• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

株式会社ウインターハート斉藤良男のブログ一覧

2020年11月24日 イイね!

国産スポーツカー新車ランキングの一覧!おすすめや4人乗りの安い中古車はある?

車好きなら誰もが気になるスポーツカー。

運転する楽しさはスポーツカーに勝る車はありませんよね。

そんな国産スポーツカーの新車ランキングを一覧で示しました。

おすすめや4人乗りの安い中古車はどれでしょうか?

【執筆者紹介】
当ブログの執筆者は株式会社ウインターハート斉藤良男。

何台ものスポーツカーに乗り継ぎ、ゼロヨン・首都高・湾岸最高速・ドリフトというジャンルで走りまくった。

特に湾岸最高速においてはT78-33D仕様650psのR33GTRで各種雑誌に掲載されるなどして知られている。

走り屋時代のエピソードは、執筆者である株式会社ウインターハート斉藤良男が経営する会社ホームページの自己紹介において掲載。

⇒ 株式会社ウインターハート斉藤良男の自己紹介

1位 ホンダNSX


国産スポーツカー新車ランキング一覧の第1位は、日本が生んだ最高レベルのスーパースポーツカーホンダNSX。

国産スポーツカーとしては日産のGTRと双璧となるモデルだ。

単にスポーツ性能だけを特化させたわけではなく、ハイブリッドシステムを最新の高度な技術によって制御し、その高い走行性能を安全に楽しめるように作り上げられている点が特徴。

【動力性能】
3492CCのV型6気筒エンジンに3つのモーターを搭載。

ツインターボエンジンは単体で507psを発揮し、モーターと合わせたシステム最高出力は581psにも達する。

モーターはリヤに1つ、フロントの左右に1つずつ配置されこれらを張り替えるハイブリッドシステムを搭載。

0-100km/h加速は約3秒という動力性能を誇る。

燃費はJC08モードで12.4km/lだ。

【操縦性】
4つの走行モードがあり、これを切り替えることで快適な運転からサーキット走行まで幅広いシーンに対応している。

【運転のしやすさ】
車幅が1940mmもあり、駐車スペースを選ぶことになるだろう。
狭い道でも気を使うが、フラットなダッシュボードや細いAピラーにより視界は良好だ。

