• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ビレッジマスターのブログ一覧

2018年08月28日 イイね!

ベストカー9/10号に載っていて気になった車ネタ

ベストカー9/10号に載っていて気になった車ネタ今回はベストカーの9/10号に載っていて、個人的に気になったネタをご紹介します。

それが、こちら

和名なクルマ、和名なバイクです。


パジェロはイギリスでは将軍(ローマ字だとSHOGUN)という名前で販売しているみたいですね( ゜o゜) 昔、3代目のパジェロにもうひとつの輸出名モンテロというエンブレムが付いているのを見たことがありましたけど、将軍という名前は初耳でした。
ちなみに三菱で将軍という名前は三菱ふそうの大型トラックのスーパーグレートの輸出名でも使われています。

あと、パジェロの右下のクロカン(RV車)はかつて日本でチャレンジャーの名前で売られていたことがあるパジェロスポーツの現行モデルです。

そして、結構インパクトがある輸出名だと思ったのが、パジェロの左下のこの車の名前 日本だとギャランΛ(ラムダ)ですけど


輸出名(和名) 札幌 Sapporo



なんじゃこりゃーΣ ゚Д゚≡( /)/エェッ!



↑もう、こんな感じで衝撃でしたよ…

なんでも札幌オリンピックにちなんでSapporoという輸出名になったと書いてありました。←そんなことあるの?


次は日産車が多く登場します

上から初代プレサージュの姉妹車だったバサラ。まぁバサラは漢字にすると婆娑羅らしいので和名らしいですね。ゲームにも戦国BASARAなんてありますし。ゲームと違って車のバサラは名前のSがひとつ多いですね(^^;)

ゲーム→戦国BASARA 日産バサラ→NISSAN BASSRA


そして、バサラの左隣にはB13サニーがいます。メキシコでは日産 鶴(TSURU)として長い間愛されていました。驚くのは去年の7月までB13型のまま生産されていたことΣ(゜Д゜)マジかよ

ネットのニュースで日産TSURU生産終了って記事を見た時に出ていた画像を見るまでサニーってわからなかったです。←サニーの海外名ってセントラだけじゃなかったのね…(^o^;)

次はバサラの下に居る日本だとADですが、メキシコだと燕(TSUBAME)らしいです。しかも1993年には日本向けの車両の輸出が始まったって書いてあるし…今も現役のY10ADバンの中にはメイドインメキシコな個体が居るのでしょうか?(^^;) 鶴に燕に鳥類が好きなメキシコの日産



なんですが次に例外がひとつ出てきます。



それがこちら

日産 桜(SAKURA)



鶴に燕ときて、桜って…








鳥類じゃあないんかいっ!Σヽ(゚∀゚;)




あっ、ちなみに日本だとシルビアです。みんカラに居る人ならわかると思いますケド

次は桜ことシルビアの下に書いてある2台の車について

スズキ ジムニーとスバルのドミンゴです。

ジムニーの輸出名が侍(SAMURAI)なのは知っていましたが、ドミンゴの輸出名が相撲(SUMO)とは初耳でした。しかもドミンゴって仕向け地によって名前が違うみたいですよ。
欧州名がリベロ(えっ?スバルなのに三菱みたいな名前) スウェーデンではコロンブス、相撲という名前はイギリス仕様の名前みたいです。 あとジムニーも北米でSAMURAIでインドネシアだとKATANAだそうで。←刀に関してはバイクの名前と一緒だ。

ジムニーとドミンゴの下のスペースには、車名が和風な名前の車ばかりな光岡自動車について書いてありました。

続きましてこちら

光岡の大蛇(Orochi)は有名ですよね。バイクのカワサキ 忍者(NINJA)もバイクに乗っている方は知っているでしょう。

それから車とバイクの下に書いてあるのは、日本の歴史上に登場した日本刀の名前です。
そのタイトルも日本人なら覚えておきたいサムライブレード(日本刀)


私は童子切りと村正は知っていましたが、他は知らなかったので勉強になりました。

ただ、私がこのページで一番気になったのは一番上のこの車


ちなみにこの車フォルクスワーゲンマークを付けただけなハイラックス(5代目)ではなくて、フォルクスワーゲンから実際に販売されていたことがある車でして名前を


フォルクスワーゲン 太郎(Taro)と言います。


しかも1989年から1996年まで販売されたそうです…結構長く売られたんですね。




あっ太郎と書いてありますけど、読みはタロです。

気になってWikipediaみたら、トヨタとの提携がきっかけで販売したが、あまり売れなかったそうですね…(^o^;)
誰か、5代目ハイラックスのフォルクスワーゲン タロ仕様やってみません?

