• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年04月12日

300kmほど走ってみて

300kmほど走ってみて 納車されてから市街地、高速、峠道とある程度走ってみました。たった300km程度乗っただけですし、そもそもたいした腕があるわけでもないし、レンタカー以外はアルファロメオ147しか運転経験もなく、ちょっと昔から車雑誌を読んでいてWRCとか好きで(サインツが好きだったのです)ジェレミー・クラークソンラブというだけの素人なので大した感想にはなりませんが、自分向けの覚え書きとして。

まともに運転したのは147しかないので、基本的にそれとの比較で書いてみます。またあくまでもちょっと乗っただけの時点での感想です。慣れてくればまた違う感想になるのかも。

★ハンドリング
「軽い!」というのが試乗した時の感想でした。147はぐっとした手応えがあり、にゅーっと切っていく感じだったのです。良く言えば切った感覚がしっかりしており、悪く言えばちと重めでした。それに比べるとCX-5はくるくるくるっと回る感じです。最初は手応えがないなとも思いましたが、慣れてくるとちゃんとフィードバックもあり、ちゃんとインフォメーションを伝えてきているなと感じるようになりました。

147はロックトゥロックが2.2回転ということでまあ確かにクッと切れてグンッと向きが変わる感じでした。高速では重めの手応えのおかげで直進性は良かったですし、わずかな操作でレーンチェンジも出来ました(その代わり勢いよく切ると吹っ飛びますが)。

CX-5はロックトゥロックがどのくらいなのか知りませんが、147よりはゆったりしてますね。だいたい同じように曲がるのに1.3倍くらい切ってる感じ?最初は「ダルい?」と思いましたが、大きなSUVということも考えるとこのくらいの方が扱いやすいという事でしょうか。実際しばらく乗ってみると細かな操作がしやすく、かといって峠で曲がらないということもなく、やはりマツダの操安は良い仕事をしているのだなと思いました。ちょっとした速度で直角に曲がるようなコーナーに突っ込んでもククッと曲がる事ができるんですよね……あれは不思議です。GVCが効いてるのかどうかは自分にはよくわかりませんが、ともかく背が高くて重い車なのにコーナーの感覚は147より劣っているとは感じませんでした。まだxxxkmで峠のカーブに突っ込むようなことはしていないので確かなことは言えませんが、自分の腕では充分すぎる性能でしょう。

低速域での小回りですが、147より良いです。というか147は本当に小回りの効かない車で、狭い駐車場の端しか空いていない時は駐めるのを諦めるのが普通でした。対向二車線の道路でUターンしようとしてできなくて切り返してましたし……。CX-5は対抗に二車線あればちゃんとUターンできますし、後方カメラの助けもありますが、バックの駐車もかなりしやすいです。

★車体の見切り
147より100mmほど横幅が大きくなっているので戸惑うかなと思いましたが、あっさりと運転出来ました。どこに前輪があるのかよくわかる感じがします。外に出てみると大きい車だなと思うのですが、運転しているとそれほど大きい感じがしないですね。かなり見切りの良い車だと思います。視界が良いのもその感覚に一役買っているのかもしれません。バックミラーも大きくて見やすいです。それに後方側面の死角に車がいると警告を出してくれるのも役立っています。147のバックミラーはないよりマシみたいな大きさで死角がかなり大きなものでした。

★アクセル
オルガン式で右足をすっと伸ばしたところにあるアクセルはもの凄く使いやすいです。147はかなりオフセットしていたので、特に長距離では右足がかなり疲れていました。とは言えそれに慣れていたので、最初にCX-5に乗った時にはアクセルから足をずらしているつもりでまさにアクセルを踏み込んでおり、営業さんから「エンジンかかってますよ!」と注意されました。ちょうど足の幅1つ分、147より右側にアクセルがある感じです。この位置だと本当に素直に右足を伸ばすとアクセルに足が乗ります。これは楽ですわ……。

147よりはやや踏み込まないと反応しないなという感じですが、細かなアクセルワークがしやすくて速度調整とかがやりやすいです。147ではちょっと踏むとキュッと回るので「親指で触るように踏む」感じで、高速はともかく街中ではちと乗りにくいこともありました。あれはあれで楽しいのですが、運転しやすいのはCX-5でしょうねえ。

