15スパイシー走行会美浜サーキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/04 18:55:22
スパイシー走行会 初参戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/04 18:54:58
美浜サーキット(10)スパイシー走行会 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/04 18:54:26

お友達

美浜サーキット SPICY走行会に参加された方、これから参加予定の方!
是非お友達になって下さい!

「お友達登録は顔見知りだけ」派の方は
ファン登録をどうぞ!(^^)
11 人のお友達がいます
ないちん FD3Sないちん FD3S * M.D A太郎M.D A太郎 *
KA24KA24 * HIRO@ktd5R.comHIRO@ktd5R.com
S-riderS-rider あき@Wizard Kei Filmあき@Wizard Kei Film

ファン

40 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ その他 トヨタ その他
ブレーキ・足回り・LSD・アライメントをチューニングした一見普通なFRセダンに乗っていま ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.