最後は和名のバイク達です

上から天涯(TENGAI)、侍(SAMURAI )、刀(KATANA)、蘭(RAN)、薔薇(Bara)、隼(Hayabusa)と並んでいます。

この中で名前を聞いたことがあるのはカタナと隼だけです。
隼についてはYouTubeにスズキキャリーに隼のエンジンを載せてみたという動画で知りました。


私はバイクは詳しくなかったので、バイクが好きで何台かバイクを所有している会社の先輩に聞いたところ、先輩も輸出専用という天涯は知らなかったものの、蘭と薔薇は流行ったんだと話してくれました。そして懐かしいとも言っていましたね~。


いかがでした? 皆さんが気になった和名の車やバイクはありました?



それでは、また(⌒0⌒)/~~
Posted at 2018/08/31 20:34:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車ネタ | クルマ
2018年06月05日 イイね!

Maniax Cars の話 マツダ5チャンネル特集 その2

Maniax Cars の話 マツダ5チャンネル特集 その2前回の続きになります。

最初に登場する車はこちらです。

ランティスセダンです。

マツダのランティスと聞いて、名前を聞いたことがある人が最初に思い浮かぶのはランティスクーペの方だと思います。

参考画像

ミニカーですが、ランティスクーペタイプR。雑誌に掲載されたセダンと同じKF-ZE型2リッターV6搭載のグレードです。

「セダンとクーペで全然違う車じゃないか」とツッコミ(゜o゜)\(-_-)がありそうですが、プラットホームとドア4枚は共通です。←ウィキペディアによると元々は別開発の車だったらしい。セダンがアンフィニブランドで、クーペがアスティナの名を引き継ぐ予定だったとも。ちなみに現行アクセラもセダンとスポーツのドアが共用だったりします。

セダンのランティスでタイプRだと激レアレベルの車ですよね。多分四つ葉の🍀クローバー探しよりも難しいかも。マツダの場合、グレードエンブレムがないですし。

私はランティスセダンの特徴的テールランプが好きですね。後ろから見ても一目でわかる( ̄^ ̄)


次に登場します車はこちら

ユーノスプレッソ(後期型)です。

オートザムのAZ-3とは兄弟車でしたね。10年前だったら結構居たな~。



テールランプの間にガーニッシュがあるプレッソって初めて見ました。コンパクトな車体に1800㏄のV6エンジンが搭載されるユーノスプレッソ。
グレードもGT-Aですから、走りに振ったグレードですし、何よりミッションがマニュアルという点が大きい…゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚良いな~、買えないけど(笑)


続きましては、こちら

世界に誇ったマツダの技術

上の画像は、ユーノスコスモのみに搭載された3ローター20Bツインターボエンジン20B-REWとコスモの20BとFDの13Bに搭載されたシーケンシャルツインターボ。下の画像は、ユーノス800の為に新開発されたミラーサイクルエンジンとこれまたユーノスコスモのタイプE CCS用の世界初のGPSナビゲーションです。
ミラーサイクルエンジンはDEデミオで復活し、現行のスカイアクティブエンジンにも活かされていますね。ユーノス800のはスーパーチャージャー付きでしたね。←昔、横から抜いて行かれたことがありましたが、普通のV6エンジンとは違った音がするエンジンでした。


最強ブラザーズ決定戦

双璧のフラッグシップ

HDセンティアとアンフィニMS-9です。しかもどちらも最上級グレード!!(゜ロ゜ノ)ノ

センティア エクスクルーシヴ MS-9 30TYPE Ⅳ
2台とも当時の新車価格が400万超えの車でしたね。

どちらも何度か見たことはありますけど、ボルドーマイカのセンティアとインフィニットブルーのMS-9は雑誌で見るまで見たことありません。だいたい見掛ける色は決まって黒(多分ブラックフォレストマイカ)
高校時代に駅前の月極駐車場で初めて見掛けたMS-9もブラックフォレストマイカでした。あの頃はMS-9のエンジン音を聴けるだけで毎朝幸せだったな~( ´∀`)ナツカシイオモイデ 今じゃ月極駐車場だった場所はイ◯ン系スーパーのザ・ビックになってしまったし。

