• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かがやき自動車倶楽部のブログ一覧

2018年12月29日 イイね!

CVTクーラー設置

なんとか今年中にCVTクーラーが設置できました。
先日の12月の気温が低い中、本庄練習会で15分走行しCVTフルードの温度は約80度。
長丁場の耐久レースを考えるとやはり必要です。
夏場は必須ででしょう。

alt


alt

1/6のK4GP富士スピードウェイ練習会でデータを検証です。

Posted at 2018/12/29 10:09:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | プレオ | クルマ
2018年12月26日 イイね!

プレオプラス本庄テスト2 ワイヤー露出、サブコン不発、燃費↓。。。

本庄テスト2回目 部長54秒8台

①今回のテストは前輪ホイールを5.5Jから6Jへ変更
②K4GPを見据えてサブコン投入(ProRacing)
③燃費の計算


①前輪ホイール6Jテスト → 今後も検討??



9月の耐久レース使用後のタイヤを使用したため、2本目でワイヤーが見えてテスト終了。

alt 

alt


5.5Jも6Jもそれほどタイムは変わらず、0.1秒速いか?
後輪は旋回性がUPしたためこの方が一発のタイムは良さそうだが、
5時間の長丁場を考えると5.5Jの方が安定か?。
メンバー的にも慣れた5.5Jの方が好みかも。

今回は部長の腰痛発症のためフルバケからセミバケへ一時的にシート変更。
しかし、やはりセミバケでは体が安定せず、
左足と右ひじで体を固定しつつ、ハンドルにしがみ付きドライブ。
これはキツイ・・・。
やはりフルバケの効果は高い!!


②K4GPを見据えてサブコン(ProRacing)投入 → 今後は却下?

本庄軽one耐久ではNGだが、K4GPを見据えて導入。
数週間前から取り付け学習させていたものの、
ついていない方がタイムが良く、しかもスームズ。
やはりオカルト系アイテムだったのか・・・。
なんとなく音はレーシーになった気がしたけど・・・。
それとも学習時間がまだ足りなかったか???
十分学習できたとしても、燃費は・・・。費用対効果は・・・。

総合的に考えて、はずそう・・・。

③燃費の計算

今回のテストでは燃費リッター7~8km。
想定より悪い・・・。
せめて10km/Lは欲しいところ・・・。







Posted at 2018/12/26 23:44:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | プレオ | クルマ
2018年12月23日 イイね!

前後のアーチ高

プレオぷらす号のアーチ高について、

alt

前輪のアーチ高約56.5cm
まだ車高が高くもう少し車高を下げる事も可能ですが、カーランプをタイヤの下に入れないとジャッキアップ出来なくなります。


alt

後輪のアーチ高約58cm。
後輪をやや高くしていますが、先日の本庄でのテストの印象から0.5cm下げてテストもしてみようと思います。

後輪のバネのサイズがID75以上でないと車体側への取り付けが上手くいきません。
現在はID70のバネが入っていますが、ID70だとギリギリというか車体側にしっかりフィットしないので、
あまりお勧めできませんが、ヘルパースプリングにID75というサイズがないため、しかななく無理やりID70をフィットさせています。




Posted at 2018/12/23 16:13:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | プレオ | クルマ
2018年12月22日 イイね!

目指せ53秒台??

先日のプレオぷらすの走行表

alt

この日は、
多分レブスピードさんの取材だあったためか、
各パーツメーカーさんのデモカーも揃いでした。

そのため他の車の速い事、上手い事。。。
速度さありすぎで怖い位です。

プレオぷらす初本庄ですが、
タイヤは5時間耐久使用後のタイヤを履いていたので、
あまりグリップせず、
一度ハーフスピンしてしまいました。

コース内も車両が多めの周回でしたが、
プレオぷらす初走行でこのタイムは上出来です。
ベストタイムつなぐと54.5秒台まではイケそうです。

タイヤはRE71の165/55R14に固定です。
このタイヤをベースに足回りを考えます。

今回のバネは前12kg+ヘルパー、後16kg+ヘルパー仕様でした。
私はリアに関してはヘルパー無しの2kg前後が良いような気がしますが、
他のメンバーはこの16kg+ヘルパー仕様の方が良いとの事なので、
当面このままになりそうです。
(この方が難しいと私は思うのですが・・・。)