★ブレーキ
これまた147よりは踏み込み量が大きい感じです。147もかっくんブレーキと言うわけではなく、むしろ踏みしろに対して素直な特性だったと思いますが、CX-5と比べるとやや反応が早めでした。なお代車で乗った156(だったと思う)はもの凄いかっくんブレーキで、触ると「ガコン!」と止まってびっくりした覚えがあります。個体差なのかもしれませんが、あれは使いにくかった。フィアット500はCX-5に似た感じの少し効きの柔らかい印象でしたね。

ともあれCX-5のブレーキは踏み込めばちゃんと効くけどやや柔らかめの味付けで、ガッと止まるというよりはスウッと止まる感じです。「効かない」という感想も何度か見ましたが、踏み方の問題なんですかね。まあこういうのは慣れでしょうし、マツダの理想とするドライビングを学習するつもりで慣れていきたいと思います。

★エンジンパワー
最初は147と比べてパワーがない感じだな、と思っていましたが、オルガン式ペダルにきちんと脚を乗せてグンと踏み込むとしっかりスピードが出ます。吊り下げ式とは踏み方が違うんですね。なお今までがセレスピードでパドルシフトで変速していたので、オートマの変速タイミングが少し感覚と違う所はありますが、燃費などを考えるとこのタイミングなのでしょう。スポーツモードにすると基本回転数が上がってシフトも引っ張るようになり、147の時と同じような加速とシフトタイミングになりますが、1度高速で試したらちと警察に言えないスピードになりかけて(なりかけただけですよ、ええ)慌ててアクセルを緩めました。なんちゃってスポーツモードとか言ってもやっぱ速いわ。

147も軽くアクセルに足を乗せているといつの間にか免許証がなくなるスピードになっていたものですが、CX-5も普通に150〜180程度の高速巡航ができそうですね。してませんが。

★シート
左右のホールド感は147よりないのは事実ですが、その分左右の窮屈さがなく、疲れにくいシートだと思います。まだ10時間連続運転とかしてないのではっきりしたことは言えませんが、少なくとも3時間連続運転くらいではまったく身体が強張ることもなく、気持ちの良いシートだと思いました。

また正しいドライビングポジションを取るとヘッドレストが後頭部にそっと触れるか触れないかというところに来て、なるほどこれは追突された時にちゃんと頭を支えるようになってるのだなと思います。自分は元々ヘッドレストに頭を預けるような運転姿勢はしていませんでしたが、147はちとヘッドレストが後頭部から離れていて「これ、本当にいざという時に役に立つのかな」とは思っていました。

★操作系
あるべき所にあるべきものがちゃんとある、という感じで使いやすい操作系だと思います。ウインカーの位置が147と反対なのでわかってはいるものの何度かワイパーが動きましたが、これは慣れるしかありませんね。まあライトもワイパーもオートにしてるので、ウインカーを出す時以外は触ることもあまりないかと思います。そういえばあの軽く操作すると一定回数ウインカーが出る機能、いいですね。

マツコネの操作も特に問題は感じません。最近はタッチパネルとか流行っているようですが、運転中にタッチパネルの操作はしたくないなあ。やっぱ運転中に限っては物理ボタンのほうが使いやすいと思います。

7インチのディスプレイも小さいという方もいらっしゃるようですが、自分としては必要充分な大きさかと思いました。今までがスマホをナビ代わりに使ってたのでそれよりは大きいというのもあるかもしれませんが、テスラみたいに馬鹿でかい画面を出されても運転中に一目で見るのは難しいですし、7インチくらいがちょうどいいのではないかなと。ナビもADDに表示されるのでディスプレイを見ることはほぼないですし、自分はDVDとかを車で見る趣味はないのでその用途には使いませんし、設定用の画面と思えば充分な大きさです。まああえて言えば360度ビューの時はもう少し大きいと嬉しいかなとは思います。