また話が脱線してしまった(笑)

こちらMS-9です。

ボディ色の組み合わせで内装色が決まる旨が書いてありましたね。インフィニットブルーかシルバーミストメタリックだとグレー内装となるそうですね。
こちらのMS-9はグレーの本革シートです。



そして、こちらはセンティアです。

MS-9のグレー内装に対し、センティアはベージュの本革シートですね。前期のイメージカラー、ボルドーマイカと良く似合う組み合わせですね( ´∀`)

もしも、当時新車でセンティアかMS-9を買うならば、センティアだったらボディカラーはボルドーマイカのエクスクルーシヴで決まりです。一方のMS-9ならば、グレードを30TYPE ⅣかTYPE Ⅲに専用色のブラックフォレストマイカに内装色はグリーンの本革と行きたいですね~。
あとは、ソーラーベンチレーションシステム内蔵サンルーフは絶対欲しいですね~。

私は知名度でMS-9一択にしそうです(^_^;) センティアは知っていてもMS-9は知らない人が居そうだし。

ちなみにこちらの2台でランキングの第3位です。

第2位の兄弟(姉弟)がこちら←姉弟って書いてある時点でネタバレΣヽ(゚∀゚;)オイオイ

仕様が違う1.8リッターモデル対決

ペルソナとユーノス300です。





ペルソナが5速マニュアルの1800シングルカムエンジン 内装は有名な本革ではなくて、タイプAなので、ファブリック内装

それに対してユーノス300

同じ排気量ながら、こちらはツインカムエンジンになります。そして、タイプBなので本革シートの内装です。

2台とも、見える部分だけでかなり違いますね~。ステアリング一つでも、3本スポークと4本スポーク

そして、見た目以外にも細かな違いがこちら

リアサイドウインドウに付いている樹脂製化粧パネルですが

そこに

それぞれの名前のロゴが入っています。

ペルソナには PERSONA ユーノス300には Eunos と


まさに、バブリー(*゜Q゜*) 平野ノラ風に(笑)




さて、いよいよランキング第1位の兄弟が登場します。それがこちら


こいつは夢か幻か

※いいえ((‘д’o≡o’д’))現実です


ファミリアNEOとフォードレーザーです。


個性があるしカッコいいと思うのですが、日本では何故かウケないデザインなんですよね~😖⤵️

同じ時期にあったE100系カローラFXも駄目だったし。←E100系カローラセダン顔の3ドア車を覚えていますか? あとは、時期は違うけどベンツCクラスにもありましたし、BMWの3シリーズにもあった。
みんなバタバタ敗死してしまった( ノД`)…


手に持て余さないスポーツハッチ(レーザー) 軽快感に加え懐の深いハンドリング(ファミリアNEO)

グレードの違いもあるのでしょうけれど、メーター周りステアリングデザインとだいぶ印象が違いますね。

レーザーは一度だけ、NEOは何度かすれ違ったことがありましたが、NEOは初めて見た時は「あれ?ランティスに3ドアあったっけ?」と思っていました。( ̄▽ ̄;)
今はちゃんとファミリアNEOだとわかりますけど(笑)←顔がランティスクーペに似てませんか?

ところで雑誌には載っていませんけど、日本市場で販売不振だったNEOの代わりに登場したBHファミリア3ドアハッチバック車を覚えていますか?顔がBHセダン後期型と同じ顔の3ドア車でイメージカラーが青でした。←どことなく見た目がシビックぽく、NEOよりもマイナーでマニアックかも知れないです。






私がおばさんになっても…

オートザム・レビューです。

見た目が可愛いですが、実用性は侮れない実力者です。まさに、「可愛いふりしてあの娘(レビューのこと)わりとやるもんだねと♪」という車でした。

レビューのプラットホームをベースに初代デミオが誕生したのは有名な話

現行DJデミオも海外のみですが、セダンがありますね。もしも日本で売っていたらレビューの名前が付いたのでしょうか?それともファミリア?←後継モデルにアクセラあるからアリか!?Σヽ(゚∀゚;)イヤマテ




次はマツダ車でファンが多いエンジンの車の登場です。


やっぱロータリーも ね❗

HCルーチェのロータリーモデルです。こちらのルーチェはFC用の13Bターボとマニュアルミッションが移植されているそうです。私はHCルーチェのロータリーモデルは見たことありません。V6モデルは中学生の時にセダンが隣の町内に居ましたが。