【実用性】
新車価格2370万円という高額な車で2シーターのミッドシップとなるため、購入者や使うシーンは限定されるだろう。

フロントはモーターなどが搭載されているため、トランクはリヤのみとなるが収納スペースはあまり広くない。

【居住性】
適度に沈み込むスポーツシートは居住性も良好だ。

【こんな人におすすめ】
新車価格が2370万円とあって、一般人には中古でも購入するのは困難だ。

ポルシェやランボルギーニといった高級外車を購入する人で、国産車も検討したい人が選ぶならこの車両となるだろう。

新車価格も高いが中古として売るときのリセールバリューも高い。

2位 日産GTR


国産スポーツカー新車ランキング一覧の第2位は、世界最高峰に挑む国産スポーツの至宝である日産GTR。

最低グレードでも1000万円程度になるものの、日産が持てる技術の全てを注ぎ込んで作ったスポーツカーだ。

専用のエンジン、ボディー、サスペンションを磨き上げ、2007年の登場以来、年々進化を遂げている。

【動力性能】
570psを発揮する3.8LのV6ツインターボエンジンは強力な加速性能を持つ。

エンジンは選ばれた熟練工によって手組され、最大トルクも65.0kgmに達する。

低回転でも扱いやすく街中でも快適だが、燃費はJC08モードで8.8km/l。

【操縦性】
ニュルブルクリンクで鍛え上げられたサスペンションはあらゆる路面状況において高いパフォーマンスを発揮する。

【運転のしやすさ】
2ペダルの6速セミATであり、AT免許でもMT感覚で運転できる。

車幅が1895mmあるので、狭い道やサーキットなどでは注意が必要だ。

【実用性】
レーシングカーの性能を持ちながら4名乗車が可能でトランクにも十分な容量がある。

しかし、小物を収納するスペースが少ない。

【居住性】
前席は適度にタイトなシートや質感の高いインテリアによりスポーツカーらしい満足感が得られる。

後席はやや狭い。

【こんな人におすすめ】
レーシングカーさながらの性能を持ちながら4人乗りの車が必要という人にぴったり。

3位 トヨタ86

国産スポーツカー新車ランキング一覧の3位はトヨタ86。

後輪駆動ならではの特性でファンなどライブを満喫できる。

クセのないハンドリング、ハード過ぎない足周りの設定により、なじみやすい車に仕上げられている。

スポーツカーでありながら普段使いでも不満は少ない。

新車価格は262万円~346万円。

【動力性能】
2Lの水平対抗4気筒エンジンは207ps/21.6kgmという出力を発揮。

マフラーからの排気音だけでなく、エンジンの吸入音もチューニングされている。

ATとMTの両方が設定されており、爽快なドライビングが可能だ。

燃費はJC08モードで11.8km/l。

【操縦性】
低重心の水平対向エンジンにより、コ―ナーリング性能は高い。

スポーツ走行はもちろん、タウンユースでも不快に感じることはないが、凹凸のある路面では振動が大きくなり、足回りの硬さを感じることもある。

【運転のしやすさ】
ボディーの左右は見やすくなっているが、斜め後方の視界はやや難あり。

小回りが利くので街中では乗りやすい。

メーターの視認性や着座姿勢も良好。

【実用性】
クーペの定石に沿ってデザインされたシャープなスタイルでありながら、実用性や居住性、経済性は悪くない。

荷室はスポーツタイヤが4本積載可能だ。

トランクスルー機能も採用されている。

【居住性】
着座位置が低いので、前席の頭上空間はまずまず。

後席はクーペの割には乗り後事が悪くないが、ルーフの傾斜が大きいことから圧迫感がある。

【こんな人におすすめ】
初めてスポーツカーを買う人や、若年層で免許を取ったばかりの人にもおすすめ。

購入しやすい新車価格やナチュラルな自然吸気エンジンはスポーツカーの入門車として最適と言える。

4人乗りなのでファミリーでも使えるだろう。

4位 日産フェアレディZ

国産スポーツカー新車ランキング一覧の4位は、2021年に新型が発売されるフェアレディZ。

歴史と伝統に彩られた本格スポーツだ。

パフォーマンスについてはGTRに譲る部分が多いが、エレガントな佇まいはファストバッククーペのスタイルならではのもの。

【動力性能】
316psを発揮する3.7Lエンジンにシンクロレブコントロール付きの6MT、マニュアルモード付の7ATが用意されている。

大排気量エンジンらしいトルク間のあるふけ上がりが気持ちいい。

どの回転域からでもアクセルを開ければ加速する。

燃費はJC08モードで9.2km/l

【操縦性】
ショートホイールベースであるため、抜群の回転性を誇る。

それを生かしたハンドリング特性が大きな持ち味だ。

【運転のしやすさ】

スタイリングはロングノーズだが、運転席からは気にならない。

後方視界はあまり良くないが、車両感覚はつかみやすい。

【実用性】
二人乗りということを考えればラゲッジスペースの容量はそこそこ足りているが、小物の収納スペースは少ない。

【居住性】
適度にタイトなシートは座り心地も快適。

【こんな人におすすめ】
中古価格が安いので、予算が少ないけれど大排気量スポーツに乗りたい人には最適な車。

5位 マツダロードスター

国産スポーツカー新車ランキング一覧の5位は、マツダロードスター。

ロードスターの美点は重心を低くすることで軽快なドライブフィールを実現しているところだ。

50:50の前後重量配分に加え、エンジンを後方へ搭載したフロントミッドシップ、車両後端部にアルミ材を効果的に配することでヨー慣性モーメントを低減するなどの工夫がされている。

【動力性能】
1.5Lの直列4気筒エンジンは最高出力131psながら軽快で伸びのある特性だ。

ほとんどの部品を専用設計としたエンジンは全域でトルクアップを果たしており、JC08燃費も17.2km/lと良好だ。

【操縦性】
車の挙動がつかみやすく、カーブではステアリングとアクセルワークで自在にコントロールできる。

乗り心地はスポーツカーらしくやや硬めだ。

【運転のしやすさ】
全幅は3ナンバーサイズとなり歴代モデルの中では最大だが、取り回し性は良好。

フェンダーの頂点が視界に入るため前方の見切りは良く、小回りもきく。

【実用性】
トランク容量は大きくないが、荷室底部の前後長を35mm、深さを36mm拡大したことにより積載性を確保している。

開口部よりも奥の部分が広くなっている。

【居住性】
新型は全長を先代より105mm短縮したが、ホイールベースはマイナス20mmに抑えており、窮屈な印象はない。

ペダル周りのスペースに余裕がある。

【こんな人におすすめ】
新車価格は約250万~320万であり、最近のスポーツ課の中では安い部類で買いやすい。

絶対的なパワーはないが、エンジンはドライバーの意思に忠実なレスポンスを発揮する。

軽快なハンドリング特性と相まって気持ちのいい運転間隔を味わえるので、サーキットなどでは走らないが、街中で気持ちの良いコ―ナーリングを楽しみたい人にはおすすめだ。


【執筆者株式会社ウインターハート斉藤良男の紹介】
かつてT78-33D仕様・最高出力650psのR33GTRで湾岸を走っていた元走り屋。

現在では「カーネビ」という車ブログを運営。

以下のような内容を書いています。

・湾岸で伝説の走り屋と言われた男が巨額詐欺で逮捕された話
・走り屋時代に経験した出来事 など

⇒ カーネビ








Posted at 2020/11/24 21:59:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「国産スポーツカー新車ランキングの一覧!おすすめや4人乗りの安い中古車はある? http://cvw.jp/b/2950404/44603499/
何シテル?   11/24 21:59
元湾岸最高速ランナー斉藤良男です。RKステップワゴンスパーダに乗っています。 下記のブログを運営しています。 車のモデルチェンジを発信するブログ 「新...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
2223 2425262728
2930     

愛車一覧

ホンダ ステップワゴンスパーダ ホンダ ステップワゴンスパーダ
2018年9月にステップワゴンスパーダZHDDナビエディションを中古で買いました。 最 ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
令和元年6月、ワゴンR買いました。 乗りやすい、広い、軽自動車でも十分で何の不満もあり ...

過去のブログ

2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.