• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

吉本荒野のブログ一覧

2018年05月12日 イイね!

TOKYO PHOTOGRAPHY 4

TOKYO PHOTOGRAPHY 4【刹那的快楽】
後輩の女の子が言っていた言葉。

ひとりで何も生み出すことのない行為は、
刹那的快楽なだけです、と。

本当にそうなのかな
























































































東京国際フォーラム
TOKYO FANTASHION 2018















































一眼で写真を撮り初めて3年。
今更だけど、
初めて測光のコントロールの仕方がわかった。

今までどうしても
うまくローキーな撮影ができなかったのは
測光が全面オートだったから。

今回の撮影から初めてスポット測光、
AELロックで露出を事前に合わせられるようになりました。































































































































































楽です。
現像でほとんど弄る必要がありません。
勉強しない人間だから3年もかかった…



















週末のルーティン。
首都高を眺める。
GWが終わって、
ようやく普段の姿へと戻った、
アンダーグラウンドへ。































































































































































刹那的快楽。
そう言えるのは割り切れる人間だけじゃないだろうか。

リストカットしなければ生き続けられない女の子がいた。
彼女にはそうしないと生きられない、
一種の依存性と強迫観念と救いがある。

見方次第で人生はいくらでも刹那的なものと言える。




撮影場所
東京国際フォーラム
首都高 横浜エリア
首都高 C1環状線
首都高 湾岸線
Posted at 2018/05/12 23:30:06 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年05月06日 イイね!

TOKYO PHOTOGRAPHY 3

TOKYO PHOTOGRAPHY 3GW中の東京撮影
TOKYO PHOTOGRAPHY も番外編を除いて
いよいよ第3弾。



ZUIKO PROレンズも17mm F1.2を加えて
45mmと17mmの2本で
目的地のない撮影散策。

前半と後半で意図的に作風を変えています。








【Share the world】






















吸血鬼の塔








足早な人たち















OE















光の粒子に囲まれて





























あ、カメラマン?








こんにちわっ!^ ^








巨大鉄道構想







モノトーン階層








天と地と





























高層都市へ








線と線














下には何があるの?





渋谷ヒカリエにて
東京カメラ部2018写真展に。




































写真







わたしの ある意味 相棒








少しカールするくらいが
お洒落なインテリアなんです







開けたら最後








嵐の前の静けさ








都会のオアシス、考えてます








アート魂があればどこにでも








各階によって








86タイムアタックにつき、
首都高閉鎖中








お好きな色、選べます。








シムシティ






















追走




























大黒ジャンクション















ママとお買い物








えーっと…








ここに置くしかないっ








階段を照らす







路地裏







2つの世界





















誘光設計







斜光







ふたりでの一時








午後の訪問者















空へ















自然光







初夏の日差しへ向けて








キミの命はまだこれから








人 街 交差する設計





後半の作風は新境地。

夕方~夜は首都高へ。
ファンの方からメッセージが来て
首都高上がるかもとのこと、
数年ぶりに芝浦で待機。

ほぼ全てのPAが警察に封鎖された後は
首都高C1環状線を連続6周ルーレット。

ランエボ、シルビア、インテグラR
GT-R、ポルシェ…らの集団に混じり
久々の踏み込み。

向こうは踏めなくてイライラでも、
こっちは踏み抜いてビリビリ。

一般車には接近しない。
追い越しは一呼吸間をつくる。
特にウィンカーの出し方、時間。

最後まで良い距離感で並走してくれた
エボ5にお礼のハザード。
お礼返しを頂いて、
ここで夜の首都高ランナーズとはお別れ。





東京カメラ部2018写真展、
凄くよかった。
会場の雰囲気はやっぱり個展の方が
自由度あって個性的で良いけど。



わたしもインスタグラムやってみようかな…
頑張ればフォロワー1人くらいできる?





撮影場所
東京メトロ
渋谷
渋谷ヒカリエ
大手町
東京国際フォーラム
丸の内
丸の内OAZO
銀座
首都高 横浜エリア
Posted at 2018/05/06 02:37:41 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年05月03日 イイね!

首都高クルーズ

首都高クルーズ健全な夕暮れの首都高。
深夜とは異なるその場所を眺める。




























































































太陽の終わり







かつての距離感





















































































不遇のクルマ CR-Z


























目的地はこの場所そのもの。
Oの魅力。
環状線を走ること、
その意味を人に説明することは難しい。
特に夜の走りは。





撮影場所
首都高
Posted at 2018/05/03 22:14:39 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年04月30日 イイね!