もう1台は通称FDこと3代目FD型RX-7です。ちなみに6型。読んでいて驚いたのが、こちらのFD走行距離が
まだ14000キロ程でしかも雨天未使用とオーナー様の車に対する愛情とこだわりを感じます。


リアスポイラーレスのFDも良いですね~ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

ちなみにFDで一番好きな色はモンテゴブルーマイカです。←まず見掛けない色で、高校時代に何故か学校の中庭に停まっていたことがあり、ガン見してました(笑) 光の当たる角度によって色が違って見えるんですよ~。そういった色に憧れます。



あの頃のマツダはよかった…のか?


とありますけど、販売不振は別として、今の車よりも個性がある車達(クロノス兄弟)と先見の明があった技術(ソーラーサンルーフと過吸機付きミラーサイクルエンジン)、そしてその時代のマツダ車に魅せられた人達がいたからこそ、こうして四半世紀たった今でも語り継がれる存在になったのでしょうね。

現に、本の文章の〆の部分にも当時のマツダのデザインが世界中に多大な影響を与えたと書いてあり、マツダ5チャンネル以降の欧米メーカーで5チャンネル車のような曲線デザインの車が流行ったと。


当時は「ときめきのデザイン」現在は「魂動デザイン」デザインのテーマや貌は違っていても、芯がしっかりしたデザインの車達はいつまでも愛されますね。


個人的に思う、いつまでも愛される車と大切にしている人の関係とは移動の道具と利用する人ではなくて、友達や家族、大切な相棒ではないかと思っています。


いよいよマツダ5チャンネル特集の最後の〆たる大トリはこちらの車です。

2代目 HEセンティア(前期型)です。

幻に終わってしまったアマティ1000のデザインのデザインが流用されたのでは?という噂があったり、マツダの台所事情もあり厳しいモデルチェンジと言われたHEセンティアですが、グリルが強調しすぎな現代の高級車よりも落ち着きがありすっきりして良いですね~。マイファンの方が黒いHEに乗っていまして、今年のファンミーティングで間近で見ていましたがやはりカッコいいです。初代は日本車離れしたデザインで美しかったですが、2代目は落ち着きと貫禄のある車ですね。
ちなみに私はHEセンティアもわりと見掛けております。リミテッドかリミテッドGとエクスクルーシヴ、さすがにロイヤルクラシックにはまだ出会えておりませんが(^_^;)

しかし、2代目センティアに乗って広島に行くという企画が凄いですねw(゜o゜)w センティアの里帰りですね。

トルクフルなマルチシリンダー車でゆったりクルージング、大柄なボディも4WSのおかげで楽々行けると。



マツダのFR車復活の噂はありますが、センティア名乗らないかなぁ~。




こちらの本は家宝にします。すでに保存用2冊と読む用と3冊あります(笑)ヘ◯タイと呼ばないでくださいね←イヤ自分かなりのヘ◯タイΣヽ(゚∀゚;)ヤン




それではまた(^o^)/~~
Posted at 2018/06/08 21:35:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車ネタ | 趣味
2018年06月03日 イイね!

Maniax Cars の話 5チャンネルマツダ特集 その1

Maniax Cars の話  5チャンネルマツダ特集 その1どうも、ネタはありましたが、なかなかブログを書く時間が取れなかった人です(笑)

久しぶりのブログネタはこちらです。

先月末に発売した雑誌Maniax Carsのバブルマツダ特集です。←今更感がありますが始めていきましょう(笑)



まずは、目次から

ユーノスのセダン達が載っていますよ。100から800まで。

次の目次にはスバルのレックスが
←雑誌読むまで名前も知らなかった人


では、本編にいきましょうか

マツダを制するものはバブルを制す!!

こちらの写真の2台の車、覚えていますか?


ユーノス3ケタモデル集結!