前は、12kg+ヘルパーがイイ感じです。
部長の私は前シーズン前は
「ヘルパーなんぞ邪道だ!
ちゃんと1本のバネで設定した方が上手くなる!」と考えていましたが、

前シーズン1年通して出た結論としては、
AT車こそツインスプリング方式は欠かせないカモと
考え方が180度かわりました。

なぜなら?
それは走り始めてコーナー一つ試せばすぐにわかります。
まったくと言ってイイほど違います。

2戦目使用のアルトCVTのタイムが伸びなかったのは、
単に制御の問題だけでは無く、
どうやらこの足回りのセッティングにも問題があったようです。

このあたりの経験が、今回のプレオぷらすには良い方向作用したようです。

足回りは本当に奥が深い・・・。
足回りだけでこんなにタイムが変わるのだから・・・。



Posted at 2018/12/22 02:53:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | プレオ | クルマ
2018年12月14日 イイね!

プレオプラス本庄テスト1

プレオプラスを本庄サーキットでテストしました。

純正型のスポーツエアフィルター。
タイヤは第3戦5耐で使用したすり減りタイヤ。
足回りを4ATから移植し、
ツインスプリング方式にしてポン付け、
これから煮詰めようという事でのテストでしたが、

テストの結果は、一言、「・・・・・速い」。
予想はしていましたが、
それ以上に速い・・・。

気温が10度前後という事もありましたが、
プレオ4ATではあんなに苦労して56秒0台だったのに
プレオプラスは、一本目の走行で、54秒9に突入!!
エコモードでゆとりをもって走っても55秒台で走れてしまう。

さすがに53秒台突入は難しいかもしれませんが、

これはMTのアルトHA23型で走行した感覚にかなり近い印象です。
コンスタントに楽に55秒台のタイム。
すこし頑張って54秒台後半で走行できれば、
本庄軽One耐久NNクラスではかなりいいレースになりそうです。


そしてさらに朗報が・・・。

2019の本庄軽One耐久NNクラスのレギュレーションが変更なり、
3戦通じて訴えてきたATのATクーラーとエンジンオイルクーラーの設置がAT車のみ認められることに!
これなら他にもAT車で参加しようというチームが現れるかもしれません。


それにしてもノーマルに足回交換でこのタイム。
とにかく加速力の次元が違います。
コーナー後でもアクセル踏めば加速する・・・。
これまでのプレオ4ATやアルトCVTでは無かった感触。。

ただ、ツインスプリングもやや工夫したので、
その影響もあるかもしれません。

K4GPは現状にサブコンのProRacingをつけて、
本庄はProRacingを外してで
手軽に簡単に使い分けも出来そうです。


ただ2019の本庄軽One5時間耐久NNクラスの第1戦が1/27。
K4GP7耐が翌週の2/3と連戦です。
ちょっとハードなスケジュールとなりそうです。


Posted at 2018/12/14 07:40:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | プレオプラス | 日記

プロフィール

「作業は遅々として進まず http://cvw.jp/b/2922824/43276823/
何シテル?   09/18 12:42
部長の知り合いの集まりで結成しました。 タイヤ交換の経験すらないメンバーとともに倶楽部を設立。 最近はメンバーもタイヤ交換ができるようになりました。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

スバル プレオプラス スバル プレオプラス
群馬県なのでミライースではなく、 あえてのプレオプラス。 良くできた車です! 2019 ...
スバル プレオバン かがやきS9号 (スバル プレオバン)
本庄軽one耐久N-N(ノーマル)クラス 出場の4ATです。 2018年3月31日 軽 ...
スズキ アルト アルト・CVT・C2号車 (スズキ アルト)
本庄軽one耐久N-N(ノーマル)クラス 出場の「アルト・CVT・C2号車」です。 プレ ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.