今ふたたびの地で

今ふたたびの地で地方に来た。
デイドリームな人撮りをしてみよう。










































































































































言葉はいらないよね。
そうでしょ?





撮影場所
休日の河川敷
休日の神社
Posted at 2018/04/30 14:52:20 | コメント(3) | トラックバック(0)
2018年04月28日 イイね!

テーマ『東京で感じるあなたの心』

テーマ『東京で感じるあなたの心』OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
撮影3日目。



GW初日の今日は、
早朝に起きて始発の東京メトロに乗って出発。
今回の撮影は、初めての◯◯。





初めての
都電荒川線。


















運賃が一律でしかも安い!















そしてだいぶのんびり!







気分はもう
鉄道写真家 中井精也。







初めての路線に乗ったときは
直感で途中下車します。















途中下車の後は
沿線をぶらぶら散歩する。





























沿線散歩中に野良猫に遭遇!








なんと合計6匹もいました。
となると、
気分はもう
猫写真家 岩合光昭!








みんカラだと、
ファン登録している
【ねこ島】さんが毎回もふもふの猫写真を撮られていますが、
わたしは撮れるかな?








この子はちょっと臆病みたい。
少しずつ近づくと、
さっと距離を取られてしまいます。








逆にこの黒い子、
自らわたしの方にすり寄ってきて
触らせてくれました!








しかし残念です!
中望遠レンズだと近すぎると
逆にとっさにうまく撮れません。








ふふ、足は重要ですね。








さっきの臆病な子は、
抜き足差し足でこちらを観察しています。








あ、出てきた。

猫撮影は極力、
猫の気持ち?目線に立つよう、
わたしも
ほふく前進で撮影します。

OM-Dはチルト液晶なので別に
わたしが地べたに這いつくばらなくても
撮影はできるのですが、
やっぱりファインダーを通して撮りたいじゃないですか。



…猫たちも通行人も、
なんだこの人間…と思ったことでしょうね。



まぁ、撮影モードの時のわたしは
どう見られているかなど微塵も気にしていませんが。








今回、
始発で東京に向かったのは
こちらの場所へ初めて訪問するためです。








東京都荒川区西日暮里にある
【ひぐらしガーデン】
という、
ベーカリーカフェと書店が併設されたお店です。

http://higurashi-garden.co.jp








ひぐらしベーカリー

パン屋の本屋








パン屋の本屋さんが開店するまで、
ベーカリーカフェで朝食兼昼食です!

メロンパン
あんパン
目玉焼きとベーコンのパン
コーンとハムのパン
アイスココア

で1000円以下。








雲ひとつない最高の天気なので
オープンテラス席でのんびり食事休憩。

室内席と、2Fにもソファ席とテラス席。






















お子さんを連れた若い家族が朝早くからいらっしゃいます。
↑の写真では子供が2人中庭で遊んでます。








食事の場合はバスケットに詰めてもらって好きな席へ。

テーブルフォトとしては適さない中望遠レンズですが、








マイクロフォーサーズとしては
ものすごい完成度だと思ってます。








上質です。
フルサイズには及ばずとも
十分な描写、空気感。








Nikon時代のF1.4単焦点レンズとのシステムの
半分の重さです。

街角スナップがメインならば、
あとは17mm(換算34mm)があれば
十分なものだと思います。

PHOTOHITOの方が
綺麗な画像でアップできるので伝わりやすいと思いますが
感動的なレンズです。








今日のベストショット。



うーん!
今のわたしにはこれが精一杯。
だけど嬉しい写真。
これだから街撮りは楽しい。
そして自分が生きる希望を感じられる。








テーマ『東京で感じるあなたの心』

皆さんも
是非 東京をファインダー越しに撮ってみませんか。





撮影場所
東京メトロ
都電荒川線
都電荒川線 沿線
西日暮里 ひぐらしガーデン
Posted at 2018/04/28 12:53:11 | コメント(3) | トラックバック(0)

プロフィール

「TOKYO PHOTOGRAPHY 4 http://cvw.jp/b/2930574/41473129/
何シテル?   05/12 23:30
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO M.ZUIKO DIGITAL ED ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CR-Z ホンダ CR-Z
無限RZ オーバーフェンダー構造変更 YOKOHAMA アドバンGT 10.5J 足 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.