最初はユーノス車の特集から始まりますよ~。ユーノスというとロードスターが最初に浮かぶと思いますが、ロードスターだけがユーノス車ではありませんよ。


キーワードはスポーツセダン

ユーノス100は雑誌のモデルと全く同じ色の個体(グレード不明)を高校生時代に見たことがあります。ただほぼ草ヒロに近い状態でしたが…今思うと勿体ない個体だった気がします…

スポーツマインドを心地良く刺激してくれる走り。

意外とファミリア・アスティナは知っていてもユーノス100は知らない人が多い事実(T-T)見た目ほぼ一緒でも違う車ナンデスヨ。現行マツダ車だとアクセラのご先祖様にあたるのでしょうか?ファミリア一族ですので。


優れた運動性能とスポーティーなルックスの融合。

ユーノス300です。今じゃ実現不可能なピラーレスハードトップですよ!姉弟車のペルソナとは異なる雰囲気ですね。←前に女性的なペルソナと男性的なユーノス300というブログをみんカラで見た覚えがありましたので、このような表現にさせて頂きました。
ユーノス300今年に入ってから白ツートーンをカ◯ンズホームの駐車場で見掛けてビックリしました。ト◯タやニッ◯ンのハードトップ車とは違ったオーラがあり、すぐにわかりましたが(笑)
ペルソナの明るく開放的なイメージに対し、ユーノス300は落ち着いた大人のイメージがしました。(個人的主観)


次に登場するのは、どちらもキーワードは「十年」という言葉がキャッチコピーに使われていました。

世界を見据えたクオリティ。

ユーノス500とユーノス800(後期型)です。


まずは、ユーノス500から

今見ても美しいデザインです。とても四半世紀前の車とは思えない。

そして、こちら「十年基準」のユーノス800です。

世界初のミラーサイクルエンジン搭載車です。しかも、4WS付き♪
雑誌には書いていませんけど、こちらの800はマツダ通の方は知っている通り、生粋のユーノス800ではなくて、ユーノス800からマツダミレーニアに変わる前の「マツダ・ユーノス800」というレアな存在だったりします。ヘッドライトが初期のユーノス800がプロジェクタータイプだったのに対し、こちらの800はミレーニア前期と同じタイプになっております。


4速ATでも充分過ぎるほどスポーティー

造りの良さがわかる言葉ですね。オートマで充分スポーティーならば、マニュアルはどうだったの?と気になってしまいます(笑)


今だからこそわかる十年基準の恩恵

画像見ていて気付いたのですが、ミラーサイクルエンジン車のタコメーターにミラーサイクルエンジンってロゴが付いているのですね( ゜o゜)流石バブルだ

ピカソやゴッホのように、時間が経過してから功績が評価されるユーノス800…平成5年だと私は小学校に入学するちょっと前位でした。当時は誰も周りにマツダ車に乗っている方も居なかったし、ユーノスブランドも知らなかった子供でしたからね。知っていたらまた違っていたかも。←と言っても当時の我が家は車を買い換えたばかりで無理だったでしょうけど…ここに載っていませんが、ボンゴフレンディは我が家でも気になったマツダ車でしたね。


続きまして

マツダ5チャンネル車の系譜

上から順に、mazda Eunos anfini Autozam Autoramaとそれぞれのチャンネルの専売車種が書いてあります。


私の生まれた翌年にユーノス店オートザム店が開業、そしてペルソナと同い年か~。


そして、いよいよ91年、5チャンネル戦略の目玉車クロノス兄弟の誕生とルーチェの後継モデル初代センティア/アンフィニMS-9登場です。

ただ、こちらの系譜図、これだけ当時のマツダ車が載っていながらにして間違っている(と思われる)箇所があるのがちょっと(苦笑) GEクロノスとCGカペラは確か兄弟車だったはずだし、ユーノス500も復活カペラを除くとクロノス系唯一の5ナンバーだったはずなのに、何故かランティスクーペと微妙に関係ってなっているし(^o^;)フシギダ
挙げているとキリがなくなりそうなので、次にいきましょう。

クロノスの悲劇のヒロイン達

まずはクロノス兄弟が長男クロノスです。

悲劇のヒロインと書いてあるのに兄弟と表現してしまった( ̄▽ ̄;)まぁいっか←Σヽ(゚∀゚;)いや待て

ちなみに掲載されたクロノスのグレードは1800V6エンジン搭載の18VGというグレードです。確かクロノスって後期型で2500V6搭載の25GT(グランツーリスモ)がありましたよね。
あと下に小さく載っている車はクロノスの5ドア版アンフィニMS-6です。


