• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sabanutsの愛車 [BMW 5シリーズ セダン]

センタースピーカー交換、及びちょっと加工細工

カテゴリ : オーディオビジュアル > カーオーディオ、ビジュアル > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2018年03月08日
1
ヤフオクでポチッたALPINE DLC-106A を取り付けました。
写真のように3穴のうち手前側の1か所のみ固定。
中途半端であることは自覚していますが変更の可能性もあるのでとりあえず…。

ちなみに固定ビスは私の車体についてはT20でした(別の記事でT25という報告もあったので各自確認は必要そうですね)。
2
(以下急いでいたので写真はありません、あしからず)
本日(3月10日)写真を追加しました。
3
加工細工というのは、アンプからの電源コード(黒白(+)、黒紫(-))のギボシ加工はもちろんなのですが、(商品レビューでも恥ずかしい思いをして打ち明けたように)付属していなかったセパレートツイーターの代わりに純正ツイーターを接続したことです。
4
このスピーカーは電源コード接続部位に並列してツイーターへの分岐接続部位がありました(これも昨日調べて知りました)(純正スピーカーと同様の構造ですね)。
そのため。どうせ放置したままにする予定だった純正ツイーターをギボシ加工して接続することにしました(黒(+)、緑(-))。
5
純正ツイーターには配線途中にコンデンサーが配置されているので問題ないとの判断です。
6
音出しも問題ありませんでした。
カロとアルパインのMixでマニアの方には眉を顰められるでしょうが、とりあえずは特に聞きにくいこともなく私的には満足です。

また装着前にセンタースピーカーを外したままで走行して音楽を聴いていたのですが(失敗した場合の保険です)、かなり平面的な音になってしまいびっくり(がっかり)しました。
あまりオーディオには詳しくない(興味もない)のでセンタースピーカーの効果を認識していなかったのですが、やはりあったほうが包まれ感というような場が醸成されるという認識を新たにしました。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ALPINEアンプ(PDX-F4)入れ替え

難易度:

JBLからカロッツェリアにアンプ交換、、、

難易度:

E39の純正デッキ交換でこれからもよろしく♪

難易度: ★★★

ウーファーアンプ入れ替え

難易度:

当然のようにフロントスピーカー交換

難易度: ★★

コーディング‼︎

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

AE86以降、25年ぶりのFRです。気兼ねなくいじれるように個人車は中古に限ります(家族車は新車縛りですが)。中古パーツも大好きです。特に、手を入れることで状態...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
セカンドハンドMスポです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.