ブレーキのホールド機能はとても便利です。今までは足を離したければハンドブレーキを引いてニュートラルに入れてとやってましたが、走り出す時にちょっと面倒でした。CX-5は深めに踏み込んでホールドが起動するのを確認するだけです。ただ、ホールドしてるかどうかをADDにも表示出来ればいいなと思います。踏み具合によってホールドのみにするのかi-stopまでするのか調節出来ますが、メーターに目を落とさないと確認出来ないのはちょっと不便かな。折角なのでこれらの情報もADDに表示してくれればと。

なおi-stopですが、効かなくなることがあってなんじゃろかと思ったら、エアコンの設定温度と実際の温度が違いすぎてエアコンの動作を優先していたようです。なるほどそれは仕方ないね。再起動時にハンドルがクッと右に揺れますが、まあ大した問題ではないです。窓を閉めてたらキュルルッという音も聞こえません。

★ナビ
マツコネのナビは以前は随分と酷評されていたようですが、少なくとも現在のものはそれほど悪くないように思います。ADDにも表示が出るし、むしろgoogle先生より曲がるところの案内とかは分かりやすいです。まだ使い込んでいるわけではないですが、特に問題らしい問題はないような……長く使うと問題も出てくるのでしょうか。しかしまあ地元民しか使わないほっそい脇道をご案内して下さるgoogle先生もどうかと思いますしね。併用するというのも良いかと。

★クルーズコントロール
これは凄いですねえ……高速でしか使えない機能かと思っていたら、下道の渋滞時とかにも役に立ちます。ちと出足がトロイですが、その時だけアクセルを踏んでやれば後ろから「はよ行けやボケが」とクラクションを鳴らされることもないかと。カーブで隣の車線の車両を見てしまう事があるのは確かですが、自動運転ではなくて支援機能だという事を忘れなければ、自分で補正すればいいだけの事です。

あとしれっと115kmまでしか設定出来ない制限が外されてました。地方の高速ではたまに120kmとかで流れることもあるのでこれは有り難いかも。いや自分は制限速度は守ってますよ、ええ。出来る限り。

★レーンキープアシスト
まあ車線維持くらい自分でしろよというのもわかるのですが、これはこれで面白いです。ONにして車線を認識している時は外れかけると「ククッ」という感じでハンドルにトルクがかかります。面白いんで何度かわざと車線から外れていたら「ハンドルを握って下さい」と叱られました。

★燃費
まだ乗り方がよくわかっていないので燃費に関してはなんとも言えないのですが、一応高速では15km、下道でも峠とか走って11kmくらいは出ているようです。慣れて来たらもっと伸びるんじゃないですかね。今までがハイオクでヘタすると7kmとかでしたから、今の状態でも素晴らしく燃費は良くなっています。

★気筒休止
こまめに変動しているとのことですが、いつ切り替わっているのかまったくわかりません。凄いもんですね。

★音楽
自分は運転している時は音楽をかけますが、音質にそれほどこだわっているわけではなく、あまり耳が良いとも思いません。あまり大きな音を出すこともしませんし……よってBoseオプションを付けずにノーマルのスピーカーです。ですが、特に不満はないです。147はBoseを積んでいましたが、そもそも静粛性が段違いに上がったこともあってむしろ音楽はよく聞こえるようになりました。まあ安いオプションなんで付けても良かったかなとも思いましたが、正直自分の耳で違いが分かるかどうかは自信がありません。

とりあえず簡単ですが今のところの感想はこんな感じです。1000km程度乗ればもう少しこの車のことが分かってくるのではないかと思いますが、ともかく現在の所大満足というのが正直なところです。147も良い車だと思いますが、いや技術の進歩って凄いですね。
ブログ一覧 | クルマ
Posted at 2018/04/12 20:19:22

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

ホンダ-アコード・レポート
Alfistさん

官能的"わ"ナンバー
マスターの75と106さん

CX-5が納車されました
またはち組長さん

Evoqueの内装
#hirさん

イタフラ車泥沼ライフ 第2章
あおたくさん

蛇の毒、蠍の毒#3
okuda-vzさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「CX-5が納車されました http://cvw.jp/b/2958389/41334835/
何シテル?   04/09 23:39
またはち組長と申します。大した知識も技量もありませんがCX-5購入を機会に登録させて頂きます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

マツダ CX-5 マツダ CX-5
愛車が10年ほど乗ったアルファロメオ147からCX-5になりました。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.