次はオートザムのフラッグシップだったこちら 「◯◯◯誕生、V6 2.5リッター200馬力 新世代スポーツサルーン おたのしみは これからだ」オートザムから

オートザム・クレフです。

本物見るのは9年ぶり位です。前の職場の長期出張で福島県いわき市に行った時に、街中を歩いていたら信号待ちの先頭に居てかなりビックリしたことを覚えています。しかも雑誌に載っているクレフと同じ色。もしかして、あの時見掛けたクレフだったりして… まさかね~( ̄▽ ̄;)
ちなみにクレフのバックランプのパーツはFDと共通らしいですよ。

次はキャッチコピー「ラテンの旋律」のこちら

MX-6です

YouTubeでCM動画を見たことがありますが、New V6モダーン マツダMX-6誕生 何度見てもカッコいいです。
しかも車重1200㎏で2.5リッターV6 200馬力ですよ。うちのアクセラ(BK20Sの標準重量より)も黙って80キロは軽くて、50馬力も上回る出力、4WS付きだから小回りも利く…我が愛車に勝ち目無し(泣) そうそう出逢わない車ですが、後ろに付かれたら((((;゜Д゜)))…多分ガン見しますわ(笑)


次は、マツダ製アメリカ車

フォード テルスターです。

GEクロノスベースのオートラマ向けモデルでしたね~。数年前までは、仙台市某所のマツダディーラーの近くにタイタンの積載車と並んでシャンパンゴールドのテルスターが居たのですが、いつの間にか消えてしまった。

雑誌には、KF-ZEフィーリングは好印象、ただ、クルマ自体の存在感が薄すぎる




はいぃ?( ̄▽ ̄;)これで存在感が薄すぎると?




これ以上の個性が必要なのでしょうか?!(・◇・;) ?ドウシロト






私がバブルマツダに嵌まり過ぎなだけなのか?充分個性的だと思うのですがねぇ~。


さて次は、キャッチコピー「アンフィニの新作はスウィートがテーマです」

アンフィニMS-8です

ペルソナの後継モデルであり、フロントがベンチシート、シフトレバーがゲート式インパネシフトと時代を先取りした車でしたね。
こちらの取材車両以外で白いMS-8は見た記憶がないです。

何時だったか、アクセラのミラーで後ろを見たらMS-8が居たことがありましたね。色はCMで見た紺色でした。

MS-8って数多くいるクロノス兄弟の中でも、当時新車で買って手放してしまったが、また乗りたい人が多いという話を、最近アクセラの主治医になっているサービスマネージャーさんから聞きました。販売期間も長かったし、販売台数も多いと思われます。みんカラ見ていてもファンが多い車ですし。

最後は「とってもセダン」なこちらです。

カペラです

CGカペラもテルスターⅡもハイライトシルバーの個体が良く見掛けましたね~。取材車両のテールライトの間にあるガーニッシュってオプションでしたよね? ガーニッシュ付きはほぼ見たことがないですし。

このカペラも初代センティアみたいに、ウインカー部分にポジションランプ付きなんですね~( ゜o゜)イガイ

CGカペラも売れた車ながら、今では、まず見掛けない。多分イベントでも居ない可能性が高いですよね?GFカペラやGWカペラワゴンはたまに見掛けますが…


以上でその1は終わりです。

ホントはマツダ5チャンネルで一つのブログに纏める予定でしたが、ページ数多いし、ユーノスのセダン達とクロノス兄弟で一区切りにしましたf(^_^;


次回はこちらの車から



その2へと続きます。( ̄∇ ̄)ノ
Posted at 2018/06/06 21:22:01 | コメント(6) | トラックバック(0) | 車ネタ | 趣味
2018年05月02日 イイね!

ベストカー4/26号より

ベストカー4/26号よりどうも、昨日より(`・ω・)人(・ω・´)ドライブ(ハイドラ)を始めてみましたビレッジです。もしどこかですれ違ったらよろしくお願いしますm(__)m


さて、2ヶ月前に発売したベストカーに載っていた記事ですが、個人的に面白そうだったので、ブログに挙げてみます。

その記事がこちらです。

自動車動物園だそうです。

ここの動物園は名前の由来が動物から付けられた車達が載っています。皆さんの愛車は入っているのでしょうか?車によって珍獣度がだいぶ変わります。

最初は哺乳類部門

ボンゴ(ウシ科)とビッグホーン(オオツノヒツジ)は動物の名前なのは聞いたことがありましたけど、サンバーもなんですね。サンバー(大鹿)乗りのみん友さんが居ながら、わたくし知りませんでした(・・;)
いすゞバイソンってなんだこれ?海外専売モデルみたいですけど…昔のデリカトラックに似てる気がする(汗)
ちなみにマツダのボンゴは良く見掛ける車(たまにバネットごくごく稀にフォードJ80)ですが、名前の由来の動物のボンゴは世界四大珍獣のようですね。



この中で有名なのはパジェロ(ヤマネコ)でしょうか。かつてのシルビアの姉妹車ガゼール(ウシ科のガゼル)も動物由来の名前で、ミラージュディンゴ(イヌ科の動物ディンゴ)なんて今じゃかなりのレア車でしょう。←去年までうちの会社に乗っている人居たけど。フォードマーキュリークーガ-(ネコ科)車も動物のようにたくましいですね。
フォルクスワーゲンティグアンは無理矢理過ぎないか?トラとイグアナでティグアンって(笑)


あの悪路をモノともしないハイラックスの名前の由来になった動物って可愛らしいですね~(*^^*) ランチアにハイエナって名前の車があったことを初めて知りました。シボレーインパラ(ウシ科)は名前は聞いたことがあります。レパードはもう乗っている人は知っている通り豹です。最近隣の町内にある車屋さんにベージュ系ツートーンがいました。
ここに載っている日本車の名前を和名(元々の動物の名前)に変えたみました、レパードは「日産 豹」これはなかなか良い、ラクーン「ホンダアライグマ」微妙(-_-;) ハイラックス 「トヨタ イワダヌキ」…一気にカッコ悪くなったような…
あと、下の方にここに写真付きで載せられなかった車の名前が書いてありました。

最後はこちら鳥類、その他です

ハリアーはエンブレムの通り鳥の名前から付けられた車です(日本仕様のみ) ランボルギーニ・ムルシエラゴのムルシエラゴってスペイン語でコウモリ🦇のことなんですね。へぇー( ・∀・)
ポンティアック・ファイアフライ名前はカッコいいですが、中身はスズキカルタスのOEMのようですね。ファイアフライとは英語でホタルのことみたいです。日本でもカルタスじゃなくてホタルって名前だったらスズキ・ホタルっていうことか…なんだか人の名前みたいですね(笑)
こちらも下の方に載せきれなかった車達の名前が書いてありました。



いかがでしたか?皆さんの愛車はありましたか?



ただ、今回載っていた車達の由来の動物達(哺乳類)ってウシ科とネコ科が多かったですね。本物の動物だったら、ずいぶんと偏った動物園になりそう(笑)







それでは、また(* ̄∇ ̄)ノ
Posted at 2018/05/02 21:13:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車ネタ | クルマ
2018年03月13日 イイね!

今までに借りた目立つ色の代車

今日は、過去に借りた目立つ色の代車を振り返ってみます。



と言っても目立つ色の代車って3台だけだったんですけど(笑)

3台も有れば充分ですよね。ね。

では、まいります。

まずは、こちら

Y11ウイングロード後期型です。グレードは残念ながら不明。これは私の最初の愛車だったモコの代車で借りました。↓


確かバンパーの擦り傷修理で1週間位借りたはず。←本当は3日位の予定が、ディーラーからバンパーの塗装のノリが悪かった?らしく仕上がりがイマイチだからと予定が伸びました。この後にも車検時に前期型、何かの点検だかで現行モデルのY12も借りました。日産に乗っていた時代は何かとお世話になった車です。うちの家族も日産ユーザーですが、ウイングロードが何度も来たのは私だけww
私以外の家族が代車で寄越されたことがあるのは、主にマーチ(K12やK13)ですね。そういえば最近はデイズが来ましたね。
私だけ何故?!(・◇・;) ?ウイングロードなのか?

ちなみにウイングロードですがミッションは3台とも普通のオートマでしたね。ハイパー(に壊れるらしい)CVTやエクストロニックCVTではありませんでした。あ、そういえば、モコに後付けでフォグランプを付けた際に同型のモコのレンタカーが代車で来たことがありました。色はミルクティベージュでした。懐かしい思い出です。


次はこちら

DYデミオ前期型スポルトです♪色はスパイシーオレンジだったかな?マツダの誇る名車ですね。
そういえばこの時、一回家に帰って来たんですよ。
そして、借りて来たデミオを見た母が一言

「なんかド◯ゴン◯ールみたいな色だね(笑)」



(°Д°)た、確かに…(笑)





こちらは現在の愛車のアクセラにMSアクセラ用リアルーフスポイラーを取り付ける際に借りました。1日だけ借りましたけど、良い車でしたね。スポルトなので、エアロパーツ付き(´∀`)オートマもアクティブマチック付きでしたので運転も楽しませてもらいました。まさに走るよろこびを体感してました。DYデミオはアクセラ所有から最初の車検でも白い個体を借りましたが、そちらはコージーかカジュアルでした。ちなみにアクセラを購入したあたりの代車だと初代DWデミオ後期型もかなりいましたね。←DWは2台借りましたけど、2台ともだいぶ満身創痍な老兵でしたね。どちらも走行距離13万キロ超…今では懐かしい思い出。

最後はこちら

現行モデルDJデミオです。ちなみにガソリン車。
グレードは、多分13Cか13Sにツーリング又はLパケ相当のオプションを付けたじゃないかとLEDヘッドライトにシートヒーター付きだったのですが、ヘッドアップディスプレイとアルミホイールが付いてなかったので。←マニア視点過ぎ

こちらは去年の車検の際に借りました。正直な話、今まで借りた代車の中で1番立派過ぎてビックリ(゜д゜) デミオに乗って会社に行ったら、買い換えたのかと思われましたよ。赤いアクセラから青いデミオならば無理もないか(^_^;)


しかも借りた時点で650キロ位しか走っていないバリバリの新車だったので。

内装や装備を見ても、かつてのデミオと全く違う車になってしまったなと感じましたね。BKアクセラより車格が上と思ってしまうぐらい装備が良くてホント…DEデミオも借りたことありましてDEでもだいぶ変わったなと思っていましたが、DJは更に高級路線に行ってしまったなと。正直通勤だけならばデミオで充分と錯覚しましたね。シフトレバー脇にスポーツモードに切り替えられるスイッチが付いてましたし。


ただね、やっぱりアクセラが戻って来たらアクセラが良いになるのですが(笑)

これがBMアクセラやGJアテンザのガソリンだったら気持ちが一気に魂動デザインに傾いてたかも…(ー_ー;)


今までで1番付き合いの長い彼女(所有して7年目のアクセラ)より若い子(第6世代マツダ車)に浮気するところだった…


まぁ彼女いたことないですけど(笑)







皆様も目立つ色の代車に乗ったことはありますか?



それではまた( ´∀`)/~~
Posted at 2018/03/16 21:21:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車ネタ | 日記

プロフィール

「マツダの名車 5代目ファミリアが1/43で登場
http://shopping.interallied.co.jp/type/completedmodel/hs212re1-43mazdafamilia1500xg1980/
現在、購入を検討しています。 」
何シテル?   10/17 20:58
ビレッジマスターです。諸事情でみんカラは一時期離れており2度目のみんカラ登録となります。改めてよろしくお願いしますm(__)m

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

100イイね! 有難うございます ~スバルR2 Rタイプの愛車紹介 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/29 22:09:28
あくまでも “夢” の話ですので ~「お金があったら買っちゃうかも… 教えて!あなたのドリームカー♪」(2) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/24 06:11:17
KT型サンバートラック4WD 昨日成約しました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/15 12:39:52

お友達

2度目のみんカラ登録になります。以前の登録の際もでしたが、人見知りで自分から進んで友達登録をするタイプではありませんが、基本的には来る者は拒まず(場合にもよりますけど…)でありますのでよろしくお願いいたします。
9 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 志津川かきつばた本舗志津川かきつばた本舗
南三陸のサンバートライ南三陸のサンバートライ 【やさぐれ紳士】白兎【やさぐれ紳士】白兎
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム 南野恭兵南野恭兵

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 紅猫2号機 アクセラ2号 (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
BK後期型のアクセラスポーツ20Sに乗っています。 アクセラのボディカラーがトゥルーレ ...
日産 モコ 日産 モコ
免許を取ってから最初に乗っていた車でしたね。ちなみに新車購入です。父と若い頃から付き合い ...
日産 デュアリス 日産 デュアリス
モコの次に購入した車でした。そして自身での貯金をを頭金に入れて購入した車でもありました。 ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 紅猫1号トゥルーレッドのアクセラ1号機 (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
※画像は現在も乗っている2台目紅猫(アクセラ)です。デュアリス同様に写真がないのですが、 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.